評論家活動にいますこし興味を持っています。
収入、社会的地位、キャリアアップ、
活動範囲、適性、必要とされる能力、
などについて教えてください。
また活動初期は大変かと思われますが、
その実情も知りたいです。
そして、不遇期、円熟期についてもその実情を教えてください。
できれば、すでにそうした活動をしている方お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

肩書きは評論家なのかジャーナリストか判らない方は多いようですが、立花隆さんは文芸春秋で田中元総理のロッキード疑惑を


解明し書くまでは、殆んど無名だった珍しい例かもしれません。

当初のデビューを見て、週間誌的好奇心に満ちた単なる暴き専門の事件屋的な方かと思っていましたが、とんでもない間違いで、
彼のその後の活動は、常に前向きな・・・創造活動とも言える評論またはジャーナリスティックな活動です。

田原総一郎の場合は気持ちとしては創造的なのでしょうがアジテーター的な一面も見られると思います。

私は純粋な評論と言うのは無色で公平である必要はなく、広範囲にアンテナをのばし前向きにクリエイティブな方向で理論武装し
自分の信念に従って活動するのが重要なことではないかと考えます。。。

宮沢元総理はよく評論家的だなどと書かれますが、あのようなのは「感想」であって「評論」ではありえません。

・・・不遇な時期とか円熟期などと言う考え方は、自分が一所懸命に何かをしている時は気が付かないものです。
後になって振り返ったときに感じることではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
社会的に有名な評論家は別の仕事も持っているという事例が案外多いようですね。
参考になります。

お礼日時:2001/07/01 19:35

うーむ、まわりの信用を得てからというのは違う気がする。



評論家になる為にはそれこそとんでもない知識の深さとその知識を基盤とした物事を評価する能力が必要でしょう。
ですから、まずは自分の能力(特に知識力だと思います)をある専門分野に特化し十分に「まわりの信用を得ることの出来る」だけの知識を得る必要があると思います。

つまりは能力が世間から認められるレベルに達しているかどうかということでしょう。
考えてみると評論家というのはある意味鑑定士に近いものがありますね。

あとはorimotoさんと同意見ですね。

それでは
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。深い知識ですか。
それなら私も張り合いを持って勉強できそうです。^0^
とにかくいろいろ勉強する必要がありそうですね。

お礼日時:2001/06/27 18:30

「評論家」という職業の定義は、あってないようなもので、ピンからキリまでいます。

ですから評価は、職業に対するものより人物や活動に対してつけられると思います。
社会的地位もそれに準じます。堺屋太一のように、大臣になるひとも出てきましたが、もっと売れない人も沢山います。他人がつけるというよりも、自称の職業とも言えます。

活躍する場(ものを書いたり、発言して、収入を得る場)は、マスコミが主体でしょ。いま週刊新潮で、TVに出演する評論家、コメンテイターの評価とギャラが連載されてますが、ギャラは、10万円前後が多いみたいです。

それから評論家は、その前にというか、別に、本職がある場合が多いんではないかと思います。大学教授、コンサルタント、作家などなど。それがマスコミに頻繁に登場するようになると、「評論家」になります。だから年輩者が多いですよね。

ですから「評論家」を目指すんでしたら、まず正規の職業をもって、それからマスコミへの登場を狙うということになるんではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
いきなり評論家になった人というのはたしかにあまり聞かないですね。
やはり信用を得てからの活動と言うことになるんですかね^^
ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/25 19:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q繁忙期、閑散期における料金の概念って何なんでしょう?

 いつもお世話になってます。

 最近ちょっとしたことでこの「繁忙期」「閑散期」について考えているのですが、なぜ、この二つの期間、
料金が上がり、下がるのでしょう。

 最初自分の中では「繁忙期は忙しいし、お客も多いのだから、料金は安くなるのだろう」と思っていたのですが、
実際は追加料金というか、普通よりも高めになりますよね。逆に閑散期は安くなると言う‥。

 これは、経営的にというか、商売として、どういう理由で設定しているのでしょうか?悪く言えば「儲けられる時に儲けとけ」と言わんばかりに、お客さんの足元を見ているともとれてしまうと思いますが、実際のこの閑・忙に対する理念というか、設定の基準や考え方をご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。この制度はおかしいとかって言っているわけではないんですよ。逆に「ただたんに儲けたいからです。」っていうのがこの設定の原理であるのならばそれでいいんですが、コスト的な面や費用対効果等、何らかの理由があれば、
それを知って納得したいんです♪(笑)

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「繁忙期」「閑散期」の言葉ですぐ思いつくのが、JRの特急料金ですね。
よく解釈するなら、
「繁忙期」が適正料金で、暇な時季は安くするからたくさん乗ってよ。
悪く解釈するなら、ご指摘のように、
儲けられる時に儲けとけ、ということでしょうね。

「繁忙期」「閑散期」という言葉ではないのですが、似たようなものに電気料金があります。
電力会社によって違いますが、おおむね、昼は夜より高く、夏はその他季節より高い設定になっています。
この理由は単純です。電力会社の設備投資を最小限に抑えるためです。電気は保存ができません。生産と消費にタイムラグを付けられないので、冷房をがんがん付けて甲子園を見ても、停電しないだけの発電設備を用意しなければなりません。ピーク負荷が出るのは、1年のうちほんのわずかな時間で、大半の季節・時間は設備を持て余すことになるのです。そこで電力会社は、前述のような料金設定にして、ピーク負荷を少しでも減らそうと考えているようです。

Q大学生です。 私は地域活動を主に行っているサークルに入っています。 色々な活動を行っていく中で沢山

大学生です。
私は地域活動を主に行っているサークルに入っています。

色々な活動を行っていく中で沢山の方々と接点を持つ事が多いこともあり、あるイベントで知り合った方から別のイベントへのお誘いをお受けする事が稀にあります。

その際、名刺をいただく事があるのですが、私は現在名刺を持っていません。学生だから必要ないだろうと思っていたのですが、名刺を貰ってばかりの現状を受け、自分も持っておいたほうがいいのでは?と考えるようになりました。

地域活動の際に使う事を目的として、学生が名刺を持つことは必要なことだと思いますか?

ご意見お聞かせ願います。
宜しくお願いします!

Aベストアンサー

それだけ頻繁に人と接することがあるのなら、持っておくべきだと思いますね。
いま、就活で大学生が名刺を持つことがスタンダードになってきてもいますし、
社会人だから、学生だから、というのは関係ないと思いますね。

Q職業の適性

これから就活するにあたって聞きたいことがあります。
私は今バイトで接客業をやっていますが、あまり向いていません。
なので
○出来るだけ人とあまりかかわらない仕事
○1つの作業に集中できる仕事
を希望しています。
公務員、事務以外に何かそういう職種はありますか?
システム開発などもそれにあたるかもしれません。
「○○という職種がある」みたいな回答をして頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

『あまり』かかわらない、ということであれば、
職人系ですかね。
あとは、事務職のプロフェッショナル的な国家資格業であれば、依頼を受ける業務内容によっては、一つの顧客で大きな報酬、必要な業務時間も長くなるのではないですかね。

ちなみに、私は国家資格は持っていませんが、事務職のプロフェッショナルという自負があります。
税理士社会保険労務士事務所にて補助者経験・国家試験挫折ではあるが受験経験などにより、家族で経営する会社の事務担当役員をしています。税理士などの国家資格などを使わず、法人経営で必要なすべての法務事務を含めた事務全般を行っています。
事務職でも、顧客への対応が必要なこともありますし、社長などの秘書的な業務でのお付き合いも発生する場合もあります。銀行や加入団体関係でも人付き合いが重要になる場合もあります。
事務といっても、会社や組織によって業務範囲が異なりますので、注意してください。

また、現在家族で経営する会社というものは、システム開発会社です。システム開発技術者を何人も見てきていますが、私の会社ではまだいませんが、人づきあいなどでうつ病になる人も多いようです。
システム開発の業界には、常駐業務などもあり、自分の会社ではないところでの業務も多いです。そうすると、発注元などの会社での人間関係やエンドユーザーとの関係、さらには自分の所属する会社などとの板挟みなどとなり、精神的に悩む人が多いようですね。

パソコンメーカーなどの修理部門は、いろいろな所にあるようです。そこでは、担当する修理部分に特化して、流れ作業的に業務をする場合もあるようです。そういうところであれば、人付き合いは特定されていることでしょうね。

『あまり』かかわらない、ということであれば、
職人系ですかね。
あとは、事務職のプロフェッショナル的な国家資格業であれば、依頼を受ける業務内容によっては、一つの顧客で大きな報酬、必要な業務時間も長くなるのではないですかね。

ちなみに、私は国家資格は持っていませんが、事務職のプロフェッショナルという自負があります。
税理士社会保険労務士事務所にて補助者経験・国家試験挫折ではあるが受験経験などにより、家族で経営する会社の事務担当役員をしています。税理士などの国家資格などを使わず、...続きを読む

Qリストラの実情

西友で希望退職を募るとほぼ目標に達したそうです。
他にも募ればすぐに定員になります。このご時世
辞めてもいい条件で再就職できるのはごくわずか
だと思います。それでも辞めるのってそれなりの
理由があるんでしょうね。また銀行員もリストラ
が激しく30代で関連会社へ転籍という話も
聞きます。

実際世間でのリストラの実情ってどうなんで
すか?

