位置情報で子どもの居場所をお知らせ

仕入先A社(請求先)より
請求書の社名A社と、納品書の社名B社と異なるがOKかと質問を受けました。

もちろん原理原則ダメだと思うのですが、明確な解釈がありません。

請求先からの依頼理由は、
納品受注窓口が別会社B社でされているため、その会社名でおこないたい。
請求書は通常どおりA社でおこなう。

商流以外にもA社を納品時は表示出来ないということもありそうです。
ただ、会計上納品請求が一致しないということはやはり駄目ですよね?

当然のことなのですが、言語化された情報もなく困っています。
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

納品書は請求書ではないので、支払いにおいては請求書は主になります。



納品書は誰が(A社?B社?)何を何個納入したか?
という明細書です。

ですから別会社のB社が直接納入したのであれば、B社の納品書であるべきです。


弊社でも現実にあるのは。


弊社からA社へ発注

A社から製造会社B社へ下請け発注

B社からA社倉庫を介さず直接納入


この場合は、弊社にあるのはB社名の納品書になります。

B社がメーカーで、宅急便などでメーカー直送の場合もあります。


これがダメだと言われれば…A社から改めて納品書を頂くしかないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

納品自体はおっしゃるとおり、宅配や業者がおこなうことは多いですね。
ただ、それはあくまで納品明細や指示をもらったものと解釈をしていて、A社との取引における納品書はA社から出ないとやはりおかしいですよね。

配送業者B社との納品トラブルがあっても、
実際の取引自体はA社となのですから。

やはりA社と改めて契約または、納品書を受けるしかありませんね。

ありがとうございました。

お礼日時:2016/10/17 12:00

2社は別会社であると思いますね。


業種が不明なので、例でいいますと。

B社は委託者(A社の雇われ)
A社が大元で、B社(個人かも)に委託で対応させている。
だから、B社はあなたの依頼を担当した証拠として、B納品書が必要。
A社は、請求内容をみてB社の業務であることを確認する。

※B社で請求書がをつくると、個人かもしれない委託先がお金の管理をして
A社に支払うという風になるので、これだと立場上ありあえないということになります。

ですから、上記のような事情である場合なら、なるほどと思うけど、
B社と契約がきれるとか、トラぶったときに、あなたの請求書が巻き込まれる
可能性がありますよね。

契約書に、A社とB社の共同による、委託業務である、ということと
入金されるまでの、詳細を明記されたものがあれば、
法的に守られるものと思います。

※最低限、B社納品分ということを記述できる請求書をつくる必要があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

細かな環境背景などをお伝えせずに申し訳ありません。
はい、B社は委託業者のようなイメージです。

ご教示いただいたとおり、
どの時点でトラブルになるかわからず、
ある時点においては責任所在は不明瞭になりますね。

> 最低限、B社納品分ということを記述できる請求書をつくる必要があります。

参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/10/17 11:46

大切なのは契約上の位置づけを明確にすることです。



請求書と納品書の発行社名が同一であれば一番良いわけですが、諸般の理由でそれが異なるということですから、それを受け入れるためにはトラブル発生時に「責任」をとるのがA社かB社か明確にしておく必要があります。

そのために基本契約書的なもの(名称は覚書でも確認書でもよいですが)をつくり、あなたの会社とA社の間の受発注や請求、債権・債務に関する手続きや、納品時・請求時のトラブル発生時の責任等について明らかにして両社が納得していれば良いのではないですか。

先方の都合による異例扱いだから、A社からの依頼という形を取った方が良いかも知れませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

そうですね、責任所在が明確ではありませんね。
もし、どうしても必要であれば万が一に備えた書面は必要ということですね。

相互での合意を何らかの方法で担保するということ。
参考になりました。

お礼日時:2016/10/17 11:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q請求書の宛先について

