プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

以下の文で気になるところがあり、質問させていただきます。

There was confusion about where the reception ,commemorating the company's 10th anniversary, was going to take place.

一行目 about where~ なんですけど、関係詞whereは前置詞を含んでいるため about 前置詞 というのは非常によくわからないのですがどうなってるのですか?

A 回答 (1件)

confusion about ~で「~についての混乱」


あるいは、about ~は there was にかかって、
「~について、混乱があった」

この前置詞 about の後には名詞がくるはずです。

ここでは where 節が来ています。

where の後、the reception という主語の後、分詞構文が挿入、
was going ... が動詞。
宴会が会社の10周年を記念して、行われる予定の場所
について、

というふうに、先行詞 place を含んだ関係副詞 where でもいいですし、
「どこで~が行われるか」について
という間接疑問文でもいいです。

about the place ... と思えば、前置詞の後に名詞でわかりやすいですが、
前置詞の後に間接疑問文は可能です。
間接疑問文は高校になると名詞節の一環として習います。

名詞節は that 節、if/whether 節「~かどうか」、疑問詞節(いわゆる間接疑問文)があり、
一般的に動詞の目的語、主語、補語となります。

前置詞の後には、基本的に that 節は不可(一部例外あり)、
if は不可である一方、whether と wh- 節(whether も wh に含めるという説明も可能)は可です。

どうも、that 節が前置詞の後にこれないということが名詞節一般についてそういう誤解を与えがちです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング