最悪な状況になりました。

回答願います

事故して相手が病院に1回か2回いきました。
自分は任意保険で対応可能と思ってたが、怪我に対しては自賠責の対応とわかりました。

自賠責が切れていました。
事故後に自賠責入りましたが
この相手が病院いった治療費は自腹でしょうか?


対物は任意保険適応だが
人は保険適用外の場合

事故した日が1日 自賠責入ったのが3日

これはどうなりますか?

ちなみに現金ありません

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

同じ質問を続けて、自分に有利な回答を得るまで


やる魂胆ですか?

先の質問に回答した通り、人身事故の120万円
までは貴方の自己負担です。
それを超える部分は任意保険の対人で補償されますが
保険会社による示談代行はありません。
    • good
    • 0

>これはどうなりますか?


 保険対象外として処理(無視)される。

最高120万円まで自腹。
罰金が支払えなければ「懲役」ですね。
    • good
    • 0

>ちなみに現金ありません



借金して下さい。
    • good
    • 0

>事故した日が1日 自賠責入ったのが3日



無関係です。

全て自腹で支払ってください。
    • good
    • 0

対人はいらない任意保険はないです。


でも自賠責入ってないということは車検も受けていないってことでしょう。
無車検車に保険は適用されないです。
    • good
    • 1

あ、昨日も騒いでいた人ですね。



 任意保険の対人の部分は「自賠責で支払いきれない部分について支払われる」決まりです。

 そもそも車検切れで車を走らせるって、無責任も甚だしい。あり得ないです。

 どの範囲で保険は使えるかは、任意保険の損保会社に尋ねましょう。
    • good
    • 2

その事故は自賠責でカバーされませんから、自腹ですね。



無保険車運転での事故なので、それも罰せられますね 6点/30万円
自賠責が切れてるって事は、車検も切れてるって事ですね、無車検車運転6点/30万円

対物だけの任意保険なんてあるんですね。

>ちなみに現金ありません
車?売って、家じゅうの物を売って、家も売って、サラ金、闇金、銀行強盗ですね

あと、免許取り消しです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相手の自賠責保険と任意保険は、まとめて任意保険の会社に任せた方がいいの

相手の自賠責保険と任意保険は、まとめて任意保険の会社に任せた方がいいのか?

連投失礼します。
交通事故の被害者です。

加害者の任意保険の会社からの問い合わせで
「自賠責保険と任意保険とありますが、我々の任意保険(加害者側)の会社で自賠責の方の処理も一括していいですか?」
と聞かれたのですが、これもお願いした方がいいのでしょうか?

なんだか、任意保険の担当の人が印象悪いので
自賠責保険と任意保険と別々の窓口にしてもらったほうがいいのかな?なんて思っています。
結果は同じですか?

ご教授よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

印象が悪かろうとなかろうと、今では一括払いが常識ですよ。

自賠責の保険会社は事故に関しての処理は何もしてくれませんよ。
また事故の報告もする必要はなく、貴方が自賠責の保険会社に勝手に
請求すればよいだけです。

ただし、他の回答にもあるように、事故処理のノウハウもない貴方
には無理でしょう。

Q当方自賠責のみ原付・相手自賠責のみ原付で10:0/自賠責保険会社への対応と病院での対応について

加害者(私)も被害者(おじいさん)も原付・私は自賠責のみの加入で相手もおそらく自賠責のみです。

見通しの良い道路にて当方が右折しようとしましたが、左側から直進してきた被害者に気づかず二人とも怪我をしました。私は打撲で三日くらいで済みそうですが、おじいさんは一週間くらい通うことになりそうです。
警察には人身で届けを出しました。当方は自賠責の保険会社に連絡済です。

ここで初めて知ったのが、自賠責は人身で相手にかかった費用のみ補償してもらえるということでした。
私はできる限りのことをさせていただきたいと思っていますが、お相手は75歳で耳が遠く自分で字が書けません。私が病院で代筆したくらいです。(一人暮らしとのことです)

質問は以下のようなものになります。
1.お相手に自賠責保険を使っていただくことは可能なのでしょうか。耳も非常に遠く、ご自分で資料のやりとりをすることが非常に難しいと思われます。
無理なら私から保険会社に連絡を取ることはできるものでしょうか。

2.過去ログを読ませていただいたところ、交通事故であったとしてもこちらが主張すれば健康保険が使える旨の記載がありました。
事故にあった直後は動転していて、病院にて「保険が使えない」と説明されたので30000円近く支払っておりますが(おじいさんも同額くらい支払っています)、もう一度病院に行って健康保険に切り替えてもらうことは可能ですか。
できたらおじいさんの分も切り替えてあげたいくらいです。

質問に不備があれば追記させていただきます。
アドバイスをよろしくお願いいたします。

加害者(私)も被害者(おじいさん)も原付・私は自賠責のみの加入で相手もおそらく自賠責のみです。

見通しの良い道路にて当方が右折しようとしましたが、左側から直進してきた被害者に気づかず二人とも怪我をしました。私は打撲で三日くらいで済みそうですが、おじいさんは一週間くらい通うことになりそうです。
警察には人身で届けを出しました。当方は自賠責の保険会社に連絡済です。

ここで初めて知ったのが、自賠責は人身で相手にかかった費用のみ補償してもらえるということでした。
私はできる限...続きを読む

Aベストアンサー

自賠責は任意保険のように積極的に対応しません。
当事者が自分で対応するしかありません。
請求は加害者請求(加害者立て替え払い)被害者請求(被害者直接請求)の2つ方法がありますが、経済的に考えれば被害者請求が双方負担が少なくて済みます。
あなたも老人も被害者請求で対応すべきです。
あなた加入自賠責は老人にたいして、老人の自賠責はあなたに対応します。
過失相殺事故 自賠責はケガした方の救済目的保険ですから、おそらく120万限度に100%補償されます。
自由診療で立て替えはかなりの金銭負担を要しますので、それぞれ健保管轄官庁で相談 手続きをすれば必ず使えます「第三者行為による傷病名届け」
30,000円負担 健保ならその半額15,000円 その3割負担で4,500円で済んだはずです。
健保に相談 その旨病院に申し出、その上で健保でかかりたいと云えば受理せざるを得ないと思います。
それでもNOであれば、再度 健保管轄官庁に苦情を申し立てましょう。

>もう一度病院に行って健康保険に切り替えてもらうことは可能ですか。

上記 行動の上申し出れば可能と思います。
老人に対しても可能です(老人医療)

自賠責保険会社で請求に関する助言 アドバイスを受けられます。疑問点は遠慮なく聞くこと
また、自賠責の請求の案内 請求書類をセットで入手しておくこと(タダです)
事故証明書は最低2通必要です 自賠責請求用 健保用です。請求しておくこと 
事故証明にはそれぞれの自賠責加入先が明記してあります。

両者 被害者請求するのが一番良いと思います。老人についてはあなたが手伝ってあげて下さい。あなたが被害者請求するのと方法は同じですから・・・。

自賠責は任意保険のように積極的に対応しません。
当事者が自分で対応するしかありません。
請求は加害者請求(加害者立て替え払い)被害者請求(被害者直接請求)の2つ方法がありますが、経済的に考えれば被害者請求が双方負担が少なくて済みます。
あなたも老人も被害者請求で対応すべきです。
あなた加入自賠責は老人にたいして、老人の自賠責はあなたに対応します。
過失相殺事故 自賠責はケガした方の救済目的保険ですから、おそらく120万限度に100%補償されます。
自由診療で立て替えはかな...続きを読む

Q自賠責に詳しい方! 助けて下さい 自分は最近事故しました 任意保険会社から自賠責と車検証のfax

自賠責に詳しい方!

助けて下さい

自分は最近事故しました
任意保険会社から自賠責と車検証のfaxして下さい言われました。

自賠責と車検は8月で切れていました。
対人対物入っていますが
自賠責と車検切れていました。警察には忘れてた言うたら何も言われませんでした

明日至急入りますが
この事故の対応はどうなりますか?

任意保険と自賠責はどう関係あるのでしょうか?