教えてください。

私の会社では複数の会社の経理をしています。
例えばA社宛ての請求書をB社で処理、支払をしても問題はないのでしょうか?
B社で立替金 100 / 現金 100
という仕訳をたてて後日A社に請求。

このようなやり方で問題があるのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「私もなんとなくそう思うのですが、まわりの人に説明するときにどういう風に問題があるのかを説明できません。
もしご存知でしたら、どういうところで問題が出てくるのか教えていただけますか?」
 somewhereさんからzorroさんへの問いかけに割り込むようで気が引けますが、どういうところで問題が出てくるか、お話します。

 他社の債務を勝手に払うのは、民法の債務引受に該当します。債務引受は、債務者の意思に反して勝手に行うことは出来ません。
 たとえば、A社に納品された代金を、返済が滞っている貸付金と相殺しようと思っていたのに、B社が勝手に払い、立替金として後日A社に請求したら、クレームになること必至です。somewhereさんも、そういう事故を避けたいのでしょう。

 ただし、このA社宛請求書ではA社が債務引受を承認しているか不明なので支払い処理できないと伝えると、口頭でA社は承認しているから大丈夫なんて答える担当者なんて、世の中にはザラにいます。

 そこで、提案させていただきます。
 A社宛の請求書なのに、B社がA社に代わり支払う場合は、A社からB社宛の支払依頼文書に基づき処理し、付属資料としてA社宛請求書を添付するというルールを設定しては如何ですか?
 依頼文書は、ワープロで定型フォーマットのテンプレートを作って構いません。どの請求書か特定できる部分(請求元、金額、請求内容など)を記入し、A社からB社に立替払いの上、後日、A社宛に立替金を請求してくれとの文言があり、しかるべき権限のあるA社担当者の記名捺印があれば充分でしょう。(請求書はその付属資料として添付してもらう。請求書添付がない場合は当然不可)
 B社は、A社宛請求書に基づき支払うのでなく、A社からB社に対する支払依頼文書に基づき支払うのですから、会計処理上も問題は生じません。
 これで如何でしょう?
 
 somewhereさんが、このルール作りを提案しても黙殺されてしまうというのであれば、関与先の会計事務所さんに打診し、会計事務所さんからの改善要望にしてもらえばよろしいと存じます。

 なお、「私の会社では複数の会社の経理をしています」が、グループ会社の事務代行を行っているのではなく、経理処理を代行するアウトソーサーである場合は、A社に代わりB社名で支払うことは、絶対ダメなのは申すまでもありません。
 
 zerroさん、しゃしゃり出て、失礼しました。
 

 

「私もなんとなくそう思うのですが、まわりの人に説明するときにどういう風に問題があるのかを説明できません。
もしご存知でしたら、どういうところで問題が出てくるのか教えていただけますか?」
 somewhereさんからzorroさんへの問いかけに割り込むようで気が引けますが、どういうところで問題が出てくるか、お話します。

 他社の債務を勝手に払うのは、民法の債務引受に該当します。債務引受は、債務者の意思に反して勝手に行うことは出来ません。
 たとえば、A社に納品された代金を、返済が滞って...続きを読む

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q契約書の契約者名について

取引先企業と秘密保持契約を締結しようと考えております。この時契約者名が代表取締役でなく部長名での契約でもこの契約は法律的に有効となるのでしょうか?
有効な契約の締結者名はどういう役職・肩書きの者でなければいけないのでしょうか?
法律のご専門の方にお教え頂きたいと思います。根拠もお教えいただければ幸いです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

もともと契約書が必要な契約というのは、法律で様式が決まっているような一定のものに限られており、口答で約束した段階で、契約自体は有効に成立しており、誰が当事者になろうが、関係ありません。

但し、契約の当事者が契約の有効性を問題にしたときに、証拠になりますので、契約書を締結するのです。

また、法人は法人の契約を執行する生身の人が必要ですから、「代表取締役」に任命された人(普通は代表取締役社長ですが、大きな会社の中には複数の代表取締役がいる会社もあります)のみが、会社を代表して権利義務を行使することができるようにしており、それを登記しています。

従って、代表取締役ではない人が当事者になっている場合には、代表権がない人が印を押しており無効だという抗弁もありえますが、一方で、無効の抗弁をされた相手方は、権限があると信じたことに理由がある場合には、「表見代理」という原則があって、契約はやはり有効だということになります。

秘密保持契約自体は大きな金が直接動くという契約ではありませんから、双方が会社の大きさなども勘案して「同格」程度の権限者を当事者として契約を結べばOKですが、会社の帰趨を制するような大きなお金が動くような契約書の場合には、代表取締役同士で、しかも場合によっては、法務局に届けてある資格証明なども付けて契約すると、契約当事者に権限がないというような、つまらない紛争を回避することができます。

もともと契約書が必要な契約というのは、法律で様式が決まっているような一定のものに限られており、口答で約束した段階で、契約自体は有効に成立しており、誰が当事者になろうが、関係ありません。

但し、契約の当事者が契約の有効性を問題にしたときに、証拠になりますので、契約書を締結するのです。

また、法人は法人の契約を執行する生身の人が必要ですから、「代表取締役」に任命された人(普通は代表取締役社長ですが、大きな会社の中には複数の代表取締役がいる会社もあります)のみが、会社を代表...続きを読む

Q請求先の会社と支払いする会社が違う場合

取引している会社は、税金対策で複数の会社(個人経営も含む?)を持っているようです。
「○○社宛てに請求書FAXして。」と言われ、いつも○○社宛てに請求書をFAXしてますが、振込んでくる時の社名が請求書のあて先と違います。
しかも今回は、個人名で振り込まれてました。


素人経営者なのでこういうことがあると気になってしまうのですが、こういう事例は何か問題ありますでしょうか?


また、一部の業者は「郵便口座」で取引したがるのですが、これはどんな理由が考えられますでしょうか?


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>一部の業者は「郵便口座」で取引したがるのですが、・・・

送金する方でしたら、振込み手数料が安い。
入金して貰う場合ですと、ずっと以前からその口座を専用にされているのでしょう。
また、身内に郵便局員がいらっしゃるとか。


>請求先の会社と支払いする会社が違う

税金対策に付き合わされては困りますよね。
支払われる会社宛の請求書でなければ、先方においても矛盾するのではないかと思いますが。

Q『その旨を伝え』という言葉の意味&読み方を教えて下さい・・・・。

よくみなさん、
内容を言ってから、『その旨を伝えて~して下さい』
などと、文章で書いたりしていますが、

『その旨を伝える』という言葉の意味と、読み方がわかりません・・・・。

読み方は『そのむねを伝える』でしょうか?
意味は『その内容を伝える』ということでしょうか?

一度こんな言葉を使ってみたいものです。

すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご理解なさっている内容で間違いありません。

が、もし言葉の読み方や意味で悩んだら、一度辞書で調べてみては、と思います。
ネット上でもyahoo辞書などがあり、十分調べられます。

「旨を伝える」ですが、「伝える」の意味はご存じのようですから、
「旨」を調べてみて下さい。ネットなら読み方が分からなくてもコピー&ペーストでいけますね。
「旨」は(述べたことの)中心や趣旨となります。
単に中心という意味もありますし、質問者様のおっしゃるように「内容」という意味もあります。

ですから、例えば電話を受けていた人が「上司にその旨を伝えます」と言っていたら、電話の相手の言っていた内容を上司に伝えるということですね。

Q契約を結んでいる相手が合併等をした場合

例えば今契約を結んでいる相手Aが他の同業企業Bと合併して新しくCという企業になった場合、今Aと結んでいる契約書は読み替えを行ったりまたは新しい契約書を結びなおしたりする必要はあるのでしょうか?

契約を結びなおす等の対応を行っていなかった場合に、どのような問題が発生する可能性があるのかについて教えていただければと思います。できれば自分に不都合な問題点と相手にとって不都合な問題点とに分けて教えていただければ幸いです。

それと、こういう場合にはどのような法律を読めばいいのでしょうか?どのあたりに書かれているのでしょう?

ちなみに自分も相手Aもその他も全て株式会社です。

Aベストアンサー

合併の場合はさほど問題ではないです。

合併の場合、債権債務は法律上当然に、存続会社に承継されます。

会社法に書いてあります。

第七百五十条  吸収合併存続株式会社は、効力発生日に、吸収合併消滅会社の権利義務を承継する。

上は株式会社が存続する吸収合併の場合の条文ですが、その他の合併の場合でも基本的に同じです。上記の周辺の条文を読んでください。

権利義務を承継する、ということは、それまで結んでいた契約書上の地位も、自動的に移る、ということです。

したがって、別段、読み替えのための新契約や当事者を書き換えた契約書を結ばなくても、今までの契約は存続会社・新会社との間で有効に生き続けることになります。

商号の変更は契約書上の権利義務に何ら影響を与えません。

実務的には、混乱を避けるために、タイミングを見て契約書を巻きなおしたり、更新の際に合併があったことを契約書に入れ込むというようなことを行うこともありますけれどもね。


なお、合併と似て非なるものとして事業譲渡があります。この場合は債権債務は当然には移転しないので、よく確認する必要があります。

合併の場合はさほど問題ではないです。

合併の場合、債権債務は法律上当然に、存続会社に承継されます。

会社法に書いてあります。

第七百五十条  吸収合併存続株式会社は、効力発生日に、吸収合併消滅会社の権利義務を承継する。

上は株式会社が存続する吸収合併の場合の条文ですが、その他の合併の場合でも基本的に同じです。上記の周辺の条文を読んでください。

権利義務を承継する、ということは、それまで結んでいた契約書上の地位も、自動的に移る、ということです。

したがって、別段...続きを読む

Q「赤伝」の処理や返品の場合の請求書について

私(A)は雑貨を輸入して、問屋さん(B)や、または直接小売店(C)などへ卸している事業者です。
小売店(C)に送った商品の中から不良による1個の返品がありました。
これに関する納品書や請求書の記載に関する質問です。
1. 現状のやり方では、次回注文をもらった際に小売店宛てに、注文数よりも1個多く送って前回の不良品の代品とし、その1個は納品書の数量としては書かない、というものです。
でも正式には、どのようなやり方をすればよいのでしょうか?

2. 以前、別の問屋さんから、同様の場合に『「あか伝」をきりますから・・・』と言われたことがありましたが、結局特にあかでんらしきものは送ってきませんでした。
あか伝とは「返品する際の伝票」だと思いますが、不良品を受取った側が発行するものなのでしょうか? それとも不良品を発送してしまった側が発行するものなのでしょうか?
その際、罫線が赤色になっているなどの専用伝票があるのでしょうか?または、文字を赤くする決まり事などあるのでしょうか?
3. 輸入者(A) → 問屋(B)
  問屋(B) → 小売店(C) という2系統で商品や請求書を送っている場合について質問します。
小売店(C)から不良品発生の連絡が(B)または(A)にあったとして、最初にこの3者のうち誰が、どのような伝票を発行して、次にどのように進めていくのが正しいやり方なのでしょうか?
(月末締めの請求の場合などで、月末に不良品の返品があったりすると、Aが Bに提出するのと、 Bが Cに提出するのとが違う月になったりする場合もあるかと思います。)

私(A)は雑貨を輸入して、問屋さん(B)や、または直接小売店(C)などへ卸している事業者です。
小売店(C)に送った商品の中から不良による1個の返品がありました。
これに関する納品書や請求書の記載に関する質問です。
1. 現状のやり方では、次回注文をもらった際に小売店宛てに、注文数よりも1個多く送って前回の不良品の代品とし、その1個は納品書の数量としては書かない、というものです。
でも正式には、どのようなやり方をすればよいのでしょうか?

