これからの季節に親子でハイキング! >>

野村証券の担当者にタイトルの商品を勧められています。

韓国輸出入銀行2019年9月満期ブラジルレアル建債券(円貨決済型)
期間3年 利率 年8.5パーセントです。
格付 AA(S&P)、Aa2(Moody’s)、AA-(Fitch)
申込単位 20,000ブラジルレアル以上10,000ブラジルレアル単位(日本円で約60万円~)

担当者は、「これだけ良い利率はお得です。為替相場の変動によるリスクはありますが、これだけの利率があれば、十分利益が出ると思われます。」と仰います。

私が「ブラジルって治安が悪そうだし、韓国の銀行もあまり信用ができない(万が一韓国の銀行が倒産すると損が出るそうです)」と言うと、「ブラジルの治安は関係ないし、韓国の銀行も大きな銀行なので倒産する事はないと思われます」と仰います。

本当にブラジルって毎日のように子供でもひったくりする人がいるとか聞きますけど、ブラジルの治安は関係ないのですか?

ブラジルの為替相場もまったくわからないのですが、暴落したりしないでしょうか?

本当に信用できると思いますか?
現在300万円ぐらい余裕資金があるのですが、全部預けてしまっても大丈夫でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

こうした商品は、もともと、韓国輸出入銀行そのものがブラジルレアル建て債券を発行しているのではなく、


通貨とからめて証券会社が組成している商品である可能性が高いです。

なぜこうした商品を証券会社がつくるかというと、売った段階で証券会社としては高い利益(率)が出る「おいしい」商品だからです。

証券会社はなんらリスクをとることなく、利益のみがえられ。為替リスク等は顧客に方が負うことになります。

新興国の通貨は、経済動向等で大きく売られることがあります。ブラジル自体の経済の動向もですが、世界、米国等の金利動向でも動きます。

3年でこの程度の利率は簡単にふっとんで損失が出ることが充分にあります。そうなったとしても、当然、証券会社が補填してくれたりする
わけではありません。

3年未満で途中売却する場合は、株式のように自分で注文を出して売買できるマーケット、市場があるわけではないので、
証券会社の言い値でしか売ることができません。それは、実勢の為替レートよりもかなり不利になる場合が多いです。

治安そのものが直接為替レートを動かすようなことはあまりないですが、相当にハイリスクであり、買う側が有利な商品とは言えません。

少なくとも、いきなり余裕資金300万全額をぶちこんでいいような商品とは思われません。

個人的には、ブラジルレアルに限らず、トルコリラとか南アフリカランドなどもですが、新興国通貨建てのこうした商品は一切買っていません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

やっぱり信用できないんですね。

お礼日時:2016/09/14 10:14

担当者さん自身はわりと信用できますね。


なぜなら、単なる予測の部分にはきちんと「思われる」と明言しているのですから。
とりあえず、担当者さんの言葉から「事実」と「単なる予測」を選り分けてみましょう。

○事実
・これだけ良い利率はお得(利率「だけ」を見れば確かにその通り)
・為替相場の変動によるリスクはある
・ブラジルの治安は関係ない(為替相場への「直接的な」影響は無い)
・韓国の銀行は大きな銀行

○単なる予測(「~と思われる」が掛かる部分)
・これだけの利率があれば充分利益が出る(当然、利率以上に相場が落ちれば損をする)
・大きな銀行だから倒産することはない
 (規模の大きさが保証にならない事は日本のバブル崩壊後などを考えても明白)

単なる予測を鵜呑みにするのは、信用ではなく妄信です。
まあ、向こうも商売なのでそうなるよう誘導しているフシはありますが。
プロが「絶対確実に儲かる訳ではない」と言っているのですから、素人の私としてはとうてい
「余剰金を全額預けても大丈夫」なんて無責任な保証はできませんね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2016/09/15 11:48

書いた内容は私自身の判断であり、すべて正しいとは限りません。


信用できないというよりも、有利な商品とは言いがたいと考えています。

堅い商品として10年変動の個人向け国債でも買われてはどうでしょう。
野村も少し礼金が出ると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2016/09/15 11:44

夫の回答です。


韓国経済の将来は暗い。
ブラジルについては、資源安の世界的動きを考えれば、さらに経済的な苦境に陥る可能性が高い。
10年以上の長期的運用なら考えてもいいかもしれないが、韓国金融機関が間に入ってるなら、リスクは絶望的なほど高い。
私なら勧めないーだそうです。(^_^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2016/09/15 11:43

利率は確かに魅力的ですが、それを超えた為替リスクを負うことになります。


レアルと円の為替の過去の変動を調べれば手を出せるものではありません。
1年で元金が半額以下になる可能性もありますので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2016/09/15 11:42

ご自身で情報収集を行いそれをもとに決断できず、こういった匿名の掲示板に質問するしかない状況である時は、止めておかれるのがよいです。


 止めましょう。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2016/09/14 10:14

ブラジルにはギリシャのようにEUはありません。


あまりにもリスクが大きいです。また、世界の銀行が手を引いている韓国金融界。
儲けるにはリスクを覚悟すべきですが、元金が減ってしまうのと失ってしまうのでは大きく違います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

そんなにブラジルも韓国も信用ないのですかね。

元金がゼロになってしまう可能性が高いのですか、それもちょっと信じがたいんですが、、、。

お礼日時:2016/09/14 10:11

ブラジルはリスクが大き過ぎます。


不況の中でサッカーW杯、オリンピックと開催。これからブラジルは暗黒の世界でしょう。
2つの世界的な大イベントを催したことでかなりの借金を負っています。
ギリシャが破たんしたどころの騒ぎではありません。ブラジルはお金を集めたいだけです。
返済できる保証は無いに等しいと思います。お金を捨てるだけでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

やっぱりブラジルは危ないのですか。

ギリシャのような破綻騒ぎのような事になれば、ゼロになるという事なんですかね?

お礼日時:2016/09/14 09:31

大丈夫ですよ。

銀行さんの肥しになって、あなたは感謝されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2016/09/14 09:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q外国債券の「ノルウェー地方金融公社ブラジルレアル建債券(円貨決済型)」に関して教えて下さい

母親がリスク等を理解しないまま証券会社に勧められた通りに
外国債券の「ノルウェー地方金融公社ブラジルレアル建債券(円貨決済型)」
を購入してしまいました。
少し調べたら格付けは、AAAでよさそうでしたが、
この金融商品は、現時点で数十万円ほどの評価損になっております。
償還期限が2018年となっております。

この金融商品は、しばらくもち続けて頃合いを見て解約させた方がいいの
でしょうか?リスク等を考慮してアドバイスを頂きたいです。
お手数お掛け致しますが、ご回答頂けます様お願い致します。

Aベストアンサー

>現時点で数十万円ほどの評価損

債券価格の下落、ブラジルレアルの下落が主因と思われます。NO3さんが書かれたとおり、為替手数料もお調べになった方が良いかと思います。商品の内容はわかりませんが、一般的に「債券の評価損」に、手数料は含まれません。「債券の評価」と手数料は別物だからです。

① 債券価格の下落

 格付け会社はどこかわかりませんが、発行体の信用状況は問題なさそうですね(保証はできません)。償還の2018年まで保有するのであれば、金利の上昇(債券価格の下落)もさほど気にする必要もないかと思います。発行体がつぶれない限り、購入時に提示されたレアル建ての利回りは保証されます。

② ブラジルレアルの下落

 これが一番厄介です。上に書いた「利回りの保証」は、あくまでレアル建てです。しかも「円貨決済型」ということは、想像の範囲ですが、クーポン受取時及び償還時に、強制的に円転(レアル→円)されてしまうのではないでしょうか? 証券会社等にしてみても、「客に(レアルのような)クソ通貨の口座を持たれてはかなわない」というところがあると思います。

 つまり、クーポンにしろ、償還金にしろ、その時の為替レートで強制的に円転されてしまえば、「レアル高になるまで待とう」ということができません。クーポン及び償還金を円転する際に、為替レートが悪ければ、運用利回りは低下するどころか、マイナスになることもあります(マイナスになるかは、償還時の為替レートに左右されます)。


ということで、以下の内容を確認された方が良いかと思います。

① 手数料

② 円転が強制的に行われるのか、レアルで保有することができるのか?

そして3つ目。

これまで受け取ったクーポンをお確かめください。最近購入したわけではないですよね。購入後、これまで受け取ったクーポンがあれば、当然に現在の評価損から差し引くことができます。つまり、「現時点で数十万円ほどの評価損」<「これまで受け取ったクーポンの総額」であれば、実は現在、プラスの運用益ということになります(手数料等を除く)。「これまで受け取ったクーポンの総額」がわからなければ、購入した証券会社に問い合わせてみてはいかがでしょうか? 誠意のある担当者であれば、「めんどくせな~」と思いながらも、調べてくれるはずです。



>この金融商品は、しばらくもち続けて頃合いを見て解約させた方がいいのでしょうか?

繰り返しになりますが、まずは現在の本当の損益状況を知ることが大切です。細かな商品性はわかりませんが、具体的には、「これまで受け取ったクーポン総額」-「現在の評価損」-「これまで支払った手数料の総額」-「解約時に支払う手数料」という形になろうかと思います。その後も保有を続けるかは、相場観次第です。「実は、現在プラスだが、これからはレアル安が進み、償還金が大きく減価する」などと予想するのであれば、今すぐ解約するのも手でしょう(保証はできません)。要は、

① まずは現在の正確な損益状況を把握すること

② その後の相場観

などを材料に対応することになろうかと思います。

>現時点で数十万円ほどの評価損

債券価格の下落、ブラジルレアルの下落が主因と思われます。NO3さんが書かれたとおり、為替手数料もお調べになった方が良いかと思います。商品の内容はわかりませんが、一般的に「債券の評価損」に、手数料は含まれません。「債券の評価」と手数料は別物だからです。

① 債券価格の下落

 格付け会社はどこかわかりませんが、発行体の信用状況は問題なさそうですね(保証はできません)。償還の2018年まで保有するのであれば、金利の上昇(債券価格の下落)もさほど気にする必...続きを読む

Q友人が1千万円で、ブラジル国債を買ったら、「この、

1年間、毎月、130,000円も振り込まれているから、お前もどうだ」と言われています。
私が、リスクが高いのでは?、と言ったら、
「今、ブラジルは、オリンピック開催国。一晩で、崩壊しない。そうなる前に信託銀行が、知らせてくれるから大丈夫」
と言います。その友人も私も、共に68歳。、株・投資の知識はゼロです。
その友人は、親戚の人から私のように言われて始めたそうです。

信託銀行がちゃんと教えてくれるから、大丈夫。というのだから、心配はないでしょうか?

骨がきしむようなきつい仕事で、月10万円のアルバイトの身には、非常に関心があります。

Aベストアンサー

実は労働収益は低リスクでお金が確実に稼げる利点があるのです。
はっきり言いますが「世の中には美味しい話はない」事を理解する必要があります。
ブラジルレアルの金利の高さは誰もが知っていますし、ブラジルに限らず日本円とスイスフランを除けばほとんどの通貨は高金利通貨になっている場合が多いです。
ただし、高金利通貨の特徴は「高金利国の通貨は低金利国の通貨に対して長期的に下落していく」って事なのです。
つまり、高い金利と引き換えに長い目で見ていけばブラジルレアルの為替レートは長期的に下落する事で元本が目減りしていくのです。
では何故、ブラジルレアルは高金利なのか?ですが、一般的には高金利国ではインフレ率が高い特徴があるのです。
インフレ率が周りの国に比べて高ければ長期的には為替レートは下落していきます。

>信託銀行がちゃんと教えてくれるから、大丈夫。というのだから、心配はないでしょうか?
通貨が大暴落したら、信託銀行が教えてくれた段階では大きく元本が割れる事もあります。
新興国の通貨は1日で数十パーセントの下落なんて当たり前のように起きます、だからその時になったらお終いです。