物損事故ですが10対0で自分が悪く相手は病気に1度
いき車は修理しますが物損です

Aベストアンサー

無茶苦茶な回答もありますが・・

まず、自賠責がなくても任意保険は機能しますが
この場合には、保険会社による示談代行は一切
ありません。

また、任意保険は自賠責の上乗せ保険ですから、
自賠責部分(最大120万円)は貴方の自己負担です。

なお、物損に関しては対物で処理ですので、
保険会社は示談交渉してくれます。

Q人身事故の被害者で相手の任意保険が使えない 人身事故に遭い、相手の方の任意保険が使えず 分からないこ

人身事故の被害者で相手の任意保険が使えない

人身事故に遭い、相手の方の任意保険が使えず
分からないことが多いので教えて下さい。
事故の詳細は
加害者は2.5tトラックで、私はトラックの外に立ち
助手席のドアを開けて運転手の方と話をしていました。運転手の方の操作ミスにより、車が発進してしまい私の左足を左前輪で轢いてしまいました。
骨折はしませんでしたが、左足甲の打撲と左膝の捻挫及び半月板損傷で全治10日となりました。
相手は仕事中でしたし、会社の任意保険が使えるので
きちんと対応しますとの事で安心していました。
しかし、2日後、相手の会社の方から連絡があり
会社の任意保険は使わせないので、あとは本人とやり取りしてくださいと言われました。
本人に確認したところ、自分の任意保険も使えないみたいだから自賠責で対応することになりますと言われました。
私は自分の入っている保険会社に連絡を取り、事故受付をし、自分の人身傷害保険と障害一時金特約を利用出来ることを知り、書類を提出しました。

質問は、私はいくら病院に通ってリハビリ等をしても
保険金は受け取れないのでしょうか?
もちろん、病院代は自己負担0で通えています。
人身傷害保険から病院代を保険会社が立て替えてくれるんですよね?
相手が自賠責しか使えないということは、自賠責の限度額を超えたら加害者の実費になるんでしょうか?
示談や、損害賠償の請求はどうしたら良いですか?

本当に無知で不安だらけです。
よろすくお願いします。
乱文失礼いたしました。

人身事故の被害者で相手の任意保険が使えない

人身事故に遭い、相手の方の任意保険が使えず
分からないことが多いので教えて下さい。
事故の詳細は
加害者は2.5tトラックで、私はトラックの外に立ち
助手席のドアを開けて運転手の方と話をしていました。運転手の方の操作ミスにより、車が発進してしまい私の左足を左前輪で轢いてしまいました。
骨折はしませんでしたが、左足甲の打撲と左膝の捻挫及び半月板損傷で全治10日となりました。
相手は仕事中でしたし、会社の任意保険が使えるので
きちんと対応しますと...続きを読む

Aベストアンサー

No.1に対するご質問について
あなたと話をしていた事がプライベートな事案だから任意保険を使わないといっても、事故が勤務中にプライベートな雑談をしたとしても全体的には業務中の事故と考えられます。
仮に業務外だったとしても、会社所有の車(リース車を含む)であれば、盗難や無断運転でない限り車の保有者として運転者と連帯して自賠法により損害賠償責任が生じます。
相手の会社が任意保険を使わないのであれば会社が自己負担をするだけのことです。任意保険が使えないから自賠責保険の範囲でしか補償を受けられないということにはなりません。
賠償額の計算は素人には難しいので、弁護士特約を付けておられるなら、すべて弁護士に委任されることをお勧めいたします。
あなたはあなたの保険会社に連絡をし、人身傷害保険金以外を加害者に請求したい。その際、弁護士特約を使いたいので弁護士を紹介してほしいと言えばいいのです。
賠償請求に必要な書類(事故証明書や診断書等)は保険会社から弁護士に渡してくれますから、あなたは弁護士から送られてくる委任状と要求される書類(わからなければ保険会社に言えばよいです)を提出すればよいだけです。

No.1に対するご質問について
あなたと話をしていた事がプライベートな事案だから任意保険を使わないといっても、事故が勤務中にプライベートな雑談をしたとしても全体的には業務中の事故と考えられます。
仮に業務外だったとしても、会社所有の車(リース車を含む)であれば、盗難や無断運転でない限り車の保有者として運転者と連帯して自賠法により損害賠償責任が生じます。
相手の会社が任意保険を使わないのであれば会社が自己負担をするだけのことです。任意保険が使えないから自賠責保険の範囲でしか補償を受...続きを読む

Q交通事故自賠責及び任意保険の時効の進行何時からカウントされるのか?あと

交通事故自賠責及び任意保険の時効の進行何時からカウントされるのか?あと症状固定になったらカウントはどうなるのか教えて下さい!

