「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

約款と契約書の違い

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

約款は 契約の条件等を書いたものです。


契約は それを了承したうえで 双方の合意です。もちろん 契約書に細かい条件を記載することもあります。
    • good
    • 1

「契約」とは、民法の契約自由の法則に則って、相対する2以上の当事者の間で意志が合致(合意)することです。

これにより、当事者間での権利や義務の関係を明確にする行為です。簡単には取り決めで、約束でもあります。口頭でも成立しますが後の争いに備えて文書(契約書)にすることが多いです。

「約款」も契約書のひとつですが、日常的な頻繁にある契約行為のため、あらかじめ標準的な契約書を作っておき、これに基づく合意で契約成立とするものです。保険、電気、水道などの他、銀行や宿泊施設、航空機など運送サービス、その他で一般的で、その業界を管轄する主務官庁がその骨格を作りますが、それぞれの当事者が部分的に修正して使うことが多いです。

それぞれは、箇条書きのような条項で文章表現をします。
また、一般的には争いが起こった場合の管轄裁判所も指定します。
    • good
    • 1

毎回個別に内容を決めるのではなく、前もって契約内容を決めて公開しているものが約款です。

殆どの場合は監督官庁の許認可を得るか官庁の定めた標準約款です。

契約書は契約したことを記した書類のことです。
    • good
    • 0

同じです。


前者は、主務大臣の認可の基の契約書です。(バス電車、水道電気等)
他に契約書内の条項を「約款」と言う場合もあります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング