それまでは普通に使えたのですが、今日gooの検索欄にキーワードを入力して検索しようとすると(Enterを押すと)、「情報を読み取られる可能性があります」みたいなニュアンスの警告文が出てきました。
確かにネットに接続している以上、100%の安全なんてありえないわけだし・・・。
この警告文の言っている意味が分からずに気になっています。ただ一般的に(全員にとりあえず)警告しているだけなのか、自分のパソコンに何か問題が発生しているのかどちらなのでしょう?
とりあえず、「以後この画面を表示しない」にチェックをつけて、無視でよいのでしょうか?(その警告画面が出たときにははじめからチェック欄にチェックがついていました。)
なんだか、インターネットをする度に何かしらの重大な情報が漏れている気がして・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「インターネットへ情報を送信するときに、その情報をほかの人から読み取られる可能性があります。

続行しますか?」という文章なら一般的なものです。確かにドキッとしますね。

インターネットオプションのセキュリティの設定を変更すると、出てきたりします。

検索語なら問題ないでしょうが、住所や名前を記入して送信する場合のことを想定して出てくるのではないでしょうか?

私は、「以後この画面を表示しない」にチェックをつけます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このメッセージが一般的なものだと分かり、ちょっと安心です。
しかし、なぜ突然出たのでしょう・・・?

お礼日時:2001/06/24 00:26

No.3 の補足


Cookieではなく、普通にフォームに入力して送信するときに、
「インターネットへ情報を送信するときに、
 その情報をほかの人から読み取られる可能性があります。
 続行しますか?」
と出る場合があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうそうそのメッセージです。
どうして突然出始めたのかは解りませんが、一般的なメッセージと分かりちょっと安心です。

お礼日時:2001/06/24 00:32

#3の補足です。


過去の質問も参考になると思います。下記URLです。
ちょっと難解かも知れませんが、感じだけでもどうぞ。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=94310
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。
セキュリティーと利便性の両立はやっぱり難しいのですね。

お礼日時:2001/06/24 00:30

おそらくクッキーのことでしょう。


下記URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/yomidas/pc/pm3_4m.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

クッキーについてはほとんど知識がないので勉強になりました。
IE6ではそのへんが若干改良されているようですね。

お礼日時:2001/06/24 00:28

のぞこうと思えば、


通信機器の中を流れるデータを、のぞくことができると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このメッセージが誰にでも出る一般的なものならばいいのですが、私のパソコンにだけ出ているメッセージなのでしょうか?

お礼日時:2001/06/23 07:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qファイル交換ソフト使用の社内警告文

先日、社内LANよりファイル交換(共有)ソフトを使用しようとした輩がいました。幸いにもスキルが低かったのとファイヤーウォールで繋がらなかったのですが。
そこで、ネットワーク管理者である社長に相談したところPC使用者全員に、社内警告文を出すことになりましたが、勉強不足のため良い文章が浮かびません。
そこで皆さんにお力を貸していただきたいのですが、
1.ファイル交換ソフトによる違法性の部分。
2.接続によるセキュリティの問題点。
3.ウィルスをくらう可能性。
について初心者でも判りやすく、効果的な文章を考えていただけませんでしょうか。
(ファイル交換ソフトそのものが違法でないことは私は判っていますが、使用が違法でないことを匂わせずに映画、音楽のダウンロードがらみの違法性を強調していただけるとありがたいです。)

Aベストアンサー

そういう警告の仕方もあるでしょうが、サラリーマンに一番効き目があるのは、

「会社のPCや、会社が契約している回線を私用に利用するのは、違法行為です。
 発覚した場合は、内容を精査し、処分します。
 回線の使用状況は常に監視しており、どの端末が何処と通信しているかは、常に把握しています。
 状況に応じて、横領での告発や損害賠償の請求もあり得ます。」
なのでは?

 反発も予想されますが、社会全体のモラルが低下している中で、一番効き目があるのは、
「自分に不利益がある」
と、思わせる事だと思います。
 あまりにも強い反発があった場合は、「昼休みのみ」とか、「終業後x分」とか、時間を限って、メールやページャーのみを許可する様にしても良いと思います。

1.ご自身も書いておられる様に、ファイル交換ソフト(ファイル共有システム)に違法性はありません。
 交換しているファイルの問題です。
 今までの検挙の実例から、警察は
・コピーした市販のアプリや音楽ファイルを、不特定多数の人間がダウンロードできる状態にしておく事。
・コピーされたアプリや音楽ファイルを使用する事。
この2点が、非常に問題視しているようです。
 でも実際には、使用しなくても、使用しようと試みた時点で、違法になります。
 あと、あまり話題にはなりませんが、猥褻画像も刑法に抵触するので、当然、違法行為です。
(まぁ、こっちは交換、共有以前に、所持だけで違法ですが)

2.3番目に関わりますが、会社などの組織で一番危険なのは、トロイの木馬を送り込まれる事ですね。
 トロイの木馬を送り込まれたら、気づかなければ、社外秘の情報がすべて漏洩する可能性もあります。
 また、その端末を足がかりに、大規模なクラックを招く危険もあります。

 ウィルスに関しては、ウィルス対策ソフトを導入して、常駐を解除していなければそんなに心配する事は、家庭レベルでも、会社レベルでも、あまりありません。
 ですから、これを理由に警告するのも控えられた方が良いと思います。
 チェルノブイリなんて、凶悪なウィルスも流れているようですから、知識のない人間には十分効果有りますが、少しでも知識のある人間には、あまり効果的な警告方法とは言い難いです。

そういう警告の仕方もあるでしょうが、サラリーマンに一番効き目があるのは、

「会社のPCや、会社が契約している回線を私用に利用するのは、違法行為です。
 発覚した場合は、内容を精査し、処分します。
 回線の使用状況は常に監視しており、どの端末が何処と通信しているかは、常に把握しています。
 状況に応じて、横領での告発や損害賠償の請求もあり得ます。」
なのでは?

 反発も予想されますが、社会全体のモラルが低下している中で、一番効き目があるのは、
「自分に不利益がある」
と、思...続きを読む

Qウィキペディアの警告文に疑問?

ウィキペディアのあるキーワードのページが半保護になっていて編集するには、

「アカウント作成後4日以上で、10回以上の編集経験がほしい」

旨の記載があります。これって矛盾してませんか?1回の編集が出来ないのに10回できる訳がないでしょ。

思わず「あほか!」っていってしまいました。

これって、どういう意味なんですかねぇ~

詳しい方が居られましたら宜しく説明下さい。

Aベストアンサー

wikiを編集した経験はありません
アカウント作成後4日以上経過していて、保護状態になっていないページを10回以上編集(作成)した経験がある人という意味ではないでしょうか。
保護状態になっているページなのだからある程度そのアカウント自体の実績(?)で判断しないと(ダミーアカウントなどでの)編集合戦になる危険性がある。ということです。

Qウィルスチェックソフトはファイルの圧縮(zip,他)もチェックしますか?

 ゲートロック(セキュリティティルータ)はメールのウィルスチェックをしてくれるとなってます。
 ノートンアンチウィルスもしかりです。
 このようなソフトは、例えば、メールに添付された圧縮ファイルもチェックしているのでしょうか?
 
 よろしくご教授願います。

Aベストアンサー

もちろん、圧縮ファイルのチェックも行ってくれます。
以下、ウイルスバスター2005の設定画面。
「圧縮ファイルの検索」にチェックを入れ、「圧縮レベル」を設定。
(デフォルト値は1)
チェックをはずして置けば、圧縮ファイルは検索非対象となります。

ちなみに、GateLockはソフトではありません。
すべて自らの機器内で処理する、ウイルス対策機能を備えたブロードバンドルータです。
GateLockならば、PC本体にソフトをインストールする必要はありません。

但し、その機器の性質上、PC内のファイルは常時監視出来ませんので、別途、ウイルス対策ソフトの導入が望ましいです。
GateLockは、ファイアウォール+メール添付ウイルス検索機能とお考えください。

参考URL:http://www.trendmicro.co.jp/esolution/solutionDetail.asp?solutionId=9982

QInternet Explorerの警告

今日突然、下記の【Internet Explorer】という警告ウィンドウが頻繁に出て来ました。
このダイアログをその都度閉じなければならず、とても面倒です。対策を教えて下さい。

【Internet Explorer でユーザー定義ブレークポイントが見つかりました。
アプリケーションのブレークポイントがプログラムのエラーを示しています。このダイアログが閉じられた後、アプリケーションの実行は継続されますが、不安定な状態になる可能性があります。】

OSはWindowsXPです。 Norton Internet Security 20.3.1.22を使用しています。IE8です。

Aベストアンサー

導入されている.NET Frameworkのバージョンは?(XPは4.0まで。4.5以上は対応していない)
http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=21

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1211/16/news093.html

「.NET Frameworkのバージョンを確認する方法」
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1210/26/news086.html

参考URL:http://bbs.wankuma.com/index.cgi?mode=al2&namber=63508&KLOG=106

QPC故障の警告

 PC操作をしていました。急にユーチューブ画面の右上に「あなたのPCは故障寸前です。直ちに修復メニューをダウンロードしてください」の表示が出ました。迷いましたが、6,000円程でしたのでダウンロードしました。
  1.本当に故障寸前だったのか?
  2.ダウンロードしたことで修復されたのか?
分からないままです。どなたか本件について御教示頂けませんでしょうか?
http://store.winzip.com/852/?scope となっています。

Aベストアンサー

サイトのURLを貼り付けておきます。どうぞ参考になさってください。

・『エラー表示などでパソコンソフトを購入させる手口に注意-そのエラー表示は本物??- - 国民生活センター』(⇒http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20120817_1.html)

・『【スパイウェアが発見されました】詐欺広告がYouTubeやブラウザに出現した場合の削除方法 - NAVERまとめ』(⇒http://matome.naver.jp/odai/2136287207712618201)

他にも「あなたのPCは故障寸前です。」で検索していただくと、同じような被害を遭われた方や、寸前で相談された方々の体験談がYahoo!知恵袋やOkwave等の質問サイトに出てきます。

また、Microsoftの公式サイトにも以下の記載があります。
『マイクロソフトの社名を無断使用した詐欺の回避 - Microsoft セーフティとセキュリティセンター』(⇒http://www.microsoft.com/ja-jp/security/online-privacy/msname.aspx)

“多くの場合サイバー犯罪者は、当社のような有名な会社の名前を詐欺の手段に利用します。有名な会社名を使用することで、ユーザーが金銭や個人情報を納得の上で提供すると考えています。 犯罪者たちは通常、電子メールを使用して騙そうとしますが、時に電話を使用することもあります。”

今回は広告として、「あなたのPCは故障寸前です」とのメッセージを出し、巧妙に自社製品への購入へと誘導したと考えられます。"詐欺広告"ですね。

今後は焦らずに対応していただけることを願っております。今後同じような被害に遭わないためには、

・真偽を確かめることを優先する

のが最重要だと考えます。手段としては、次が考えられます。

・Microsoftのサポートセンターやメーカーに問い合わせを行う
・インターネットに似たような症例が無いか検索を行う。
・「スタート」ボタンから「コントロールパネル」「システムとセキュリティ」を開いて、「Windows Update」が適切に行われているかを確認する
・アンチウイルスソフト/ウイルス対策ソフト/セキュリティソフトを確認して、スキャンを行ったり、最新のソフトウェアへのアップデートを行う

「Windows Update」の自動更新がオンになっていれば、重大な問題が引き起こされた際に自動的にアップデートがかかるはずですし、ウイルス対策ソフトが正常であれば、ウイルス感染したり、個人情報が盗まれたりしているという状況には、なっていないはずですので、落ち着いて対処していただければと思います。

サイトのURLを貼り付けておきます。どうぞ参考になさってください。

・『エラー表示などでパソコンソフトを購入させる手口に注意-そのエラー表示は本物??- - 国民生活センター』(⇒http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20120817_1.html)

・『【スパイウェアが発見されました】詐欺広告がYouTubeやブラウザに出現した場合の削除方法 - NAVERまとめ』(⇒http://matome.naver.jp/odai/2136287207712618201)

他にも「あなたのPCは故障寸前です。」で検索していただくと、同じような被害を遭われた方や...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報