Aベストアンサー

NO.4です。
 本題の時効の起算点について説明します。
 損害賠償請求権の時効の起算点は、n_kamyi さんの回答のとおり、怪我をしただけの場合で、後遺障害が発生していない場合は、基本的に事故日が損害賠償請求権の時効の起算点になります。
 ただし、民法上の時効中断事由には「承認」も含まれており、仮に加害者側から何らかの金銭の支払いを受けていた場合は、加害者が自分の債務の一部を支払うことで「承認」したと評価されることがあります。
 また、後遺障害が残らなくても、形成治療や事故に起因する精神疾患の治療、感染症が発生した事例、頭部外傷の治療、子供の成長線障害や歯科矯正が必要な場合等は、事故発生から2~3年程度で終了しないケースもあり、画一的に2~3年で時効が成立するとは言えない場合もあるのです。
 ただし、法的に相当因果関係が認められる治療の範囲は「症状固定」といって、治療効果が認められないと医学的に判断された時点になりますから、むやみに治療を継続していた場合には、症状固定日がさかのぼって認定されることもあります。
 つまり、損害賠償上の時効の起算点は、その事例の特質によって、最終的には裁判所が判断することになります。
 後遺障害が認定されたとしても、その症状固定の時期は別に判断されることもあり、医師が症状固定日を「◯年◯月◯日」と後遺障害診断書に記載しても、医師は症状固定という法律的概念を知りません。
 従って長期治療の場合は、医学的な観点から症状固定日が個別に判断されることになり、事例しだいで時効の起算点が変わるということは、まま見受けられることなのです。
 ただし一般論としては、あまりにも長期にわたった治療が行われた場合で、打撲・捻挫等の一般傷病の場合は、n_kamyi さんの説明どおりの評価がなされることになるでしょう。

 自賠責保険の請求形態は、被害者請求と加害者請求という個別の請求権であり、その形態によって時効の起算点の考え方が違います。
 保険請求権の時効の起算点は、一般的には事故発生の翌日からであって、被害者請求権に関しては、治療・交渉の途中で加害者が賠償金の一部の支払いを行った日が、自賠責保険の時効中断と評価されることはありません。
 民法上では、時効中断事由に「承認」がありますが、自賠法上の時効中断事由に「承認」はありません。
 また、法的に訴訟提起したとしても、訴訟提起(民法上の「請求」にあたり、損害賠償請求権の時効は中断される。)は、自賠法上の時効中断事由には含まれません。
 高次脳機能障害と言われる怪我の場合は、ある程度の経過期間を見てくれますが、それ以外は被害者請求権の場合は、事故発生の翌日が時効の起算点となります。
 つまり、自賠責保険の傷害部分の保険金請求は「症状固定日」からではありません。
 これが困るというのであれば、各保険会社の自賠責保険窓口に「時効中断申請書」が準備されていますから、その手続きを行うことで、時効の危険を回避できるのです。
 また、訴訟提起がなされた場合に、自賠責保険の被害者請求権等の時効を中断する方法としては、民事訴訟法上の訴訟告知という方法もあります。
 後遺障害が認定された場合、自賠責保険の後遺障害保険金の請求は症状固定日の翌日が起算点となります。

 結論として、自賠責保険の時効の起算点は、自賠責保険の担当窓口に確認することをお勧めします。
 損害賠償請求権の時効の起算点は、具体的な事例を法律の専門家たる弁護士に相談する必要があります。
 実際に訴訟等の実務を行っていない人の意見を、そのまま信用することは極めて危険ですので、ご注意下さい。

NO.4です。
 本題の時効の起算点について説明します。
 損害賠償請求権の時効の起算点は、n_kamyi さんの回答のとおり、怪我をしただけの場合で、後遺障害が発生していない場合は、基本的に事故日が損害賠償請求権の時効の起算点になります。
 ただし、民法上の時効中断事由には「承認」も含まれており、仮に加害者側から何らかの金銭の支払いを受けていた場合は、加害者が自分の債務の一部を支払うことで「承認」したと評価されることがあります。
 また、後遺障害が残らなくても、形成治療や事故に起因す...続きを読む

Q「人身事故証明書入手不能理由書」と自賠責、任意保険のカバーの関係

困っていることがあるのでお知恵を拝借したくよろしくお願いします。

状況
自動車事故において私は加害者。時速5km位で相手のバンパーに接触。両車共に車自体には損害ほとんど無し。警察にはその場で届けたので物損扱いにはなっている。しかし、被害者側は鞭打ちなので半年以上治療がかかるだろう、と主張。
任意保険会社いわく、人身は自賠責から支払われるが「人身事故証明書入手不能理由書」だけだと、2週間程度の治療費しか支払われず、長期的なものをカバーするには人身事故に切替が必要とのこと
被害者はしたがって警察に行って人身に切り替えるか、任意保険会社から長期的な支払を約束する文書の入手を要求(これは被害者側の任意保険会社のアドバイスに基づいている)

質問
私としては「点数」や「反則金・罰金」などはとられたくないので、出来ることなら人身に切り替えたくは無い。つまり自賠責又は任意保険で長期の治療を「・・・不能理由書」の提出だけでカバーできればうれしいのです。
そこで次の質問にどなたか答えていただけないでしょうか?
Q1 「人身事故証明書入手不能理由書」の提出だけでは、例えば1ヶ月以上の治療費の自賠責からの支払は本当に止まってしまうのか?あるいは止まってしまった後任意保険でカバーすることはありえないのか?
Q2 人身事故に切り替えた場合、軽微な事故にもかかわらず、必ず「点数」や「反則金・罰金」などはとられ手しまうものなのか?
Q3 (Q1と近似した質問ですが)「・・・不能理由書」だけで治療が長期間になった為に自賠責がカバーできなくなった分は任意保険から支払われるよう、任意保険会社に対して被害者あるいは加害者から要求し、事前に約束することは可能か?

よろしくお願いします。

困っていることがあるのでお知恵を拝借したくよろしくお願いします。

状況
自動車事故において私は加害者。時速5km位で相手のバンパーに接触。両車共に車自体には損害ほとんど無し。警察にはその場で届けたので物損扱いにはなっている。しかし、被害者側は鞭打ちなので半年以上治療がかかるだろう、と主張。
任意保険会社いわく、人身は自賠責から支払われるが「人身事故証明書入手不能理由書」だけだと、2週間程度の治療費しか支払われず、長期的なものをカバーするには人身事故に切替が必要とのこと
...続きを読む

Aベストアンサー

Q1 都道府県の警察により物損から人身事故への切替えを受け付けてもらえない所もあるみたいなのでそういう場合はそれが正当な理由になり人身事故証明入手不能理由書の提出により期間に関係無く自賠責・任意にかかわらず治療費は支払われると思います。ただし加療二週間であれば治療6ヶ月位までが自賠責保険の見解のようです。

Q2 #1さんのが適当だと思います。
Q3 おそらく不可能でしょう。そんなリスクのある条件を保険屋が呑むとは思えません。自賠責の範囲内でおさめるのが彼らの仕事だと思いますので。

なんにせよ「人身事故にしたくない」「ズル出来るならしたい」っていうところが相手の気分を害したり、それが弱みになり相手方に付け込まれているということもあるかもしれません。

Q自動車保険 任意保険と自賠責保険の利用の違いは?

任意保険と自賠責保険の利用の違いはなんでしょうか?
今回、車同士の出会いがしら事故を起こしてしまいましたが、
任意保険を使うと掛け金が上がってしまいますね。
自賠責保険はこういう事故の場合、使うことはできませんか?
使い分けがよくわかりません。
よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

 簡単に書くと自賠責保険は人身事故時の人身部分の損害賠償にのみ機能します。物の損害や自分の死傷には全く関係のない保険です。
 任意保険との関係を考えると「対人賠償保険」との関係ということになります。これがある場合、人身の賠償に関する保険は「2階建て」といったことになります。1階部分には自賠責保険がきます。通常「傷害120万円死亡3000万円」までは自賠責保険が機能します。それを使い切って初めて任意保険が機能することになります。
 もし自賠責保険が無い状態で誰かにケガをさせてしまったら、最大で120万円は自己負担となります。

 使い分け…とされていますが、両者ともに契約があるのならそんなに意識することもありませんし、その必要もありません。

Q人身事故での自賠責・任意保険請求

保険のことがよくわかりませんので、自賠責と任意保険請求での金額の違いを教えて下さい。

状況:自分(原付)9:1相手(車)、警察へ人身事故で届けてます。
相手の任意保険会社より連絡があり、過失割合9:1だと言われました。
自分は原付一部破損と通院してました。
ケガ完治日数は33日、通院日数24日で、保険証を使い3割負担で5万円ほどです。
原付修理費見積もりは8万円です。
相手の方はケガはなく、車の大きな破損もないので、保険請求しないそうです。
(過失割合にはコチラ側としては納得できませんが、目撃者がいないと過失割合がかわりそうになく、
これ以上の話し合いが厳しい状態ですので、9:1では保証が どのようになるのか教えて下さい。)

治療費・原付の修理見積もり代は どれくらいでるのでしょうか??
わかるかたいらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

人身部分は任意保険一括払い対応してると思いますので、自賠責120万限度に収まるようであれば、基本的には減額されることなく自賠責の補償で100%保障されます。
自賠責は被害者救済保険 被害者の過失が70%未満なら100%補償されます。自賠責調査事務所が70%以上の過失と判断されれば20%減額の96万が限度枠になり、それでも80%は補償されます。
あなたの場合 自賠責限度額120万越えて任意保険になりますと過失相殺され10%減額されます。

物損については修理代8万が時価額内のものであれば10%減額の7万2千円 時価額を超えてのものなら全損 時価額の10%減額補償ということになります。

Q任意保険の一括請求の相手方任意保険会社のデメリット

任意保険の一括請求を相手方(加害者)任意保険会社にすると
任意保険会社は病院に直接、月々の診断書や診療報酬明細書を請求、
受領し、被害者の治療内容等を把握でき、
賠償の見通しが立ち、示談交渉等のペースを握ることができるなど、
メリットがありますが、
逆にデメリットもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

自賠責の上限を超える(可能性がある)場合は、
後から「200万円でした」と請求されても
スンナリ「はい、わかりました」と支払う訳ではないので、
「モメるリスク」が高くなります。

Q自動車保険で1回の事故と2回の事故の違いは?

自損事故をしました。
自宅駐車場でエンジンをつけたまま、サイドブレーキはしましたが、ギアをパーキングに入れ忘れてドライブのまま、車を降りました。
車が自走を始めて、まず自宅のブロック塀に衝突しました。
慌てて自走を続ける車のドアを開けてハンドルを切ったところ、道向かいの家のブロック塀に衝突して止まりました。

質問は、保険会社がこの事故状況について1度の事故か2度の事故かを問題にしているということです。
何の違いがあるのでしょうか?
保険の保障金額に差が出るのでしょうか?
それとも今後の保険掛金の等級が2回分下がるのでしょうか?

ちなみに保険会社はニッセイドウワです。
この会社について何か評判等ありましたら、あわせて教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ、おケガはございませんでしたか?
さて、私の経験上ですがこれはたぶん自宅のブロック→1回目の事故
向かいのブロック→2回目の事故になると思います>< ただ保険会社(事故担当アジャスター)によって見解が違いますので対物の損害が大きな損害でなければ1回の事故として取り扱ってくれると思います。
私は代理店の立場なので詳しくは分かりませんが過去に私のお客様にあなたとまったく同じようなケースがありまして、、修理の見積もりを取ったところ2箇所でそんなに損害が大きくなかったので(2箇所で20万以内)担当アジャスターと相談しまして何とか1つの事故として処理してもらいました、ただ、、これはあくまでも特別なケースだと思いますのであまり参考になさらないで下さいね! 担当アジャスターと相談されてみてはいかがですか?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報