かにの標本を作りたいんですが、ホルマリンとかにつけると色が抜けますよね。色が残った乾燥状態の標本が作りたいんです。どうすれば作れるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ちょっと遅くなりましたが...


八谷昇・大泰司紀之「骨格標本作製法」北海道大学図書刊行会
に書かれていた方法を。

80%エタノールで1週間固定。
中性ホルマリンをエタノールに対し2.5%ずつ1週間から10日おきに5~6回加える。
1回目のホルマリンを加えた3~4日後に腹側から切開して内臓を出す。
ホルマリンによる固定により足が動かなくなった頃足の位置を固定。
最後に乾燥し台にはりつけ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。時間がかかるんですね。
がんばってみます。

お礼日時:2001/07/19 22:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカニの標本

飼っていたカニが死にました。標本にしたいのですがどのような種類の標本がおすすめですか?
あと、その標本の作り方も教えてください。

Aベストアンサー

簡単な所では
http://algae.blog64.fc2.com/blog-entry-82.html

Q昆虫標本から異臭が!

この夏、子供の夏休みの宿題に初めて昆虫標本を作って見ました。しかし、この雨続きのためで乾燥が十分でなかったのか、最近になって異臭が漂う様になり中にはカビが発生しているものもあります。せっかく子供もがんばって作ったのでなんとか良い状態に戻してやりたいのですが何か良い方法は無いものでしょうか?詳しい方のアドバイスをぜひお願いいたします。

Aベストアンサー

<作った標本はカブトムシ・クワガタ・トンボ・蝶・カミキリ、と、それぞれ少しずつですが、特にカブトムシとクワガタ(甲虫類)が臭いがひどく腹側にカビの生えているものがありました。

研究室で、乾燥がたりなくカビや腐敗臭がでた場合、以下の様な処理をしています。
バッタや蝶では使えませんが、甲虫類には、アセトンを使用して処理します。
エタノール(70%)で一度、カビをふき取りエタノールが乾いてから、さらにアセトンにつけてしまいます。(密封できるガラス瓶に1/3ぐらいアセトンを入れる)アセトン無いときは、ベンジンでやっている人もいたようです。

エタノール70%は無水アルコール(99%)を薬局で買って、精製水で70%になるように割ります。消毒用のアルコールだと少し薄めすぎです。

こうすると、甲虫の表面の油じみの様なものも消えます。5~6時間程度つけ込み、出した後は、再度「たとう」に入れて再乾燥し、展足し直します。
乾燥は、密閉容器(プラスチックの米びつなど深さ30cm程度)に「水取ぞうさん」を1個いれ、1ヶ月ぐらい再乾燥させています。時々、中に入っている「たとう」を上下いれかえて乾燥にむらがないようにします。
標本箱に戻し、防カビ剤と防虫剤を入れます。

以上の方法では、すごく古い標本や、状態のすごく悪い標本では、分解する場合もありますが、ある程度のカビはおさえられます。

もともと、甲虫類は処理が悪いと独特のにおいがします。採集してから、展足する前に一度水洗いしてから標本にするための一連の作業をします。

トンボは腹部がやわらかく腐りやすいので、最初からアセトンで処理してから乾燥させ、腹部の形をよくするため中に麦わら状のものをいれて形を整えます。トンボの場合はベンジンでなくアセトンです。
アセトンは薬局にいって注文すれば、500mlが手に入ります。たしか、印鑑がいったような気がします。

昆虫の標本はどんなによく乾燥させても独特のにおいが残るようです。(博物館臭というか・・・・・)
いっぱい作っていると、鼻がなれて気がつかなくなりますが、たまに研究室にきた人に臭うといわれます。

<作った標本はカブトムシ・クワガタ・トンボ・蝶・カミキリ、と、それぞれ少しずつですが、特にカブトムシとクワガタ(甲虫類)が臭いがひどく腹側にカビの生えているものがありました。

研究室で、乾燥がたりなくカビや腐敗臭がでた場合、以下の様な処理をしています。
バッタや蝶では使えませんが、甲虫類には、アセトンを使用して処理します。
エタノール(70%)で一度、カビをふき取りエタノールが乾いてから、さらにアセトンにつけてしまいます。(密封できるガラス瓶に1/3ぐらいアセトンを入れる)...続きを読む

Qホルマリン漬け標本の処分方法

ホルマリン漬けと思われる標本があります。
これを処分したいのですが、どうしたらよいでしょうか?
また、これがホルマリン漬けである(アルコール漬けなど他の方法ではない)ことを簡単に確かめる方法はあるでしょうか?

Aベストアンサー

まず、ホルマリンかアルコールかを確かめれば?
臭いをかげばわかります。
中味はなんですか?極端な話、アルコール漬けで魚程度ならなんの問題もなく生ゴミで処分出来るでしょうし。
データがあり、価値があれば博物館が引き取りますがそういうものはたいていデータがありません。
中味と大きさを教えて下さい。

産業廃棄物の業者に言えば持って行ってくれると思います。価格もその程度なら1000円以内でしょう。

Qウニ・アサリなどの生物の飼育法

ライブロックを買ってきたら、なんと隙間にウニが入っていました。飼育方法がわからず、エサもどうしたらいいのかわかりません。現在はスズメダイが3匹ほど入った調整水槽にはいっています。
ウニってどうやって飼えばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ウニは海藻を食べます。
アサリは主に植物プランクトンを食べます。

生の海藻を入手できればそれに越した事は無いです。
または、塩蔵ワカメ、乾燥海藻などを水で戻して与えます。水中を漂わないように底に固定した方が良いです。

アサリはプランクトンを食べますので、観賞魚水槽での飼育は困難です。

Qテトラのカニを取るには

わたくし海釣りをする者です。 ご存知の方がいるとうれしいのですが、テトラに生息しているカニをできるだけ簡単に効率よく取る方法ってないものでしょうか? クロダイのエサになるサイズのものを20匹くらい取れればいいんですが。 良い方法や道具などご存知の方いましたらなんなりとお聞かせくださいませ。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

子供の頃良く獲りましたねぇ…あの頃は空き缶で捕まえましたけど、あの頃の経験が磯釣りや波止釣りで活きてくるんです。
まず用意するものはバッカンや折り畳みバケツなど深いものとラードやサラダ油などの油類、それに腐らせたサカナの肝や身。手順はまずバッカンやバケツの内側のヘリに沿って油をたっぷり塗ります。そしてサカナの肝や身を入れて2.3時間放置します…テトラの場合凹んで影になっている所に置くと良いですね。で、2・3時時間放置したらバケツの中はカニがいっぱい、臭いに誘われたカニがバッカンの中に入るけど内側のヘリは油で滑って逃げ出せない、というわけ。
数を稼ぎたければ数箇所に設置しておくとワラワラ獲れますのでお試しあれ。

Q海で拾ってきたヤドカリの飼い方を教えてください

こんにちは。

昨日主人と娘たちが潮干狩りに行き、取ってきたアサリの中にヤドカリ(おそらく海ヤドカリだと思います)が4・5匹混じっていました。
娘たちが「せっかくだから飼いたい」と言いますので、空いていた17cmのプラケース(?)に砂、海水、ワカメ、一緒に拾ってきたカキの殻、庭の石等を入れています。
水深は6cm、砂の厚さは1cmくらいです。

海水は昨日の潮干狩りの際に汲んできたのもです。
エアレーションも一応しています。
フィルターはしていません。

淡水の熱帯魚は2つの水槽を飼育しているのですが、海水はした事がありません。
今入っている海水は何時までそのままで良いのでしょうか?
換水するとしたら、ペットショップで海水の素を買ってこようと思っていますが、それでよいのでしょうか?

その他、アドバイスがありましたら教えていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も近くの磯で採取したヤドカリを1年以上飼育しています。
海水魚水槽のコケ取りと残り餌の処理用に入れて有りますが、結構可愛くて面白いですね。

熱帯魚飼育の経験がお有りでしたらご存知かと思いますが、濾過をしないと猛毒アンモニアの発生で中毒死が考えられますので、せめて投込みフィルター(500円前後)でも入れたほうが良いと思います。

ショップで人工海水を購入される時は比重計も一緒に買われ、海水の比重と同様の1.023の濃度にしてください。

水換えの頻度は餌の種類によって水の汚れ具合が違いますので、一概に言えませんが、貝類などは残り餌を必ず掬い出すか、海藻類を主体で与える様にしたほうが水の汚れは少ないと思います。

餌の成分のたんぱく質が水中に入ると、水面の泡が消えなくなります。こうなると1週間以内にでアンモニアが発生しますので、その前に水換えすれば大丈夫かと思います。

餌は生アサリが大好物ですが、そのまま入れると雑菌がついているので一度冷凍すると良いです。次に軟らかい海藻類、慣れると熱帯魚用のフレークフードも食べます。

長期飼育のポイントは餌より水質の管理である事は間違い有りません。
可愛がって上げてください。

こんにちは。
私も近くの磯で採取したヤドカリを1年以上飼育しています。
海水魚水槽のコケ取りと残り餌の処理用に入れて有りますが、結構可愛くて面白いですね。

熱帯魚飼育の経験がお有りでしたらご存知かと思いますが、濾過をしないと猛毒アンモニアの発生で中毒死が考えられますので、せめて投込みフィルター(500円前後)でも入れたほうが良いと思います。

ショップで人工海水を購入される時は比重計も一緒に買われ、海水の比重と同様の1.023の濃度にしてください。

水換えの頻度は餌の種類...続きを読む

Qドンコの飼育について

今年の夏に渓流でドンコを捕まえて飼育しています。
餌はメダカを与えていますが、だんだん体も大きくなり昔は10匹が3~4日持ったのですが、
今では20匹を1~2日程で完食です。体長は10cm近くあります。
平日はショップに行ないため、土日餌をあたえて残り5日は絶食状態になっていますが
問題ないでしょうか?

あと、当初はいろんな魚を混泳させたかったのですが、すべて食べられ
大型の魚もボロボロにされて、あきらめて混泳させるのは餌と割り切ったメダカだけに
なりました。やはり単独飼育しか無理でしょうか?

その他に、何か適切な飼育方法についてアドバイス頂ければ幸いです。
宜しくお願いします

Aベストアンサー

飼育可能数は、水槽の大きさ次第です。
私は、ドンコの親戚で、性格もドンコと同じチチブを飼育していました。
チチブを選んだ理由は体長が10cm前後だから。

ドンコは25cm程度まで成長するので、60cm水槽では2匹程度が飼育の限界となります。
ドンコを複数飼育する場合の条件は3つ。
・水槽内に流木や土管、割れ鉢などを多数設置し、縄張りが明確に分かれるようにレイアウトすること。
・ドンコ同士の視線が衝突しないようにレイアウトすること。
・一緒に飼育するドンコの体長を合わせること。
以上は、チチブの飼育から学んだ事です。

他種との混泳の場合、90cm以上の水槽が必要になります。
ドンコよりも一回り大きな上中層魚とならば、比較的トラブル無く混泳出来ます。

> 餌はメダカを与えていますが、だんだん体も大きくなり昔は10匹が3~4日持ったのですが、
> 今では20匹を1~2日程で完食です。体長は10cm近くあります。
> 平日はショップに行ないため、土日餌をあたえて残り5日は絶食状態になっていますが
> 問題ないでしょうか?
・問題はありません。
ですが、週に一回20匹与えるよりも、週に二回7匹~8匹与える方が、餌の量が減少し飼育水の汚れも減少するので、私はオススメします。
これは、肉食魚(=フィッシュイーター)を育てる上でのテクニックでもあります。

フィッシュイーターは、自然界では、いつも、餌を食べられるわけでは無いので、食べられるときには一気に食べます。
しかし、栄養を吸収する消化器の吸収効率は、腹一杯(=血糖値が上昇する)になると低下してきます。
このため、大量の餌を一気に食べると、吸収率が低下してしまうのです。
それならば、週に2回の給餌にして、一回の餌の量を減らしてもドンコにとっては同じ、またはプラスになるわけです。

飼育上の注意点
1・濾過設備。
毎週、20匹のメダカを捕食するわけですから、排泄物の量もバカになりません。
メダカ20匹分の有機物を分解出来る強力な濾過設備が必要です。
ドンコは渓流に生息する魚ですから、水槽内の水流は多少強くても問題ありません。
必要により、濾過器の強化(追加など)を図ることをオススメします。

2・餌に与える金魚
フナ色で誕生するが美しく色づく仕組みは「ビタミンB1破壊酵素(サイアミナーゼ)」の生成です。
金魚はビタミンB1破壊酵素を持つ魚です。
金魚ばかりを与えるとビタミンB1不足に陥る危険性があります。
餌金魚は、偶に与える分には問題ありませんが、主食には向かない生き餌です。

飼育可能数は、水槽の大きさ次第です。
私は、ドンコの親戚で、性格もドンコと同じチチブを飼育していました。
チチブを選んだ理由は体長が10cm前後だから。

ドンコは25cm程度まで成長するので、60cm水槽では2匹程度が飼育の限界となります。
ドンコを複数飼育する場合の条件は3つ。
・水槽内に流木や土管、割れ鉢などを多数設置し、縄張りが明確に分かれるようにレイアウトすること。
・ドンコ同士の視線が衝突しないようにレイアウトすること。
・一緒に飼育するドンコの体長を合わせること。
以...続きを読む


人気Q&Aランキング