ちなみに、期待リターンは高金利ブラジル国債でも日本円金利並みです。
結局は労働収益の方がブラジル国債よりも高いリターンを提供してくれます(これは本当です)。
それから、こんな変な商品よりももっと高いリターンをとる方法があるのです。
参考URLには最近、外国債券に関するQ&Aに回答したものがあるので、こちらを読んでみてください。
折角、過去のQ&Aがあるのに利用しないなんて勿体ないですよ。

投資は最終的には自己責任です、したがってここに書かれた事も質問者様の方でも調べた上で慎重にご判断ください。
分からない事があればご質問ください。

参考URL:http://okwave.jp/qa/q6675811.html

実は労働収益は低リスクでお金が確実に稼げる利点があるのです。
はっきり言いますが「世の中には美味しい話はない」事を理解する必要があります。
ブラジルレアルの金利の高さは誰もが知っていますし、ブラジルに限らず日本円とスイスフランを除けばほとんどの通貨は高金利通貨になっている場合が多いです。
ただし、高金利通貨の特徴は「高金利国の通貨は低金利国の通貨に対して長期的に下落していく」って事なのです。
つまり、高い金利と引き換えに長い目で見ていけばブラジルレアルの為替レートは長期的に下...続きを読む

Qブラジルレアル債券に投資したいと考えています。

ブラジルレアル債券に投資したいと考えています。
ご存知のとおりブラジルレアルは金利が高く、為替も安定しており、今後もワールドカップ・オリンピックがあり、上がることはあっても、大きく下がることはない(償還日までは)と思っています。そこでレアル建デスカウント社債を購入したいと考えています。ご意見をいただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

質問の前提が「長期投資」の考え方に立脚していると思いますが、
何に投資しようと、長期投資、
つまり、「買って持ち続ける戦略」はやめた方がいいでしょう。

少なくとも「投資信託」という商品だけは避けた方がいいです。
投資信託という商品は、
上げ相場でしか利益が出ない仕組みになっています。

リーマンショックで、
大きな損をした人は、
長期投資の考え方で投資を行った人たちです。
多くの人が、指をくわえたまま、
塩漬け状態になっています。

一方で、
リーマンショックの相場急落時に、
短期間に大儲けしている少数の人もいます。

その人たちは、
長期投資という考え方で投資を行っていません。

また、投資で成功していない人ほど、
投資商品にこだわります。

プロの投資家は投資商品にこだわりません。

上がっているものを買い、
下げっているものを売る(空売り)。

相場の上げ下げの流れに従って、
取引をしています。

債券に関しても同じことが言えます。

Qブラジルレアル建ディスカウント債 について

SBIで扱っているブラジルレアル建債券についての質問です。

https://trading4.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_bond&cat1=bond&cat2=japan&dir=japan&file=comment/bond_japan_brP1194_01.html

【質問1】 手数料について
こちらの債券購入、解約時には、為替手数料がかかると思うのですが、
目論見書から読み取れませんでした。
実際どのくらいの手数料がとられるものなのでしょうか?


【質問2】 発行体のリスクについて
本債券の発行体は、スウェーデン輸出信用銀行となっています。
格付けは、AA+(S&P)、 Aa1(Moody's)と信用度は高いようです。
ブラジス国債の格付けはBBB-(S&P)、 Baa3(Moody's)
(http://www.nomura-am.co.jp/emergingfund/brazil/kabusiki/saiken.php)
ですので、ブラジル国債よりもリスクが少ないと考えてよいものでしょうか?

SBIで扱っているブラジルレアル建債券についての質問です。

https://trading4.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_bond&cat1=bond&cat2=japan&dir=japan&file=comment/bond_japan_brP1194_01.html

【質問1】 手数料について
こちらの債券購入、解約時には、為替手数料がかかると思うのですが、
目論見書から読み取れませんでした。
実際どのくらいの手数料がとられるものなのでしょうか?


