最近普段使っている化粧品に合成界面活性剤が使われているということを知り、すこしずつ勉強してるんですが、まだまだわからないことがいっぱいあります。
「合成界面活性剤不使用」とかかれているものと「石油系界面活性剤不使用」とかかれているものはどのくらいの違いがあるのでしょうか?
有名な無添加化粧品の会社に「アミノ酸系洗浄成分使用、石油系界面活性剤不使用」とかかれた洗顔パウダーがありますが、アミノ酸系で汚れをおとす作用のもので一般的なものってなんなんでしょう?
あと、無添加化粧品を売り出しているメーカーの乳液に使われる乳化剤って天然の界面活性剤?ってことなんでしょうか・・・。
どなたかわかるかたがおりましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

nikochanさんご紹介のサイトのBBSにも過去ログを検索すると「アミノ酸系」のカキコもありますね。

ここでは、「グルタミン酸系」のようですが、以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「アミノ酸石けんシャンプーの本質」
このページの記載では「L-アルギニン系」もあるようです?

さらに
http://www.kakinoha.net/biyou/faq3.html
(FAQ)
「シャンプー」等でも気をつけた方が良いようでね?

御参考まで。

参考URL:http://nug.nasu-net.or.jp/~shino/soap/cooland_ww …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました☆
ご紹介のサイトに他にも勉強になることがいろいろ書いてありました。
化学式には目が点になるほうですので、カタカナ文にあくせくしながらですが、
もっと勉強しようとおもいます。
それにしても、最近は無添加、自然派って言ってもぜんぜん信用できませんね。
自然派化粧品とか本当に多いです。
スキンケア商品、化粧品類は原価が安いそうなので、成功すると商売としては大変ボロイ(失礼)商売と耳にしますので、そんなのも関係してるんでしょうか?
ちゃんと勉強しておかないと大変ですね。

お礼日時:2001/06/28 00:31

私も勉強中です。


(株)生活と科学社のホームページは質問コーナーがあり、合成洗剤や石けんについて、くわしい質問にも答えてくれます。 
専門的なことが、他のもいろいろのっていて参考になります。
ぜひ、いちどごらんになってみてください。
私は歯磨き粉やシャンプーもよく吟味しないとこわいと思っています。 

参考URL:http://www.live-science.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます☆
参考サイトさっそくいってまいりました!
科学式にはちょっとびっくりしてしまいましたが(笑)
勉強になることばかりで、もっとすみずみまでのぞいてみようと思います。
歯磨き粉もシャンプーも、私も気になっています。
洗濯洗剤については、黒カビとか扱いがちょっと面倒で・・。うーん
そんなこと言ってたらダメなんですよね。
ありがとうございました★

お礼日時:2001/06/24 21:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合成界面活性剤とアミノ酸界面活性剤

界面活性剤が体に悪い事を知り、地球に優しい体に良いシャンプーに変えたいと思っています!でも、シャンプーには色んな成分が書いてあり、どれが良くて、どれが悪いのか良く分かりません。石鹸だとキシキシになり抜け毛もひどくなるのでダメです。アミノ酸界面活性剤が入っているのはキシキシしない!みたいな事を知りました。が、界面活性剤と名前に付いているので良くないのでしょうか??合成界面活性剤と同じなのでしょうか?
また、これいいよ!!という商品(赤ちゃんも使える物)がありましたら教えて頂けると嬉しいです!

Aベストアンサー

こちらのサイトは、頭皮や髪にやさしいシャンプーを扱っています。

私も使用して1年半くらいになりますが、背中のニキビが減りました。
髪の生え際の吹き出物(?)も、出にくくなりました。

『アクアシャンプー』というのが定番商品のようで、私もそれを使用しています。

低刺激というと石鹸シャンプーなどが思いつきますが、あれはかなりキシキシして不快でした。
このシャンプーは天然のラベンダーとオレンジの香りに加えて豊かな泡立ち、適度なしっとり感が得られます。

タウリンというアミノ酸とヤシ油からつくられる界面活性剤(つまり化学合成ではないということです)で汚れをおとすみたいですね。

もともと、手の荒れに悩む美容師さんのためにつくられたシャンプーらしいので品質はかなりいいですよ。

お値段はドラッグストアなどで売られているシャンプーよりは割高ですが、皮膚や髪のことを長い目で考えると、やはり安全なものを使用したほうがいいと思います。

参考URL:http://www.ribishop.com/

Q合成界面活性剤を使っていない某化粧品メーカー

こんにちは。最近、界面活性剤?とか合成界面活性剤?とかよく聞き、自分が使っている化粧品も考え直そうと思うようになりました。
先日、アザレ化粧品に行って体験したり、話を聞いたり、色んなところのサンプルをもらったり、成分を確かめたりしています。
アユーラとかも合成界面活性剤を使用していない商品もあるようですが、使用しているのもあったりと、すべて不使用でなければ、意味が無いとアザレでは言っていました。
でもだんだん、何がいいものなのかわからなくなってしまい、果たして、合成界面活性剤が本当に肌に影響を与えているのか疑問を持つようになりました。
アザレでは、とても恐ろしい話をきいて、化粧品選びにとても悩んでいます。
もし、合成界面活性剤を使わない方がよいのであれば、どの化粧品を使えばいいのでしょう?アザレはちょっと高くて…。ちなみに肌はノーマルですが、大人のニキビがあごに少しあります。
どうなんでしょう・・・?毎日、悩んでいます。

Aベストアンサー

合成界面活性剤は、破壊力が強い上に肌への浸透力が強く、細胞を破壊しながら皮下組織まで進入します。皮下組織には血管があるので体中に回り、最終的に肝臓に蓄積されます。肝臓にとってはたまったものではないですね。それから、合成界面活性剤は太陽の光にあたると、化学変化を起こしてダイオキシンになってしまうという話も聞きました。いくらきれいに洗い落としてるつもりでも合成界面活性剤などの化学物質は肌に残りやすいようです。もちろん活性酸素も発生させますので、長期間の使用は肌トラブルの原因になります。

それから石鹸ですが、実は石鹸も肌には良くないんです。石鹸はおもに、固形のナトリウム石鹸と液体のカリ石鹸があります。洗浄力の強いのが、ナトリウム石鹸。アルカリ性が強くて、タンパク質である角質層を溶解しお肌を傷めてしまいます。これが荒れ肌の原因になります。また石鹸素地に含まれるカルボン酸がエステル化という現象(疎水性と加水分解)を引き起こします。疎水性とは、水を弾く性質のことで、お肌が突っ張って乾燥するのはそれが原因で、乾燥肌を誘発させます。加水分解は、水と反応して美容の大敵・活性酸素を発生させることです。活性酸素は老化を促進させ、荒れ肌になってしまいます。また、石鹸の粒子は肌に付着しやすく、それが肌表面で腐敗し雑菌の繁殖の温床となり肌を痛めてしまいます。
 カリ石鹸は洗浄力が弱いので、肌に対するダメージも小さいものになります。老廃物(汗)の洗浄には効果的で、それ以外の汚れには適していませんが、他の洗浄成分と合わせることで、効果的な洗浄ができます。

 石鹸の製法は今と昔とでは違っていて、昔の石鹸では添加物を使わず牛脂と苛性ソーダだけで作っていました。今の石鹸は石油から製造された合成界面活性剤を原料に作られているものが殆どです。昔のものは石鹸カスが肌荒れや乾燥肌の原因に、今のものは抗炎症剤(消炎剤・殺菌剤)や泡立て剤のエデト酸塩が肌トラブルの大きな原因になっています。化学物質過敏症やアトピー性皮膚炎、化粧かぶれやアレルギーなどは、こういった抗炎症剤や泡立て剤の乱用が原因の1つとなっています。

何を使えばいいかですが・・・
洗浄料はヤシ油などの天然物から採った界面活性剤を使ったものがいいと思います。でも化粧品会社によっては、天然ものと合成ものを足しておいて、「天然由来」とか「天然成分」と言っているところが多いので気をつけてください。

