大谷翔平は二刀流で、投手と打者を兼ねているということですが、
これは普通のことではないのでしょうか?
投手の打順で、DHの選手が打つのが普通なのでしょうか?

A 回答 (4件)

セ・リーグはDH無し


パ・リーグはDH制
---------------------

投打の二刀流は、
日米プロの世界では、唯一無二の存在です!
前例が無いので、起用法にも賛否両論で、大リーグでも注目されています。

普通?、何言ってるんですか?
まさに野球アニメでも想像できない、夢のヒーローです!

普通、投手は投球に専念するので打撃練習はほとんどせず、
セ・リーグでも登板日にやもう得ず、9番打者になります。
打率も悪いし、投球に専念する(疲れない様)ので、わざと三振する事も多々あります。
これでは野球が面白くないので、
パ・リーグはDH制で、投手の代役として、DHの打者が普通です。というかDHが当然です。

しかし、大谷翔平の才能は、投打共に一流です。
 ・日本最速164km
 ・3割超、ホームラン20本超、足も早い

さすがに登板日は、打者を回避する事も多いですが、登板日と休養日以外は、打者としても出場しています。しかも、現在3番打者です。
--------------------

本日9/21・明日22日、
ソフトバンク .vs 日本ハム
優勝をかけた最後の直接対決!
そして、予告先発は、その大谷翔平

野球ファン大注目の一戦です。
    • good
    • 2

新しい挑戦です!


色んな意見もあるでしょうが、本人の意志が一番です。
栗山監督も素晴らしいと思います。それが普通になれば面白いと思いませんか?
    • good
    • 2

大谷の二刀流の意味をもっとよく調べて下さい!こんなのは普通ではない、本当に凄い事ですから!前例も無い事です!

    • good
    • 2

高校野球では普通のことです。

4番でエースなんてざらにいますから。
また、セ・リーグの球団では普通のことです。DH制がないのですから9番ピッチャーってのは当たり前かと。
しかし、パ・リーグは違います。DH制があって、普通はピッチャーは打席には立たないものなのです。大谷もピッチャーで投げているときはDHにも立たないのですが、(立った時もありますがね。)
ピッチャーで投げないときは3番DH、もしくはライトでバッターをします。そういうわけで二刀流と呼ばれるようになったわけです。(とにかくパ・リーグ球団のピッチャーとしては大谷は特別な存在というわけです。)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大谷翔平VS東海道新幹線足の速さでは、どっちが勝ちますか?よろしくお願いします。

大谷翔平VS東海道新幹線足の速さでは、どっちが勝ちますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

え?何か特別な根拠を新たに発見せよ、との設問でしょうか?人間百メートルを十秒=時速36KM
と概算でいつも考えていたから、私の頭では比較のしようが無い・・・で終りですが。

冗談が判ってないぞ、と言われるのは嫌だから、再度考えたけれど何も浮かばない。

Q大谷MLBでは投手か二刀流か

プロ野球日ハム大谷選手は投手に打者に大活躍し、ベーブルース
以来の二刀流記録を打ち立て、従来からの二刀流論議に結着を
つけました。

将来、MLBに挑戦するに当たっては、投手としてか、二刀流としてか、
あるいは野手としての、いずれで挑戦したらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

能力云々をあえて無視して、MLBの需要と供給だけで考えれば、断然投手。

ベーブ・ルースとの比較ばかり報道されますが、あちらは断然打者の素養が高かった。だから打者として歴史に残す記録も作れた。更に言うなら、日本にもルースの年代相当のプロ野球・職業野球で二刀流どころかフルポジションこなせる選手だってザラにいた。

現在のMLBの需要を大谷翔平投手兼選手に当てはめると、需要の割合は投手と野手で8:2以上投手重点だと見ます。

まず打者大谷については、あのくらいの打者はまだマイナー以下に佃煮にして捨てるほどいる。そのくらいの打力で二刀流、そのリスクを背負ってでもという球団はMLBにはないと思う。完全に日本人向けの客寄せとしてなら可能性はあるが、今の緊縮財政まっしぐらのMLBでそんな遊び事に金を使える球団はないし、それだけの金があったら真面目に戦力増強に使う。

一方投手。これは今でも十分通用する。何しろ、今回の日米野球でも見せましたが、今のところ大谷翔平投手は「先発」「リリーフ」どちらに得手不得手があるとは見せていない。MLBでは先発・中継ぎ・抑えは完全に分業制であると同時に、マイナーでの育成時に完全にそれ専用の投手に「体格・体質」から変えていく(だからMLBで先発・リリーフの転向例はあっても成功例は相当少ない。おそらく野手・投手間の転向例の方が多いはず)。そう考えると、どちらにも使えそうな大谷投手は、今から育成する素材としても非常に魅力がある。
※MLBは20代後半で初メジャーが珍しくない上、30代以降の勝ち星だけで200勝平気で上げる投手も出ている。

二刀流はやめた方がいい。過去日本球界からMLBに挑戦したほぼすべての選手が異口同音に言っていますが、

「休み方を間違えると成功しない。」

二刀流でMLBに在籍して、はたしてどの段階で休めというのか。投手ならローテーションの合間は日本と違ってノースローできっちり休む。野手にしてもイニング間のインターバルや攻撃時の待ち時間にムダに体を動かす選手なんて見たことない。どんな場面でもとにかく休憩を取らないとやってられない。二刀流だとその休みの時間が明らかに削られることは容易に想像できる。

1年限定の契約で日本に戻ってくるならともかく、MLBに長期在籍の気持ちがあるなら、二刀流は厳禁。成功する・しないではなく、するわけがないと断言してもいいくらい可能性が薄い。それなら、特にポテンシャルも評価も高い投手1本で勝負すべきだと。100マイルの速球はそれだけで武器ですし、変化球と違い、球速はほぼ「素質」だけの能力。それも100マイルを境にそこから先は天賦の才を持たない投手には永遠に到達できない世界です。それを今の時点で達成しているなら、大谷翔平は間違いなく投手向きだと見ます。

※よく同じ球速でも伸びだのキレだの重さだのという解説者の話もありますが、それは150キロ台までの話。161キロ=100マイルを越えてくると、球質の軽重など問題にならなくなります(150キロ台まではバットに当ててからのことを考えますが、100マイルからはバットに当てることが重要になる)。あくまでも緩急をつける変化球があっての話ですが。その点大谷投手は遅い球(出来ればカーブよりチェンジアップ)を覚える余裕もあるでしょうし。

能力云々をあえて無視して、MLBの需要と供給だけで考えれば、断然投手。

ベーブ・ルースとの比較ばかり報道されますが、あちらは断然打者の素養が高かった。だから打者として歴史に残す記録も作れた。更に言うなら、日本にもルースの年代相当のプロ野球・職業野球で二刀流どころかフルポジションこなせる選手だってザラにいた。

現在のMLBの需要を大谷翔平投手兼選手に当てはめると、需要の割合は投手と野手で8:2以上投手重点だと見ます。

まず打者大谷については、あのくらいの打者はまだマイナー以...続きを読む

Q大谷翔平投手が日本野球界に残る可能性は何%???

ドラフト会議前に「メジャー希望」を宣言していた大谷翔平投手を1位指名してしまった日本ハムファイターズ・・・。
『その年の一番の人材を指名する』と言う観点からの指名だが、日ハムファンとしては「また勝負に出た~(T_T)」と言う気持ちも本音。

ところが一部報道によると「大谷翔平投手の日本残留の可能性が0%から1%に・・・」なんて報道が???
まぁ、1%ですから体勢には影響なしなんだけど、紳士協定の御陰もあって大リーグ側は日本ハムの交渉が終わってからと言う事も追い風の様です(^_^)

はてさて・・・大谷翔平投手が日ハムに入団するか否かは別として、実際に日本野球界に残る可能性は何%まで上がると思われますか?

あくまでも大谷選手の希望が第一優先なので、偏見の無い意見を期待します(*^_^*)

Aベストアンサー

私の予想では

50:50

ですね。

まぁ、本人はメジャーへの憧れを捨てきれないようですが、そんなに甘くありません。
日本は彼ほどのスーパールーキーなら、間違いなく春のキャンプで1軍帯同したり、上手く運べば開幕1軍なんて事もありますが、アメリカでは「絶対に」それはありません。

どんなスーパールーキーでも「必ず」マイナーからのスタート。

これは過去の例を見ても明らか。
大学や高校で大活躍し、ドラフトで上位指名されたとしてもです。

なのでどんなに好意的に見ても最低3~4年はマイナーでしょう。

それに適応できるか?

また、日本では藤波と双璧の選手ですが、アメリカには彼くらいの選手はゴロゴロいます。
その中で何か「光る物」を見せないことにはメジャーには上がれません。

これらの現実をどこまで本人が理解しているか。。。

なので、私は去年の菅野よりはハムに入団する可能性は全然あると思います。
それでも50%と見ますがね。

あと、指名されたのが日ハムというのもミソです。

この球団、何故か実態に比べイメージが飛び抜けて良い球団です。
まぁ、監督始め選手の殆どが「暗黒面」の無い素晴らしい球団ですが、その「現場」の輝きが強烈な為に「影」の部分が見えなくなっていますよね。

ファンサービスや、地元への還元という部分(営業部門)はとても優秀な人材を抱えていますが、前述のように肝心の編成・強化があまりにもお粗末。

今シーズンも一見「優勝したから万々歳」となっていますが、ドラフトは2年連続で1位枠を無駄(菅野、ハンカチ)に使っていますし、今年も今のところ全くの先行き不透明です。

そして先日の吉井コーチを筆頭に「優勝チームの主要コーチ」の大量離脱。
その理由が「監督との確執」ですから。

同じ事が他の球団(巨人・阪神・福岡)で起こったら、それこそファン・マスコミを巻き込んで結構な騒ぎになるところですが、日ハムはそれ程ではありません。

まぁ、ヒルマンから梨田、そして今年の栗山と「さわやか路線」を徹底的にファン、マスコミに印象付けてきた「営業部門」の勝利でしょう。

それらも全てひっくるめて大谷君がどう判断するか。。。
彼には失礼ですが、こりゃ「見物」ですね。3月までは。

私の予想では

50:50

ですね。

まぁ、本人はメジャーへの憧れを捨てきれないようですが、そんなに甘くありません。
日本は彼ほどのスーパールーキーなら、間違いなく春のキャンプで1軍帯同したり、上手く運べば開幕1軍なんて事もありますが、アメリカでは「絶対に」それはありません。

どんなスーパールーキーでも「必ず」マイナーからのスタート。

これは過去の例を見ても明らか。
大学や高校で大活躍し、ドラフトで上位指名されたとしてもです。

なのでどんなに好意的に見ても最低3~4年はマイナ...続きを読む

Q大谷が二刀流したら1年で潰れない?

大谷が二刀流すると まぁ投手(おそらく先発)で登板しない日は野手ですよね?

すると例えばですが
火~土 野手で出場
日    投手で登板
月    移動日
火~土 また野手で出場

すると休みが月曜日しかなくなります こんなに酷使したらすぐ選手生命終わると思いますが
良いんですか? まぁ こんな奴さっさと潰れてくれれば良いんですけど 笑
(日ハムファンの人ごめんなさい)

Aベストアンサー

こんにちは。

私は潰れると思います。
高卒(厳密にいうと卒業していない)
ルーキーで体も出来ていない。
二刀流はムチャです。

Q大谷翔平の二刀流

大谷翔平は二刀流で、投手と打者を兼ねているということですが、
これは普通のことではないのでしょうか?
投手の打順で、DHの選手が打つのが普通なのでしょうか?

Aベストアンサー

セ・リーグはDH無し
パ・リーグはDH制
---------------------

投打の二刀流は、
日米プロの世界では、唯一無二の存在です!
前例が無いので、起用法にも賛否両論で、大リーグでも注目されています。

普通?、何言ってるんですか?
まさに野球アニメでも想像できない、夢のヒーローです!

普通、投手は投球に専念するので打撃練習はほとんどせず、
セ・リーグでも登板日にやもう得ず、9番打者になります。
打率も悪いし、投球に専念する(疲れない様)ので、わざと三振する事も多々あります。
これでは野球が面白くないので、
パ・リーグはDH制で、投手の代役として、DHの打者が普通です。というかDHが当然です。

しかし、大谷翔平の才能は、投打共に一流です。
 ・日本最速164km
 ・3割超、ホームラン20本超、足も早い

さすがに登板日は、打者を回避する事も多いですが、登板日と休養日以外は、打者としても出場しています。しかも、現在3番打者です。
--------------------

本日9/21・明日22日、
ソフトバンク .vs 日本ハム
優勝をかけた最後の直接対決!
そして、予告先発は、その大谷翔平

野球ファン大注目の一戦です。

セ・リーグはDH無し
パ・リーグはDH制
---------------------

投打の二刀流は、
日米プロの世界では、唯一無二の存在です!
前例が無いので、起用法にも賛否両論で、大リーグでも注目されています。

普通?、何言ってるんですか?
まさに野球アニメでも想像できない、夢のヒーローです!

普通、投手は投球に専念するので打撃練習はほとんどせず、
セ・リーグでも登板日にやもう得ず、9番打者になります。
打率も悪いし、投球に専念する(疲れない様)ので、わざと三振する事も多々あります。
これでは野球が面...続きを読む

Q大谷君の二刀流に批判が多いのはなぜ?

本人も球団も本気になって二刀流をやろうとしてるのに、なぜ批判が多いのでしょうか?

中途半端になるだとか、怪我するだとか、早く二刀流は諦めてどちらかに絞った方がいいという意見をよく聞きます。
別に本人も納得してることだし、夢のある若者が未知の事に挑戦しようとしているのだから素直に応援すればいいのにと思ってしまいます。

日本人特有の型にはまってない事を悪とする習慣みたいなものがあるからなのでしょうか?
改めて日本というのは個性を潰してしまう国民性があるのかなと思っちゃいますね。
まあ、本人の事を考えて発言してる方もいらっしゃるとは思いますが、2、3年はじっくり見守ってあげればいいのにと思うんですけどね。

Aベストアンサー

単純に体力が持たないだろうと思います。

投手は、例えば先発だったら、中6日明けてローテションを組んでも、年間を通してローテションを守れる投手は各チーム2~3人いるかどうかです。夏場などにバテてローテから外れたりする投手も珍しくありません。週に1回しか登板しなくても、それほど疲れるということです。
それなのに、本来は休養したり調整したりしなければいけない日に、野手として出場したら、どう考えても体が持たないと思います。

じゃあ、中継ぎならいいかというと、敗戦処理的などうでもいい中継ぎくらいはできるでしょう。でも、そんな姿を求められているわけじゃないですよね?
セットアッパーとかクローザーのような役割は、やっぱり体力的に心配で、特にシーズン後半は任せられません。専門でやってる人でも、たいがいは夏場以降、疲れて調子を落とすことが珍しくないですからね。

先発だろうが中継ぎだろうが、野手をやりながらだったら、いつか他人より早くバテるはずで、だったら投手専門でいいだろうということです。

逆に野手目線で見た場合、投手もやってたら、休養日が最低でも週に2~3日は必要になるはずで、「昨日登板したから、今日は休みます」っていう4番バッターは、ファンも嫌じゃないでしょうか。私は頼りないと思います。だったら「バッティングに専念してよ」って思っちゃいます。

まだ完全に二刀流になっているわけでもないのに、練習段階でも既に疲れているという報道もあります。
「昨日は二軍で登板したから」と言って、スタメンでなかったり、全く出場機会がない日もありました。
それじゃあ、野手としても成長が遅いでしょう。
投手か野手のどちらかに専念すれば、エースや中軸を打てる選手になれそうなのに、結局どっちつかずだったらもったいないんじゃないかな?と、彼個人のファンじゃないからこそ、冷静にそう思います。

単純に体力が持たないだろうと思います。

投手は、例えば先発だったら、中6日明けてローテションを組んでも、年間を通してローテションを守れる投手は各チーム2~3人いるかどうかです。夏場などにバテてローテから外れたりする投手も珍しくありません。週に1回しか登板しなくても、それほど疲れるということです。
それなのに、本来は休養したり調整したりしなければいけない日に、野手として出場したら、どう考えても体が持たないと思います。

