外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

上記の訓練を医師会会員(医師、看護師、事務員)を中心に行うのですが、新型インフルエンザ等
特別措置法に基づく訓練の一環として行います。
そこで、フルPPEを使用する根拠なのですが、エボラなど一類感染症以外で、
2006年に発出された「H5N1鳥インフルエンザ患者の感染対策ガイドライン(フェーズ3用)」では
フルPPE着用が望ましい旨、記載があり、フルPPE使用の根拠となっております。
しかし、H5N1のプレパンデミックワクチンが存在する現在、果たしてフルPPEを使用する法的根拠がうすれてしまったのではないかと思うのです。
あくまでも新型インフルエンザの訓練として、フルPPEを使用する法的根拠がなんでもかまいませんで教えてください。flu(H7N9)も同様です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

タイペックのようなのを置いておいてもすぐ耐用年数が過ぎてしまうので、練習で着て消耗するしかありません。


現実問題としてはgownsについて細かい規定はなく、医学面だけでなく社会的事情などで簡易型やちゃんとしたのを使いわけるしかないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

御回答、どうもありがとうございます。
そうなんですよ。耐用年数が今年で切れてしますので、
その前に練習しようという訳です。
タイペック様のつなぎを購入したので、
ガウンと差別化を図る理由づけが欲しかったのです。
新感染症ならともかく、新型インフルエンザでつなぎ、N95マスク、ゴーグル、フェイスガード
をどのような時期に着用するのかの根拠が欲しかったものですから。

お礼日時:2016/10/03 20:30

Interim Guidance on Infection Control Measures for 2009 H1N1 Influenza in Healthcare Settings, Including Protection of Healthcare Personnel(

http://www.cdc.gov/h1n1flu/guidelines_infection_ …)に個人PPEとして”Wearing appropriate gloves, gowns, facemasks, respirators, eye protection, and other PPE”とあり、H24の厚生労働省の新型インフルエンザの診療に関する研修(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kanse …) のシンポジウム1で上記PPEを推奨しているので、厚生労働省もそのPPEを推奨と考えているとしていいかと。

ただし、エボラの時のような二重手袋などは記載がないので一重でもいいかもしれません。

正直、フルPPEの定義を知らないので何とも言えませんが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうも御回答をいただきありがとうございました。
CDCと厚労省が推薦しているとなれば、心強いかぎりです。
早速HPで確認させていただきました。
そこで、お尋ねしてもよろしいでしょうか。
新型インフルエンザだと、ガウンを推奨しているみたいなのですが、タイベック
の様なつなぎまでは必要ないのですかね?
正直、タイベックを着て、N95マスクを付け、ゴーグル、フェイスガードまで着用となると
患者さんの診察ができるのか不安です。
余り実用的ではないのかと・・・・・。

お礼日時:2016/10/02 20:02

労働安全衛生法でしょうか。



http://www.ppeenq.jrgoicp.org/%E5%80%8B%E4%BA%BA …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

早速御回答をいただきましてどうもありがとうございました。
特措法では、PPEに触れている文言は見当たらなくて困っておりました。
なるほど、自分の身は自分で守るですよね。
私が説明役に当たってしまい、フルPPEの重装備が果たして必要なのかと
悩んでおりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2016/09/30 23:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸素流量と酸素濃度について

蛇管用の酸素流量計(気管切開していて患者さんに酸素を投与する場合など)には酸素流量と酸素濃度が設定できますが、マスクやカヌラに用いる酸素流量計では酸素流量しか設定できませんよね?なぜそのようになっているのかがわかりません。
また、蛇管用で例えば8L50%と4L100%は同じ酸素濃度なのでしょうか?教えてください!!

Aベストアンサー

 蛇管用の酸素流量計で酸素流量と酸素濃度が設定できるようになっているのは、おそらく酸素濃度調節装置付きネブライザー(インスピロンなど)を質問者さんの施設で用いているからだと思います。

 インスピロンは、吸入酸素濃度(c[%})と設定酸素流量(b[L/分])を調節することで、設定された酸素濃度の混合ガスがある流量(a[L/分])で流れるようにする装置です。

 a,b,c,の間には、

 a[L/分]=b[L/分]×79/(c[%]-21)

 という関係式が成り立ちます。

 例えば、50%の酸素濃度で、流量を15L/分に設定すると、50%の酸素濃度の混合ガスが40.9L/分で流れます。

 ただし、設定した濃度の酸素がきちんと患者さんに行くためには酸素流量をある程度高くしておくことが必要で、例えば酸素濃度を35%に設定したときには酸素は6~8L/分、40%では8~10L/分、50%以上にするときには10~15L/分にしておかなければ、設定どおりの酸素濃度にはならないようです。

 以上よりご質問の8L/分50%と4L/分100%では、前者では50%の濃度の酸素が21.8L/分の流量で患者さんに流れますが、後者では100%の純酸素が蛇管から4L/分の流量でしか流れて来ませんので、呼吸回路が閉鎖回路のときは患者さんは呼吸不全に陥りますし(流量不足のため)、一部が大気に開放された回路であれば、患者さんは不足分を空気から吸入し、濃度のずっと低い酸素が患者さんに入ることになると思います(インスピロンの使い方としては不適切です)。

 また、マスクとカヌラとの違いですが、マスクについては、蛇管を接続してインスピロンを使用することが可能です。ですから流量と酸素濃度を調節するやり方もできます。

 インスピロンを使わなければ一般的には、普通の酸素マスクでは流量が5~6L/分で酸素濃度40%、6~7L/分で50%、7~8L/分でも60%程度の酸素濃度にしかなりません。

 鼻カヌラでは流量1L/分で酸素濃度は24%、2L/分では228%、3L/分では32%、4L/分でも36%程度です。(カヌラで5L/分以上の酸素投与は患者さんにとっては拷問です)。

 以上詳しくは成書を参考にしてください。

 蛇管用の酸素流量計で酸素流量と酸素濃度が設定できるようになっているのは、おそらく酸素濃度調節装置付きネブライザー(インスピロンなど)を質問者さんの施設で用いているからだと思います。

 インスピロンは、吸入酸素濃度(c[%})と設定酸素流量(b[L/分])を調節することで、設定された酸素濃度の混合ガスがある流量(a[L/分])で流れるようにする装置です。

 a,b,c,の間には、

 a[L/分]=b[L/分]×79/(c[%]-21)

 という関係式が成り立ちます。

 例えば、50%の酸素濃度で、流量を15L/分に...続きを読む


人気Q&Aランキング