ニキビのケアとして(1)肌を清潔に保つ、(2)肌を活性化する、(3)肌を保護することをきちんとすれば、お肌の自然治癒力が強化され、自然と治ります。化学物質は当然避けて、腐敗しない天然系化粧品を使いましょう(防腐剤は避けるとトラブルになります)。ファンデーションは酸化クロムなど刺激性のある化学物質だらけですのでニキビには厳禁です。

(1)肌を清潔に保つには、汗・脂汚れ・古い角質をしっかり落とせるもので洗顔しましょう。天然界面活性剤・カリ石鹸・酵素が入ってるものがベストです。
(2)肌を活性化するには、プラセンター・ヒアルロン酸・コラーゲン(膠原繊維のコラーゲンではなく、基質[ムコ多糖類]のコラーゲンでなければ効果はありません)が主成分で入っている美容液がベストです。
(3)肌を保護するには、スクワランやヒアルロン酸で保湿すると同時に、肌の保護膜である皮脂膜を形成する成分(レシチンなど)が入っているクリームを使いましょう。皮脂膜をきちんと形成しないと保湿もムダになります。

合成界面活性剤は、破壊力が強い上に肌への浸透力が強く、細胞を破壊しながら皮下組織まで進入します。皮下組織には血管があるので体中に回り、最終的に肝臓に蓄積されます。肝臓にとってはたまったものではないですね。それから、合成界面活性剤は太陽の光にあたると、化学変化を起こしてダイオキシンになってしまうという話も聞きました。いくらきれいに洗い落としてるつもりでも合成界面活性剤などの化学物質は肌に残りやすいようです。もちろん活性酸素も発生させますので、長期間の使用は肌トラブルの原因に...続きを読む

Q合成界面活性剤、合成ポリマーが入っている化粧水?

化粧品には合成界面活性剤、合成ポリマーが入っていると知りました。
メイク用品はある程度肌に害があるのは覚悟の上でしたが、
肌を綺麗に保つ為の基礎化粧品には安全なものを、と思っていました。
その方が肌が綺麗になりそうだと思っていたからです。

しかし、自分の手で作れるような、例えば
『苛性ソーダ、油から作る石けん』だとか『グリセリン、尿素から作る化粧水』は安全であるだろうけれど、美容効果はあるのでしょうか?

それはあくまで『肌が自然な状態』になるのであって
例えば日焼けした肌を白くするとか、シワっぽい肌を改善する効果はないですよね?
日焼けやシワは生きている上で仕方のないことだから、
それを化粧品でどうにかしようとすることは害がある、ということでしょうか?
日焼けやシワを改善したい場合はどうすればよいでしょうか?

年相応の自然な肌、ではなく、歳よりも若く見える肌、になりたい場合は
やはり合成界面活性剤や合成ポリマーを使った基礎化粧品を使うべきですか?

Aベストアンサー

手作りスキンケア剤でのケアをしているものです。
(市販のものはことごとくかぶれるので)

>歳よりも若く見える肌、になりたい場合

ということは、しわ・たるみ・張りが気になってるって
事ですよね~。

あなたが仰ってる『グリセリン、尿素から作る化粧水』は
通称美肌水ですが、その美肌水をベースに
アンチエイジング系の有効成分をプラスすると
市販の化粧水と同じになります。
市販のものは薬事法かなんかの関係で、有効成分はこの量までしか入れてはいけませんという
決まりがあるそうなのですが
自分で作り、自分で使う分には制限ないので
有効成分取り入れられまくりですよ。

アンチエイジング有効成分とは、コエンザイムQ10、アルファリポ酸
植物性プラセンタエキスなどですね。

美肌水に混ぜるだけで、完全無添加有効成分ばっちりの
化粧水ができるんですよ。
値段は市販化粧水と変わらないか、それ以上にかかりますけどね。
手間も。

合成界面活性剤ってのは、殺菌・保存、汚れ落しの為の配合ですので
肌の質を上げるのに必要な成分とは思いません。
石油だし。

手作りコスメ材料サイトでは
化粧品の有効成分が単品で売られています。
皆さん欲しい効能をチョイスし、混ぜて、化粧水を作っています。

手作りスキンケア剤でのケアをしているものです。
(市販のものはことごとくかぶれるので)

>歳よりも若く見える肌、になりたい場合

ということは、しわ・たるみ・張りが気になってるって
事ですよね~。

あなたが仰ってる『グリセリン、尿素から作る化粧水』は
通称美肌水ですが、その美肌水をベースに
アンチエイジング系の有効成分をプラスすると
市販の化粧水と同じになります。
市販のものは薬事法かなんかの関係で、有効成分はこの量までしか入れてはいけませんという
決まりがあるそうなの...続きを読む

Q化粧品を断った方に質問。脱・合成界面活性剤等、肌に良く無いもの

過去にも化粧品を断ちたいと質問したのですが、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2907694.html

実際、経験された方のお話しが聞けなかったので、再質問しました。こちらで参考になる回答を頂ければ、あちらは閉じるつもりです。

私の現状は石鹸で洗顔、その後、手元にある化粧水(調子が良く、外出しないときはクリーム肌水)をつけるようにしています。乳液はやめました。正確なところはわかりませんが、今の化粧水はたぶん、合成界面活性剤も入っているでしょう。


これからは、日焼け止めもつけないといけないと思っています。
日焼け止めは肌に負担がかかると言いますし、洗顔したての素肌に直接塗るのは良く無さそうだし、化粧水くらいは必要なのかな?とは思うのですが、実際、極力、化粧品を断って成功している人の体験談、今はどのようなケアをしているのかお聞きしたいです。

想像するに、石鹸で洗顔後、悪い要素のない化粧水をつける。これのみで、紫外線の多い時期は、その上に日焼け止めをつけているのかと想像しているのですが・・・。
そこでどんな化粧水が良いのかが重要なのだと思いますが、こちらの自作の化粧水も気になっています。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/pinoa/recipe/re-kesyousui.html#bihadakesyousui

自作なら入ってるものが分かるし、値段も安いし、化粧水として効果があるなら言う事ないです。
やたらと高い化粧品には興味は無く、なるべく自然なケアをしたいと思っています。

経験者の方の回答をお待ちしています。
是非、アドバイスを下さい。よろしくお願いします。

過去にも化粧品を断ちたいと質問したのですが、
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2907694.html

実際、経験された方のお話しが聞けなかったので、再質問しました。こちらで参考になる回答を頂ければ、あちらは閉じるつもりです。

私の現状は石鹸で洗顔、その後、手元にある化粧水(調子が良く、外出しないときはクリーム肌水)をつけるようにしています。乳液はやめました。正確なところはわかりませんが、今の化粧水はたぶん、合成界面活性剤も入っているでしょう。


これからは、日焼け止めもつけないと...続きを読む

Aベストアンサー

私も手作り石鹸です。苛性ソーダは劇薬ですが、取扱いに気をつければ大丈夫です。
出来上がる石鹸は非常にマイルドなのに、化粧もしっかりと落とします(濃い場合は
要クレンジングですが)。汚れたファンデのスポンジを石鹸で洗うのと、
洗顔フォーム(合成界面活性剤)ので洗うのと比べるとよくわかります。

化粧水も手作りしていますが、面倒がりなので、フローラルウォーター(芳香蒸留水)に植物性グリセリンと好みのアロマ精油を数滴たらしたものを使っています。

私はこの2点だけどしっとりします。
(冬場は蜜蝋やオリーブオイルでクリームをつくります。)

手作り化粧品は簡単だし、なによりなにを入れているのかわかっているのが
良いです。

アロマ精油やフローラルウォーターはこちらが安いです:
http://www.eojell.com/
http://www.aroma-espoir.com/

おすすめ本はこちらです。アロマを用いた手作り化粧品の基本のテクニックが
のっています:
http://item.rakuten.co.jp/book/1764856/

日焼けどめはパックスナチュロンのものはいかがですか?
天然成分だけでできています。
http://item.rakuten.co.jp/a-soken/no-890002/

私も手作り石鹸です。苛性ソーダは劇薬ですが、取扱いに気をつければ大丈夫です。
出来上がる石鹸は非常にマイルドなのに、化粧もしっかりと落とします(濃い場合は
要クレンジングですが)。汚れたファンデのスポンジを石鹸で洗うのと、
洗顔フォーム(合成界面活性剤)ので洗うのと比べるとよくわかります。

化粧水も手作りしていますが、面倒がりなので、フローラルウォーター(芳香蒸留水)に植物性グリセリンと好みのアロマ精油を数滴たらしたものを使っています。

私はこの2点だけどしっとりしま...続きを読む

Q界面活性剤・防腐剤無添加化粧水

はじめまして、コンニチハ。

私は今まで色々な化粧水(ドラッグコスメ)を
使用してきましたが
最近では成分が怖くなり色々調べてます。
あまりきにしないのが一番だと友人に
言われますが最低限の界面活性剤・防腐剤無添加
の化粧水を探しております。
手作りは長続きしませんでした・・・。
ハマチやアロエ等も良さそうですが
ドラッグストアには色々ありすぎて
迷ってしまいます。

オススメの商品がありましたら
教えて頂けると嬉しいです!
よろしくお願い致しますm(_ _"m)

Aベストアンサー

水性のものと油性のものを混ぜる(乳化させる)ために、界面活性剤が使われます。

合成のものでも石油系のものと植物系原料のものがあり、合成界面活性剤は濃度が薄くなっても働きを失わず、肌に残留しバリアを破壊するそうです。
なので、植物成分でできているから安全、とは一概に言えないようのです。

また、石けんも界面活性剤なので、NO.6さんおすすめのパックスナチュロンのスキンケアシリーズのクリームやハンドクリームは石けんで乳化しています。
石けんはすすげば肌に残らないし、クリームとして肌に塗ったあとは分解され働きがなくなるそうです。
私も今度購入してみようと思っています。

他に高圧で乳化させる方法もあります。
アットコスメで人気のアルージェ(全薬工業)の化粧品は、高圧で乳化しているので、界面活性剤は使っていないそうです。
ここは『薬用(医薬部外品)』なので、全成分表示をしていません。
問い合わせれば答えてくれると思いますが、問題のある成分は界面活性剤だけではないので、注意が必要です。

界面活性剤を使用していない化粧品で、『ハンドクラップ』というメーカーがあります。
商品は割高ですが、サンプルを請求すると、界面活性剤が肌にどのように影響するかかかれたパンフレットをくれます。
これが大変わかりやすく、私が成分に興味を持つきっかけになりました。

長くなりましたが、界面活性剤を使っていない化粧水は、美肌水がお勧めです。
手作りしてもいいけど、私は市販品を買っています。
通販やロフトなどで売っています。
成分は水と尿素とグリセリンだけなので、その二つにアレルギーがなければ使えます。
濃度によっては傷やにきびにしみるかもしれません。
使用期限は常温で開封後2ヶ月以内なのですが、310mlで680円なので、体にも使って、1ヶ月くらいで使い切っています。

下記のURLは、化粧品の成分名から配合目的がわかります。
他にも科学的なことが書いてあって私には難しいのですが、乳化剤かどうかだけわかればいいのなら使えると思いますよ。

参考URL:http://www.cosmetic-info.jp/index.htm

水性のものと油性のものを混ぜる(乳化させる)ために、界面活性剤が使われます。

合成のものでも石油系のものと植物系原料のものがあり、合成界面活性剤は濃度が薄くなっても働きを失わず、肌に残留しバリアを破壊するそうです。
なので、植物成分でできているから安全、とは一概に言えないようのです。

また、石けんも界面活性剤なので、NO.6さんおすすめのパックスナチュロンのスキンケアシリーズのクリームやハンドクリームは石けんで乳化しています。
石けんはすすげば肌に残らないし、クリーム...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報