じゃあ、中継ぎならいいかというと、敗戦処理的などうでもいい...続きを読む

Q大谷翔平は、三刀流(投手、捕手、打者)出来ますか?よろしくお願いします。

大谷翔平は、三刀流(投手、捕手、打者)出来ますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

勿論出来ますよ。
だけど、どんな良い捕手でも、投手が打たれては、喧嘩に成りません。
もし、大谷が捕手一本の方がホームランは、沢山出るでしょう。
嘗てのヨギ、ベラの様に、座ったまま、盗塁を、阻止出来る事、確実です。

Q大谷先発のときの指名打者

大谷が先発のとき、指名打者は使われるのでしょうか?

先日の日本ハム-中日戦では、指名打者が使われたようです。

指名打者を使わなかった場合、
大谷が投げている間は、大谷が打席に立てるので問題がないが。
しかし、途中で他の投手に代わった場合(玉数が多くなったり、KOされたり、打球を受けて交代した場合)、
DHを復活できないので、打撃練習をしていない投手が打席に立たねばならないので不利になる。

監督としては、どちらを選ぶのが普通でしょうか?

Aベストアンサー

まずは、栗山監督の考え方を推測すると
「二刀流」の完成形は先発して尚且つ
「クリーンアップ」での出場。
降板後は守備に就くー、ということでしょう。

左打者だからデットボールのリスクが大きい
とか、登板日の前日は出ないとか、ここ数年
はそうするかもしれませんが、
今までに誰もやれなかったことをやる!
という方針ですから、そんなことは意に介さず
いずれ完成形を披露してくれることを願います!

どっちかに専念すれば、200勝、もしくは
2000本安打を必ず達成するだろう、と
いう意見が多いですし、野村監督のように
プロ野球をなめるな、という意見もわかりますが、
結果2000本も200勝も達成できなかった
としても先発投手でクリーンアップを5年くらい
続けられたら間違いなく、プロ野球ファンの
「記憶に残る」選手になりうるでしょう。

現在やたらと「記録」で選手を計る風潮がありますが、
それに対してのアンチテーゼにもなってもらいたい。

「記憶」に残る選手がやがて「伝説」となるわけで、
例えば、歳をとり若い世代と野球を語る場面で
「大谷って200勝も2000本安打も達成してないって
ことは大したことないんだね」なんて孫世代が言った
ときに「いやいや大谷はな・・・」って語れるおじいちゃん
であったなら孫から一目置かれますよ。

そういった伝説をつくる可能性を秘めた挑戦、そして
プロ野球を記録だけでなく、記憶を語り継ぐことの
できる選手になり得ますので、今までの概念にとらわれず、
夢に向かって邁進してもらいたいです。

まずは、栗山監督の考え方を推測すると
「二刀流」の完成形は先発して尚且つ
「クリーンアップ」での出場。
降板後は守備に就くー、ということでしょう。

左打者だからデットボールのリスクが大きい
とか、登板日の前日は出ないとか、ここ数年
はそうするかもしれませんが、
今までに誰もやれなかったことをやる!
という方針ですから、そんなことは意に介さず
いずれ完成形を披露してくれることを願います!

どっちかに専念すれば、200勝、もしくは
2000本安打を必ず達成するだろう、と
いう意見が多い...続きを読む

Q日本ハム球団の大谷翔平を4番でエース、何か違和感が

本日から日本プロ野球各球団の実動が始まりましたが、日本ハム・ファイターズのドラフト1位、大谷翔平くんのことですが、エースで4番、まるで高校野球のようなキャッチフレーズ…、ピッチャーとバッターの、いわゆる二刀流、この方針で日ハム球団は動くとのことですが、これ、この球団、本当に真剣にマジに、大谷翔平という一人の人間の人生を慮った上で、やっているのですか?、それとも、米メジャー行きを覆す為のサプライズ戦術の為の一環として発言してしまったが故に、そして今のところでは、取り敢えずの、マスコミ受けも想定しながらの、話題作り且つ宣伝効果狙い、で、本音のところは、もうちょっと先々には、投手に絞って、または、バッターに絞って、か、いずれにしても一本化…?

