RNAはDNAに比べると,科学的に不安定な物質ですよね。それなのにHIVウィルスなどはなぜDNAでなくてRNAを遺伝物質としているのでしょうか?又,RNAを遺伝物質としている生物は他にどんなものがあるんでしょうか? 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

jna-keiさんの回答と一部重複してしまうかもしれませんが、DNAウイルスに比べ、RNAウイルスの方が多種存在します。

また、さらにそれぞれのウイルスには、二本鎖のもの、一本鎖のものが存在します。
DNAウイルスの代表的なものには、
(二本鎖DNA)
 ヘルペス、ワクシニア(天然痘)、バクテリオファージ(T2、T5、PBS)等
(一本鎖DNA)
 ジェミニ(モザイクウイルスの一種)、バクテリオファージ(φX174、fd)等
 ※特殊なものには、B型肝炎ウイルスがあり、これは基本的には二本鎖DNAですが、一部片方の鎖が部分的に欠損しており、かなり複雑な構成で、含有情報も複雑です。
 また、DNAガンウイルスも存在します。
(二本鎖RNA)
 レオウイルス、稲萎縮病、ポリオ等
(一本鎖RNA)
 インフルエンザ、ラウス肉腫、タバコモザイク、バクテリオファージ(R17)


 しかし、遺伝情報を有するこれらDNA、RNAウイルスはまだ蛋白の発現等のシステムを理解することができますが、問題は、狂牛病やクロイツフェルト・ヤコブ病でおなじみのプリオンウイルスです。これは遺伝情報を有する核酸を持たないにも関わらず、増殖することが可能なウイルスで、このシステムが把握できない限り、適切な治療が困難と言えるでしょう。

 とにもかくにも、まだまだこういったウイルス学の分野は発展途上と言えるかも知れません。
    • good
    • 0

kohjiさんの回答にちょっとだけ補足です


一般にRNAを遺伝物質としているウィルスは宿主細胞の中でいったんDNAを合成(逆転写)してから増殖します。
つまり
ウィルス個体が変異しまくって適応できた奴が生き残りますね。そしてそいつが増殖する時は安定なDNAを作ってちゃんと同じコピーを作るようになってるんですね。(コピーを作る時に変異しては生存競争に不利だからです)
今のところRNAを遺伝物質としているもの(ウィルスは生物ではないという学者もいるのです)はウィルスだけしか知られていません。(多分)
インフルエンザウィルスなんかもRNAを遺伝物質としています(そういうRNAを遺伝物質としているウィルスをレトロウィルスといいます)。
あと、ガンを誘発するウィルスにレトロウィルスが多いと聞いたことがあります。
    • good
    • 0

不安定だからこそ、ウィルス自体の変化を起こしやすい→環境変化に即応できる→よって、生き残っていると考えるのはいかがでしょう。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水溶液中での酸性物質とアンモニアの反応

大学受験範囲です

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
質問の前提
酸性物質=水や水溶液に加えると水素イオン濃度を上げる物質
(アレニウス酸や酸性酸化物など)

塩基性物質=水や水溶液に加えると水酸化物イオン濃度を上げる物質
(アレニウス塩基や塩基性酸化物やアンモニアなど)^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^




質問
「新理系の化学」という本に
「酸性物質と塩基性物質は反応することが多く
酸性物質+塩基性物質→塩+水 となることが多い」
という旨の文章があり、酸性物質と塩基性物質をイオンにしてみて塩と水を作る
という操作で大概の反応を予想することができて便利だったのですが

酸性物質とアンモニアの反応がこの文章から予想できません

(1)酸性物質とアンモニアの反応を予想する方法はありますか
それとも一つ一つ暗記していかなければならないのですか?

Aベストアンサー

反応するって何だろう。

その明確な定義はよく分かりませんが、次のような事は云えると思います。これは化学IIの「化学平衡」の内容を含みます。


酸性物質を「HA」、塩基性物質を「BOH」と表せば その反応について、

HA ⇔ H^+ + A^- ;Ka(酸解離定数)
BOH ⇔ B^+ + OH^- ;Kb(塩基解離定数)

HA + BOH ⇔ A^- + B^+ + H2O

(中和)反応の平衡定数:K=[A^-][B^+]/[HA][BOH]=(Ka・Kb)/Kw と表せます。

K>>1 の場合なら平衡はかなり右に偏るから、反応は右に進行すると予想出来ます。(Kが十分に大きければ ほぼ定量的に反応するでしょう)

