OCN光で最大124,800円おトク!

windows10に標準装備されている Hyper vですが、ローカルで接続すると「サーバーに接続するも仮想マシン管理ーサービスが実行されており、サーバーに接続する権限が与えられているかどうか確認してください。」とエラーが表示されます。
どうのようにすれば宜しいでしょうか。

A 回答 (1件)

Administrator権限


アクセス権
Hyper-V Administrators グループにアクセス許可が付与されていてもグループを見ると、 Administrator がメンバーになっていなかった→グループのメンバにすることによって解決した事例
http://dynamic-one.com/archives/51462999.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWindows10でWindows Virtual PCが使えますか

現在 Windows7にて Windows Virtual PC を起動しで、WindowsXPモードでしか働かないソフトを使用していますが、OSをWindows10にアップグレードしたときに、この機能(Windows Virtual PC)は使えるでしょうか。
どなたか実際にWindows10にアップグレード済の方にご教示頂きたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
Windows 10でWindows Xpを動かす方法ですが、Virtual PC が使えなくとも、VMWare Playerという無料のソフトで可能です。
私のPCもWindows 10ですが添付画面のように、仮想マシン上でXpが動作しています。

Xpのインストールメディアが必要ですが、ソフトの対応やVirtual PCの対応がうまくいかなかった場合には、解決策となると思います。

QHyper-vで仮想OSを作成できない

いつもお世話になります。

この度、新しく購入したPCに、2008SVをベースのOSインストールとして、
Hyper-vを追加後、仮想OSを作成しようとしましたが、以下のエラーがでてインストール
できません。

恐れ入りますが、コメント頂けると幸いです。

「エラー内容」
仮想マシン名'の状態を変更しようとして、アプリケーションでエラーが発生しました。
新しい仮想マシンは、初期化できませんでした。
ハイパーバイザが実行されていないためか、仮想マシンを起動できませんでした。

「イベントビューア」
event ID 3040,3112 がエラーの度に記録される。

「PC情報」
OS:Windows Server 2008 R2 with Service Pack 1 Enterprize (MSサブスクリプションより入手)
CPU:CoreTM i7-2670QM Processor
<CPU情報>
http://ark.intel.com/ja/products/53469/Intel-Core-i7-2670QM-Processor-(6M-Cache-2_20-GHz)
メモリー:8G

「経過」
当CPUは、intelHPを見る限り、DEP・仮想化対応している模様。
sandyBridgeは、SP1が必須だということで以下に記事があったが、インストール時すでにSP1
であり、WindowsUpdateを実施するも、同様のエラーとなる。
<記事:sandybridgeへの対応>
http://support.microsoft.com/kb/2517374/ja

よろしくお願いいたします。

いつもお世話になります。

この度、新しく購入したPCに、2008SVをベースのOSインストールとして、
Hyper-vを追加後、仮想OSを作成しようとしましたが、以下のエラーがでてインストール
できません。

恐れ入りますが、コメント頂けると幸いです。

「エラー内容」
仮想マシン名'の状態を変更しようとして、アプリケーションでエラーが発生しました。
新しい仮想マシンは、初期化できませんでした。
ハイパーバイザが実行されていないためか、仮想マシンを起動できませんでした。

「イベントビューア」
event...続きを読む

Aベストアンサー

>event ID 3040,3112 がエラーの度に記録される

3040'%1' は初期化できませんでした。(仮想マシン ID %2)
3112ハイパーバイザーが実行されていないため、仮想マシンを起動できませんでした。 物理コンピューターのプロセッサに、サポートされているバージョンのハードウェア対応仮想化が存在することを確認します。%r%n2) ハードウェア対応仮想化およびハードウェア対応データ実行保護が、物理コンピューターの BIOS で有効になっていることを確認します (BIOS を編集してどちらかの設定を有効にする場合、物理コンピューターの電源をオフにして、もう一度オンにする必要があります。物理コンピューターをリセットするだけでは不十分です)。%r%n3) ブート構成データ ストアに対して変更を加えた場合は、これらの変更点を見直して、ハイパーバイザーが自動的に起動するように構成されていることを確認してください。%r%n

「Hyper-V Event ID and Explanation - English and Japanese」

Q既定のインスタンスと名前付きインスタンス

Microsoft SQL Server 2012 をインストールしたいのですが、
既定のインスタンスと名前付きインスタンスのどちらを選べばいいのでしょうか?
SQLサーバーは初心者です。

Aベストアンサー

SQL Server は同一マシン上にいくつもインストールすることができる。
SQL Server は DB を管理するサービス (DBMS) なので、同一マシンに複数インストールすれば、同一マシンで複数の DBMS が稼動することになる。
1つめの DBMS で管理されている DB-A という DB があったとして、さらに 2つ目の DBMS にも DB-A という DB があったとしても、1つ目の DBMS で管理している DB-A と 2つ目の DBMS で管理している DB-A は別物である。

これは Windows のフォルダーで考えればわかりやすい。
1つのマシン上には複数のドライブ (C とか D とか) をマウントできる。
各ドライブには当然ながらフォルダーがあるが、C:\hoge と D:\hoge という 2つの同じ名前のフォルダーはドライブが違うので別物である。

で、本題。
同一マシン上に複数の DBMS をインストールする場合、それぞれの DBMS のインスタンスに名前をつけて区別する。
ただし 1つの DBMS しか稼動させない場合は名前をつける必要がない。これを 「既定のインスタンス」 と呼ぶ。
既定のインスタンスが稼動しているマシンに 2つ目の DBMS をインストールする場合、すでに稼動している既定のインスタンスと区別するために何か名前をつける必要がある。これが 「名前付きインスタンス」 である。

ただし DBMS を 1つしか稼動させない場合でも、何が何でも既定のインスタンスにしなくてはならないわけじゃなく、名前をつけてやってもかまわない。

例外として、SQL Server の無償版である Express Edition は、通常は名前付きインスタンスとしてインストールされる。
名前付きインスタンスを指定せずにインストールした場合は、既定の名前付きインスタンスである SQLExpress が使用される。

SQL Server は同一マシン上にいくつもインストールすることができる。
SQL Server は DB を管理するサービス (DBMS) なので、同一マシンに複数インストールすれば、同一マシンで複数の DBMS が稼動することになる。
1つめの DBMS で管理されている DB-A という DB があったとして、さらに 2つ目の DBMS にも DB-A という DB があったとしても、1つ目の DBMS で管理している DB-A と 2つ目の DBMS で管理している DB-A は別物である。

これは Windows のフォルダーで考えればわかりやすい。
1つのマシン上には複数...続きを読む

QWindows8のサーバーマネージャの起動方法

簡単なことかもしれませんがとても困っています。

Aベストアンサー

Administratorグループのメンバーがログオンすると(既定では)サーバー マネージャーが自動的に起動します。
再起動は(Administratorユーザーがログオン後)「スタート」画面で、「サーバーマネージャー」タイルをクリック

QIntel VT-xの有効化について教えてください。

Intel(R) Virtualization Technologyを有効にしたくて、
いろいろ試したのですがどうにも上手くいかずお力添えをお願いしたく思っております。

まずIntelVTを有効にするためにBIOSの設定にてこれを有効化したのですがこれだけではダメのようでした。
初めから有効化になっていたので、無効化に一度設定してから有効化したりもしました。
VirtualCheckerという確認ソフトでも確認したところIntel VT-Xの項目はDisabled、無効状態になっています。
BIOSの設定画面上ではもちろん有効状態です。

BIOSをアップデートすればもしやとも思って試してみましたが無駄のようでした。

何かわかる方いらっしゃいましたらどうかご教示お願いいたします。

当方の環境は以下になります。

OS:Windows8.1 Pro 64bit
CPU:Intel Core i7-4930K
Mainboard:RAMPAGE IV BLACK EDITION(BIOS 0701)

Aベストアンサー

Intel Virtualization Technologyについてしらべてみまし調べてみました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB_%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC

BIOSでの設定は下記のようですが、これはOKですね。
http://faq.epsondirect.co.jp/faq/edc/app/servlet/relatedqa?QID=029608

話の内容はAndroidのものですが、Windows8.1でVT-Xが無効になっていたと言うこと。VT-xに関しては同じでしょう。
http://emu717171.hatenablog.com/entry/2013/12/03/001350

コントロールパネル→プログラムと機能→Windowsの機能有効化または無効化→Widowsの機能→Hyper-Vのチェックを外す

私のThinkPad X200でWindows8.1では、Hyper-Vのチェックは最初から外れていました。XP→7→8→8.1 とアップしてきたせいでしょうか・

多分これではないかと思います。"HYPER-Vの機能をOFF" にすれば、VT-xが有効になるでしょう。Windowsによくある、小さな親切大きなお世話ってやつでしょうか。ちなみに、"HYPER-Vの機能" とは下記です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Hyper-V

Intel Virtualization Technologyについてしらべてみまし調べてみました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB_%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC

BIOSでの設定は下記のようですが、これはOKですね。
http://faq.epsondirect.co.jp/faq/edc/app/servlet/relatedqa?QID=029608

話の内容はAndroidのものですが、Windows8.1でVT-Xが無...続きを読む

QSQLServer2012の復元ができない

いつも楽しく勉強させていただいております。

環境はSQLServer2012のExpressでOSはWindowsServer2008です。

Test1というデータベースのバックアップを取ってTest2という名前で復元しようとしましたが、なぜか失敗してしまいます。
どなたか原因を教えていただけませんか。

次の手順でバックアップを取り、復元をしています。


○バックアップのフェーズ

1.データベースのバックアップのダイアログボックスを開く。
2.ソースにTest1、バックアップの種類に完全を指定する。
3.バックアップ先は以下のファイルに

 C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.SQLEXPRESS\MSSQL\Backup\Test1.bak

4.OKをクリックし、「データベース'Test1'のバックアップが正常に完了しました」を確認。

○復元のフェーズ

5.データベースの復元のダイアログボックスを開く。
6.ソースはデバイスにする。
7.ファイル名に上記3.のファイル名を指定
8.転送先データベースはTest2とする。
9.OKをクリック(ここでエラーとなる)。

エラーメッセージは以下の通りです。

------------------------------------------
データベース'Test2'の復元に失敗しました。(Microsoft.SqlServer.Mangement.RelationalEngineTasks)
追加情報:

System.Data.SqlClient.SQLError:ファイル'C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.SQLEXPRESS\MSSQL\DATA\Test1.mdf'に上書きできません。
データベースTest1が使用中です。(Microsoft.SqlServer.SmoExtended)
------------------------------------------

メッセージの内容で引っかかるのはTest1.mdfに上書きできませんというところです。
上書きでなくTest2という新規データベースに書き込みたいのですが。

ためしにTest2というデータベースを作成しておいて「既存のデータベースに上書きする」をチェックしてやってみましたが、やはり失敗。
メッセージは上と同じです。
SQLServerを再起動して試してもやはり結果は同じです。

何が悪いのでしょう。

いつも楽しく勉強させていただいております。

環境はSQLServer2012のExpressでOSはWindowsServer2008です。

Test1というデータベースのバックアップを取ってTest2という名前で復元しようとしましたが、なぜか失敗してしまいます。
どなたか原因を教えていただけませんか。

次の手順でバックアップを取り、復元をしています。


○バックアップのフェーズ

1.データベースのバックアップのダイアログボックスを開く。
2.ソースにTest1、バックアップの種類に完全を指定する。
3.バックアップ先は以下のファイルに...続きを読む

Aベストアンサー

復元時にデータファイルとログファイルの格納先を指定して変更する必要があります。

Qディスク上のサイズとサイズはどうして違うんですか?

ファイルのプロパティ「全般」タブに表示されている「サイズ」と「ディスク上のサイズ」は、どっちが本当のサイズなのでしょうか?
どうしてサイズが違うのですか?
メールでファイルを送るときは、どっちのサイズを見ればいいのでしょうか?
これについて詳しく解説しているページがあったら、それもぜひ教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「サイズ」はファイルの本当の大きさ、
「ディスク上のサイズ」はファイルが記録されているクラスタを合計した大きさです、
OSはファイルを幾つかのクラスタ(OSが管理するハードディスク上のブロック
の最小単位)を使ってHDDなどのメディアに保存します、

基本的に今のWindowsでは4KBのクラスタサイズで管理しているので例え1バイトのファイルでも「ディスク上のサイズ」4KBのサイズになってしまいます、
つまり常に「ディスク上のサイズ」の方が大きくなっているはずです、

メールに添付する場合は「サイズ」を確認するだけでOKです。

QOracleで流したSQLのログを取得できますか?

ASP+Oracle9iで作られたシステムがあります。
Oracleの設定などは前任者がしており、まともな引継ぎを受けないまま私が維持運用員となりました。
現在DBからあるレコードが消えてしまい(最初から作られてない可能性もあり)、顧客からクレームがついています。
状況から考えて怪しいプログラムを調査したのですが、原因不明でした。
そこで、Oracleの方で今まで流れたSQLをログとして保存していれば手がかりがつかめるのではないかと思い、情報を探しているのですが見つからないので教えて頂きたいのです。
私はOracleの知識(管理面について)が殆どなく、Oracleを使うことはできるが、Oracleの設定がどういう状況になっているか調べることもできず、資料もありません。

1.そもそもOracleにSQLをログとして保存する機能があるのか?
2.あるとすれば、保存機能が有効になっているか、保存したファイルがどこにあるかをどこで確認できるか?

以上の点についてご存知の方、どうぞ回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

OracleのSQL実行痕跡は以下に示すものの中にあります。
ただし、それぞれの設定レベル、保存方法によって、参照できる範囲は変わります。

1.オンラインREDOログとアーカイブログ
  オンラインREDOログはすべてのOracleデータベースに存在します。
  ですが、そのREDOログのサイズとシステムのアクセス量によって保存期間は変化します。アーカイブログ設定しておけば、古いREDOログはアーカイブとして吐き出されます。
  これらは#1の方がおっしゃったLOGMINERで実行済みSQLを調査することができます。
  アーカイブログモードになっているかどうかは、下記で確認できます。
   SQL> select log_mode from v$database;

  また、どのアーカイブログファイルを調査するかは下記を参照すれば良いと思います。
   SQL> select name,to_char(completion_time, 'yyyy/mm/dd hh24:mi') adate from v$archived_log;

2.フラッシュバック問い合わせ
  これは初期化パラメータUNDO_MANAGEMENTがAUTOに設定されており、かつUNDO_RETENTIONが保存期間として適切に設定されている場合のみ使用できます。
  やっていることは、UNDO表領域(旧RBS用表領域)の中に残っている実行履歴を参照しています。したがって、データベース設計時にフラッシュバック問い合わせを前提としていない限り、使える可能性は低いです。

3.その他
  監査を実行していれば、実行SQLを取得できる可能性があります。
  ただし、監査レベルなどを理解しておかないと、すべてのSQLが取得されていない可能性がありますので、難しいかもしれません。

OracleのSQL実行痕跡は以下に示すものの中にあります。
ただし、それぞれの設定レベル、保存方法によって、参照できる範囲は変わります。

1.オンラインREDOログとアーカイブログ
  オンラインREDOログはすべてのOracleデータベースに存在します。
  ですが、そのREDOログのサイズとシステムのアクセス量によって保存期間は変化します。アーカイブログ設定しておけば、古いREDOログはアーカイブとして吐き出されます。
  これらは#1の方がおっしゃったLOGMINERで実行済みSQLを調査することができま...続きを読む

QMAX値を条件にデータを取得するには?

SQL文で困っています。
ご教授下さい。


下記のようなデータがあった場合、それぞれの区分毎に
年月が最大(最新)のデータを取得したいです。
(実際には1レコードにその他項目があり、それらも取得します。)
<検索対象データ>
区分 年月   金額
-----------------------------
A   200412  600
A   200503  560
B   200311  600
B   200508  1000
B   200504  560
C   200508  400
C   200301  1100


<取得したいデータ>

区分 年月   金額
-----------------------------
A   200503  560
B   200508  1000
C   200508  400

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テーブル名をXXXとすると次のようなSQLでよいと思います。(最善の方法かどうかは自信がないですが)

select B.* from (select 区分, max(年月) as 年月 from XXX group by 区分) As A
inner join XXX as B on A.区分 = B.区分 and A.年月 = B.年月
order by B.区分

QエクセルのIF文で「NOT=」はどう書くのですか?また、>=や<=の場合の書き方を教えてください

タイトルのとおりです

IF文で下記の3つの書き方がわかりません。

NOT=は、<>?
0以外の場合は、A1<>0?

A1が0と同じか、大きい場合は
A1>=0?

なんだか、うまくいきません^^;

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

A1が・・・・・
A1 <> 0  0以外
A1 >= 0  0以上(0を含む)
A1 > 0   0より大きい(0は含まない)
A1 <= 0  0以下(0を含む)
A1 < 0  0未満
A1 = 0  0

=<,=> などの書き方は使えません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング