アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

医療費の自己負担を増やさないとした時のメリットとデメリットを教えてください。

A 回答 (1件)

・メリット


自己負担が増えない

・デメリット
国庫負担増で税金が増える

病人にはお得で、健常者は大損。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高齢者の医療費負担増、賛成ですか?反対ですか?

財政制度等審議会は社会保障費の増大を経済成長に見合った伸び率に抑えるため老人医療費の自己負担原則1割を3割に引き上げるように提言しました。そこで皆様の意見もお聞きしたいです。個人的には現在の医療制度を維持するためには必要だと思います。高齢者の薬剤一部負担金が無かった(老人は無料で薬がもらえた)頃に薬価1万円以上する褥瘡の薬をある年寄りに処方しました。‘少量で効果があるので大切に使ってください‘と説明しているのにもかかわらず2日で使い切り‘たくさんつけた方が効きそうだから、あと3本くれ‘とやってきました。その時はレセプトで削られちゃうかな、と思いながらももう一本出しましたが老人の薬剤一部負担金ができてからは‘もういらない‘との事です・・・。定額制(外来は一回840円、月2回以降負担無し)だったころは昼、夜中問わず呼びつけられましたが1割負担になってからは減りました。良いか悪いか人間はそういう生き物です。宝くじで10万円当たればどこか旅行に行こうか、おいしい物でも食べようかと考えますが、自分の労働の対価として得た10万円でしたらそうおいそれと使わず貯金しよう大切に使おうと考える人の方が多いのではないでしょうか? また若い世代にこれ以上負担をかけるのもどうかと思います。いかがでしょうか?

財政制度等審議会は社会保障費の増大を経済成長に見合った伸び率に抑えるため老人医療費の自己負担原則1割を3割に引き上げるように提言しました。そこで皆様の意見もお聞きしたいです。個人的には現在の医療制度を維持するためには必要だと思います。高齢者の薬剤一部負担金が無かった(老人は無料で薬がもらえた)頃に薬価1万円以上する褥瘡の薬をある年寄りに処方しました。‘少量で効果があるので大切に使ってください‘と説明しているのにもかかわらず2日で使い切り‘たくさんつけた方が効きそうだから、あと...続きを読む

Aベストアンサー

日本の薬の消費量は世界の1/3らしいです。
必要量を超える莫大な薬が処方され、大量に捨てられています。

それは、自己負担の額が小さいことが原因となっています。

元々財布は一つです。
総額を抑制することが、トータルとしての医療費を下げることになります。

自己負担は上げるべきです。
生活保護者等生活困窮者への手当は別の方法で行うべきです。

Qアセチルコリンの子宮における平滑筋収縮について

何度も勉強しているのにいつもいつも忘れます。おそらく根本的に理解できてないと思うのですが、教科書をみても疑問がはれないので教えてください。まず、アセチルコリンってどういうふうに働くのでしょうか??副交感神経ではムスカリン作用を示す。と書かれていたのですが、子宮は副交感神経支配は弱いはずですよね?それなのにムスカリン作用をしめすのですか?
アセチルコリンを入れると子宮は収縮するのはどうしてなのでしょうか?
他の部位での平滑筋は弛緩するのに…なんか混乱しています。
基本から教えてください!
もうひとつ教えていただきたいのが、塩化バリウムは子宮収縮作用があると思うのですが、作用機序を教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

神経終末より遊離されたアセチルコリンはシナプス後膜にある受容体と結合し生理作用を起こします。
受容体にはニコチン受容体とムスカリン受容体があり、結合するとそれぞれニコチン様作用、ムスカリン様作用を示します。
ニコチン様作用は骨格筋や神経節における刺激作用で、ムスカリン様作用は副交感神経支配器官における刺激作用です。

アセチルコリンを投与すると、通常遊離されるアセチルコリン以上のアセチルコリンが受容体に結合するわけですから、副交感神経が弱くても、副交感神経が優位に働くのでムスカリン様作用が出るのだと思います。静注したアセチルコリンは直接受容体に結合し、副交感神経が興奮したような反応が見られます。

アセチルコリンの作用についてですが、血管には内皮細胞があるため、少し混乱しがちです。

血管では、まずアセチルコリンは血管内皮細胞のムスカリン3受容体に結合します。

ムスカリン3受容体刺激→Gqタンパク活性化→ホスホリパーゼC活性化→イノシトール3リン酸生成→CaプールからのCa遊離、CaチャネルからのCa流入→Ca濃度上昇→カルモジュリンCa複合体形成→NO合成酵素活性化→LアルギニンからのNO遊離

この反応が血管内皮細胞内で起こります。ここで生成されたNOは血管平滑筋に移動します。

NO→グアニル酸シクラーゼ活性化→cGMP生成→プロテインキナーゼG活性化→Ca排出ポンプ活性化、Kチャネル開口によるCaチャネルの閉口→Ca濃度低下→血管平滑筋の弛緩

子宮平滑筋では、アセチルコリンは子宮平滑筋のムスカリン3受容体に結合します。

ムスカリン3受容体刺激→Gqタンパク活性化→ホスホリパーゼC活性化→イノシトール3リン酸生成→CaプールからのCa遊離、CaチャネルからのCa流入→Ca濃度上昇→子宮平滑筋の収縮

ちなみにCa濃度が上昇するとカルモジュリンCa複合体というものが生成され、これがミオシン軽鎖キナーゼを活性化し、ミオシンとアクチンの結合が起こるので筋肉が収縮します。

Ca、Kはそれぞれイオンと思ってください。NOは一酸化窒素です。

血管では内皮細胞ではCa濃度が上がっているけど平滑筋では低下するので結局血管平滑筋は弛緩するので血管は拡張します。子宮以外では弛緩ではなく、血管以外では収縮するという考え方のほうがいいと思います。

アセチルコリンは心臓しも作用しますがムスカリン2受容体に作用、Giタンパクを介した反応経路なのでまた反応は違います。教科書みれば分かると思います


塩化バリウムは解離したバリウムイオンが細胞内に流入して平滑筋内Ca貯蔵部位に作用し、Caを遊離させることによってCa濃度を上昇させるため子宮は収縮します。Caとバリウムイオンが置換するイメージ
でいいと思います。

細胞内のことについてはいろいろややこしいので薬理学の勉強ならこれでいいと思います。

神経終末より遊離されたアセチルコリンはシナプス後膜にある受容体と結合し生理作用を起こします。
受容体にはニコチン受容体とムスカリン受容体があり、結合するとそれぞれニコチン様作用、ムスカリン様作用を示します。
ニコチン様作用は骨格筋や神経節における刺激作用で、ムスカリン様作用は副交感神経支配器官における刺激作用です。

アセチルコリンを投与すると、通常遊離されるアセチルコリン以上のアセチルコリンが受容体に結合するわけですから、副交感神経が弱くても、副交感神経が優位に働くので...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報