痔になりやすい生活習慣とは?

国民年金の未納分について
前に国民保険だったときに年金を払えず未納になってた分があります。
最終催告状などで来た納付書で、使用期限とありますが、使用期限が過ぎたものは時効ということでしょうか?
使用期限がまだ過ぎていないものもありますが、そちらを払えば差し押さえなどにはならないのでしょうか。

というのも、来所通知書が届きまして、来所通知書に記載してある金額が納付書の使用期限が過ぎているものと過ぎていないものが一緒になっていたので、時効の分も含まれているのか疑問に思いました。

年金事務所には電話で連絡を入れたのですが、その時はまだ納付書を確認しておらず、できれば一括で払ってほしいが、できないなら払い方を考えてまた連絡を下さい。と言われ電話は終わりました。

そのあとに使用期限や時効のことを調べて、頭の中がハテナで混乱しています…。
詳しい方回答よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>この場合はやはり使用期限が過ぎているものは時効になっているということですよね?



使用期限はあくまでもその納付書が使える期限であり時効とは関係ありません。
いつの分の未納か書かれてないので何とも言えませんが、このご時勢、そう簡単に時効にはしてくれませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2016/09/13 12:37

督促状の効果として


強制的に財産を差し押さえる前に必ず督促状を送付し、保険料の納付を促す必要があると法律で定められています。この督促状に定められた期限までに保険料を納めなければ強制執行が行われる可能性が高くなります。
最終催告状が来た場合で、何も相談せず、勝手に一部だけ支払っても、上記差し押さえが免除されるとは限りません。
今まで、何度も催告状が届いていたはずです、来所してくださいとも書いてあったのではないでしょうか。
勝手な判断をせず、来所してきちんと相談なさってください。

また、督促状の効果として次に時効の中断があります
保険料を徴収する権利は納付期限(翌月末)から2年で消滅、つまり時効にかかるのですが、督促状の送付によってこの時効が中断されて、そこからさらに2年間時効が伸びます。つまり2年ごとに督促状を送付すれば永遠に時効にかからないことになり、年9.2%の延滞金が加算され続けます。

ここでの相談ではなく、すぐに年金事務所へ行かれるべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今までも色々通知は来ていましたが、やはり金額も大きく払えずそのままにしていました。すごく反省しています。

そして来所通知書が届いたときに、これを放置していると督促状が届くと書いてあり、今までの通知も催告状は来ていますが督促状はまだ届いていないため、この場合はやはり使用期限が過ぎているものは時効になっているということですよね?

年金事務所の方に払い方を近々連絡しなくてはいけないので、その時に時効になっていてもそれを言われずに、一括で払ってと言われてしまったら…と思い、少しでも知識を得るために質問しました。

お礼日時:2016/09/12 06:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年金未納分の支払いは必須ですか、任意なんですか。

年金未納分の支払いは必須ですか、任意なんですか。

年金未納分の支払いについてです。
2010/03-2012/05の約二年間未納期間があります。
これから分割で一ヶ月ずつ支払いをしようか、もう少し楽になるまで待ってもらえるのか、はたまた給付金が多少減ることを覚悟すれば、支払わなくてもいいのか、迷っています。そこで 何点か教えてください。

まず私のこれまでの年金に対する認識ですが、基本的には納めるべきものだが、納めなくても給付金が多少減るだけ、二年以上経過したものについては催促もなし、後納も不可。そこで、過去の分まで支払うのは苦しいので給付金が多少減ることは諦めて今後は滞らないようにしようと思っていました。

先日過去十年分の未納金を納めることができる旨の案内が届きました。そこには二年以内の未納分は別途納めるようにといった文言がありました。つまりもし支払う場合、十年以内分の後納と並行して、二年以内の未納分を支払わなくてはならないということでしょうか。それとも、二年以内の未納分も併せて、過去の分から一ヶ月ずつ、納められるのでしょうか。

また時効というのは、催促もこなくなるということではないのですか。今回二年から十年に変更されたというのは、過去の未納金を納めることができるようになったと同時に、催促される期間も長くなったということですか?
年金というのは本来支払わなくてはならないものですよね?その割に、後納を希望されない方は手続きの必要はありませんと書かれているのは、まるで支払いが任意のような言い方ではないですか?

また二年経っても催促状が出されれば、催促の期間が延長されるといったことを聞くのですが、それは本当ですか?それなら催促は永久に続くということですか。また、利息もつくということですが、それは払うまで加算され続けるのでしょうか。差し押さえ等も二年以上経過してからでも行われるのでしょうか。
このまま催促され続け、利息も加算され続け、差し押さえも考えられるようであれば、苦しくても、分割で納めようか迷っています。

質問ばかりで分りづらいかと思いますがぜひ教えてください。よろしくお願いいたします。

年金未納分の支払いは必須ですか、任意なんですか。

年金未納分の支払いについてです。
2010/03-2012/05の約二年間未納期間があります。
これから分割で一ヶ月ずつ支払いをしようか、もう少し楽になるまで待ってもらえるのか、はたまた給付金が多少減ることを覚悟すれば、支払わなくてもいいのか、迷っています。そこで 何点か教えてください。

まず私のこれまでの年金に対する認識ですが、基本的には納めるべきものだが、納めなくても給付金が多少減るだけ、二年以上経過したものについては催促もなし、後納も...続きを読む

Aベストアンサー

2年を経過していない分と、している分を分けて考える必要があります。

・2年を経過していない分は督促の対象になります。具体的には催告(郵便や電話連絡)によって納付を促し、それにも応じないで保険料を支払わない人のうち、一定の条件の人が督促の対象となります。

ここで言う一定の条件とは、具体的には本人及び連帯納付義務者(世帯主及び配偶者)の所得です。つまり相談者さん、もしくは連帯納付義務者の所得が一定額以上の場合、督促の対象となります。一定額がいくらかは、都度変わっているようです。
督促されれば時効が中断して、時効までの期間が督促時から2年間延びるので、時効成立前に督促を繰り返せば永遠に時効にならないことになり延滞金(年14.6%)もどんどん加算されていきます。但し実際にはそんなことになる前に、督促状ある納付期限まで納めなければ、その後ほどなくして強制執行(財産の差押)が行われます。

従って、保険料の納付は2年を経過していない分を優先してください。通常の納付用紙を使って金融機関とで納付することができます。



・2年が経過していて、かつ、督促が行われていない分については、時効によって、逆に保険料を納めることができませんが、平成27年9月までは特例的に10年以内であれば、後納制度によって保険料を納めることができます。
この制度を活用して保険料を納めるかどうかは完全に任意です。
保険料納付要件を満たすことができずに年金がもらえなくならないか心配な人や、年金額を増やしたい人は積極的にこの制度を利用すべきですが、そうでなければ気にしなくてもよいと思います。

2年を経過していない分と、している分を分けて考える必要があります。

・2年を経過していない分は督促の対象になります。具体的には催告(郵便や電話連絡)によって納付を促し、それにも応じないで保険料を支払わない人のうち、一定の条件の人が督促の対象となります。

ここで言う一定の条件とは、具体的には本人及び連帯納付義務者(世帯主及び配偶者)の所得です。つまり相談者さん、もしくは連帯納付義務者の所得が一定額以上の場合、督促の対象となります。一定額がいくらかは、都度変わっているようです...続きを読む

Q<国民年金>未納途中で入籍、未納分・これからの支払いについて。

お恥ずかしい話で大変恐縮なのですが、
以下、どなたか回答頂けますと幸いです。

現在、平成28年度6月分より国民年金を未納しています。
先月9月に入籍したのですが、収入の制限により夫の扶養には入っておりません。
入籍前の6月~8月未納分については、免除申請を出せば何か免除対象となるのでしょうか?
また、入籍後の9月からの支払いについてはどうなるのでしょうか?

私:アルバイト(国民健康保険、国民年金)
平成27年度は、失業し収入がなかったため
国民年金は申請し、全額免除となっておりました。

夫:正社員(社会保険、厚生年金)

Aベストアンサー

>平成27年度は、失業し収入がなかったため
>国民年金は申請し、全額免除となっておりました。

免除申請は7月から翌年6月が一年度です。平成27年度で免除申請されていたなら今年の6月分はまだ免除だと思いますが、通知書などは確認されてないのですか?

平成27年度の免除の際に翌年度の免除審査も継続で希望するかどうかを記載する欄があったと思いますが、そこで希望していなければ7月からは平成28年度の免除として再申請する必要があります。

>収入の制限により夫の扶養には入っておりません
ということですから平成27年にある程度の所得がある場合は、通るかどうかはわかりません。
また、免除や納付猶予は配偶者がいる場合は配偶者の所得も審査に入ります。配偶者に支払能力がある場合は免除・納付猶予は通らない可能性が高いです。

何にせよ、一度年金事務所かお住まいの自治体の役所で相談されては如何でしょうか?

>全額免除でも、払ってない事に、なるから、支給額が減額されるかも
免除は支払しなくても、加入歴としては計算されますし全額免除なら年金計算時に1/2を支払ったこととして計算されます。(税金が投入されている分)
払ってない事(未納)扱いにはなりません。

>平成27年度は、失業し収入がなかったため
>国民年金は申請し、全額免除となっておりました。

免除申請は7月から翌年6月が一年度です。平成27年度で免除申請されていたなら今年の6月分はまだ免除だと思いますが、通知書などは確認されてないのですか?

平成27年度の免除の際に翌年度の免除審査も継続で希望するかどうかを記載する欄があったと思いますが、そこで希望していなければ7月からは平成28年度の免除として再申請する必要があります。

>収入の制限により夫の扶養には入っておりません
ということですか...続きを読む


人気Q&Aランキング