私は、管理栄養士を目指して頑張っているところなのですが、
実はカルシウムが(以下Ca)イライラの原因ではないという説が
浮上してきました。
もしCaがイライラの原因ではないとすれば一体何がイライラの
原因なのでしょうか?
ご存じの方がいらっしゃいましたら教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ビタミンB1の不足もイライラの原因になります。


糖質(ご飯や砂糖など)を分解してエネルギーに変えるには、ビタミンB1が必要です。
脳や神経のエネルギー源は、糖質です。
ビタミンB1が不足すると糖質がエネルギーに変わらず、脳や神経に充分なエネルギーが与えられません。そうなると
脳の働きが衰え、気分がすっきりせず、イライラが起こります。
朝食抜きはよくありません。なぜなら脳に栄養(糖質)が与えられず、脳の働きがにぶくなります。特に集中力が得られず、やる気も伏せます。イライラも起こりやすくなるでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカルシウムが足りないとイライラするというのは本当でしょうか?

タイトルでほぼすべてを語ってしまいましたが、カルシウムが足りないと本当にイライラするのでしょうか?

確か、カルシウムの摂取量が慢性的に少ないと血中のカルシウム量は増える傾向にあるんでしたよね?

これと何か関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

参考URLにカルシウムパラドックスって
部分がありますから読んでみてください。

まあ私的には,いらいらしている時に
「カルシウムが不足しているんじゃなーい?」
って言われるのが一番腹立ちますけどね。

参考URL:http://vitamin.seikatu-cb.com/bms/iraira.html

Q中立説と自然選択説の論争

こんにちは。
私は大学で生物学を専門に勉強しているものですが、木村資生著の「生物進化を考える」をよんでいくつか理解できなかったことがあるので質問しました。まず、ダーウィンの自然選択説での自然淘汰と木村資生の中立説がなぜ論争がおこったのかわかりません。まず、私の認識では中立説は突然変異が、塩基配列やアミノ酸を変化させても、表現型やタンパク質を変異させないという中立的なもので生命体にはよく頻繁におこっているという仮説で、自然淘汰はほかの同一種の個体はもってない、生活に有利な遺伝子をもった個体が生存競争を勝ち抜き、そしてその遺伝子が生物集団に固定され、進化が蓄積されるという説というふうに認識しています。しかし、これらの説は違う次元の話をしているようで、どちらが正しいときめつけることは無意味だとおもうのですが、どうして論争がおこったのかおしえてください。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%AB%8B%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AA%AC

>すなわち、ハーバート・スペンサーの言う適者生存(サバイバル・オブ・ザ・フィッテスト)ではなく、幸運な者が生き残る(サバイバル・オブ・ザ・ラッキスト)、と考えるのである。この考えは、ダーウィンの自然選択説に基づく進化の総合説に修正を迫る内容であったので、当初は大きな反発を受けたが、その後、様々な証拠が集まり中立進化説は次第に受け入れられていった。

その当時、自然選択説は全世界の完全な覇者のような威力を持っていたようです。研究者というのは実はとても保守的で、まったく新しい考え方を拒否するものがほとんどです。彼らは、ほんの小さな発見、それまでの知見に沿う形での発見を喜ぶのです。

実は、中立説と自然選択説が排除しあうものではないことも中立説の証拠が不十分な時点ではわかりにくく、論争の原因になったかもしれません。

Q血漿caイオンと血中ca濃度の違い

血液中のカルシウム濃度は、副甲状腺ホルモンの作用によって調節されていて、副甲状腺ホルモンは、血中カルシウム濃度を上昇させるホルモンであることは
確認がとれたのですが、血漿caイオンとの違いがイマイチ理解できませんでしたのでよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 少しはご自分で調べましたか?
 言葉の定義をきちんと把握しないと、一流の(まともな)知識は身に付きませんよ。

 血中カルシウムと血漿カルシウムは同義です。というのは、血液中のカルシウムを測定する際には細胞成分を除くからです。
 そう、もうお分かりですね。

 血液 - 血球 = 血漿

 ということです。

 ちなみに血中カルシウムは、遊離して[Ca++]の状態のもの、アルブミンに結合したものの2種類あります。
 従って、

 血中カルシウム濃度 = アルブミン結合分 + イオン化カルシウム

 となります。

Q音痴の原因を教えてください! ☆ 私は音痴ではありません☆

音痴の原因を教えてください!
☆ 私は音痴ではありません☆

Aベストアンサー

・メロディーをしっかり聞いていない
・耳が不自由
・自分が歌って聞こえてくる自分の声と周囲が聞いている自分の声が異なって聞こえるらしいから(若干自分で聞いているほうが美化される)気づいていない
                 
俺が知っている限りこんな感じ (間違っているかもしれないけど)

Q缶コーヒーのミルク分浮上について

 缶コーヒーを長期間(2~3週間)加温し続けると、ミルク分が浮上、もしくは分離してきます。また味も少々酸っぱくなり、ミルクの臭いがきつくなります。 pHを測定すると、そこからも通常品より酸性度が高くなっていることがわかります。缶の中でどういった現象が起きているのでしょうか?
 缶に異常があったりした場合、微生物による発酵・腐敗が進み、発生した二酸化炭素によって酸化が進んだと考えるのが普通と思えるのですが、その場合はミルク分が分離したコーヒーから微生物が検出されるはずです。
 もし、缶の密閉状態には異常は無く、微生物が検出されなかった場合、いったい何が原因なのでしょうか?どなたか分かる方お願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
ミルク入りの缶コーヒーを長期間加温(コンビニのホットベンダーや自販機など)状態に置いておきますと、その温度ゆえに油分の酸化が早く進みます。コーヒー由来の油分に加え、ミルク由来の油分があるミルク入りコーヒーの方がその傾向が顕著なのでは?pHの変化もそこから来ているのではないでしょうか。
また、コーヒーの香り成分は熱に弱いので加温により飛んでしまいます。コーヒー本来の香りが飛んでしまうので、加温によって変化したミルクの香りが余計に気になったりするのかもしれません。

昔、仕事で使っていた知識なので、断言できなくてすみません。
ミルク分の浮上は「フェザーリング」と言います。
よろしければ検索してみて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報