K<<1 の場合(例えば酸と塩基が共に非常に弱い場合)、反応は殆ど右には進行しないでしょう。

フェノール(酸性物質)とアニリン(塩基性物質)、反応は殆どしないと思われます。

参考書の「多い」と云う表現は、このやうな場合についての事を踏まえて書かれたものではないでしょうか。

NH3 の Kb=10^(-4.76) です(25℃)。相手の酸性物質の Ka により反応するかどうかが決まると云えるでしょう。

因みに強酸であれば、K=Kb/Kw になります。

反応するって何だろう。

その明確な定義はよく分かりませんが、次のような事は云えると思います。これは化学IIの「化学平衡」の内容を含みます。


酸性物質を「HA」、塩基性物質を「BOH」と表せば その反応について、

HA ⇔ H^+ + A^- ;Ka(酸解離定数)
BOH ⇔ B^+ + OH^- ;Kb(塩基解離定数)

HA + BOH ⇔ A^- + B^+ + H2O

(中和)反応の平衡定数:K=[A^-][B^+]/[HA][BOH]=(Ka・Kb)/Kw と表せます。

K>>1 の場合なら平衡はかなり右に偏るから、反応は右に進行すると予想出来ます。(Kが十分に...続きを読む

Q高校一年生物基礎です。 RNAとDNAの違いがわかりません。 DNAは2本鎖でRNAは1本鎖。 糖が

高校一年生物基礎です。
RNAとDNAの違いがわかりません。
DNAは2本鎖でRNAは1本鎖。
糖がデオキシリボースと
リボース。
塩基がTとUの違いくらいしかわからず、
どういう風に違うのか具体的に
知りたいです。

Aベストアンサー

たぶん。
元々RNAだった。
でも、RNAは分解されやすい。すぐ壊れちゃう。
あなたの元の遺伝子がすぐに壊れちゃったら困るでしょ?
それで、強化版としてDNAができた。(この辺りの進化の話が本当かどうかは確認していません。眉に唾をつけておいてください。)
リボースとデオキシリボースの構造の違いを見てください。
そこを変えると、保存性がぐっと上がった。
石→青銅→鉄と武器が変化するようなものか。

RNAだって二本鎖になりますよ。
でも、特にメッセンジャーRNAは対のRNA鎖ができても邪魔なだけでしょう。
逆に、壊れやすいというのは、そのうち壊れてくれる、ということでもあるでしょう。
メッセンジャーRNAがもの凄く頑丈だと、いつまで経っても壊れないから、もうその蛋白は要らない、というときでも作り続けてしまうかもしれない。
そんなこんなで、DNAを使っている生物では、RNAはDNAとは違う使われ方をしている、ということになります。
元本が石版で、あなたはそれをコピー機でコピーした紙で読んでいるような感じか。

後は追々、どう使われているか、全体像をしっかり捉えてください。
生物や社会は暗記科目で語句の暗記ができれば良い、なんて勉強をしている人は、語句とその意味から理解しようとして伸び止まります。
大体苦手としている奴が暗記暗記と言っていて、だから苦手なんですが。
そうではなく、教科書参考書を読み、授業を聴き、全体像をきちんと理解把握して、それで頭に入らなかった語句を丸暗記するようにして下さい。
理解把握の網に、暗記事項を引っかけていく感じ。
最初から丸暗記だと、意味の解らない言葉をただ暗記力に頼って覚えていくことになりますので、暗記力が余程優れた人で無い限り、挫折します。
また、例えばセンター試験は、丸暗記が通用しないように作られていますので、丸暗記バカは模試は良くても本番が壊滅したりします。
生物学を必要とするような専攻であれば、語句を丸暗記しただけのような人間を求めているわけでは無いのですし。

たぶん。
元々RNAだった。
でも、RNAは分解されやすい。すぐ壊れちゃう。
あなたの元の遺伝子がすぐに壊れちゃったら困るでしょ?
それで、強化版としてDNAができた。(この辺りの進化の話が本当かどうかは確認していません。眉に唾をつけておいてください。)
リボースとデオキシリボースの構造の違いを見てください。
そこを変えると、保存性がぐっと上がった。
石→青銅→鉄と武器が変化するようなものか。

RNAだって二本鎖になりますよ。
でも、特にメッセンジャーRNAは対のRNA鎖ができても邪魔なだけでしょう。
...続きを読む

Q危険な放射性物質の残留性が強い物質は?

危険な放射性物質を吸着する専用の物質があるみたいですが、
原発事故などが起こった際に、近辺の地域に存在する物質の中で、危険な放射性物質をたくさん吸着している物質と、そうでない物質があるのでしょうか?

この場合、吸着=残留という事だと思いますが、原発事故など起こった時に、近辺の地域に存在する物質の中で、危険な放射性物質の残留量が多いのは、特にどんな物質でしょうか?

