9月23日は「不動産」の日。家賃が格安なら…事故物件に住んでみたいと思いますか?
(全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が1984(昭和59)年に制定。秋は不動産取引が活発になる時期であることと、「ふ(2)どう(十)さん(3)」の語呂合せから。)

過去のお題はこちら
https://oshiete.goo.ne.jp/profile/542222559/hist …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

事故物件、絶対に嫌です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/09/27 14:09

事故物件には住みたくありません。

でも本当に心霊現象が起こるのか興味はあります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/09/27 14:09

私個人的には住みたくないですが、だけどこういう情報を教えない不動産屋がいるのもまた事実。

そしてそんなの関係ないって感じで住む人もいる。なんだかね…(汗)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。
不動産に確認したら事故物件の情報は必ず伝えないといけないと言っていましたが。。。
あとでトラブルの元なのでと。

お礼日時:2016/09/27 14:09

幽霊が実在するか否か分かりませんが、実在したら嫌なので、あまり気が進みません。


事故物件の話は、テレビ番組の奇跡体験アンビリバボーや世界丸見えなどでなどで見た記憶がありますが、本当なのでしょうかね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。
私は霊感的なのはないですが、テレビ番組は信じてしまいます。

お礼日時:2016/09/27 14:08

絶対に思いません。


少しお金がかかっても良いので安心して過ごせる場所が良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。
確かにそうですね。

お礼日時:2016/09/27 14:07

イヤですね。

 これといった霊感は持っていませんが、びくびくして過ごすのはごめんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。
私もイヤです。

お礼日時:2016/09/27 14:06

事故物件を借りて報告義務から外れるためのバイトがあるそうじゃないですか。

だから金払ってまで住もうとは思いませんね。むしろ家賃分金貰って一年くらい住んで、異常がないか報告してというならOKですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。
そういうバイトがあるだなんて知りませんでした。
過去にそういうことがあったら知っておきたいですけどね。

お礼日時:2016/09/27 14:06

安いからと探している人もいる。

俺とは無関係な人だから関係ないと。1回借りつくと、次から事故物件とはならないらしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。
そうですね。
不動産会社の方に聞いたら社員の方であえて事故物件に住んでいる人が居ると聞きました。
安いし、霊感は全くないから支障はないみたいですね。
1回誰かが住むとクリアされるとは知りませんでした。
でも、過去にそういうことがあったことはいう義務とかはないんですかね。

お礼日時:2016/09/27 14:05

はやり立地条件、間取、環境によります!

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/09/27 14:03

「事故」を知っていたら嫌ですね。



でも、京都・奈良・鎌倉などの古い歴史のある場所は、
その土地自体に「何か在る」ことが有る様で、
その様な場合はお手上げですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/09/27 14:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産取引サイトについて

不動産業・会社を仲介せずに個人とオーナーが直接 賃貸・売買できる不動産仲介サイトという事業形態がアメリカではスタートしていますが 日本でもそういうサービスが始まれば仲介手数料または保証金なしという物件も出てきて不動産市場がもっと活性化すると思うんですが・・・。 当然 不動産業界は縮小していくでしょう。
また 日本ではいろいろ問題や法律もあるでしょうが 賃貸の場合 まずは駐車場・車庫・倉庫などの非住宅分野からスタートするというのはどうでしょうか? このサービスや業界に関して皆さんのご意見や情報等をお待ちしています。

Aベストアンサー

うちは個人で駐車場の契約をしていますよ。
もちろんきちんとした契約をしていますし、管理も全てうちでしています。
不動産業者を仲介に入れていないので、もちろん仲介手数料も必要ありません。
ただ、賃料滞納者への請求などのイヤな面も、全て自分たちで行わなければなりません。


>賃貸の場合 まずは駐車場・車庫・倉庫などの非住宅分野からスタートするというのはどうでしょうか?

こうなった場合、不動産業者はなくなりますよね。
今の日本では難しいと思いのではないでしょうか?
不動産会社に勤めている私としては困りますね。
 

Q不動産取引の専門家の方に質問です。

不動産の売買で、ある一つの業者が一方の(例えば売主の)代理になって契約する場合でも、他方(例でいうと買主)の仲介をすることは可能でしょうか。仲介って両者に公平な立場でないといけないですよね。となると一方の代理になっている以上他方の仲介は無理だと思っているのですが。

Aベストアンサー

不動業者が売主の代理人となった場合、買主との間では「仲介」としての取引は出来ません。 つまり、売主と買主の「直接取引き」と言うことになります。

従って、買主は仲介手数料の支払い義務はありません。

但し、買主が別の仲介業者を介した場合、その業者に手数料の支払いをする必要はあります。

Q間に不動産会社の入らない取引

知り合いのマンションに空き部屋があるので、所有者に聞いてもらったところ、売る意志があるということなので、今度直接交渉するのですが、こういうことはまったくド素人で、どう進めればいいのか不安です。

間に不動産会社が入らない場合、どうやって契約し、どうやってどこでお金をはらうのかとか、一般的な流れ、注意すべきこと等いろいろ教えてください。

Aベストアンサー

不動産売買で大事なことは

1)売買の対象がどのようなもので、買ったあとで「こんなつもりではなかった」と硬化するような機能や権利の瑕疵(キズ)はないのか、物件を調査すること。

2)売り主は物件を(必要書類)を用意し、買い主はお金を用意し、
それぞれが安全に滞りなく交換できるか

と言うことです。
不動産仲介業者はこれらを円滑に行うのが仕事です。

で、それらのことを売り主と買い主だけで行うのですから、心して取り組んで下さい。

契約の前に
売り主は物件の説明を買い主に十分説明して下さい。それを知っていたら買わなかった、と言うことの無いように。
 
買い主が了承し、金額も合意できたら取引ですが、買い主がローンを付けるのなら、約一ヶ月程かかりますから、まず手付け金を支払って契約書をかわします。この手付け金は途中でどちらかが契約を止めたいと思ったとき買い主は手付け金の放棄で売り主は手付け金の倍返しで解約できるという性格を持たせます。

手付けを払ったあと買い主はローンのも申し込みの手続きをします。

ローンを付けず現金で払う場合は手付けなしで一括決済すればよいでしょう。

ローンが実行できるようになれば取引の日を設定し、司法書士に書類作成を依頼します。大抵は銀行が司法書士を指定してきます。

取引場所はローンの銀行で行います。
司法書士は売り主の揃えた必要書類を確認し、問題がなければお金の支払いを許可します。お金が支払われたことを確認したら司法書士は法務局に所有権移転登記の申請に向かいます。

売り主は荷物を全て出した空っぽのマンションを引き渡します。(鍵を全て渡します。)

細かいことは個々の事情で違ってきますがざっとこんな流れです。

仲介業者が入ることはそれなりに意味のあることです。
お知り合いで無理を聞いてくれる業者が有れば手数料を安くお願いして間に入ってもらう方が良いようにおもいますが。

不動産売買で大事なことは

1)売買の対象がどのようなもので、買ったあとで「こんなつもりではなかった」と硬化するような機能や権利の瑕疵(キズ)はないのか、物件を調査すること。

2)売り主は物件を(必要書類)を用意し、買い主はお金を用意し、
それぞれが安全に滞りなく交換できるか

と言うことです。
不動産仲介業者はこれらを円滑に行うのが仕事です。

で、それらのことを売り主と買い主だけで行うのですから、心して取り組んで下さい。

契約の前に
売り主は物件の説明を買い主に十...続きを読む

Q不審の残る不動産取引 (長文です)

やや変則的な形で土地と建物を取得する流れになっています。
経緯です。

(1) 私が昨日(11日月曜日)、A不動産を訪ねました。初めての訪問です。

(2) 営業マンが「ある建設会社(B建設とします)所有の物件で、二三日前、うちの社長に持ち込まれた物件があります」と話し、簡単な地図のみ見せてくれました。
通常用意されている一枚紙の資料はありませんでした。

(3) 私はその土地を気に入り、A不動産の事務所で「不動産買受証明書」と題する簡単な書類にサインして、土地を押さえました。書類に捺印はしていません。

(4) 営業マンは「売主が建設会社なので、土地取得と同時に建物建築請負の契約をB建設と結ぶことが土地取得の条件です」と話しました。

(5) 私は営業マンに「そうすると建築条件付きの契約になるので、建築請負契約は土地取得から一定期間、たとえば3か月ほど、を置いて結ぶのではないですか」と尋ねました。

(6) 営業マンは「そう言われていますが、通常は土地と建物の契約を同時に結びます」と回答しました。

(7) 営業マンはまた「建物の見積もりをするので、簡単な間取り案をください」と言いましたので、私は昨日、間取りと外構工事の素案を提出しました。

(8) 以上の結果、土地と建物の契約を今週の日曜日(17日)に結ぶ予定となっています。

質問です。

(a) 以上のやり取りで営業マンに何か不審な点はあるでしょうか?

(b) 建築条件付きの土地の場合、土地と建物の契約を同時に結ぶことは一般的な商慣行でしょうか?

(c) 以上のほか、お気付きの点をご指摘ください。

やや変則的な形で土地と建物を取得する流れになっています。
経緯です。

(1) 私が昨日(11日月曜日)、A不動産を訪ねました。初めての訪問です。

(2) 営業マンが「ある建設会社(B建設とします)所有の物件で、二三日前、うちの社長に持ち込まれた物件があります」と話し、簡単な地図のみ見せてくれました。
通常用意されている一枚紙の資料はありませんでした。

(3) 私はその土地を気に入り、A不動産の事務所で「不動産買受証明書」と題する簡単な書類にサインして、土地を押さえました。...続きを読む

Aベストアンサー

(a)及び(b)

建築条件付土地で土地と建物の契約を同時に結ばせようとする業者は多いですが、それは完全に業者都合の手法であり、誠実な方法ではありませんし独占禁止法に抵触する可能性もあります。建築条件付土地の販売方法として全うな手法としては以下の条件を満たすものです。
(1)建築請負契約締結までの期限を3ヶ月程度設けていること(その間にプランや見積りを練ります)
(2)(1)の期限内に建築請負契約締結に至らない場合には、手付返還にて土地契約を白紙解除出来るような停止条件若しくは解除条件が付いていること。

建築条件を付ける事は独占禁止法に抵触すると考えられておるところを上記条件を付ける事により消費者保護を図り、クリアされるとされています。今の様な段階で土地と建物を同時契約してしまいますと、未確定事項が多過ぎる中で客は逃げられなくなります。

(c)

>「建物の見積もりをするので、簡単な間取り案をください」と言いました

簡単な間取り案からの適当な見積りで契約されるつもりですか?後から追加追加と言われないように外装、内装共にある程度の段階まで詰めてから契約しましょう。というか同時契約が絶対条件だというならば、契約を見送る事も視野に入れておいて良いと思います。手法が誠実でないのに建物を誠実に建てるか、という点は疑問が残ります。

それと念の為「不動産買受証明書」の段階では契約ではありませんので捺印をしようがしまいが拘束力はありません。質問者が断るのも勝手ですし相手方が別の人と契約を結ぶ事も勝手な状況と認識しておいてください。

その土地で良いのか?その建設業者で良いのか?という点に付いては情報不足なので触れませんが、慎重に検討してください。

(a)及び(b)

建築条件付土地で土地と建物の契約を同時に結ばせようとする業者は多いですが、それは完全に業者都合の手法であり、誠実な方法ではありませんし独占禁止法に抵触する可能性もあります。建築条件付土地の販売方法として全うな手法としては以下の条件を満たすものです。
(1)建築請負契約締結までの期限を3ヶ月程度設けていること(その間にプランや見積りを練ります)
(2)(1)の期限内に建築請負契約締結に至らない場合には、手付返還にて土地契約を白紙解除出来るような停止条件若しくは...続きを読む

Q不動産取引における「専任媒介契約書」の契約

不動産の売却希望時、不動産取引業者に相談を持ちかけた場合、「専任媒介契約書」の契約を求められる事があるようですが、
これは取引上必須条件なのでしょうか、
それとも一般的に取引を自社一軒に絞り込みたいと言う 業者の希望に過ぎないと言う事で 必ず契約を結ぶ必要性は求められないという物なんでしょうか。

契約を結ぶ事によって その後色々と制約を受ける事になってしまうようですが、売却を希望する不動産所有権利者にとっては 契約拒否は何のメリットも無いものでしょうか。

又、売却を検討する上の良きアドバイスを是非お願い申し上げます。

Aベストアンサー

 ヤフー不動産の用語集です。参考にしてください。
http://dict.realestate.yahoo.co.jp/term_search?p=%C7%DE%B2%F0%B7%C0%CC%F3
 
 一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の文字上をクリックすると違いが分かると思います。

 業者の本気度が当然、一般媒介契約<専任媒介契約<専属専任媒介契約になるでしょう。

 専任媒介契約が必須ということはないでしょう。ただ、そうでなければ契約してくれない業者相手に、一般媒介契約を希望するのならば断るしか無いでしょう。

Q初歩の不動産取引のの常識?:交渉可能な建物か知りたい

引越しをしたいと思ってもなかなか思いとおりの物件にめぐり合えずにおりますが、通りがかりに 適当な空家?を発見しました。
しかしながら、不動産屋の看板がでているわけでもない。
 これが、空家だったら借りるなり、買うなりしたいと思います。いきなり見知らぬ持ち主に聞きに行く訳にも行かないだろうと思うのです。その空家?の近所の不動産屋に聞いてみるのがよいのでしょうか?この場合、手数料が必要なのでしょうか。
 考えられる手段を教えてください。

Aベストアンサー

不動産業はほぼ成功報酬ですので、聞くぐらいじゃお金は要りません。
また、手段としては
不動産屋を介しての交渉か直接交渉の2択です。
ご自身で交渉しようと思うならば、法務局でその建物の登記を取れば、その建物の所有者を調べることも可能です。(ただ、登記したときの住所・氏名ですので、転居などされていたら困難です)
見ず知らずの人にいきなり「貸して(売って)」とはいえないでしょうから、仲介に入ってもらうほうが良いかと。
特に売買の場合、ローンをつけるのに宅建業者の仲介はほぼ欠かせないものですね。

Q「不動産取引のアンケート調査ご協力のお願い」とは

この夏に一戸建住宅を購入しました。
そして先日、国土交通省土地鑑定委員会なるところから
「不動産取引のアンケート調査ご協力のお願い」
なるものが郵送されてきました。
土地建物の詳細、取引先、購入価格などなど。
税務署など他の行政機関への個人情報はないと書かれていますが
流出の恐れもあり、いやなのですが
これは断ってもいいものなのでしょうか。

Aベストアンサー

私の地区は花の種が同封されてきます

不動産鑑定士かなにかの現状把握のための資料に使われるようです

出されても問題は無いでしょうが、わたしは無視しました

お花は庭で無事咲きました...(笑)。

Q登記済権利証の紛失時の具体的な不動産取引について

現在所有している土地を売却することになったのですが権利証がありません。
自分なりに調べたところ過去には保証書制度なるものがあって、今は事前通知制度があるということが分かりました。
それによると登記する際に本人確認の通知がきてそれによって登記が問題なく実行されるということが分かりました。

疑問に思ったことは登記はきちんとなされるにしても、実際取引がなされると時点では権利証は存在しないわけで買い手としてはこちらが真正な売主なのかどうか不安に思うのではないかということです。
そこで具体的にどうのようなプロセスで売買契約を結んでいるのかすごく気になったので質問しました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

真正な売主であるかどうかの確認のために権利証を確認する、ということはあまりしないですね。権利証を持っているかどうかよりも、登記された本人に間違いないかどうかについて、身分証明書や印鑑証明書などで確認することのほうが多いです。
権利証を確認するのは、所有権移転登記がスムーズにできるかどうか、のために確認することのほうが多いですね。権利証がなければそれなりの対応が必要になりますから。
たとえ権利証がなくても、あなたもお調べになったようなやり方で対応はできますから、権利証がないという事は手間が増える、というだけのことです。それよりも大事な事は、登記された本人に間違いないか?印鑑証明があるか?ですね。

Q不動産業の方へ レインズ、提携業者との取引に関して

はじめまして。将来の不動産業開業のため宅建取得を志している者です。
箇条書きとなりますが、いくつか質問させて下さい。

仲介物件を探すとき、どのような媒体を利用して探しているのでしょうか?

自社管理物件に空室が出た後、なかなか新たな入居者が決まらないとき、同業他社さんに仲介物件として公開するかと思いますが、その際、どのような手段で物件情報を広めているのですか?

レインズでは全ての物件を登録することが義務付けられているとは聞きますが、情報の拡散、そして情報の収集は、レインズだけで事足りるのでしょうか?

その他、(仲介物件として)自社物件の情報の拡散、そして(仲介物件の)」情報の収集はどうされているのでしょうか?

差支えない程度に、効果的な情報の拡散、そして情報の収集をお聞かせ頂ければ幸いです。

大変だな・・・と思う内容も添えて頂けると嬉しいです。

なんでも構いません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

レインズは不動産業者間での物件情報を共有します。
地域(東日本、西日本、近畿、中部)によって、物件情報掲載を完了の決められた期間が違うかもしれませんが、売主さんや大家さんから物件を受託してから数営業日後には原則的に物件情報はレインズに登録することになります。

私は大手不動産会社で管理職をしていますが、売買部門なので賃貸部門は専門ではありませんが…。
賃貸部門では情報収集や情報拡散によくAt Home(アットホーム)を使っているようです。その他ではホームズやスーモなど。
これらは不動産業者だけでなく、エンドユーザーさんも見れます。
エンドユーザーさんからの問い合わせは増えますし、売主さんや大家さんも掲載されていると満足度が高まります。

それでも条件(募集賃料が高い、古い、駅から遠いなど)によってはなかなか決まらない物件もあります。中には決めてくれた他社営業マンに、机の下から小遣いを渡すような賃貸不動産会社もあるようです。もちろんエンドユーザーさんが見れるサイトには書いていませんが、レインズのような不動産業者専用サイトに、そのような「小遣い情報」が稀に書いてあることがあります(笑)。
するとそれを見た他社営業マンは、チカラを入れてその物件をエンドユーザーさんに紹介するという流れです。


あなたは実務経験が無いようですので宅建取得後に実務講習を受けると思います。それも大事ですが開業前にどこかの不動産会社で勤務をされて、コツやノウハウをつかんで実務経験を積むことをお勧めします。
今からしっかりと勉強すれば、異業種の方だとしても10月の宅建試験には確実に合格します。頑張って下さい。

レインズは不動産業者間での物件情報を共有します。
地域(東日本、西日本、近畿、中部)によって、物件情報掲載を完了の決められた期間が違うかもしれませんが、売主さんや大家さんから物件を受託してから数営業日後には原則的に物件情報はレインズに登録することになります。

私は大手不動産会社で管理職をしていますが、売買部門なので賃貸部門は専門ではありませんが…。
賃貸部門では情報収集や情報拡散によくAt Home(アットホーム)を使っているようです。その他ではホームズやスーモなど。
これらは不動産...続きを読む

Q取引してる不動産業者が、大家さんのことを絶対に悪く言わない

部屋探しの為に色々不動産屋を回りました。
不動産業者Aは、大家さんのことをありのまま伝える感じでしたが、
不動産業者Bは、大家さんのことを絶対悪く言わない感じでした。
「いい大家さん」みたいな事を何かにつけて言います。
結局、気に入った部屋が不動産業者Bの専任の物件だったので不動産業者Bと取引する事になったんですが・。
それで部屋に入居する為の色々な説明を不動産業者Bから受けましたが、どうも、大家さんがいい人とはあまり思えません。
悪い人という訳ではないですが、何だか細かい事にうるさそうな印象を受けます。
決して「いい大家さん」という印象はないのに、不動産屋は「大家さんはマンションの住人の為に、こんな事をしてあげている」みたいな事を言い、すごく恩着せがましく聞こえます・・。
しかし自分としては、「そういう事を大家がするのは当然のことだろ・・”してあげてる”って何だよ」って思います。
なぜ不動産屋はこんなにも大家を持ち上げるんでしょうか?
その大家が不動産屋にとって上得意客とかなんでしょうか・・?

Aベストアンサー

賃貸の仲介をしている不動産屋は、入居者から仲介手数料(通常1か月分)を得ますが、大家からも当然手数料をもらっていますし、毎月の管理費を大家が不動産屋に払っているのが普通です。
従って、不動産屋にとっては、ある意味、借り手以上に大家は重要な顧客です。大家に気に入られなければ、管理会社を他の不動産屋に変えられてしまいかねないからです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報