2. 以前、別の問屋さんから、同様の場合に『「あか...続きを読む

Aベストアンサー

経理では、赤伝とはマイナス、黒伝はプラスの意味で使われます。

1の場合は、請求書はそのままの場合
交換時期が請求書の前とか、交換が確実早期にできる場合などには交換で処理する場合が多いです。

2は赤伝とは、返品として処理すると言う意味とか思います。
今月の請求書に返品X個XXX円と記入して請求金額を減らし、代替品を納品した時点(当月中でも可)で、その分を改めて売上として請求書にのせて欲しいと言っていると思いますが。。。


3AとB BとCは直接の関係は無いと思います。それぞれの間で、1、2どちらで処理するかをそれぞれ話し合えば良いと思います。

2の方が物の動きに連動するのでトラブルが少ないと思います。

Q契約書の印紙税は、どちらが支払うの?

契約書の印紙税は、どちらが支払うの?

2者で契約書を2部作成し、共に持つという時があると思います。
収入印紙は、誰が、いつ貼るのでしょうか?
出来上がった後に、双方がそれぞれ貼るのでしょうか?

収入印紙を貼るべきところを貼っていないと、3倍の税額となる
と思いますが、相手の持っている契約書に貼っていない場合は、
自分にも課されるのでしょうか?


また、1つの契約書(印紙あり)をコピーして、原本をA、コピーをB
が持つとします。
これって有効ですか?そもそも印紙のついたものをコピーするのは、お金を
コピーするように法律違反ですか?

Aベストアンサー

> 収入印紙は、誰が、いつ貼るのでしょうか?

そもそも契約書が完成していなければ印紙をはる必要はありませんから,「出来上がった後に」です。
誰が貼るのかは,作成した人がはるのです。 当事者が2人であればどちらが貼っても良いし,両者で負担しても良いのですが,業界の慣行でどちらか片方が貼ることになっている例は多いです。

> 相手の持っている契約書に貼っていない場合は、自分にも課されるのでしょうか?

印紙を貼って消印をする義務があるのは,作成した人です。そのような契約書があれば両者の連帯責任です。両者の間の負担割合は両者で決めることであって,国に対しては連帯責任です。

> これって有効ですか?そもそも印紙のついたものをコピーするのは、お金をコピーするように法律違反ですか?

印紙があろうが無かろうが契約の有効性には関係がありません。またコピーは課税文書ではありませんから印紙をあらためてはる必要はありません。ただし「契約当事者の双方又は一方の署名又は押印があるもの」や,「正本等と相違ないこと、又は写し、副本、謄本等であることの契約当事者の証明(正本等との割印を含む。)のあるもの」であって「文書の所持者のみが署名又は押印しているもの」でないものは課税文書ですから,コピーにも印紙が必要です。
印紙のコピーは違法です。しかし「印紙に紛らわしい外観を有する物」とされないようにすれば違法ではありません。しっかり消印がされていれば多分大丈夫なんじゃないでしょうか。だめそうなものなら,普通のコピー機はコピーできないようになっているか,コピーしようとすると警告を発しますよね。

> 収入印紙は、誰が、いつ貼るのでしょうか?

そもそも契約書が完成していなければ印紙をはる必要はありませんから,「出来上がった後に」です。
誰が貼るのかは,作成した人がはるのです。 当事者が2人であればどちらが貼っても良いし,両者で負担しても良いのですが,業界の慣行でどちらか片方が貼ることになっている例は多いです。

> 相手の持っている契約書に貼っていない場合は、自分にも課されるのでしょうか?

印紙を貼って消印をする義務があるのは,作成した人です。そのような契約書があれば両者の...続きを読む

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。


人気Q&Aランキング