これ、こんなことで折り込み済み…?

真相は、どうなんですか?

もしこれ、その内すぐにどちらか一本化が真実だとしたら、大谷翔平は、日本ハムのダシに使われた、ピエロそのもの?、少なくとも、現時点では?

本当の真実のところを知りたく、教えてください。
こう思う、こう想像できる、等々でも結構です。

あっ、それと、現在のプロの野球で、エースで4番、これって、マジで可能なのですか?

もし可能性はあるとしても、その本人にかかる負荷、これは、如何ほどのものなのでしょうか?我々一般人には想像もできず、想像を絶する理不尽なことに、ならざるを得ないことに…、と思ってしまった次第です。

大谷翔平くん、何か見てて、かわいそうな気が、ふと、感じられてしまったもので…。

本日から日本プロ野球各球団の実動が始まりましたが、日本ハム・ファイターズのドラフト1位、大谷翔平くんのことですが、エースで4番、まるで高校野球のようなキャッチフレーズ…、ピッチャーとバッターの、いわゆる二刀流、この方針で日ハム球団は動くとのことですが、これ、この球団、本当に真剣にマジに、大谷翔平という一人の人間の人生を慮った上で、やっているのですか?、それとも、米メジャー行きを覆す為のサプライズ戦術の為の一環として発言してしまったが故に、そして今のところでは、取り敢えずの、マ...続きを読む

Aベストアンサー

今日のキャンプ初日、そして年明けからの自主トレの様子。

もし仮に報道の通りの動向だとすれば、申し訳ないですが今季1軍で活躍は投打ともに見込み薄な印象です。

もちろん、まだキャンプ初日です。本人もコーチ人も「明日から本気出す」な方針ならいいのですが、すでに二刀流とはいえ投手野手双方への練習登録がされ、本来片方を1日こなしてようやく1日の練習量だというのを、はたして日本ハムはどうするつもりなのでしょうか。

プロ野球でエースで4番、理屈では可能です。ただ、シーズンを通じてという言葉が前につくと、俄然実現性が薄くなります。

主砲であるなら、基本的に毎試合出場は当たり前です。打撃は才能とよく言われますが、いくら投手が通年で打席に立って3割30本HRの打棒があるとしても、登板日以外を別の守備またはDHで出場するというのは現実的には無理があります。それに主砲で投手、その選手の都合で違う試合は別の主砲を用意…そんなに並び立つほどバッターがいるなら、そもそもエースで4番なんて非効率的な打線は組みません。

例えばWBCではありませんが、毎日登板で球数は5回まで45球まで(出来れば30球まで)、勝ち負け関係なく6回の守備からベンチに引き上げ、または守備機会の少ないポジションとの交代という制限付きなら…それでも投手の負担を考えると現実的ではないと思います。

それでもあえて可能性を見出すとすれば、むしろ野手出身者の投手転向なら投手→野手より可能性は高いかもしれません。元々球数を投げずに済む球種1種類だけを投げ続ける、というテクがあるからです。何かと言われれば、「ナックルボール」。要するに打ち損じのみ想定の緩い変化球(軌道が分かっては困るので現実問題ナックルくらいしかない)を真ん中に投げてゴロやフライで打ち取る、このくらいしか可能性はないと思います。何しろ肘を痛めても年を取ってもまともに投げられさえすれば勝負出来るボールです。逆に言えばスライダーやフォークと快速球を駆使するタイプの投手では、どちらにしても体力気力とも持つわけがない、といえるかもしれません。

大谷も日ハムも二刀流挑戦はいいですが、仕上がる迄に倍時間がかかるようでは…という懸念がどうやら現実になりそうで、下手すると数年後には某ハンカチ君と2人揃って「あの人は今」になりはしないかと。

今日のキャンプ初日、そして年明けからの自主トレの様子。

もし仮に報道の通りの動向だとすれば、申し訳ないですが今季1軍で活躍は投打ともに見込み薄な印象です。

もちろん、まだキャンプ初日です。本人もコーチ人も「明日から本気出す」な方針ならいいのですが、すでに二刀流とはいえ投手野手双方への練習登録がされ、本来片方を1日こなしてようやく1日の練習量だというのを、はたして日本ハムはどうするつもりなのでしょうか。

プロ野球でエースで4番、理屈では可能です。ただ、シーズンを通じてという...続きを読む

Q大谷翔平をエースで4番、日ハム球団の狙いの真相?

今日からプロ野球各球団の実動が始まりましたが、日本ハム・ファイターズのドラフト1位、大谷翔平ですが、エースで4番、まるで高校野球のような語彙の響き…、ピッチャーとバッターの、いわゆる二刀流、この方針で日ハム球団は動いているようですが、これ、この球団、本当に真剣にマジに、そうしようとしてやっているのですか?、それとも、米メジャー行きを覆す為のサプライズ戦術の為であったがばかりに、そして今のところでは、取り敢えずの、マスコミ受けも想定しながらの、話題作り且つ宣伝効果狙い、で、本音のところは、もうちょっと先々には、投手に絞って…一本化?、または、バッターに絞って…?
これ、こんなことが折り込み済み…?
さて、真相はどうなんですか?
もしこれ、その内すぐにどちらか一本化が真実としたら、大谷翔平は、日本ハムの出汁に使われた、ピエロ?、少なくとも、現時点では?
本当の真実のところを知りたく、教えてください。
こう思う、こう想像できる、でも結構です。
あっ、それと、現在のプロの野球で、エースで4番、これって、可能なのですか?
可能だとしても、その本人にかかる負荷、これは、如何ほどのものなのでしょうか?
大谷翔平くん、何か見てて、かわいそうな気が、ふと、感じられてしまったもので…。

今日からプロ野球各球団の実動が始まりましたが、日本ハム・ファイターズのドラフト1位、大谷翔平ですが、エースで4番、まるで高校野球のような語彙の響き…、ピッチャーとバッターの、いわゆる二刀流、この方針で日ハム球団は動いているようですが、これ、この球団、本当に真剣にマジに、そうしようとしてやっているのですか?、それとも、米メジャー行きを覆す為のサプライズ戦術の為であったがばかりに、そして今のところでは、取り敢えずの、マスコミ受けも想定しながらの、話題作り且つ宣伝効果狙い、で、本音...続きを読む

Aベストアンサー

まず、投手が4番打者になること。
これは全く問題ありません。セリーグであれば、先発出場の打順で4番に投手を置けば何の問題もありませんし、パリーグでも「指名打者を使わない」ということは可能です。プレーオフ制が始まる前には、優勝したチームが、日本シリーズに備えて、投手を打席に立たせる、ということはしばしばありました。


大谷選手の二刀流ですが、これは、首脳陣もどちらに適正があるのか図りかねている、というこではないかと思います。
投手として、150キロ台の球を投げることが出来た。これは、それだけで、物凄い才能です。
ただ、一方で、高校通算56本塁打、というのは打者としての資質も高いことを示しています。
恐らく、数年後にはどちらかに一本化となると思いますが、最初から可能性の芽を摘まない、というのが狙いなのでしょう。

日本の少年野球の場合、最も体力がある選手を投手に、ということが一般的で、現在、野手として活躍している人も元々は投手ということが少なくありません。
普通は、プロ入団時に投手か野手か、を決めてしまいますが、例えば、横浜などで活躍した石井琢郎選手のように当初は投手として登録されながら、野手に転じて好成績をあげた人もいます。
アマチュア時代に投手だけど、プロでは野手というのは、それこそ、山のようにいます。イチロー選手だって、高校時代は投手だった人です。


本人の負荷は、当然、物凄いと思います。
ただ、首脳陣とすれば、どちらも捨てるには惜しいだけの資質がある、ということの裏返しではないかと思います。

まず、投手が4番打者になること。
これは全く問題ありません。セリーグであれば、先発出場の打順で4番に投手を置けば何の問題もありませんし、パリーグでも「指名打者を使わない」ということは可能です。プレーオフ制が始まる前には、優勝したチームが、日本シリーズに備えて、投手を打席に立たせる、ということはしばしばありました。


大谷選手の二刀流ですが、これは、首脳陣もどちらに適正があるのか図りかねている、というこではないかと思います。
投手として、150キロ台の球を投げることが出来た。こ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報