芽胞化したバクテリアをカウントするのにいい方法を知っている方はいないでしょうか?ちなみに、実験にはB. circulanceという菌を使っています。

A 回答 (1件)

芽胞は位相差顕微鏡で簡単に観察することが出来ますが、


この手法ではカウントはしにくいので、
グラム染色法のような一般的な細菌染色法なら比較的簡単にカウントが可能です。
(栄養細胞は染色され、胞子は染色されずに輪郭だけ色の付いたクリアゾーンとして観察できます。)


胞子染色法なども効果的ですが、手間な割に見づらいと思います。

あと顕微鏡観察以外にも以下のような手法が考えられます。
芽胞は栄養細胞よりも耐熱性が高いので、80℃で15分程度ヒートショックを与え、
その後、希釈平板培養法でコロニーを形成させます。
栄養細胞は死滅しているので、残っていた芽胞の分だけコロニーが形成されます。
この場合、B. circulance の栄養細胞と芽胞の正確な耐熱性が重要となります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植物の表面構造の観察

私は○○大学大学院工学研究科の材料系修士課程の者です。

最近、興味でさまざまな植物の表面構造をSEMで観察したいと思い、ためしにバラの花びらの表面構造を観察しようと試みました。
手順としては、バラの花びらをアセトン→超純粋で洗浄後、オーブン80度で2時間乾燥させて、導電性を高めるために、金パラジウム蒸着をしてSEM用試料としました。
実際に観察を行ったところ、表面構造がきれいに見えず、筋のようなものが走っている様子しか伺えなかったのですが、これは植物を観察用試料にする際に手順が正しくなかったということなのでしょうか?
どのような手順を踏めば、きれいなSEM像が得られるかわからないので質問させていただきました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下にいくつかURLを示します。
やはり、サンプルの前処理で多くの手間と時間を割いている感じが見受けられますね。
ちなみに「SEM サンプル 植物」でググりました。

http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~rck/deno.pdf
http://kamome.lib.ynu.ac.jp/dspace/bitstream/10131/1554/1/KJ00004479334.pdf

Q生きているバクテリアと死んでいるバクテリアは何が違うのでしょうか?

表題の通りなのですが一体何が違うと思いますか。
動物や昆虫などでは複雑すぎて入り口さえ分かりませんので最小単位のバクテリアをモデルに考えてみたのですがそれでも全く分かりません。

思い切って数を減らし仮に分子が100個集まって生命現象が起こったと強引に考えた場合生きている状態と死んでいる状態では各々の分子にどんな違いが有るのでしょうか。100個で生命現象が起こるとは到底思えませんが極限まで小さく単純化してみると何か突破口が開けるような気がして・・・

当然酸素や窒素、水分子などが生きているなどと言う事は意味を持ちませんが非生命が集まりそれに何かの条件が加わると生命活動が始まる。

21世紀の科学でも分かっていない事ですが様々な仮説を聞いてみたいと思って質問して見ました。
どんな荒唐無稽な話でも良いですから回答者様の説を教えて下さるとうれしいです。

Aベストアンサー

何十億でも何兆でもいいですが、すごい数の列を思い浮かべてください
その1つ1つがドミノの列でそのドミノが一斉に倒れています。

これはいろいろな化学反応を例えています。

上記の状態が、生きているという状態です。
そのドミノがストップしている状態が、死んでいるという状態です。

さて、このドミノの列、どの列が「生きているを定義するのか?」

わかりません。

なぜなら1つ1つに見えていた列ですが、実はあるところでは合流したり、分かれたり、互いに影響し合っているからです。

今の科学でわかっているのは、数個のドミノの列が存在している、どういう仕組みで倒れている、倒れると何かが起こる、ということくらいです。

それ以上は想像しかできませんし、想像は既に科学ではありません。
哲学で答えを探すことをお勧めします。
どれか1つだけでは成り立たないからです。

Qひとみ径について

こんにちは。

携帯にも便利な、中型の双眼鏡を探しているところです。
昼間中心に使うものを探す際のスペックを検討していますが、
ひとみ径はどのくらいが適当でしょうか。

ひとみ径=対物レンズ幅÷倍率)ということで、人間のひとみ
よりやや大きい(昼間と夜はちがう)方が見やすいと分かりました。

そこで質問ですが、
 ・自分のひとみより、小さいひとみ径の双眼鏡を覗いた場合は、
  対象の画像とその周りの黒い部分が見える。
 ・自分のひとみより、大きいひとみ径の双眼鏡を覗いた場合は、
  全面画像になり、外側の部分ははみ出てしまう(見ることが
  できない部分がある)
ということになるのでしょうか。
特に、後者の理解は正しいのでしょうか。
つまり、昼間に7mm程度の大きなひとみ径の双眼鏡を使うと、見えない
部分があり、ひとみ径は大きすぎてもデメリットがあるのか、という
ことを知りたいのです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

射出瞳径7mmでも周りに黒い部分が見えます。
昼間、瞳孔が小さくなっていて射出瞳径が自分の瞳より大きい状態でもそれは同じです。
つまり、見かけ視界が120度とかには成り得ないため、全面視界にはならず、必ず周りに黒い部分が見えます。

射出瞳径7mmという事は、視界が大きくなるので、見やすいメリットがあります。
デメリットとしては、使用目的に対してオーバースペック(視界・集光力)の場合、大きくて重い事がデメリットになります。
また、正しいか自信無いですが、口径が大きいという事は収差が大きくなりがちで、口径が大きく安い物では特に色収差が目立つ感じはします。

自分が昼間中心の目的で買うなら、射出瞳径5mmくらいを狙います。40mm×8倍とか。

Q芽胞菌についてお尋ねします。病院の中材勤務になりましたが、滅菌に関する

芽胞菌についてお尋ねします。病院の中材勤務になりましたが、滅菌に関する知識は全くないので教えて下さい。たまに、職場で聞いたりしますが、説明の中に専門用語があったりすることも有り、時間的にと立場上、さらに重ねて質問しづらいのでこの場をお借りすることにしました。

まず「芽胞菌を滅菌」するのにオートクレープを使用すると説明を受けました。芽胞菌についてもネットで調べましたが、色々な菌(納豆菌、ボツリヌス菌、ウェルシュ菌及びセレウス菌等)が食品中で存在する形態、とのことですが、これらの種々の菌は食品中では「芽胞菌」と言う同じものなのですか?

これらの「芽胞菌」がそれぞれの菌、例えばボツリヌス菌になるには、ボツリヌス菌になる何かきっかけ
があるのでしょうか?芽胞菌は全ての菌の元としたら、芽胞菌でいる状態では、増殖する環境下で何の菌が今後でてくるのか知るのは不可能、と言う事になりますか?

質問自体的を得ていないかもしれませんが、何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>>細菌は、全て含みますか?例えば、風邪やインフルエンザの菌とか、結核菌とか、その他、、、
いろんな病気がありますがそれらの菌が芽胞菌として、その辺に散見されるように
あるのでしょうか?

No.2で紹介したサイトをご覧になれば分かるかと思いますが、芽胞を形成する菌は決まっています。
バシラス属とクロストリジウム属が主に医療などに関わってくる芽胞形成菌ですね。



>>風邪やインフルエンザの菌
風邪やインフルエンザの原因はウイルスです。ウイルスと細菌は全く別種の存在でして、医療的な対応も違ってきます。医療に従事するのであれば、インターネット上のサイトでもいいからウイルスと細菌の基礎知識は目を通したほうがいいかと思います。ちなみに風邪の場合は原因は単一ではなく、細菌が原因の風邪もあります。これくらいは高校生レベルの知識ですよ。

質問者さまはどうにも微生物や医療にかんする基礎知識が少なすぎるように思います。
職場にも専門書などはおいてませんか?
OKウェブのような質問形式では基礎知識を全て纏めることは難しいですので、それで勉強されたほうがよろしいかと思います。




>>芽胞菌は滅菌前の形は同じですか?きっと、種類が異なるので、芽胞菌の形態も異なるので
しょうか?
形が同じ、というのはどういうことでしょうか?滅菌に成功していれば恐らく物理的に崩壊していると思います。
菌の形状自体はあまり重要ではないかと思います。
仮に細菌がいて、それがボツリヌスか、とか納豆菌かとか判別するには専門の機材を使って検査しないといけませんし。



