生体高分子の生合成、人工合成におけるモノマー活性について。教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

rei00 です。



補足拝見しましたが,「大学の授業の課題」と言う事であれば,その講義の教科書なり参考書なりにのっているはずですが。

例えば,アミノアシル t-RNA はアミノ酸のカルボキシル基と t-RNA のリン酸との間で混合酸無水物を作ってアシル基を活性化しています。

DNA 合成のモノマ-はデオキシリボ-ス部分の5位にトリリン酸が付いて活性化されています。

この様に文章で書かれてもよくわからないと思います。生体高分子の生合成については「生化学」の教科書にのっています(今,図書館で確認してきました)ので,それを御覧になる事をお薦めします。


また,人工合成の方も様々な活性化があり,「ペプチド合成」や「核酸合成」で何冊も成書が存在します。それらを直接御覧になる方が理解しやすいと思います。ちなみに,次の様なものがあります。

生化学実験講座  14 日本生化学会∥編
出版者 :東京化学同人出版年月:1977.11
資料形態:507p  22cm  3900円
各巻書名:タンパク質の化学  4 化学修飾とペプチド合成  成田耕造,村地孝∥編集担当

ペプチド合成  泉屋信夫∥〔等〕著
出版者 :丸善
出版年月:1975
資料形態:281p  22cm  3200円
シリーズ名:合成化学シリーズ

プチド合成の基礎と実験  泉屋信夫∥〔ほか〕著
出版者 :丸善
出版年月:1985.1
資料形態:312p  22cm  6700円
注記  :『ペプチド合成』(昭和50年刊)の改題新版

核酸化学 上,下
著編者:水野義久
出版社:朝倉書店
刊行年:1970
大きさ等:上,22cm  302p \3,500
     下,22cm  275p \3,500

その他,「生化学実験講座」や「新生化学実験講座」等にも関連の記載があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。もうちょっと関連のホームページあさってみます。

お礼日時:2001/06/23 20:26

MiJunです。


rei00さんの丁寧な回答がありますが、ネットで検索されましたでしょうか?
例えば、「アミノアシル t-RNA 反応」でも結構Hitしますし、それらの中には成書の紹介・学会のAbst.等もあります。
それらをヒントに探されてはいかがでしょうか?

ご参考まで。
    • good
    • 0

rei00さんと同様に


・どのような目的の質問でしょうか?
・どのような「生体高分子」の生合成なのでしょうか?

補足お願いします。

この回答への補足

人工合成の方は、現在人工的に合成できる(方法がある程度確立されている)ものについてお願いします。
モノマー活性は、合成の元となるもののどの部分がどのように反応しやすくして(活性化されて)いるかということだと思います。
どちらかというと化学的に説明を御願いします。
生合成の方はアミノアシルt-RNAあたりの反応のことをお願いします。
大学の授業の課題なので、問題の意味自体があいまいで、質問のしかたがあいまいだったことをおわびします。

補足日時:2001/06/23 13:42
    • good
    • 0

すみませんが,質問がチョットわかりづらいので,回答が付きにくいんじゃないでしょうか。



「モノマ-活性」とは何の事でしょうか?
「生体高分子」にも色々ありますが,何を指してられますか?

補足下さい。

なお,生体高分子の生合成については,「生化学」や「分子生物学」の教科書に詳細な記載があると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酵素の分子活性

今、酵素を使った実験をしているのですが、その中で「酵素の分子活性」というものが出てきました。調べてみたのですが、いまいちよくわかりませんでした。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

値を求めると言葉が着くなら、おそらくその酵素分子の活性を数値化することができると思われますので、その意味から判断すると、やはり、酵素が触媒する反応の強さと思ったらいいのかもしれません。
酵素分子の働きの強さを分子活性とすると、酵素の活性というものは、通常unitとう単位で表します。しかし、酵素が触媒する反応は様々な種類があるため、働きの違う酵素を同じ単位で比べることはできません。
各酵素反応に対してunitという単位の定義が必要となります。
例えば制限酵素(特定のDNA配列を認識して切断する酵素)でしたら、容器にunit/mlとかU/mlとか記載されています。
従って、値を求めるためには、現在使われている酵素反応の強さに関して定義が必要となります。
例えば、先ほどの制限酵素の場合ですと、37℃1時間で1μgのDNAを完全に分解する酵素量を1unit(1U)とする。などです。
従って、現在酵素実験で使用されている反応のどういう値を数値化しているか(吸光度など)にもよりますが、
自分で定義づけをしてから、それに対して計算すればいいと思います。

値を求めると言葉が着くなら、おそらくその酵素分子の活性を数値化することができると思われますので、その意味から判断すると、やはり、酵素が触媒する反応の強さと思ったらいいのかもしれません。
酵素分子の働きの強さを分子活性とすると、酵素の活性というものは、通常unitとう単位で表します。しかし、酵素が触媒する反応は様々な種類があるため、働きの違う酵素を同じ単位で比べることはできません。
各酵素反応に対してunitという単位の定義が必要となります。
例えば制限酵素(特定のDNA配列を認識して...続きを読む

Q生体分子について

情報分子であると同時に触媒機能をもつ生体分子として何がしられていますか?

Aベストアンサー

リボザイムっていうことですか?
RNA分子でありながら,自己切断活性を持ちます.

ウィロイド,ウィルソイド,つまり,ウィルスもどき(RNA分子だけで病原性を持つ,ウィルスのように殻をもたない)
のRNAゲノムの末端が,自己切断活性をもつことにより,宿主?の酵素によって複製されたのち,自動的にゲノムひとつ分ずつに切られます.

記憶だけに基づいて書いているので,
間違いがあるかもしれません.

ribozyme, hammerhead ribozyme, virusoid, viroid
などのキーワードを使って自分でも調べてみてください.

Q酵素 分子活性Kcatの算出方法

酵素学を初めてやろうとするものです。
何とかVmaxとKmは計算しましたが、kcatをどう算出すれば良いかがよく分りません。教科書で見たkcatの定義は(=Vmax/[E])と書かれており、ある単位時間に対して、タンパク質一分子当りどの程度の基質を生成物に変えられるかであることは分ってますが、Vmaxにはタンパク質の質量項があり、これを単純にタンパク質の分子量で割れば良いのかがよく判りません。ちなみに、Vmax = 60 umol/min/mg, Km = 5 mM, 分子量は15000 Da, 1 mL の中に 0.5 ugのタンパク質を用いています。
酵素学を専攻としてる方は教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私がよく使っている方法です。
まずVmaxの単位をmol/minとなるようにしましょう。反応系に混ぜた酵素量は分かっていると思うので簡単だと思います。
次にEです。Eは全酵素量なので単位はmolです。分子量、酵素量は記入されされているのですぐに計算できますよね。
あとは計算すれば単位が/minとなってKcatがでてきます。

Vmaxに関しては参考書によって単位がまちまちですが私はよくM/secとして算出しています。このほうが後々の計算が楽になります。

参考 ヴォート 基礎生化学

Q活性と比活性

レーニンジャー新生化学の本に、「国際協定によって、酵素活性の1.0ユニットは、至適測定条件下25℃で1分間当たり1.0μモルの基質の変換を引き起こす酵素量として定義される。活性と言う用語は溶液中の酵素の総ユニットのことをいう。比活性は、総たんぱく質1mgあたりの酵素のユニット数である。」とありますが、ユニットとは何ですか?よく分からないので教えてください。

Aベストアンサー

ユニットの定義は質問のとおりですが、

簡単に考えると、酵素の活性と考えればいいですね。
100ユニットと200ユニットなら、倍の酵素の能力があるということで。

比活性は酵素の濃度等考えれば大まかに理解できるのではないでしょうか。

Q硫黄酸化細菌の生合成について。

深海に生息するシロウリガイなどは、硫黄酸化細菌を体内に共生させていますが、この細菌は、光合成に依存しないでどのように硫化水素を利用しているのでしょうか?
硫化水素からシロウリガイが栄養とする有機物までの反応経路などをどなたか知っている方がいらしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

追加情報です。
たまたま手元にあった以下の成書は如何でしょうか?
----------------------
嫌気微生物学  上木勝司,永井史郎∥編著
出版地 :東京
出版者 :養賢堂
出版年月:1993.11
資料形態:323p  22cm  4635円
注記  : 執筆:永井史郎ほか
件名  : 微生物学/ 嫌気性生物
内容  : 各章末:参考文献
ISBN:4842593229
NDLC: RA611
NDC : 465
---------------------------------
この本の7章は参考になりますでしょうか?
---------------------------------
嫌気性呼吸と硫黄代謝 石本真教授業績集  石本真∥〔著〕
出版地 :札幌
出版者 :北海道大学薬学部微生物薬品化学講座石本真教授定年退官記念会
出版年月:1988.5
資料形態:148p  27cm  
注記  : 著者の肖像あり
件名  : 嫌気性生物/ 細菌学
内容  : 業績目録:p137~146
NDLC: RA624
NDC : 465.8
-----------------------------------
ご参考まで。

追加情報です。
たまたま手元にあった以下の成書は如何でしょうか?
----------------------
嫌気微生物学  上木勝司,永井史郎∥編著
出版地 :東京
出版者 :養賢堂
出版年月:1993.11
資料形態:323p  22cm  4635円
注記  : 執筆:永井史郎ほか
件名  : 微生物学/ 嫌気性生物
内容  : 各章末:参考文献
ISBN:4842593229
NDLC: RA611
NDC : 465
---------------------------------
この本の7章は参考になりますでしょうか?
-...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報