最新閲覧日:

土地の名義変更、相続について。
先日、亡くなった父の兄、叔父さんから、父親と兄のお父様、私から見ておじいさまの名義になってる土地があるのでそれを自分たち(お兄さん)のしたいというようなことを言われました。
つまり私たちに相続放棄しろということだと思いますが、全く土地関係について無知なのでいくつか教えていただきたいのですが、

相続の権利は私の父だけでなく、おじいさまの子供全員にあるのでしょうか?伯父さんは相続権がある全員に同意をもらわなきゃいけないんですよね。

相続放棄を断った場合、どうなるのでしょうか?そもそも、一番に相続する権利があるのは誰なのでしょうか。
自分たちのものにしたい人同士が現れた場合、相続する人を誰が決めるのでしょうか。

文がまとまっていなく申し訳ありません。土地のことなんて何知らないのにいきなりこんなことに巻き込まれてとても不安です。
ぜひぜひ教えていただければ嬉しいです、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

この文章では姻戚関係が不明です。


>亡くなった父の兄、叔父さんから、
死んだ人に言われたの?

もっと他人が見て関係が解るように書き直すべきですね。
    • good
    • 0

確認です、


質問者さんのお父さんは既にお亡くなり?、
おじいさんもなんでしょうか?、
おばあさんは如何?、

先ず、おばあさんが存命のとき、
おじいさん名義の土地の金銭価値の二分の一がおばあさんの相続分、
残りがおじいさんの子供達の人数で頭割りです、
次に、おばあさんもお亡くなりのとき、
子供の数で頭割りです、
ここで、質問者のお父さんが既にお亡くなりのときは、
お父さんが相続されるべき分はお子さんである質問者さんの兄弟・姉妹で頭割りです、一人なら丸々です、
質問者にも相続権が有ります、

質問者のおじさんが自分の物にしたいのなら、夫々の相続分をお金を払って買い取る必要が有ります、
それ抜きで自身の持分にする事などは出来ません、
そこで登場するのが相続放棄なんですが、
質問者は応じる必要は毛先程も有りません、
他の方が仮に応じたとしても譲る必要は有りませんから、
堂々と買取を主張すれば良いだけです、
それ以外に実印を押す必要は有りません、

自分の物にしたい人が何人出てきても全て金銭での解決です、

それ以外には有りません、

以上はごく大雑把に書き上げましたが基本ラインは間違ってません。
    • good
    • 0

>父の兄、叔父さんから…



親より上は叔父・叔母でなく、伯父・伯母ね。
匿名匿住所のネットだからどうでも良いですけど、実社会で間違えると恥をかきますので覚えておきましょう。

>それを自分たち(お兄さん)のしたいというようなことを…

ただで?
負債のほうが多いわけでなければ、ただで相続放棄する人など誰もいませんよ。
http://minami-s.jp/page021.html

>相続の権利は私の父だけでなく、おじいさまの子供…

祖父の持ち分・・・祖母および祖父母の子ども全員
伯父の持ち分・・・伯父の妻および伯父の子ども全員
父の持ち分・・・母およびあなたの兄弟全員

それでご質問は祖父の持ち分ですか。
祖父の子供のうち、祖父より先に旅立っている人がいればその子供 (祖父の孫) が代襲相続人となります。

祖父と父はどちらが先に旅立たれたのですか。
祖父が先なら、いったん父が相続しているという解釈になるので、母も相続人になってきます。
http://minami-s.jp/page008.html

>相続放棄を断った場合、どうなるのでしょうか…

ただで相続放棄などする必要はありません。
あなたの相続分はしっかり相続した上で、時価で伯父に買い取ってもらえばよいのです。

>そもそも、一番に相続する権利があるのは誰…

祖父と父はどちらが先だったのかによりますけど、とにかく前述した範囲の人が法定相続人で、順位は全員が一番です。

>自分たちのものにしたい人同士が現れた場合、相続する人を誰が…

全員で相談します。
「遺産分割協議」と言います。
http://minami-s.jp/page026.html

相続に関しては某司法書士さんの分かりやすいです。
(関係者ではありません)
    • good
    • 0

祖父が死亡していることはわかりました。



「亡くなった父の兄、叔父さんから、父親と兄のお父様、私から見ておじいさま」は、色々と解釈できる文章になってます。
例えば「あなたの父は生きてるが、父の兄は死亡している。父の兄とは別に「叔父さん」という人が存在する」という読み方もできます。それと「父」と「父親」は同一人物を指してますよね?
相続関係を説明する時は、事務的になりますが、A、B、Cとか甲乙丙という言い方をすると良いですよ。

祖父:W
祖父の子:AとB
Bの妻:Y
Bの子:C:ご質問者
としましょう。

Wが死亡したが、その遺産(不動産)がWの名義のままになっている状態で、Bが死亡した。
本来AとBで遺産分割協議をして、不動産の所有権名義を変更しておくと良かったのですが、その協議がされないうちにBが死亡してしまったというケースです。
この場合にはYとBの子がBの相続人として、Bの代わりに遺産分割協議に参加することになります。

AがW名義となってる不動産について「自分の単独所有にしたい」と思い、Cに相続の放棄を持ち掛けてきた、という事です。

Yは妻なので一人ですが、Cが複数の場合もあります。
その場合にはCの立場(Bの子という意味です。単数でも複数でも同じです)の人全員が「Wの名義となってる不動産についてA単独所有にすることに同意する」必要があります。



土地の事がわからないというよりも「相続」がわからないのだと存じます。ちょっと述べます。

人が死亡することを相続の発生と言います。
死亡した人を被相続人といい、残されたひとを相続人と言います(逆に覚えないように気をつけて)。

法定相続人は
1、被相続人の配偶者と子

2、被相続人の子がいない場合には、被相続人の配偶者と親(※)。

3、被相続人の親が死亡してるばあいには、被相続人の配偶者と被相続人から見た兄弟姉妹

(配偶者がいない人は、順番に「子」「親」「兄弟姉妹」となるわけです)


本例では、被相続人は質問者からみての祖父です。
祖父が死亡した際の法定相続人は「祖父の妻と子」です。
ご質問からすると祖母の方が祖父より先に死亡してるのだと思います(祖父よりも祖母があとで死亡してても、それほど回答に変化はないです)。

被相続人の孫が相続人になることはないわけです。上記の順番に孫はでてきません。

孫の立場の人が相続放棄を考えるのは、
1、孫なのだけど、祖父祖母と養子縁組をしてる。つまり「子」であり「孫」であるケース
2、祖父よりも、祖父の子の方が先に死亡してしまっているケース
があります。
2の場合の「死亡した人から見て孫が相続人になる」のを代襲相続といいます。

本例は代襲相続ではありません。
Wが死んだのちにBが死亡してるからです。
YとCはBの立場で、Aと遺産分割協議をするだけの話です。
既述ですが、Cが一名とは限りません。兄弟姉妹全員をCとしてます。





親が死んでいたら、親の親、親の親が死んでいたらその親と「祖先で生きてる人」を指します。大体は親か祖父祖母ぐらいが生きてる可能性があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報