傾向などを教えてください。分かる範囲で良いのでお願いします。

Aベストアンサー

廃棄物が液体である場合、イオン交換物質でしょう。
放射性が無い場合イオン交換樹脂を使いますが、放射性があると簡単に壊れてしまうので、「無機性のイオン交換物質」を使います。
ガスの場合は「分子篩」などで吸着させることになるでしょう。
固体は溶融ガラスに封じてステンレス容器(厚さ一メートルもの)詰めにすることになります。
最終的には皆「固体」に集めますので、溶融ガラスに封じてステンレス容器詰めとなるでしょう。
前回臨界事故があったときには付近の銅「十円玉」が中性子を吸収して、あとから中性子濃度を測定することが出来ました。
このような場合は中性子の「吸収断面積」の大きな元素があとまで影響が残りますが、「吸着=残留」にはなりません、放射性物質を吸着するのではなく、「放射線」を吸収するからです。
ですから、話は簡単ではありません。
そもそも「危険な放射性物質」とは一体どういうイメージでしょう。
危険な放射性物質と、危険でない放射性物質との差が分かっておられるのでしょうか???
m(_ _)m

QDNAとRNAのどのような性質に違いから水溶性になるのか,脂溶性になるのかがわかりません.

大学の実験でノーザンハイブリダイゼーションをやったのですが,核酸を抽出するときにDNAとRNAで抽出に必要なpH条件が異なる原因がわかりませんでした.

具体的には,それぞれの核酸抽出用の生体試料に試薬を加えて遠心すると,DNA抽出ではpH9の下で上清にDNAが含まれ,RNA抽出ではpH4の下で上清にRNA,有機層にDNAが含まれる,ということです.
ウェブで色々調べたのですが,「DNAはアルカリ性で,RNAは酸性の水溶液で水溶性になる」ということだけがわかり,具体的に「どのような化学的性質の違いにより,溶け方の違いが生じるのか」ということはわかりませんでした.

また,DNA抽出では上清にRNAも含まれている気がするのですが,RNAははいっているのでしょうか?また,入っているとして,ハイブリの結果に影響はないのでしょうか?

どなたかこの辺の事に詳しい方,教えてください.お願いします.

Aベストアンサー

Chomczynskiの原著にはその辺の考察があるかもしれませんが、読んだことがないので私の解釈ですが、

水に溶けやすいか、溶けにくいあるいは有機溶媒に溶けやすいかというのは、極性があるかないかによりますね。

核酸はリン酸基を持つ弱酸です。リン酸基はpHが高ければ電離しやすく、逆に低ければ電離しにくくなります。したがって、pH4では電離したリン酸基が少なくなり、電離していないということは極性が少なくなり、水に溶けにくくなります。DNAが酸性で水に溶けにくくなるのはこれによります。

では、DNAと違ってRNAは水相に残るのはなぜかというと、一つはデオキシリボースとリボースの違いで、リボースのほうが極性の水酸基が一つ多いということでしょう。もう一つは、塩基には水素結合をしうる極性があるわけですが、DNAは二重鎖を形成しているために極性が中和されているのに対し、RNAはほとんど一本鎖で、塩基の極性が裸のまま残っているためということがあるでしょう。

DNAの精製をするときは中性付近にバッファリングしたフェノールを使いますが、中性付近ではDNAもRNAも水相にきます。pHをあげることによってリン酸基の電離が促され、RNAがより水相に残りやすくなるだけです。

Chomczynskiの原著にはその辺の考察があるかもしれませんが、読んだことがないので私の解釈ですが、

水に溶けやすいか、溶けにくいあるいは有機溶媒に溶けやすいかというのは、極性があるかないかによりますね。

核酸はリン酸基を持つ弱酸です。リン酸基はpHが高ければ電離しやすく、逆に低ければ電離しにくくなります。したがって、pH4では電離したリン酸基が少なくなり、電離していないということは極性が少なくなり、水に溶けにくくなります。DNAが酸性で水に溶けにくくなるのはこれによります。

では...続きを読む

Q放射線って物質なの?

放射線って、放射性物質から何らかの物質が飛んできてるんですか?

それとも物質が飛んできてるわけじゃなくて、たとえば空気の振動みたいな感じで、放射性物質から何かが伝わってくるんですか?

物質が飛んできてるなら、その物質がなくなれば放射線は出なくなるんですか?

Aベストアンサー

まず放射線は全ての粒子線や電磁波を指し、電離放射線と非電離放射線の2種類があります。
電離放射線は物質を電離させる力を持つ放射線で、α線や中性子線などが存在します。
非電離放射線は物質を電離させることの出来ない電磁波で、赤外線や光などが存在します。
一般的には前者を放射線と呼んでいます。

電離放射線は基本的には放射性物質から物質が飛んでいきます。
α線は不安定核のアルファ崩壊によって放出されるアルファ粒子という高いエネルギーを持つヘリウム4の原子核の流れのことです。。
つまり何らかの粒子が高速で飛来する粒子線です。
例外に電磁波の一種であるX線やγ線が存在し、これら電磁波は空間の電場や磁場を介して伝わる波です。

Q細胞図を見ると、DNAはよく表示されてますが、RNAは見かけません! RNAは細胞内のどの場所にある

細胞図を見ると、DNAはよく表示されてますが、RNAは見かけません!
RNAは細胞内のどの場所にあるのですか?

Aベストアンサー

おおざっぱにいえば「いろんなところ」にあります.

例えば mRNA は核 DNA をもとに合成され, そこにリボソームがついて蛋白質が作られていき, 最終的に不要になれば分解されます. そしてリボソームで蛋白質を作るためにはアミノ酸をもってくる tRNA が必要. さらにはリボソーム自身が rRNA を持っています.

Q原子炉崩壊物質、核分裂物質、原子炉焼却灰、放射性

物質、死の灰、高濃度核分裂物質、低濃度核分裂物質、核分裂化合物、放射性元素、放射能、
放射線、揮発性核反応物質、こんなに有ったらさっぱり分かりません。
いま日本を飛びかってるのは、この中でどれですか。ヤッパリ原子炉内部物質の死の灰ですか。

Aベストアンサー

間違っているかもしれませんが ^ ^;
物質・・・・のも
死の灰・・・原子爆弾によって生じる人命に関わる様々な降灰物
高濃度核分裂物質・・・濃縮の度合いが高い核分裂物質
低濃度核分裂物質・・・濃縮の度合いが低い核分裂物質
核分裂化合物・・・化合物はないと思います。放射性元素が核分裂して生成された物質
放射性元素・・・ウラン、プルトニュウムなどの物質
放射能・・・能力とう概念なので物質ではありません
放射線・・・放射性物質から放出させるエネルギー線
揮発性核反応物質・・・たぶん核分裂で生成される気体


福島原発から飛散して困るのは「核分裂生成物( 気体や固体 )」かな?
汚染された海水も問題ですが、これは何キロも飛散しないの退避勧告の範囲外にいる人は心配しないで大丈夫です。

死の灰とは原爆によって発生したものを言うので、福島原発では該当しないと思います。 もちろん似た物質の飛散はありますが・・・言葉に振り回されないようにしましょう。

QDNA,RNAの吸光度(濃度)測定について

よく核酸の濃度測定をするのですが,測定の際いつも240nm~320nmの吸光度のグラフを確認しています.

そこでお聞きしたいのですが,
(1)普段は260nmで核酸の吸光度がピークに達し,きれいな山型が描かれますが,時折,240nmの値が高めで右肩下がりのグラフになってしまうことがあります.280nmの吸光度が高いのは蛋白が混入しているものと認識しているのですが,260nm以下の領域が高くなる時はどういったことが考えられるのでしょうか.

(2)それともう一点,吸光度の比『A260/A280値』で,純度が高ければDNAは1.8,RNAは2.0で,当然蛋白が混入すれば比は1.8未満になるのは理解できるのですが,特にRNA濃度の測定の際,比が2.2近くになる事があり,それがどういう意味を持っているのか知りたいと思っています.

どちらか一方でも構いませんので,ご存知の方がおりましたら分かりやすく教えていただきたいと思っています.よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

#2です。参考文献を挙げておきます。

参考URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=9067025

Q濁度の原因物質

濁度の原因となっている物質はシルトやプランクトンのような粒子物質ですが、フミン物質のような溶存物質は濁度の原因にはならないのでしょうか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

1) シルト やプランクトンのような粒子物質の大きさ と フミン物質のような溶存物質の大きさ は 随分違って その差は 200-2000 倍くらいかも。 2) ですから フミン物質のような溶存物質の濃度が、おおくても、濁度に寄与するのは、わずかです。 3) 光吸収、光散乱は粒子物質のおおきいほうが、ずっとずっと大きいです。   GOOD LUCK

QDNAが遺伝物質と言われるのは

なぜDNAは遺伝物質といえるのか教えてください。
あと、それに関する二種種類の実験があると聞いたのですが、
それはどのようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

> なぜDNAは遺伝物質といえるのか教えてください。

DNAが遺伝子の本体だからです。DNAの中にある塩基といわれるものがどんな順番で並んでいるかによって、どんなタンパク質が作られるか決まります。つまりどんな性質を持った細胞になるかが決まります。そして細胞分裂の時、DNAは自分自身を複製することができます。

> それに関する二種種類の実験があると聞いた

DNAに関する実験は無数に行われているので、どれを指すのかがわかりません。

アベリーの肺炎双球菌を使った実験などは有名ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/オズワルド・アベリー

ハーシーとチェイスの大腸菌とバクテリオファージを使った実験も有名です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/バクテリオファージ

この二つかな?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/デオキシリボ核酸


おすすめ情報