【質問2】 発行体のリスクについて
本債券の発行体は、スウェーデン輸出信...続きを読む

Aベストアンサー

 捕捉の回答の前に紹介ページを見てみたら為替スプレッドが1.5円あるようです。これも確認されたほうが良いかと思います。

> (1)某有名なバフェット氏がレアルを買い進めていた(2007年の話)。
 確かに聞いたことがあります。ただ現状もレアルを保有しているのか、買い付けを進めているかは分かりませんが。

> (2)円は財政の状況を考えると実力以上に評価されている。
 これはなんとも言えません。日本の財政状況はそれほどよろしくありませんがブラジルも良いわけではありません。確かまだ海外債務を抱えているはずです。現状の円高は、他の通貨が大幅な金融緩和で市場に大量に供給されており、円は金融緩和の規模が相対的に小さいため起きている現象とも言えます。以上のことから財政と通貨はある部分では繋がりを見いだせますが、ある程度切り離して考えたほうが良いと思います。

> ディスカウント債は満期前に売却すると税制上有利との話しで検討しています。
 この債券は税制上有利なのですが落とし穴があります。
 ディスカウント債とは本来の利息(=クーポン)を低く抑え、キャピタルゲインを非課税で得られるようにした債券です。例えば金利が10%の時に、そのままの金利で債券を発行するとクーポンの2割が税金(利付債の税制)になります。しかしクーポンを5%とすれば税金として取られるのはクーポンの2割なので税金が低くなりますよということです(実際はもう少し複雑です)。
 つまりディスカウント債は本来の金利よりも低く設定されており、税制上は有利になりますが、金利の状況をよく確認しとかないとその差額から金融機関に手数料を抜かれてしまいます。ブラジルの政策金利は現在10.75%で、今回検討されているレアル建てディスカウント債は9.5%…。過分にリスクを負う可能性がありますのでよく確認されたほうが良いと思います。

> 個人的にはレアルの評価(為替)が下落していくリスクはあまり重要と考えていません。
 理由は恐らくブラジルの経済状況が好調なことだと思います。ただ前述で財政と通貨の切り離しを書きましたが経済についても同様のことが言えます。
 ブラジルは経済が好調なのは確かで資本流入が続いています。このため政府がレアル高抑制に動き出しており政策金利の引き上げや金融取引に関する税率を引き上げています。政策金利の引き上げは将来において通貨価値の下落の懸念があります。また金融取引税は経済への影響も考えられます。未だに資本流入は止まっていないようでさらなる処置も考えられます。

>「今の状況」とは具体的にはどのようなものでしょうか?
 主に3点です。政策金利が上がっていく状況であるため通貨価値の下落が予想されること。経済の先行きに懸念があり政策に不安定感があること(レアル高・レアル安のどちらになるか方向性が読めない)。ブラジルでのオリンピックなどのイベントが決定後であり、ブラジルへの期待がピークに近いことです。

 この債券で気に食わないのは保有期間が6年と長期になり決済で必ず円転しなければいけないことです。保有期間が長いということは政治・経済とも一波乱が起きるには十分な期間で先行きが非常に読みにくくなりますし、強制円転は投資家側が為替差損を被りやすいため、私はここをかなり不利として見ています。

 なお個人的にレアルは急落するときがあるので中立です。逆に株式はインフラ整備などで業績が上がる企業が多いのではないかとやや強気に見ています。

 捕捉の回答の前に紹介ページを見てみたら為替スプレッドが1.5円あるようです。これも確認されたほうが良いかと思います。

> (1)某有名なバフェット氏がレアルを買い進めていた(2007年の話)。
 確かに聞いたことがあります。ただ現状もレアルを保有しているのか、買い付けを進めているかは分かりませんが。

> (2)円は財政の状況を考えると実力以上に評価されている。
 これはなんとも言えません。日本の財政状況はそれほどよろしくありませんがブラジルも良いわけではありません。確かまだ海外債務...続きを読む

Q仕組債という金融商品は安全だと思っていいでしょうか。

ある証券会社から仕組債を勧められました。
ノルウェー輸出振興公社が運用するそうです。

1月末の日経平均の値から45%以上下がらない限り元本は保証されるとのことです。
仮に8000円だとすると、4400円を下回らない限り元本は保証されることになります。いくらなんでも4400円を下回ることはないと思うので、その点は安心してよいと思うのですが。

