乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

当方高校生なのですが、学校にてセクシャルマイノリティーについてというお題で20分ほど時間を頂き、発表することになりました。発表を聞くのはクラスメイトです。クラスメイトのセクシャルマイノリティーに対する理解度は人によってかなり違うと思います。私もセクシャルマイノリティーとして生きてきたわけではなく、カミングアウトしてくれた友達などもいませんので、特有の悩みや望みなどについては理解があるわけではありません。
発表の際、セクシャルマイノリティーでは範囲が広すぎて話しきれないのではと考えたため、LGBTや、それ以外のマイノリティの存在や抱える問題について軽く紹介したあと、同性愛者についての話に絞って話すことにしました。同性愛者については、学生時代、狭いコミュニティの中で仲間を見つけることが難しいということ、結婚や子供、公的なパートナーとして認めてもらえないことで生じる不利益について、触れるつもりです。今の時点では、L、G、B、Hには誰を愛するかの違いはあれど、それ以外は特別変わった存在ではない、ということ、話者が明確な差別をしているつもりではなくても異性愛以外想定していないために傷つくことがある、ということ、性自認や性愛の対象などは移ろうものである、以上三点を強調していくつもりです。皆様の立場とそう考える理由を明記した上で、特に伝えて欲しいこと、上記の中でこれは違うというものがありましたら教えてもらいたいです。

質問者からの補足コメント

  • 書き損じがありました。

    私はQです。性自認は女性で確定だと思います。LなのかBなのかAなのかがわかりません。友達に恵まれているのか、セクシャルマイノリティーであると意識して生活をしていたことがほとんどないです。だから多くのセクシャルマイノリティーの方々が考えていることと大きくズレがあると思います。無知のヘテロと変わらないかもしれません。

    後だしだ、卑怯だと思われた方には申し訳ありません。

      補足日時:2016/10/11 19:51

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「皆様の立場とそう考える理由を明記した上で、特に伝えて欲しいこと、


上記の中でこれは違うというものがありましたら教えてもらいたいです。」
という最後の一文を読んで、すごくまじめに、すごく自信(決して驕りで
はない)を持って生きてこられたんだな、と感じました。また、補足コメ
ントだけで、佐藤美保さんがどんなに自分に厳しい人なのか、分かるよう
な気がします。読んでいる私も、気の引き締まる思いです。

さて質問の答えですが、「違う」と言いようがないんです。ーここからは
差別の意思はありません。知識・語彙がないだけ。一生懸命な佐藤美保さ
んに誠実に応えようと言う、せめてもの誠意なので許して下さいー つま
り、こういう内容だと普通の人は文句を言わないんです。自分とは違う世
界のことだから。みんな、自分とは関係ないと思っているから。もっと言
えば、みんな、自分の方が偉いと思っているから。

だから、誰も意義は唱えません。「ああ、そうですね。賛成です。マイノ
リティーの人たちのことは、理解してあげないといけませんね。」と言う
だけだと思います。せっかくの発表が、かんたんに流れて行ってしまう。
一生懸命にやっているんだから、これで終わってはいけませんよね。みん
なの頭に焼き付いて離れないような発表をしないと。

思うに、聞いている一人一人に自分の問題として迫るものが必要じゃない
んでしょうか? 例えば、これは私の作ったへたくそなお芝居ですが、佐
藤美保さんが「ここに性同一性障害の人がいます。彼は、心は女性なんで
す。」と言って、ある男子生徒を立たせる。「で、この男性を好きになり、
二人は恋に落ちました。」と言って別の男子生徒を立たせる。そして、二
組の女子生徒・男子生徒を立たせ、「あなたたちは、この二人の両親です。
あなたたちは、この二人の恋を心から祝福することができますか? ゆく
ゆくは結婚して欲しいと思いますか? あなたたちの娘・息子になること
を認められますか?」と問う。

多分、答えられないと思います。私でも答えられません。まぁ、何も理解
してない人間の考えた芝居なので、この辺りで勘弁して下さい。我ながら
恥ずかしいです。芝居の不出来はお許し願うとして、つまり、聞いている
人の肌にまで迫るような問題提起をしないと、みんなの記憶には残らない
だろう、ということです。

長くなりましたが、あと一言。佐藤美保さんの文章は、本文も補足も、完
璧すぎるんです。無駄なく必要なことがきちんと順序立てて書かれている。
論文の試験なら間違いなく合格です。でも、ここでの相手は一般人です。
完璧すぎるから、とっかかりが無い。取りつく島もない、という感じです。
またしても気分を害してしまうでしょうが、このサイトでは、こういうテ
ーマだと、回答者が(多分、好奇心でしょうね)何人もついて、あれこれ
自分の思うところを書き込むんです。でも、この相談はきれいに回答者が
ついていない。隙がないからです。文句のつけようがないからなんです。

マイノリティーの佐藤美保さんが、隙を見せまい、反論を許すまい、完璧
な論理で相手を退けよう、と身構える気持ちは分かります。でも、それが、
反対する人の本音を押さえつけてしまい、その本音の火種はくすぶりつづ
ける…。佐藤美保さんは、今は一人の高校生ですから、大きな影響力はあ
りません。でも、いずれ大勢のリーダーになられるはずだ、今回の文章を
何度も読んだ私は、そう確信しています。その時に、ただ論理で押さえつ
けただけの火種がそのまま消えてしまうだろうか? いや、もっと大きな
炎になって襲うのではないか? 私はそう恐れます。それなら、最初に押
さえつけないで、丁寧に消してしまう努力をした方が良かったのではない
か? そんな風に思うのですが。…これは、47歳の年寄りが言うことで
すから、時間があるときに、ゆっくり考えて頂ければ良いです。

ともかく、ずっと苦戦は続くでしょうが、頑張って下さい。そして、マイ
ノリティーの立派なリーダーになって下さい。それでは!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

真剣に考えてくださり、本当にありがたいです。わかりやすい説明と具体例、私の欠点など、今後生かすべき点が多くみつかりました。
身構える、と言われて気づきました。恐らく私も怖いのでしょう、間違っていると指摘されたり攻撃されたりすることが。その点を理解し、私の警戒をほどくように語りかけてくださった回答者様の、相手を理解し寄り添う力は学んでいく必要があるものだと強く感じました。

私は、恥ずかしいことに、マイノリティの側にたって考えることばかりを考え、ヘテロの立場の方が問題の当事者になる可能性があることをすっかり忘れていました。ヘテロの方からしたら、ヘテロの立場に寄り添って問題に迫ってもらった方がわかりやすいですよね。

芝居の案、とても良いと思います。是非採用させてください。
ミニゲームと称して、親や友達などそれぞれが様々な立場にたって思うように演じてもらうというのをやってみようと思います。

お礼日時:2016/10/13 00:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング