教えて!gooにおける不適切な投稿への対応について

まもなく、鉄道コレクション京阪電鉄2600系がAセットとBセット各3両づつ販売されますが、実際の編成も3両だったんですか?また3両でないのなら、どのように組み合わせれば実際の編成を再現できますか?

gooドクター

A 回答 (4件)

書き忘れていますが、26××が出町柳向きの、28××が淀屋橋向きのそれぞれ先頭車となります。



3連で組むときは、そのルールに沿って中間にくる車両は動力車となる2600~2700を26××の次位に、向きをあわせて連結させるのが現実的ですね。
28××~29××は付随車ですから、4連以上の編成の中間に組み入れることになります。

2連の場合はもちろん26××と28××のセットです。
    • good
    • 0

最後に4連です。



設計上は3連や2連でも走れますが、運用はありませんでした。
「京阪電鉄の2600系の編成について教えて」の回答画像3
    • good
    • 0

つぎに5連です。

「京阪電鉄の2600系の編成について教えて」の回答画像2
    • good
    • 0

平成23年3月当時の資料によると、2600系は7連×8編成、5連×3編成、4連×5編成、といった具合でした。



図では、斜めにカットされている車両が運転台側を示し、黒塗り車輪が動力台車、菱形はパンタの位置、車端のボックス形状は簡易運転台を、車間の“―”は永久連結器、同じく“×”印は密着連結器を示します。

まずは7連の例から。(ただし、後期型の2630番台の4編成は除外します。)
「京阪電鉄の2600系の編成について教えて」の回答画像1
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング