ミュージカル映画は大好きで観るのですが、その他に音楽や舞台が主な映画はありますか?まだ、観てないものがあると思うのです。
ミュージカルでは「コーラスライン」、「サウンドオブミュージック」が何度見てもあきない映画です。「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は気分が悪くなりました。
音楽映画は「海の上のピアニスト」が良いです。
舞台ものは「覇王べっき~さらば我が愛」、
ちょっと違うかもしれませんが「変面」も大好きです。
何か他にも素晴らしい映画があるのような気がしてならないのですが、ありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中1~10件)

「ディ-バ」アリですか?有り難うございます。



実は映画自体はミュージカルとか音楽映画にはおそらくならないと思いますが(笑)、「この曲」が非常に重要な意味を持つ映画です。又、この曲のシーンはググッと引きつけられますよ。ストーリー的にはサスペンスと言うのかロマンスと言うのか、フランス映画ですがまるで香港映画の様なぶっ飛んだ展開を見せる映画です(笑)。「この曲」を聴いて頂こうとサントラを探したんですが、試聴できるのが見つからんかったので、こちらのマリア・カラスの方をお試しください。(私の記憶違いで無ければ、映画でもマリア・カラスのバージョンが使用されたはずです)
3曲目の"Ebben?ne andro lontana"です。


http://www.cdnow.com/cgi-bin/mserver/SID=8471775 …

この回答への補足

ディーバ、見ました!
「この曲」引きつけられるはずです!試聴の時、途中で終わったのでもしや?っと
思ってましたが。

と、言うのもサラ・ブライトマンのライブで彼女はアンコール曲、
「A QUESTION OF HONOUR」という曲を歌ったんです。
その始まりと終わりの部分が"Ebben?ne andro lontana"のあの曲調!
もう、鳥肌状態で感激したんですよ。(鳥肌がたつはずですね。)
この映画を見るまでオリジナルがあるなんて知りませんでした!

サラ・ブライトマンの曲の中で一番のお気に入りなんですよ。
映画を見てなんかうれしかったですね。
オペラってすごい~~~♪~~~~*

補足日時:2001/07/16 22:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっと、ここまできました。
さっき、baianさんへのお礼をゆっくり考えている間に新しくbaianさんのアドバイスが!皆さんの映画の情熱に感謝します。
文章ベタなので、わかりにくいかもしれませんが、有難うございます!

「ディ-バ」なぜアリかと言うとオペラ歌手というのが気に入ったからです!
単純ですが、映画が終わっても鳴り響くテーマソングというのが聴いてみたいんです!
しかも、beavasさん!マリア・カラスなんですね!「この曲」が重要な鍵を握ると言う設定もそそられるます★
ただ、「フランス映画」と書かれたのを読んで大丈夫かなと少々、不安が生まれました。「フランス映画」との相性があまり良くない私。映像は綺麗ですけど、眠くなる。(フランス語が囁かれているみたいで、眠気を誘う?)大丈夫なのもありますよ(笑)。まだまだ、フランス映画と聞くだけで構えてしまうのであります。
けれど、ぶっ飛んだ展開なら!

お礼日時:2001/06/24 14:32

ニジンスキーの映画は、ずばり「ニジンスキー」です。

私も未見で、ちょっと見てみたいと思っています。
(山岸涼子の「牧神の午後」というマンガで感動したので…)
1979年 イギリス、パラマウント。
監督はハーバート・ロス(愛と喝采の日々の人です。バレエが好きなんですね)
ニジンスキーがジョルジュ・デ・ラ・ペーニャ、ディアギレフがアラン・ベーツ
ロモラ(ニジンスキー夫人)がレスリー・ブラウン、実はジェレミー・アイアンズのデビュー作らしい(?)。何の役かなあ、マッシンかな?
殆ど事実をなぞった伝記映画だそうです。事実が悲劇なんですね…
(ニジンスキーの妹は後にアメリカに渡って、シカゴ・ウィンディのプリマになった人を育てたりしたらしいですが、娘さんはどうしたのかなあ)

benjaminさんのおっしゃるとおり、リトル・ショップ…は、愛すべき小品で、
ナイトメア…と同じ系列の期待にお留め下さい(笑)
コーラスラインがコースのお料理としたら、これは「おやつ」程度です。
おやつはおやつで良いおやつとしょうもないおやつがあるし、
コースでも五つ星と怒りの鉄拳ものがあるわけですが、
とにかく次元が違いますよね。
同じシガニー・ウィーバーでも「エイリアン」と「ギャラクシー・クエスト」があるわけで…(どういう例えだ^^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私が見た?「ニジンスキー」は確かBS11で深夜だったんですが、衝撃的で感動したのを覚えています。後になってビデオに録画しなかったのを後悔しました!
その天才ゆえに周囲には理解してもらえず孤独だったのが印象的でした!常に先を行き過ぎてたと言う感じです。
見たのが何年も前の深夜だったので、タイトルも思い出せず(もちろん俳優も)、もう一回見たいと思っていました。有難うございます。
私はその後、山岸涼子さんの「牧神の午後」をみつけて読みました。
さすが、山岸涼子!

例えがいいですね(笑)イメージが湧きますよ♪~^▽^~*
メイン+デザートの順に見ていこうっと。
程良い甘さのデザートが一番!抹茶ソフトなんて最高!
苦くて(渋くて)適度に甘くて・・・ま、なるようになりすね!

お礼日時:2001/06/25 20:53

「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」への期待が高まりすぎている(?)ようなのでちょっと補足。

この作品はあくまでも小品ミュージカルです。「ウェストサイド」や「サウンド・オブ・ミュージック」のような大作、MGMミュージカルでいえば「バンドワゴン」「雨に唄えば」といったメインストリームで語られる作品ではなく(ちなみにこの2本は何れもバックステージものですね)、例えば「リリー」みたいなひっそりとした佳作のイメージで見てもらった方が良いかと思います。

>「我が道を往く」は違うと思いますが、「天使にラブソングを」とイメージが重なりますね。

というより、その手のプロットのヒナ型が「我が道を往く」なのです。

あと、質問の趣旨とはちょっと違うのですが、ここまで来たらということで、むりやりにご紹介。
「ラヴソング」'96年の香港映画
中国本土から、80年代半ばに夢を抱いて香港へやって来た男女が、ひょんなことから出会い、結ばれ、そして10年に渡ってすれ違う・・・といったもろメロドラマ的なお話ですが、とても良く出来たメロドラマで、その要所要所で使われるのが、テレサ・テンの歌です。その当時の香港では、大陸からやって来る人たちを、(言葉は悪いですが)香港人がやや蔑んで見ていたような所があり、テレサ・テンはその大陸から来た人間が大好きな歌手ということで、大っぴらに聴けないような風潮があったようです。そんな中で、2人の接点となるのがテレサ・テンの歌になります。「音楽映画」ではありませんが、ある歌手、そして「歌」がキーワードになる映画ということで、お時間がありましたらぜひ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」
はい、密かに「どんなんかな♪」ぐらいな気持ちで見ますね。

「ラヴソング」は良質の作品のようですね。
ラブ+コメディー系ならあえて見ようとはしませんが、ドラマがしっかりしている物は観賞後が清々しかったり、切なかったりするので、良いですね。
見てないですが、benjaminさんの説明と時代背景を考えるとそれだけで、何とも言えない気持ちになります。

benjaminさんが紹介して下さらなければ、いつ見ていたか分からないです。
(何年先になっていたことか・・・!)
★有難うございました★

お礼日時:2001/06/25 20:26

再度お邪魔致します。


Beavasさんご推薦の「Deva」は、フィルム・ノアールですよ、
だってべネックス。
しかもマイナーな頃のべネックス。
ベティ・ブルー以前のべネックス。
日本人が金の亡者の悪役ってのがひっかからなくもないですが、
歌手をアメリカの黒人女性としたところが、かっこいい!
主役?(誰が主役なんだかいまいちわからない)の男の子の帽子もかっこいい!
暴力とエレガンスと、マニアックが不思議に調和した作品です
(要体力)。

昨日書くの忘れてたのに、「サラフィナ!」があります。
南アのアパルトヘイトがあった頃、
サラフィナという少女が高校の同級生たちと、
レジスタンスを行う話で、真摯に重いストーリーです。
その高校の先生で、朝礼でいきなり生徒達に
喜びに満ちた歌と踊りをさせてしまうのが、W.ゴールドバーグ。
あとで、恋人の闘士の居場所を白状しろと責められて、
身を投げてしまうシーンには大泣きでした…
最後は明るいんですけどね。
マンデラと自由を称えるミュージカルを生徒達が演じるんです。
これも元はミュージカルなので、半分位は歌、踊りだったと思います。

近々公開のでは、「王は踊る」もちょっと気になるところです。
(恵比寿ガーデンシネマだったかな)
太陽王ルイ14世はバレエと音楽を愛していて、自分も踊っていたそうで
(予告編によると、金粉を塗って登場していた…
牧神の午後のニジンスキーみたい)
絶対王政の確立と、お抱え楽師との愛憎(このへんは世阿弥っぽい?
それともルードヴィヒ?)が絡んだ、重厚な作品らしいです。
画面がロココで、美しかった…王様役の人もハンサム!
(「ムーラン・ルージュ」も早く日本にこないかなー)

ナイトメア・ビフォア・クリスマスは全然怖くないですよー。
ガイコツのジャック君の首外れたりするけど、
絵本みたいなお人形ですもの。
観るとしばらくハロウィン♪ハロウィン♪と歌っちゃいます。
つぎはぎ人形のサリーとデュエットするラストシーンの愛らしさは、
へたな人間の映画の10倍感動的です!!
(このサリーがそれはそれはリサ・マリー[バートン監督夫人]
に似てるんだな…(^^ゞ)
この路線では、「ビートルジュース」も面白いです。
おうちをとられた幽霊が、越して来た人間を脅かそうと
なぜかディナーの席で「バナナボート」を歌い踊らせて、
かえってうけちゃったりするところが…
ジーナ・デイヴィスやウィノナ・ライダーが出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

毎度、有難うございます!

「Deva」に対する不思議ワールドがどんどん広がっています。

「サラフィナ!」ありましたね!私も忘れておりました!
「天使にラブソングを」や「チップス先生さようなら」のように
始めはバラバラだけど、何か(ここでは音楽)により一つになり、
その力で訴えかけていくものは感動的です!

「王は踊る」これ、カストラートと同じ監督なんですよね。あの豪華さが目に浮かびます!気になりますね。ロココ調なんですね。
大阪でも梅田ガーデンシネマかな。
ニジンスキーで思い出しましたが、ニジンスキーが牧神の午後を演じていてその後
狂気に転じていくという内容の映画、ご存じないですか?
タイトルは「ニジンスキー」なんでしょうか?

「ムーラン・ルージュ」早く見たいですね!秋頃?
期待するものの、期待しすぎると後が怖いですね。

「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」のジャック君は
「ホネホネロック」(ポンキッキー)のような愛すべきキャラクターなんですね。
なんだか、ほとんど首なしニック(ハリーポッター)のようにも思えます。

「ビートルジュース」はbaianさんがアドバイスして下さらなければ、
眼中に入れない作品でした。(笑)なんとなく、これを選んでみることは
ないだろうと思ってました。

見ないで決めつけるのはよくないですね!

お礼日時:2001/06/24 20:21

あの後で思いついた作品を何本か、と思ったらbaianさんとちょっと重なったので、それ以外を紹介(ちなみに重なったのは「ステッピング・アウト」)。



「ビクター/ビクトリア」
ジュリー・アンドリュース主演のショーガールものというか、ミュージカルとはちょっと違いますが、舞台の場面等でふんだんに歌を聞かせてくれます。ビデオ廃盤ですが、大きめのレンタル店ならあると思います。
「我が道を往く」
'44年にアカデミー作品賞をとった名作。ビング・クロスビーが神父役で、教会の経営危機を救うために奮闘。音楽映画というものではないのですが、悪ガキたちを集めて作った聖歌隊に歌を教え、自作曲の売り込みを計ったりします。
http://www.tsutaya.co.jp/item/movie/view_v.zhtml …

beavasさんお薦めの「ディーバ」。ちょっと説明しがたい良さがある映画です。何と言うか、おもちゃ箱をひっくり返したようなセンスの作品です(って余計分らんか?)。

あと「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」は、近年珍しいくらい(といってもすでに15年前)、ちゃんと作られたミュージカルです。別な人のところでも書きましたが、日本では「ホラー」「SFX」を前面に出して宣伝したため、作品の焦点がぼけて、興行的に惨敗しました(と私は思ってます)。元となった舞台は、オフブロードウェイ作品なので、低予算で押さえるため、演奏はすべて小編成のバンドでしたが、映画版では60年代前半のポップスにあったようなオーケストレーションが施されたりしています。私は舞台版を日本人キャスト、来日キャストの両方見てますが、「音」に関する限り、映画版の方がずっと好きですね。特に始まって早々の「スキッド・ロウ」というナンバー、これは素晴らしいです。あと「歯医者」もね。後半、主役が人間じゃなくなってからがちょっと弱いかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも、ありがたいです!
「ステッピング・アウト」はむっちゃ、見たいです♪
「ビクター/ビクトリア」
ジュリーアンドリュースなら見なければ!
「我が道を往く」は違うと思いますが、「天使にラブソングを」とイメージが重なりますね。

「ディーバ」、あー、この良さをどう言うたら分かってもらえるやろ。
そんな作品ありますね!そんな事言われたら尚更見たくなる私です。

「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」、そうなのか!
ホラーとか言われるとよほどの作品じゃないと見ませんね。作品をより引き立てるような宣伝方法をとってほしいです。映画を見て舞台をみるとスケールが小さくなってあれ?と思うことがあります。私は「サウンド・オブ・ミュージック」がそうでした。コーラスラインは最初の全体で踊るシーンに迫力がない気がして見に行ってません。
「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」が素晴らしいのだと、胸が高鳴りました★

お礼日時:2001/06/24 17:09

私はダンス映画というと、「Shall we dance?」が大好きですが、これは多分当然ご存知ですよね?



皆さんお勧めのBluesBrothersはもう、マスターピースです。
音楽といいギャグといい、アクションといい…完璧ですね。
(メチャクチャなカーチェイスや爆破があるのに、誰も死なないところが最高)
観た後とっても気分いいです。
JB、レイ・チャールズ、アリサ・フランクリンと有名どころの歌も素晴らしいのですが、実は、ブルース・ブラザース・バンドも、スティ―ヴ・クロッパーとか、ビッグネームだったりするところもシブイ。
「シカゴ」の「ビートニック・スタイル」
(彼らがソフト、黒のネクタイ、黒のスーツというのはビートニク・ポエットのスタイルです)
のブルースミュージシャンという設定にふさわしい音楽をやってるといえますね。
2000は、続編なんです。ジェイク(ブラザースの兄)役のジョン・ベルーシが死んじゃったので、中々出来なかったんですが、エルウッド(弟)役のダン・エイクロイドががんばってジョン・グッドマンなどを入れ、豪華なバンドシーン(B.B.キングにクラプトンにスティーヴ・ウィンウッドに、Dr.ジョンにジミー・ヴォ―ンにエリカ・バドゥに、クラレンス・クラモンズにetc、)でなんとかしようとしました。ラストのジャムシーンだけでも、お好きな人なら見る価値ありかなあ。でも、ストーリーやギャグのキレは全然落ちてるので、かなり非難を浴びました。(「シベリ○○特○」じゃあるまいし、スター出せばいいのか!と…)

オースティン・パワーズも、デラックスより、1作目のが面白いです。
バート・バカラックが走ってる車の上でいきなり弾き語ってるのにはびっくり
(そっくりさんかと思ったら本物らしかった)。
いきなりファーストシーンから、ロンドンが踊ってます。
ファッションもカワイイ。
そして小指を立てて歩くあの人が実は…これは観ないとわからない秘密!

PEPSIさんお勧めの「リトル・ショップ・オヴ・ホラーズ」は、
元々はミュージカルを映画化したものなんですが、
花屋のリック・モラニス(ゴーストバスターズなど出てます)と、
カワイイ女店員さんオードリー(バービーちゃんみたい)とのロマンスに、
宇宙妖怪鉢植えとの戦いがからむという
とほほでラブリーなお話で、3分位しかこわくないです。
オードリーの元カレのマッド歯医者がスティーブ・マーチンで
彼がまだ黒髪のところが見られる点も珍しい(?)。
これがお気にいれば、アダムス・ファミリー(1)も楽しいと思います。

あと、私のお勧めとしては、ストーリーはヘヴィですが、
スパイク・リーの「ドゥ・ザ・ライト・シング」。
リーはMTVのクリップ。・ダイレクターから映画監督になったはしりということもあって、ストーリーと音楽のからみは非常に濃いです。
(でも、ミュージカル仕立てで作った「スクール・デイズ」は
かなり失敗していると思います。
それなら「ガール6」や「モ・ベター・ブルース」を観た方が良い)
この映画はパブリック・エナミィの「Fight the power」という曲が、
人種間抗争の中で重要なモチーフを果たしています。

タランティーノ「パルプ・フィクション」でトラボルタ、いいと思われたら、
「グリース」「サタディ・ナイト・フィーバー」。
ギンギン踊ってます。ミラーボールでディスコでフィーバー
(今書くと恥ずかしいフレーズだなあ…)。

バレエものだと、「ホワイトナイツ」
(バリニシコフとグレゴリ―・ハインズの踊りがすごい。ミーシャ絶頂期。
あ、日本人R&Bのお姉さんじゃないですよ(^_^;))
「愛と喝采の日々」(シャーリー・マクレーン)
あたりは、王道の感動ものです。

クラシックものでは、「パリの恋人」
オードリー・ヘプバーン&フレッド・アステア。
話はオードリーがアメリカのファッション雑誌にスカウトされ、
パリで撮影をし、アステアと恋をする、というだけなんです(笑)
アステアの踊りはもちろん、(アステアのファッションもすごく粋)
オードリーも、元バレリーナの面目躍如で、
お洋服をとっかえひっかえ、歌って踊って、楽しいですよー。

最後に、マイナーですが、ライザ・ミネリの「Stepping out」。
ミネリが先生をしているタップ教室のお話です。
カルチャーセンターのような小さい教室で、
集まる生徒や、かつてブロードウェイの舞台に立っていたミネリの
色々な人生模様をからめつつ、
その教室の発表会で皆がステージに立つまでを描いています。
みんなが段々タップを好きになり、踊る楽しさに目覚めていくのを見て、
ミネリ自身も勇気付けられていくんです。
最後のステージシーンは、あっという豪華さと楽しさです。
「コーラスライン」がお好きなら、きっとお気にいると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさん、紹介してくださり、本当に有難うございます。
「Shall we dance?」は良いですね。皆個性的で面白いです。
「ブルース・ブラザーズ」と「オースティン・パワーズ」も見る気で満ちてます♪
ブルースブラザーズは何も知らなかったときは服装から判断して、純アクションものだと思っていました(笑)。
オースティンはポスター等のデザインが好きです。
「アダムス・ファミリー」も2作目より1作目が良いですね。
「ドゥ・ザ・ライト・シング」ストーリーと音楽がどのように結びつくのか
興味あります。
「パルプ・フィクション」自体はイマイチなんですが、
小学生の頃、なぜか家で「サタディー・ナイト・フィバー」が流れていて
どんな映画か知りたく見たらトラボルタ踊ってるし、若い~!時代を感じました!
「グリース」はそのノリから想像すると踊りまくっているのか。
「ホワイトナイツ」見たいです!
「パリの恋人」まだ見てませんでした!有難うございます。
「Stepping out」!かなり見たいですが、近所のTSUTAYAで探してみます。
なんとなく無さそう・・・あればいいのに!

お礼日時:2001/06/24 14:03

ミュージカルがお好きなら、「王様と私」と、「マイフェアレディ」はいかがでしょうか。

そして映画が気に入られたら、是非CDを、ジュリーアンドリュース版でお聴きになることをお薦めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます!
「アンナと王様」より「王様と私」が好きです。「マイフェアレディ」は曲は好きですが、途中があまり好きじゃないんです。
でもこの2作品は生の舞台を見てみたい作品です★
ジュリーアンドリュース版はかなり良さそう!聴きますね!

お礼日時:2001/06/24 13:11

お勧めは「FOOT LOOSE(フット ルース)」です。



自分の記憶に間違いが無ければ、この映画は変った作り方をしていて、
映像を撮った後に、沢山のミュージシャンが各シーンに合わせて作曲を行って作った映画です。

この映画のCDも出ていますがいい曲ばかりです。

有名な曲は
Foot Loose / KENNY LOGGINS
Holding out for a HERO / Bonnie Tyler
NEVER / ?
Almost paradaise / Mike Leno & Ann Wilson
...

日本でも歌っている歌手がいます

ヒーロー(スクールウォーズの主題歌) / 麻倉未稀, 葛城ユキ
NEVER / ピンクレディのMIE
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、有難うございます!
曲が良さそうです!調べてみると、説明に「ステップを踏みたくなるようなノリ」と書かれていました。k・ベーコンなんですね!
おお!と感じました!

お礼日時:2001/06/24 13:05

"ラウンド・ミドナイト" Jazzマンの話ですが


一流Jazzメンが実際に出演して演奏してるので楽しめました。
ジャスもお好きならお薦めです。

スピルバーグの"カラーパープル"見ごたえのある映画で
ゴスペル調の歌のシーンが入ってました。名作です。
マーガレット・エブリーが歌手のシャグ・エブリー役で出てました。
(歌上手いから歌手だと思ってましたけど、勘違いだったらごめんなさいです)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます!
Jazzは苦手な方ですが、それはCDで聴き続けることが苦手なんです。
見たことは無いんですが、演奏は表情も楽しめるので良いかもしれないですね。

「カラーパープル」名作ですが、見てませんでした!
ウーピーですね!見なければ♪ゴスペル調の歌が聴きたいです!

お礼日時:2001/06/24 12:58

ちょっと違いますが、海の上のピアニストが良かったと思うなら、


ニューシネマパラダイスなんてどうでしょうか?
監督も同じですし。
話は、売れっ子監督の人生を描いた物なのけどね…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、有難うございます!
ニューシネマパラダイス、何度か見ているんですが、
いつも最後まで見てないんです。何でかな。もったいないですよね!
フィルムが燃えるところ?(子供時代?)までで青年になってからの
話を見てないんです。ラストを見たいんですが、それまでが長い。
マレーナはどうなんでしょうね。

お礼日時:2001/06/24 00:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「魔女の宅急便」の著作権は

 アニメ映画にもなった童話「魔女の宅急便」ですが、「宅急便」というのは株式会社ヤマト運輸の「クロネコヤマトの宅急便」の商品名(サービス名)ですよね。一般名称ならば「宅配便」のはずです。
 また、「宅配便」のシンボルマークはクロネコですが、「魔女の宅急便」にも「クロネコのジジ」というのがマスコットとして出てきます。
 さらに決定的なのは、アニメ映画「魔女の宅急便」にはヤマト運輸がスポンサーになっています。
 以上を総合して考えると、童話「魔女の宅急便」は「クロネコヤマトの宅急便」の宣伝童話であると考えざるを得ません。
 では、作者・角野栄子さんは株式会社ヤマト運輸の宣伝部の方なのでしょうか。著作権も作者個人ではなく、ヤマト運輸にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

大学の「商標」関連の講義で聞いたことがあります(^^;

事故なんですよ。著者も映画関係者も宅急便が商標であるこ
とを知らずに、映画製作が進行してしまったんです。

ヤマト運輸が映画関係者に商標クレームをつけた時には既に多大な制
作費がつぎ込まれており、各者(映画関係者・著者・ヤマト運輸)で最
大公約数をとった結果がああいう結果です。ヤマト運輸は1stスポンサ
ーとなり、宮崎映画を自社の宣伝活動に大々的に使用する権利を得ま
したよね。

ヤマト運輸が映画関係者や著者に対して訴訟を起こし、映画放映を差止
めさせることも可能だったはずですが、宮崎映画を待ち望む人々の反感
による社会的イメージダウンのリスクを負ってまでそんなことする必要
はないですよね。むしろ逆手に取って、交渉の上で自社の利益へ直結で
きる契約にこじつけた、特許戦略の成功例です。

というわけで、これは、単に、ビジネスの一つ。
契約の上での商標利用で、お互いギブアンドテイクが成り立っています。

Q映画「武器よさらば」(1957)を観て、どんな感想をお持ちですか?

先日、DVDで観ました。さすがに小説に較べて映像は説得力があり、R.ハドソンとJ.ジョーンズの好演も素晴しかったし、久々に正常な人間の心にふれたような気がして、とても感動的でした。
たんなるメロドラマとか反戦映画とかでなく、人間としての条件みたいなものがストレートに描かれていますね。

私の世代からすれば、極く当然な展開として、そして非常に劇的に美しい物語です。
この世に二人だけ、それで運命に対峙する、その一方がいなくなれば世界は終わると。
凄いですね。誰しも、こんな激しく強い愛・生き方に憧れる気持ちはあるけれど、現実では そうも行かず・・

共感するお気持ちのある方、映画を観てのご感想・ご意見なり、それともご自分の何か関連する思い出などおありなら、ぜひお聞かせください。

Aベストアンサー

映画と小説はだいぶ違います。原作を読んだらがっかりします、その逆もありますが。映画の世界は、あくまでも脚色。素晴らしい人に見えますが、役柄でしかありません。よくみえるんですよね。興行目的ですから。

Q魔女の宅急便の原作本について

魔女の宅急便の原作本は
福音館創作童話シリーズというところから4巻出ていると思います。

その他にも福音館文庫から魔女の宅急便/魔女の宅急便2
の二冊がでていて、私はそっちを買ったのですが、
どうも福音館文庫からは3/4はまだ出ていないようです。

続きが読みたいので福音館創作童話シリーズの3/4を買おうかと思うのですが、近くの本屋では取り扱いがないようです。
サイズや中身は文庫版とどうかわるのか知っている方、教えてくれますか?
想像ですが福音館創作童話シリーズは、サイズが大きくハードカバーのような表紙だったり、児童書のように文字が大きくてルビ入りだったりするのでしょうかね。

Aベストアンサー

 サイズはハリーポッターみたいな児童書独特の少し大きめ&厚いものと考えていただければわかりやすいかと。中身はほぼ変わらず文字の大きさくらいでしょうか。まぁ、ようは想像どおりということです。
 図書館に置いてる場合もあるのでまずそちらで確かめてみるのもいいかも知れませんね。

Qミュージカル映画・音楽映画

「サウンド・オブ・ミュージック」や「ウエスト・サイド・ストーリー」のようなミュージカル映画や、
「アマデウス」のような音楽映画(?)を探しています。

他にどんなものがありますか?
知ってらっしゃる方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

最近似た質問がありましたので編集して書きますね。

「メリーポピンズ」はアカデミー賞を受賞していましてアニメと実写の合成が楽しいです。主演は「サウンドオブミュージック」のジュリー・アンドリュース。もちろんディズニー映画の今ではもう作れない名作です。チムチムチェリー♪が有名!
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD8971/index.html

「雨に唄えば」はジーン・ケリー主演のクラシックミュージカルの代表作です。映画を作るというお話の中でのミュージカルで楽しいですよ!
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD445/index.html

オードリー・ヘップバーン主演のアカデミー作品
「マイフェアレディ」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD8464/index.html

自然の景色が美しい2組の恋愛を描いた
「南太平洋」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD8780/index.html

今公開中の「シャルウィダンス」が有名になった
「王様と私」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD1282/index.html

「オズの魔法使い」はストーリー説明不要のファミリーミュージカルですね!
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD1384/index.html

カトリーヌ・ドヌーヴが最高に美しい時のフランスミュージカル
「シェルブールの雨傘」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD13407/index.html

ここぐらいまでがクラシックかな?

そのクラシック時代のミュージカルと同じように作ったオリビア・ニュートンジョンとジョン・トラボルタ共演の学園もの
「グリース」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD2747/index.html

ゴールデングローブ賞を取ったニコール・キッドマンとユアン・マクレガー共演の新感覚ミュージカル
「ムーランルージュ」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD32568/index.html

そしてドキュメントとしても是非見て欲しいミュージカル映画の歴史の1本

「ザッツエンタテイメント」
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD3811/index.html

音楽映画では

「愛と哀しみのボレロ」は必見の1本と思います。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD11309/index.html


是非是非ご覧下さいね!!!

こんばんは。

最近似た質問がありましたので編集して書きますね。

「メリーポピンズ」はアカデミー賞を受賞していましてアニメと実写の合成が楽しいです。主演は「サウンドオブミュージック」のジュリー・アンドリュース。もちろんディズニー映画の今ではもう作れない名作です。チムチムチェリー♪が有名!
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD8971/index.html

「雨に唄えば」はジーン・ケリー主演のクラシックミュージカルの代表作です。映画を作るというお話の中でのミュージカルで楽しいですよ!
...続きを読む

Q魔女の宅急便

魔女の宅急便に出てくるジジの品種ってわかりますか?

Aベストアンサー

雑種かもしれませんが・・・

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q129378192

Q昔の映画でオーストラリアが舞台、映画のタイトル教えて下さい。

はじめまして、こんばんは。

ある映画のタイトルを知りたいのですが、手がかりが少ないので、検索する事もできません。少しでも思い当たる人は、よろしくご解答下さい。

オーストラリアで昔、といっても実際何年ごろの事か分かりませんが、実際にあった事件を題材にした映画です。
その事件というのも、はっきりとは分からないのですが、先住民族(アボリジニーだったかな?)に対する白人(ヨーロッパ人?)による支配の時代です。ある、家族か仲間が数人で、迫害の酷い地方からの脱出を試みる。というストーリーです。ハリウッド映画なのか、ヨーロッパなのかも分かりません。

もう5年位前に、テレビで紹介していたのをたまたま見て、これは観なければと思いつつ忘れていたので、これだけしか覚えていません。最近なぜか、急に思い出して、すごく観たいのにタイトルも分からず困っています。

手がかりが非常に少ないのですが、心当たりがある方(間違っててもいいです)は教えて下さい。とりあえず借りてみますので。あまりにマイナーなものなら置いていない可能性もありますが・・・。よろしくお願いします。

はじめまして、こんばんは。

ある映画のタイトルを知りたいのですが、手がかりが少ないので、検索する事もできません。少しでも思い当たる人は、よろしくご解答下さい。

オーストラリアで昔、といっても実際何年ごろの事か分かりませんが、実際にあった事件を題材にした映画です。
その事件というのも、はっきりとは分からないのですが、先住民族(アボリジニーだったかな?)に対する白人(ヨーロッパ人?)による支配の時代です。ある、家族か仲間が数人で、迫害の酷い地方からの脱出を試みる。というス...続きを読む

Aベストアンサー

5年前という事でたぶん違うと思いますが、
念のために
裸足の1500マイルというのがありました。
http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/167896/

参考URL:http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/167896/

Q魔女の宅急便

アニメの「魔女の宅急便」ですが、魔女と人間は結婚できるのでしょうか?

トンボ少年が成長して運良くキキのハートを掴みめでたくゴールインとなった場合、二人は生殖できるのでしょうか?
行為は案外できそうな感じもしますが、妊娠・出産は?
産まれた子は魔女(魔男)それとも人間?

Aベストアンサー

いやいやいや。アニメだけ見てもさびしいでしょう。
やっと完結するんですから、ぜひ原作を。ご質問にある疑問は解決されることでしょう。

http://www.fukuinkan.co.jp/ninkimono/majo/http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E5%A5%B3%E3%81%AE%E5%AE%85%E6%80%A5%E4%BE%BF

赤毛のアンをアニメだけ見てすべてを語れないのと同じじゃないでしょうか?

Q昔観た映画をもう一度観たい・・

うろ覚えなのですが映画の場面を上げて行きます。
 
・怪物が出る(地中を這う巨大ミミズみたいな化け物
・屋根から飛び降りバギーを発進させ怪物の注意を引く。
・怪物の退治方法はダイナマイトやコンクリートにぶつかる様追い込む
・ダイナマイトを怪物向けて投げたが投げ返されてこちらの予備のダイ ナマイトの束の上に転がり爆発。

多少違うところもあるかもしれませんが
上記の内容でわかる方居ましたら回答お願いしますm(_ _)m。

Aベストアンサー

『トレマーズ』('90・米)ではないでしょうか、↓ご確認下さい。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD6416/

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/dvd/detail/D112011031.html

Q魔女の宅急便で・・・

魔女の宅急便で、猫のジジがしゃべれなくなったのはどうしてなんでしょうか?

Aベストアンサー

ジブリの皆さん、勝手な解釈をしてしまい申し訳ありません(笑)。
でも、knyackiさんの解釈に賛同です。(なんか聞いた事あるような??)
多分、最初に声が聞こえなくなったのと、ラストでも
言葉が取り戻せなかったのとでは、意味が違うと思います。
最初は、自分や他人に対する不信感とか、自信の無さとか
そういう感情が、起こしたいわゆるスランプです。
それは魔法が使えない事と、絵が描けない事の比喩表現にして
いることでも分かると思います。
そこで、ウルスラが言っていた「また描きたくなる絵」が
以前とは同じ絵にはならない事を、最後に言いたかったのでは
ないかと、これが私なりの解釈です。
以前のように遊びたい盛りで覚えた魔法、これが一度失われて
取り戻した魔法、2つの魔法の意味は決して同じでは
なかったんだと思うんです。誰の為に、何の為に魔法が必要なのか
それを自覚して魔法を取り戻した時、ジジと会話をしなければならない
という部分は、もう必要なかったのではないかと感じました。
つまり、ラストでジジは言葉を取り戻しては行けないのかもしれ
なかったんですよね。そこが主旨なのかなぁ(とまた勝手な解釈)。
ですから、最後に「にゃあ」とないたジジに微笑んで頬を摺り寄せた時
「『今までありがとう』と心の中で呟いた」なんて台本に
なりそうな・・・。勝手にそんな事を考えてしまいました。
最後まで勝手な解釈でごめんなさい。
皆さんはどんな風に感じられました?

ジブリの皆さん、勝手な解釈をしてしまい申し訳ありません(笑)。
でも、knyackiさんの解釈に賛同です。(なんか聞いた事あるような??)
多分、最初に声が聞こえなくなったのと、ラストでも
言葉が取り戻せなかったのとでは、意味が違うと思います。
最初は、自分や他人に対する不信感とか、自信の無さとか
そういう感情が、起こしたいわゆるスランプです。
それは魔法が使えない事と、絵が描けない事の比喩表現にして
いることでも分かると思います。
そこで、ウルスラが言っていた「また描きたくなる絵」...続きを読む

Qダンサーインザダークを観ようと思うけど・・・

映画「ダンサーインザダーク」を見ようかと思っています。
見た人みんな「見ると凹む」「鬱になる」(でもいい映画。しかし二度と見ない)と言うので、そんなに暗いのか!とちょっと二の足踏んでます。
私は「泣かせるもの」に対するアンテナは鈍いのですが、「凹ませるもの」に対しては非常に敏感で、必要以上に感情移入してしばらく引きずる傾向があるので厄介です。
でも、「良い」と感じさせるものがあるのなら見てみたいのです。
バカバカしい質問ですが、見たことある方、鬱映画を見る際のアドバイスがあれば教えて下さい。
悪い後味の口直しに見た映画とかがあればそれもぜひ。
あ、あと、見て後悔したかどうかも教えて下さい(^^;

Aベストアンサー

DVDも持っていて何度か繰り返し見ています。ストーリー的には、非常に打ちのめされるのは確かです。
でも自分の場合、映画の感動はストーリーではない部分のほうが大きいので(例えば演技、映像、音楽、台詞、役者などです)、僕にとってはとても好きな映画です。
質問者様の質問内容を読む限りでは、ストーリー重視かな?と思いますので、勧めにくいですね。
>鬱映画を見る際のアドバイス
それは、やはりストーリーに引っ張られないことです。映画も「表現」ですから、どこかで誇張があったり偏見があったりするものです。そういうものと、自分の価値観が違っていても、そういうものの考え方もあるんだ、と割り切ることでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報