>>医療器具の滅菌前(オートクレープによる)は、どの位芽胞菌がついているんでしょうか?
これについては環境次第ですので何とも言えません。
その職場の周囲の環境(都会?田舎?などなど)や、どの程度の頻度で職員が手指を殺菌しているか、外来から人はよく来るのか、などによって変ってきます。
ただ、こういう場合は、全て汚染されているという前提のもとに滅菌しますので菌がどの程度いるかはあまり問題ではありません。
菌がいようがいまいが肉眼では判別不可能ですし、いちいち器具を細菌検査するのも時間がかかります。どのみち我々の日常には細菌が多数いることは確かですから、器具は纏めて全部使用前にオートクレーブ、あるいは乾熱滅菌を行い、密封した状態で器具を保管して使用前に開けるわけですね。
ちなみに職員がきちんと清潔にしている職場であれば機材にはそうそう菌はついてません。
しかしながら、我々人間の皮膚には常在細菌という細菌の群れが必ず存在しているので無菌ということもありえませんが。



>>確か135度で20分位だったと思います。圧力は何気圧くらいあるのでしょうか?
オートクレーブは121℃、2気圧で20分処理が一般的です。
また、処理する器具が多い場合は時間を伸ばすこともあります。

ただ、実際に使用するオートクレーブによって違いがあるかもしれませんので、この説明を鵜呑みにせずにその機械のマニュアルをよく読んで、耐熱対圧設定などをよく把握してください。
一応、安全機構は付いているかと思いますが高熱高圧ですから事故が起きたら大怪我をします。


ちなみに乾熱滅菌だと180℃で1~2時間程度ですね。ただしこちらは冷却に数時間かかるのでトータルでは5~6時間かかったかと思います。機材次第ではありますが。

>>細菌は、全て含みますか?例えば、風邪やインフルエンザの菌とか、結核菌とか、その他、、、
いろんな病気がありますがそれらの菌が芽胞菌として、その辺に散見されるように
あるのでしょうか?

No.2で紹介したサイトをご覧になれば分かるかと思いますが、芽胞を形成する菌は決まっています。
バシラス属とクロストリジウム属が主に医療などに関わってくる芽胞形成菌ですね。



>>風邪やインフルエンザの菌
風邪やインフルエンザの原因はウイルスです。ウイルスと細菌は全く別種の存在でして、医療的な対...続きを読む

Qデザイン事務所で求められるイラストとは??

こんにちは。

主に、Webやグラフィックのデザインをしている方に質問がござます。
よく求人にイラストが得意な方という項目が載っていることがあるのですが、
ここで求められるイラストとはどういったイラストのことなのでしょうか。

イラストはイラストレーターの方が描くもので、デザインとは別物と考えていたのですが、
この認識は間違っているのでしょうか。

また、イラストと言っても、手書きの水彩画やデフォルメされたキャラクター、
また、最近よく見るphotoshop等で描く萌え系のイラストなど、イラストにもかなりの幅があるような
気がします。

いくら多少絵が好きで、簡単なイラストが描けても、会社のテイストと異なっていたら、
まったく意味がないと思うのですが。。。

現在、デザインの勉強をしており、
もし、イラストが必要ならば、練習しておきたいと思うのですが、イラストってざっくりした書き方だと
どんなイラストが必要かわかりませんでした。


デザイン等の経験者の方、分かる範囲で結構ですので、現場で重宝される
”イラストが描ける人”とはどのようなイラストなのか、教えて頂けましたら、幸いです。

よろしくお願い致します。

こんにちは。

主に、Webやグラフィックのデザインをしている方に質問がござます。
よく求人にイラストが得意な方という項目が載っていることがあるのですが、
ここで求められるイラストとはどういったイラストのことなのでしょうか。

イラストはイラストレーターの方が描くもので、デザインとは別物と考えていたのですが、
この認識は間違っているのでしょうか。

また、イラストと言っても、手書きの水彩画やデフォルメされたキャラクター、
また、最近よく見るphotoshop等で描く萌え系のイラストなど、イラス...続きを読む

Aベストアンサー

>ここで求められるイラストとはどういったイラストのことなのでしょうか。

多くの場合で「イラストレータに依頼する程でもない」簡単なカットのことでしょう。
つまりは、デザインを完成させる上で必要なちょっとした空間処理に使えるようなものは
デザイナー自身が描いたほうが何かとラクで早いですから。
ですから、あまり個性的なものでないほうがいいでしょう。
市販のカット集やデータ集にあるような無難なもの、かな。

>会社のテイストと異なっていたら

デザイン会社に「テイスト」なんてあまり必要ありませんけど
(そこに依頼するクライアントのためには必要ですが)、
もしそれが必要な場合にはイラストレーターに依頼します。

>イラストが必要ならば、練習しておきたいと思うのですが、

デザイナーに必要なのはイラストを描く技術ではなく
どんなイラストがそのデザインに合うか、を想像できるセンスです。
数種類のキャラクターを書き分ける程度のイラスト技術より
イラスト集などを見てより多くの情報を仕入れておくほうが重要です。

それらを踏まえたうえで

>現場で重宝される”イラストが描ける人”とはどのような

つまりは「使い回しのできる」デザイナーということでしょう。
イラストに限らず、簡単なコピー(文案)程度は書けるくらいの。
それがいいのかどうか、は何とも言えませんが
現実問題としてそうした人のほうが重宝されることは間違いないでしょう。就業にも有利ですし。
事実、まったくイラストの描けないデザイナーにイラスト交じりの仕事が来た場合には
イラストレーターへの外注費ばかりが嵩んで稼ぎになりませんし。

>ここで求められるイラストとはどういったイラストのことなのでしょうか。

多くの場合で「イラストレータに依頼する程でもない」簡単なカットのことでしょう。
つまりは、デザインを完成させる上で必要なちょっとした空間処理に使えるようなものは
デザイナー自身が描いたほうが何かとラクで早いですから。
ですから、あまり個性的なものでないほうがいいでしょう。
市販のカット集やデータ集にあるような無難なもの、かな。

>会社のテイストと異なっていたら

デザイン会社に「テイスト」なんてあまり必要あ...続きを読む

Q芽胞(スポア)を考慮した増殖曲線

芽胞を形成する菌の増殖曲線をモデリングしているというものが、どこかにないでしょうか?インターネットでも書籍でも論文でも、なんでもかまわないのですが。

Aベストアンサー

 お探しの文献がチョット分かりづらいのですが,実際にモデリングしている文献でしょうか?それとも,「芽胞化の速度」と「培地の栄養濃度」の関係を調べた文献でしょうか?

 後者であれば,無いかも知れませんね。通常,「速度」は気にしないでしょうから。あるとしたら,芽胞量の時間変化じゃないでしょうか。これを種々の栄養条件で調べたデ-タならあるかも知れませんが。

 内容未確認ですので,お役に立つかどうか分かりませんが,「芽胞」とタイトルにある成書をあげておきます。いづれも参考文献を含んでいるようですので,何か情報が得られるかも知れません。

「スポア実験マニュアル 微生物の芽胞・胞子の基礎研究から応用研究まで」
 近藤雅臣,渡部一仁∥編著,技報堂出版,1995
 167p,27cm,5150円

「芽胞学 芽胞をめぐる形態学と生物学」
 蜂須賀養悦∥著,東海大学出版会,1988
 360p,27cm,8500円

「芽胞」
 蜂須賀養悦∥著,岩波書店,1962
 166p,21cm

Qフリーのイラストソフト

フリーで、人気や使いやすいフリーのイラストソフトとかありますか?

ごく最近SAIを使っていましたが
体験版的なものだったので、フリーのイラストソフトを探しています

どうか、よろしくお願いします

Aベストアンサー

SAIで慣れちゃったら使いにくいかもしれませんが・・・
人気のあるフリーのソフトと言えばPixiaですよ。
http://www.pixia.jp/

QCFUとFDA(バクテリア数の単位)

CFU(Colony forming unit)とFDA(Fluorescein diacetate)の両方が、同じ実験でバクテリア数の確定に用いられている場合、どちらをどう解釈したらよいのでしょうか。どちらも生細胞用ですよね??ついでにFITC(Fluorescein isothiocyanate)も比較されているのですが、こちらは死細胞カウントですよね?特にCFUとFDAが同時に用いられていることの意味が分からないのですが、単に生細胞数のデータを2つのパラミターによって、より根拠あるものにするためなのでしょうか?考察部分では測定方法の違いについて触れていないので、いまいちよくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CFUは「コロニーとして検出された菌数」を表す単位ですが,厳密には必ずしもイコール生菌数とはなりません.「1コロニーは1細胞から成る」という概念がありますが,実際は1コロニーの起源は複数の細胞であると考えるのが妥当だからです(これは顕微鏡下でコロニー形成を観察すると良く分かります).しかしながら,培養で増えた細胞,つまり生細胞を表すのにはとても便利な単位です.これに対して,FDAは生細胞のみに取り込まれる色素を指し,つまり蛍光顕微鏡下で発光した細胞の数を表しています.この方法では正確に生細胞のみをカウントすることができます.しかし,正確とは言っても顕微鏡の1視野で捉えられる面積はわずかですから,一定数の視野を計数した値から計算によって全体の菌数を推定する形になります.つまり残念ながらCFUと生細胞のカウント値はどちらも推定の域を出ないわけです.しかし,推定とは言ってもこれ以外に簡便に生きた細菌の数を数える方法はないと思います.つまり,二つ(3つ?)のデータが示されたいたのはそれぞれがお互いの一長一短を補う意味合いではないでしょうか.ですからmontseさんの「より根拠あるものにするため」という解釈でOKだと思いますよ.う~ん,分かりにくい説明でスミマセン.

CFUは「コロニーとして検出された菌数」を表す単位ですが,厳密には必ずしもイコール生菌数とはなりません.「1コロニーは1細胞から成る」という概念がありますが,実際は1コロニーの起源は複数の細胞であると考えるのが妥当だからです(これは顕微鏡下でコロニー形成を観察すると良く分かります).しかしながら,培養で増えた細胞,つまり生細胞を表すのにはとても便利な単位です.これに対して,FDAは生細胞のみに取り込まれる色素を指し,つまり蛍光顕微鏡下で発光した細胞の数を表しています.この方法では正...続きを読む

Q実験で熱帯の植物の気孔を観察しました。すると表皮から陥没した状態でした

実験で熱帯の植物の気孔を観察しました。すると表皮から陥没した状態でした。
熱帯は多湿・高温・強光ですが、気孔が陥没しているのは乾燥を防ぐためだと思うのですが、熱帯植物で気孔が陥没しているのは何を防いでいるのでしょうか。

Aベストアンサー

>熱帯は多湿・高温・強光
熱帯には乾燥地帯も下生えもあります。その植物の生態を調べないと間違えますよ。

Q芽胞形成菌を死滅させる方法を教えてください。

食品会社に勤務するものです。
このたび工場内を一斉清掃することになったのですが、
セレウス菌などの芽胞形成菌を死滅させるのに良い方法を
教えてください。
熱に大変強く、アルコール類の殺菌も効果がないと聞きました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
どれくらいの規模の工場なのでしょうか?
おそらくバルブ類などが主となるのではないでしょうか。

よく洗浄し乾燥させてから酸化エチレンガス(EOG)が効果的です。
滅菌後再洗浄の必要はありません。
それができなければ次亜塩素酸ナトリウム(ハイター)などに数時間浸しておけばいいでしょう。但し金属類の腐食がありますので長時間の使用はご注意下さい。
また使用後はよく洗浄しておかないと大変なことが起きてしまいます。
食品関係(直接食材が触れるもの)はこれくらいでいいでしょう。
あとは床などはクレゾールなどがよいでしょう。工業用でいいものがあるはずです。

こんなところでしょうか。
もしよろしければ所轄の保健所食品衛生課へ問い合わせて下さい。
専門の技師や係員がいるはずです。
また職場には食品衛生管理者及び統括責任者がいるはずです。
彼らは専門知識を持っています。
また定期的に保健所等の立ち入り検査を受けているはずですのでよくこれらのことは知っているはずですし、知らなければなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報