最新閲覧日:

似たような質問はたくさんあったのですが、警察官採用試験の際に体力検査というものがあります。具体的には2次試験においての腕立て伏せや懸垂、持久力のテストのようなものですが、これってある基準に達しないと無条件で不合格になってしまうのでしょうか?例えば、腕立て伏せはできたが懸垂は出来なかった場合など、どうなるのでしょうか?
私事で恐縮なのですが、体力検査ではいくつか基準に届かなかったものの、面接ではまあまあの手ごたえだったもので・・・。
ストレートに言って採用される見込みなどはどうでしょうか?

もう一つ、身辺調査の際に親類に危険人物や前科者がいると絶対に受からない、という話を聞いたことがあるんですが、これについてはどうなんでしょうか?

試験の経験者、現職警察官や公務員(特に公安職)の方や周りに詳しい人がいる方へ、どうぞよろしくお教えください。お願いします。

A 回答 (1件)

警視庁と千葉県警しか受験したことがないので一般的な事しか申し上げられませんが、


あらかじめご了承ください。

・体力試験で基準に達しない場合
採用案内に「おおむね~~以上」となっていれば多少の余裕がありますが、
「おおむね」がない場合はきっちり基準として見る可能性はあります。
ただし一般的には、最終結果については一次試験+二次試験の総合で見ます。
(例外として長野県警は二次試験のみで見るらしいです。また、縁故の存在
は否めないところです)
その為ペーパーである程度の順位に達しているようであれば、二次で多少悪く
ともそれほど問題ないはずです。あとはどの程度不足していたのかにもよると
思います。例えば極端な話、懸垂がゼロ回とかだとまずいんではないでしょうか。

・身辺調査
これはきっちり見るようです。まず親類に在監者がいると間違いなく合格はありま
せん。交通違反程度であれば、不利になるかもしれないですがそれほど気にしなく
てもいいと思います。また思想的に共産系であれば合格は難しいのだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/02/04 16:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報