人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

上司にメールで、ちょっと挨拶をしたいんですが。
下記の文は大丈夫そう?
「いよいよ夏休みになって、ゆっくり休まれてください。」
日本語の敬語が下手ですが、
もっと適当な文も教えてもらいたいですが、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

「ますます暑さが厳しいですが、休暇はいかがお過ごしでしょうか?この機会に是非、御身体をご自愛くださいませ。


ぐらいでよいと思います。
おまけで、「ご心配をおかけしないよう、より一層、頑張っております。」とでも付けておくのも可でしょうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

頂いた文句を保存しました。
適当そうな文句ですね、
身に付けように頑張ります。
どうもありがとう。

お礼日時:2004/07/30 13:47

「夏休みになって、~ください」は少しおかしいので、


原文を尊重して書き換えるならば、
「夏休みになりましたね。ゆっくり休まれてください。」
「いよいよ夏休みが始まりましたね。ゆっくりお休みになってください」
あたりがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

添削有難う御座いました。
「いよいよ夏休みが始まりましたね。ゆっくりお休みになってください」を適用採用しました。
日本語が下手ですから、簡単な文を使いやすいですね。

お礼日時:2004/07/30 13:44

どの程度の上司かわかりませんが・・・



「いよいよ夏の休暇に入りました。
今年は殊のほか暑さが厳しいですが、どうかお気をつけてゆっくりお体をお休め下さいますよう~

くれぐれもご自愛下さい」

・・・はどうですか~?
相手の性別によっても変わってきますが・・・・・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

男の上司です。
文句を頂きまして、有難う御座います。
良い勉強になりました。

お礼日時:2004/07/30 13:51

こんちには。



夏休み→夏期休暇
休まれて→お休みになって ご静養なさって

に変えてみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて頂いて、有難う御座いました。

お礼日時:2004/07/30 13:52

「いよいよ夏本番となってまいりました。


お体にお気を付けて休暇をお過ごし下さい。」
こんな感じでどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速返事して、有難う御座います。
文句を頂きました。

お礼日時:2004/07/30 13:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q上司へ体調を気遣うとき。。

出張先の上司の体調を気遣うときの、最後の締めくくりで悩んでいます。
「ゆっくりお休みになってください」では何か違和感を感じるのですが、
ほかの言い方など教えてください。

Aベストアンサー

では今日もお疲れ様でした。ゆっくりおやすみください。で良いと思います。
何よりも貴方がこんなに心配し、気遣いしてくれることを喜ばれると思います。
貴方の心遣いが伝わるのを祈っています。

Q「わざわざ」は目上の方に失礼ですか?

「わざわざ」は目上の方に失礼ですか?

先日、会社で電話を受けたときに、得意先から私の上司へのお礼の電話だったのですが、
その上司が会議中だったため、その旨伝えると、「先日お世話になったので、ありがとうございました、とお伝えください。」と言われました。
そこで、つい「かしこまりました。わざわざお電話いただきありがとうございます。」
と言ってしまったのですが、これって間違いですか??

あと、普段も自分が取りに行くべきものを、目上の方が持ってきてくれたりすると、
「わざわざありがとうございます。」と言ってしまいます。
これもおかしいですか?

電話の例だと、「ご丁寧にありがとうございました」などと言うべきなのでしょうか?

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「わざわざ」という言葉は「わざとらしく・故意に」という意味と「何かのついでではなく特別に・その事だけの為に」などという意味があるみたいです。
今回の場合は、後者の「何かのついでではなく特別に・その事だけの為に」という方になると思います。
「わざわざご丁寧に~」っと言う言い回しだったら、それほど失礼な感じにならないんじゃないかと思います。

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。

Q目上の方に「お疲れさまでした・ご苦労様でした」は失礼ですか?

言葉遣いについて、実際にあった出来事からの疑問です。

退職する上司の送別会にて、若い社員が記念品贈呈の際に「お疲れさまでした」や「ご苦労さまでした」と言いました。
これは失礼な事なのでしょうか?主人は失礼だといいます。「ありがとうございました」「お世話になりました」と言うべきだと言います。
もちろん、私もありがとう等の感謝の言葉も必要だと思いますが、「お疲れさま・ご苦労様」を使うことに対しては、失礼な事とは感じませんでした。

実際、自分も会社では、その言葉を使って送り出した場面を見たことがあるような気がします。

どなたか、言葉遣い・マナーにに詳しい方ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。元研修担当のスコンチョといいます。(^_^)

ビジネスマナーでは仕事が終わった人を見送るときには
「お疲れ様でした」で送り出す習慣をつけるよう教えます。
これは、先の回答者の方たちも書かれてますが「ご苦労
様」は元来目下の人に対しての言葉だからです。しかし、
時代の流れとともに「ご苦労様でした」も容認されるレベ
ルになってきているようです。

さて、本件では退職時の挨拶として適切かどうかという問
題ですね。退職者に御礼だけで挨拶とするのか、慰労の
言葉をかけるべきかは個人の判断で、「お疲れ様でした」
が取り立てて失礼にあたるとは思えません。特に、直接的
な関わりが少なかった人から御礼だけ伝えられても心が
こもった言葉とは受け取れないでしょうし、その方の業
績に敬意を表する意味でも「お疲れ様でした」と笑顔で
送り出してあげてはいかがでしょうか。

Q「先日」はいつまで?

お世話になります。
会社の営業先に挨拶文を送りたいのですが、2月初旬にお会いした事を「先日はお忙しい中・・・」はおかしいですか?

2ヶ月近くのことを「先日」というのはどうでしょうか?

適切な言葉があれば教えて頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は社会人になってから結構長いですが、その経験をもとに回答します。

「先日は」は、1ヶ月ぐらいまでならOKです。
現在(3月)は、2月上旬から1ヶ月以上経過していますから、「先日は」は、無理に近いです。

「先日」を超えて、とっさのときに話す言葉としては、たとえば「いつぞやは」があります。
しかし今回のケースは、前回会った日付がわかっていて、しかも、落ち着いて書き言葉で書けるのですから、「いつぞやは」とするのは失礼です。

現在(3月)から2月初旬を指して、

「先月はお忙しい中・・・」

とするのが適切です。


なお、
前々月以前の場合は、何月かを具体的に書く、
年を越えたら「昨年は」とする、
です。

Qお客様からの謝罪メールに対する返信

お客様が送られたメールで私(受信者)の名前に誤りがあり、改めて謝罪メールが届きました。

大切なお客様のため、
・気にしないでください
・わざわざ連絡を下さりありがとうございます
との旨の返信をしたいと思っているのですが、どのような文にすればよいか分かりません。
(“お気になさらないでください”だと、上の立場から言っているような気がして…)

教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご連絡をくださいましてどうも有難うございます。
ご連絡の件につきましては、失礼ながら私も気づきませんでした由、
どうぞお気に留められませんようお願い申し上げます。

ご丁寧なメールをいただき、感じ入っております。
今後ますます、〇〇様のお役に立てるよう頑張って参りたいと存じますので、
なにとぞ宜しくお願いいたします。


とか、でしょうか。
質問者様とお客様の好みにあわせて、アレンジされると良いです。
礼儀正しくしても、質問者様がお客様に良くしてあげたい、という
心情が伝わる文章を考えてくださいね。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「行かれて下さい」-最近の敬語

最近「行かれて下さい」「休まれて下さい」といった言葉をよく耳にします。自分としては大変違和感があり、それぞれ「お出かけ下さい」「お休み下さい」が正しいと思うのですが、あまりに使う人が多いのでひょっとしてそちらが正しいのではないかと不安になってきました。本当はどちらが正しいのでしょう。

Aベストアンサー

50代主婦です。

「行かれて下さい」「休まれて下さい」は、敬語(尊敬語)としてはおかしいのです。
最近の敬語はメチャクチャですね。

相手にどこそこへ行ってみては?と勧める場合など…例えば
「〇〇公園は、今、桜がきれいですよ。いらしてみてはいかがですか?」が正しいし、
相手に休養を勧める場合は
「ごゆっくりお休み下さい」が正しいのです。

又、相手の意向を訊く場合「日曜日はいつも家族サービスをされますか?」というのは、間違いではありませんが、「~~~なさいますか?」のほうがきれいな言い方です。

私が敬語を使い始めた頃(ずっと前ですが)は、「~される」「~へ行かれる」などという敬語の使い方はしませんでした。
例外的に皇室関係の方々に対しては、「最上級の敬語」として使うことはありましたが。

ご質問者様のお感じになったとおり(これも「感じられたとおり」よりもこのほうが良いでしょう)だと思います。

Q「よかったです」はなんと言えばいい?

34歳の男で、コンピュータソフトの開発をしています。
文章を書いていて、「よかった」を丁寧に書こうとして、「よかったです」と書きたくなることがあります。現在の若者の間ではこれでいいのでしょうが、年輩の方や国語の先生などは、間違った日本語と思うでしょう。
そこでどう言い換えるか困ってしまいます。
「よろしゅうございました」「よいと思いした」「よいのでした」「良好でした」と言い換える事ができますが、若干ニュアンスが変わってしまったり、堅苦しい言い方になります。ほかに適当な表現は無いのでしょうか。日本語は英語に比べ合理的では無いので、仕方が無いのでしょうか。

Aベストアンサー

昔の学校文法では、「です」は活用のない語に接続し、
形容詞や動詞には付かないとされていました。

丁寧形として「~い・です」の形は使えず、

×よいです  → ○ようございます
×美しいです → ○美しゅうございます
×おいしいです→ ○おいしゅうございます(…岸朝子ふう)
×大きいです → ○大きゅうございます
×危ないです → ○危のうございます

のように、「ウ音便化した連用形+ございます」の形か、
または「名詞形+です」とするしかなかったわけです。
(ただし推量の「でしょう」は例外的に許容)

しかし現在では、「~い・です」は、平明・簡素な丁寧形
として認められています。その根拠は、昭和27年4月の
国語審議会建議「これからの敬語」にある下記の一節です。
--------------------------
7 形容詞と「です」
 これまで久しく問題となっていた形容詞の結び方
 ――たとえば,「大きいです」「小さいです」などは,
 平明・簡素な形として認めてよい。
--------------------------

これ以降、学校文法でも「形容詞+です」を正しい形とし
て認めているはずです。半世紀以上も前のことです。


ただし、過去形についてはどうなのか? という話ですね。

×よいでした   ●よかったです   ○ようございました
×美しいでした  ●美しかったです  ○美しゅうございました
×おいしいでした ●おいしかったです ○おいしゅうございました
×大きいでした  ●大きかったです  ○大きゅうございました
×危ないでした  ●危なかったです  ○危のうございました

この「~かったです」を誤りとする人もいるようですが、
「~い・でした」に比べれば、違和感はないと思います。


なお、「動詞+です」は、今でも正しくないとされています。
×書くです   ○書きます
×食べるです  ○食べます
×するです   ○します

昔の学校文法では、「です」は活用のない語に接続し、
形容詞や動詞には付かないとされていました。

丁寧形として「~い・です」の形は使えず、

×よいです  → ○ようございます
×美しいです → ○美しゅうございます
×おいしいです→ ○おいしゅうございます(…岸朝子ふう)
×大きいです → ○大きゅうございます
×危ないです → ○危のうございます

のように、「ウ音便化した連用形+ございます」の形か、
または「名詞形+です」とするしかなかったわけです。
(ただし推量の「でしょう」は例...続きを読む

Q丁寧な言葉で「教えてください」を表現するには?

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うことで教えてもらうというものではなくて、「教えてください」という言葉にそのまま換われる表現を知りたいです。
また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。

みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。
よろしくお願いいたします。

※「ご教示願います」という言葉も見かけるのですが、目上の方には使いにくい響きがある気がしてしまいます。この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。

おはようございます。
こちらではいつもお世話になっております。

こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。
この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。

●質問●
そこで質問なのですが、丁寧な言葉で「教えてください」と伝えるための表現にはどのようなものがあるでしょうか?

できれば↑のように「どのようなものがあるか」と問うこと...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

「教えていただけますか?」

が一番です。
女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。

やや、丁寧なヴァリエーションは
「教えていただけますでしょうか?」
があります。

ここまでが限度ですね。それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。

ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。女性にはエレガントではありません。

また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。

要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。


人気Q&Aランキング