ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

知り合い同士が不倫でもめています。

A 離婚原因は全てBのせいだ
必ず慰謝料払ってもらう
既婚者

B 不倫の証拠もないくせに名誉毀損だ
既婚者

Bは既婚者であるAのパートナーと食事や連絡しあってた
不貞行為はなし
メール内容は肉体関係を匂わす文章はないが、相手を思う気持ちの言葉は出した
子無し。

Aの家庭状況は破綻状態にあった。Bと出会う前から。仮面夫婦の状態で夜の夫婦生活もなし。子2人。

知り合い同士なので、出来れば穏便にと願うのですが、法律的にどちらが有利?なのでしょうか。既婚者と知っていても食事やメールくらいで慰謝料請求されるのなら、ほとんどの人が請求されると思うんですが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

夫婦関係が既に破綻している状態で、その後に配偶者が異性と性的関係を持った場合、愛人との不貞行為と、夫婦関係の破綻には因果関係は認められないので、「不貞行為」を理由に慰謝料の請求はできません。


これは別居中に限らず、同居中でも既に家庭内別居の状態であると客観的に判断されれば、破綻後の関係とされ、慰謝料の請求が認められない場合もあります。
http://www.toku-rikon.com/uwaki/uwaki19.html

仮にBさんとAさんのパートナーに不貞行為があったとしても、Bさんと知り合う前からAさんたちは破綻状態だったと客観的に判断されるのであれば慰謝料は請求されません。
ましてや不貞行為がないのですから慰謝料の請求は退けられます。
    • good
    • 1

不貞行為での慰謝料請求は、不貞行為を立証しないとなりません。


ホテル・相手の自宅等へ出入りして、十分に裁判官が不貞行為を認識できる証拠が必要です。
不貞行為は、相手が婚姻していると知りつつ「継続的に」性行為があることになります。
ですので、性行為だけではなく「キス」等も含まれることになります。

それらの証拠がなければ、弁護士も相手にはしてくれないでしょう。
    • good
    • 1

不貞行為がなければ取り様ないですね。



残念。
    • good
    • 1

Aは、苦し紛れにBに慰謝料を請求しようとしています。

A夫婦の離婚原因をBに求めるのは無理です。法律的には何の証拠も無いのにAがBに対する要求は自分の責任をなすりつけていることになります。Bの言い分が常識的です。

おっしゃるとおり、食事やメールで不倫の証拠にはなりません。Bに言わせれば、夫婦仲が悪いのでAの配偶者に相談を受けていた。その延長戦でメールの交換も、お愛想で愛情表現の言葉も使った。と、なります。慰謝料請求なんてとんでもない言いがかりだ、ということでしょう。法律的にどうかと議論するまでもない話です。
    • good
    • 1

裁判で通用する写真や証拠がないのであれば、自白が最終手段ですが


このような状態では自白を取るのは難しいでしょう
肉体関係はなくても、離婚の原因であれば慰謝料は請求できますが30万程度が限界かと思います
メールの文章があれば相手が名誉棄損で訴えることは難しいでしょう

話し合って、落としどころを探りながら離婚に持って行ければよいと思います
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するQ&A


人気Q&Aランキング