Aベストアンサー

心理的なものかもしれませんが、何人か辞めることを決意すると、それにつられて応募しちゃうっていうのがあるのかもしれませんね。大手企業にいたから再就職はすぐ見つかると考えられてる方もいらっしゃるでしょうし、大手企業で働いていると失業者から見た社会が全く見えないというのもあるし。中小企業に
勤められた人に比べたら、お金をいっぱい
稼いでるでしょうから別に気にしなくてもよろしいのでは。

若くして退職したら柔軟性があるから次の就職先が
決まりやすいっていうのがあるでしょうが、中高年
になると、次の会社の条件が希望に達しない、
入社できても年齢が年齢だけに周囲に相手にされない。
求人票も40歳以上の求人は本当に少ない
ので応募が殺到するみたいで、なかなか採用に結びつかない。

いくつも壁があって大変なようですが、なかには
ちゃんと勤められてるかたもいらっしゃるようですし。

どうして希望退職をする気になったかは、ひとそれぞれでしょうからわかりませんが、世間はそんなに
甘くないようで。

Q職業適性検査について

高校3年男子です。この前、社団法人雇用問題研究会主催の職業適性検査を受けました。
単刀直入に聞きます。やっぱりこれって当たるんですかね?
分かる方もいると思うのですが、この検査は、知的能力・言語能力・数理能力・書記的能力・空間判断力・形態知覚・運動共応に分かれて結果が出ます。そして、これらを総合的に判断して、各職業について、適性が算出されます。
自分はこの中で、書記的能力・形態知覚・運動共応が特に欠けていました。(他もそんなによくないのですが…)
自分は先天性の弱視で普通車免許すらもとることができないので、視力を使う仕事はできません。そうなると、事務系の仕事が理想なのですが、これは、運動共応が著しく欠けていたために適性なしでした。
というよりは、適性職業が5つくらいしかないことがショックでした。しかもそれは、全て、視力を使うものでした。
弱視が理由で、なりたかった職業(警官や自衛隊員)はあきらめています。
なので、少しでも興味のある情報処理関係の学科で勉強し、基本情報技術者という国家資格もとりました。自分なりにかなり努力して取得したので、情報関係ならある程度可能性があるのではと考えたのですが、これも、適性なしでした。
でもやはり、この検査って当たりなんですかね?

雇用問題研究会…http://www.koyoerc.or.jp/index.html

高校3年男子です。この前、社団法人雇用問題研究会主催の職業適性検査を受けました。
単刀直入に聞きます。やっぱりこれって当たるんですかね?
分かる方もいると思うのですが、この検査は、知的能力・言語能力・数理能力・書記的能力・空間判断力・形態知覚・運動共応に分かれて結果が出ます。そして、これらを総合的に判断して、各職業について、適性が算出されます。
自分はこの中で、書記的能力・形態知覚・運動共応が特に欠けていました。(他もそんなによくないのですが…)
自分は先天性の弱視で普通車...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、

 「自分の適性が全く判らない、興味のある職種もない」という方ならば、本人や就職指導の先生が参考にする資料としては十分信頼できます。しかし完璧ではありません。
 あくまでも目安として扱うべきであり、無条件に信じるのは得策ではありません。職業適性検査通りに就職したが、仕事が合わなくてすぐ辞めた、という人も世の中には数え切れないほどいると思います。
 
 情報処理関係と一口にいっても、最近は、ご存知の様に100種類以上の職種に分かれています。調べれば貴方にあった情報処理関係の職種は必ず見つかります。適性試験はそこまで細かくは見てくれません。

 基本情報を高3でとったのならば、情報処理関係に対する興味はとても大きいものと推測します。
 自分が興味を持てる分野に進むのが一番です。秋の試験は是非、上位資格にもチャレンジしてください。

 既に興味のある分野があるのならば、適性検査の結果はあまり気にしないことです。

 御参考になれば幸いです。就職活動応援します。 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報