年利は12%です。
満期は1年です。
3ヶ月毎に利息がもらえます。
ただし、その時点で8000円を上回っていたら、その時点で終結となります。

12%の金利は魅力的です。
そして、4400円を下回らないのであれば損はしないのだから、安全性は高いと思うのですが。

このような商品をどう思われますか。
いま迷っています。
よければご意見をお願いします。

Aベストアンサー

「早期償還条項付ノックイン型225連動デジタルクーポン債券」などと言われるやつですね。


まず、2点ほど確認してください。

(1)満期は1年ですか?
デジタルクーポン債で1年はあまり見ないのですが。満期は7年。1年目の利率が12%で、以後は判定日の日経平均価格によって異なるのようになっていませんか?

(2)通貨は円建てですか?




そして、本題です。

>仕組債という金融商品は安全だと思っていいでしょうか。

いいえ。
このようなノックイン債で大損を出した人はたくさんいます。そして、まずこの手の商品で有利な商品はありえません。そんなに有利な商品だったら金融機関自身が買ってしまいます。あくまで、その商品で利益が取れるから売っているのです。

年利12%とありますが、早期償還は大きなポイントです。日経平均8000円は超える可能性は高いですよね。日経平均が高くてこのままだと元本返して利子も12%払わないといけなそう、と言うときには早期償還できてしまうので、実は年利12%をもらえる可能性はそんなに高くない。

証券会社にとって以下のような株価当てゲームです。
・8000円以上になる確率は高い → 実現すれば損失は小さい
・4400円以下になる可能性は低い → 実現すれば利益は大きい

思惑と逆に動いたらコツコツ損切りして一発利益を狙うスタイルです。そして、実はこの確率は証券会社が得するようにできています。質問者様は4400円を切ることはまずありえないと思っていますが、それは人間心理の罠です。投資のプロを含めて「95%以上の確率でこの範囲内に収まると思う株価のレンジを予想してください」と聞くと、実際にそのレンジ内に収まる可能性は8割も無い程度とのこと。このように人間は感覚的に結構あり得ることを勝手に「まずあり得ない」と過剰に評価してしまうのです。
つまり、質問者様が「4400円になることはまずありえない」と感覚的に思ったとしても、実はそうなる可能性ははるかに感覚より高いのです。


このようにノックイン債は、実際はお得でない商品です。しかし、この人間心理の罠で食いついてくれるカモがいるので、セールスするのです。


しかも、株価予想ギャンブルだと結果として金融機関が損することはありますが、仕組み債の場合は損しなくなっています。
それは、この手の商品は○○債などとのたまわっていますが実はオプションの組み合わせで組成していたりするからです。
例えば、「4400円を下回らければ年利12%」というのは日経平均を4400円で買うオプションの売り手になるのと同じです。金融機関が「日経平均が4400円を下回ったら」というオプションを売ってオプションを売った代金を懐に入れます。そして、今度はそのオプションをマージンだけ抜いて顧客に売りさばいています。本当なら年利15%に相当するオプション代をもらているかもしれません。しかし、そこから利益を抜いて年利12%分だけを利子という名目にして顧客に渡しています。金融機関はノーリスクで差額をゲットです。
他条件についても基本は同じです。あるオプションを仕入れて、それらをパッケージにして、より悪い条件で顧客に売っているのです。

組み合わせるオプションが増えれば増えるほど複雑怪奇になり、たくさんの手数料を抜かれることになります。( =顧客にとっては損)


商品を仕入額より高く売るのは商売の基本ですので、金融機関を絶対的に悪だという気はしませんが、少なくとも顧客にとってお得な商品ではないことは間違いありません。

「早期償還条項付ノックイン型225連動デジタルクーポン債券」などと言われるやつですね。


まず、2点ほど確認してください。

(1)満期は1年ですか?
デジタルクーポン債で1年はあまり見ないのですが。満期は7年。1年目の利率が12%で、以後は判定日の日経平均価格によって異なるのようになっていませんか?

(2)通貨は円建てですか?




そして、本題です。

>仕組債という金融商品は安全だと思っていいでしょうか。

いいえ。
このようなノックイン債で大損を出した人はたくさんいます。そし...続きを読む


人気Q&Aランキング