【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

①秒速60mで飛ぶツバメ
②分速2kmで走るチーター
③時速210kmの新幹線

①~③の速さをくらべ、速い順に番号を並べましょう。


この問題の解き方をわかりやすく教えてください。
宜しくお願いしますm(__)m

質問者からの補足コメント

  • 小学生に分かるようにわかり易くお願い致しますm(__)m

      補足日時:2016/10/23 18:43

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

全て分速(m)にする。


1.つばめ60×60秒=3600m/分
2.チーター2km/分=2000m/分
3.新幹線210km=210000m÷60分=3500m/分

答え3,1,2
    • good
    • 5
この回答へのお礼

有り難う御座いましたm(__)m

お礼日時:2016/10/24 15:50

>解き方をわかりやすく教えてください。



No1、NO2の方の回答で解ったと思いますが、
この問題の様に、秒速、分速、時速と単位が違っている場合は
同じ単位に揃えてから比べます。
揃える単位はどれでも構いません。答えは一緒になりますから。

NO1の回答は、秒速にして比べています。
NO2の回答は、分速にして比べています。
ここであなたは、全部時速にして比べてみませんか。
1秒間に60m飛ぶツバメは1時間に何km飛ぶでしょうか。
同じ様にチーターも時速が解りますよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難う御座いましたm(__)m

お礼日時:2016/10/24 15:51

全て秒速にする。



ツバメは、60m/s。
チーターは、60秒に2*1000m走るので、2000/60≒33.3m/s
新幹線は、(60*60)秒に210*1000m走るので、(210*1000)/(60*60)≒58.3m/s

早い順番に、ツバメ、新幹線、チータ
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難う御座いましたm(__)m

お礼日時:2016/10/24 15:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水1リットルは何キロ?

変な質問ですが、水1l(リットル)は何kg(キログラム)っていう決まりはあるのでしょうか?
このような体積と質量の法則みたいなのがあれば教えてください。

Aベストアンサー

1Kgですね
水の比重1が基本です
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E9%87%8D

温度に酔って変わるようですが

参考URL:http://www.geocities.jp/leitz_house/benri/mitudo_hijyuu.html,http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AF%94%E9%87%8D

Q小学6年生の算数「比」についてお願いします!

すみませんが、分かり易い解き方はあるでしょうか?

問題:縦と横の長さの比が1:4の長方形があります。この長方形の周りの長さが30cmのとき、この長方形の面積は何cm2(平方センチメートル)ですか?

Aベストアンサー

小学6年って方程式使えませんよね・・・、困ったなぁ・・・。
力づくで解いてみましょう。
1.長尺と短尺を求める
  取りあえず、周囲の長さが30センチなのでその半分の15センチが、
  長尺と短尺の長さの和になりますよね。 即ち 
   長尺+短尺=15
  短尺と長尺の長さの比が1:4なのですから
   短尺=15×1/(1+4)=3
   長尺=15×4/(1+4)=12  (又は15-3=12)

  従いまして長方形の面積は
   短尺×長尺=3×12=36(平方センチメートル)
  こんなんで判りますか?

Q時速の計算 小6

「49km離れた所まで1時間24分。これを時速何kmか、分数で表記し計算しなさい」
というドリル計算なのですが、どう解きますか?

Aベストアンサー

どこを分数で表記するかで変わりますけど。
距離÷時間が速さですから、これに素直に当てはめると49km÷1時間24分=速さです。
ですが、時間が1時間24分では計算できないので分にしてしまうか時間にしてしまうしかないです。
ですから時間のところで分数を使うと言うことになるでしょう。
そうなると
49÷84/60となります。84/60を約分すると7/5ですから49割る7/5=35となり時速35kmとなります

Q21人中14人とは何パーセントになりますか?

低レベルな質問で失礼いたします。
掲題の計算式を教えていただけませんでしょうか?

よろしくお願いちあします。

Aベストアンサー

14÷21×100=66.666・・・・・
約66.7%ですね。

割合を計算する時は
対象の数÷全体の数×100で%の割合です。
塩水の食塩濃度だと
塩の量÷塩水の量×100で食塩水の塩分濃度が出ます。
塩が3g入った100gの塩水は3%の食塩水です。
こういった感じで計算できます。

Q比を簡単にする 分数:整数

テストが近いので、早めにお願いしたいです。
比を簡単にするという問題が、教科書に載っています。
分数:整数です。
問題: 5/1 : 2 を簡単にしよう。(5分の1対2)
全く解き方が分からないので、小学生でも分かるような説明の仕方で教えて頂けますか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単にする、と言うのは整数(1とか2とか50とか)にする、と言うことだと思います。なので、1/5と2にそれぞれ5をかけて、1と10にする、答えは1:10だと思います。

Q小学6年生速さの問題が分かりません。今日教えないといけません。

みなさん今日は、質問させてください。
小学6年生の子に今日は夕方から(速さ)を教えなければなりません。
普段英語を教えている者で、さっぱり忘れてしまいました。
以下問題です。

兄は100mを16秒で走り、弟は60mを12秒で走ります。
①1m走るのにかかる時間は、それぞれ何秒ですか?

②1秒間に走る道のりは、それぞれ何mですか?

③兄と弟では、どちらが速いですか?。

こちらの動画を参考に復習して、「ドラえもんの鈴」
を利用して挑んだのですが・・・
https://www.youtube.com/watch?v=S7YM1Sj_ww0

①を解いていきます。
かかる時間を求めるので、(じ)を指で隠すとみ÷は、
つまり道のり÷速さとなります。

兄は100m÷16秒=6.25mとなりました。
弟は60m÷12秒=5mとなりました。
しかしこれは、②の問題の式と答えになりました。
コレがなぜこうなるのか分かりません。

まず①の(かかる時間は何秒ですか)と②の(道のりは何mですか)
が鈴の(み・は・じ)のどれに当たるか分かりません。
②は道のりはと聞いているから、はxじ でしょうか?
もうこの辺から混乱して分かりません。
素人にも分かるように、お手数ですが教えて下さい。
宜しくお願い致します。

因みに①の式と答えは、下記の通りです。
兄 16÷100=0.16秒
弟 12÷60=0.2秒

③1秒間当たりに走る道のりが長い方や、1mあたりにかかる時間が長い方が、
速いと言える。
答え 兄

みなさん今日は、質問させてください。
小学6年生の子に今日は夕方から(速さ)を教えなければなりません。
普段英語を教えている者で、さっぱり忘れてしまいました。
以下問題です。

兄は100mを16秒で走り、弟は60mを12秒で走ります。
①1m走るのにかかる時間は、それぞれ何秒ですか?

②1秒間に走る道のりは、それぞれ何mですか?

③兄と弟では、どちらが速いですか?。

こちらの動画を参考に復習して、「ドラえもんの鈴」
を利用して挑んだのですが・・・
https://www.youtube.com/watch?v=S7YM1Sj_ww0
...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様の謎解きをします。

何故、皆一律に速さで考えたのでしょうか?

さて、結論から申し上げると、
① 1mあたりにかかった『時間』を求めています。
② 1秒あたりに進んだ『距離』を求めています。
⓷ 兄と弟は、どちらが早いかという『速さ』を求めています。
それを質問者は、全て速さで求めようと考えたから、わからなくなったのではないでしょうか?

速さ=距離÷時間なので
兄=100÷16=6.25
弟=60÷12=5  これは変わりません。
これが⓷の答えなので、
6.25>5 ですから、兄の方が速いということになります。


さて、話を元に戻すと、
① 進んだ距離:単位時間あたりに進ん距離=要した時間:求める時間
つまり、割合(比率)で考えればわかりますね。これは5年生の算数で教えていますから、わかると思います。

兄は 100:1=16:□
ですから、兄は100m走ったので、1mあたりのかかった時間を求めようとすると、1mは、100mの100分の1ですから、かかった秒数も、その100分の1となりますね。
∴兄 16÷100=0.16秒 ですが、これは、速さとは違います。
あくまでも、1m進むのにかかった時間です。
しかも、速さは変化することはありませんから、
0,16(時間)×6.25(速さ)=1(距離)mとなり、計算が合いますね。

同様に、弟は 60:1=12:□
ですから、弟は60m走ったので、1m辺りのかかった時間を求めようとすると、1mは60mの60分の1ですから、かかった秒数も、その60分の1となりますね。
∴弟 12÷60=0.2秒となるのです。

これも、1mあたりに要した時間になっているかどうかを、先の通り確認すると、
0.2×5=1m ですから、計算が合いますね。


②1秒間に走る道のりは、それぞれ何mですか?
これは、1秒あたりの速さですね。
兄は、16秒で100m走ったので、1秒はその16分の1
16:1=100:□
∴兄は100m÷16秒=6.25mとなりました。
同様に
弟は60m÷12秒=5mとなりました。
となります。ここまではOKです。

となると、
兄の場合
6.25(速さ=単位あたりに進んだ時の速さ)×16(時間)=100(進んだ距離)

同様に弟の場合
5(速さ=単位時間あたりに進んだ時の速さ)×12(時間)=60(進んだ距離)

これで計算が合っていますね。

⓷は上記の通りです。

つまり、ドラえもんの鈴を覚え込まずに、何が問われているのかを考えれば、割合で考えることができると思います。
その上で、ドラえもんの鈴を利用したら良いと思います。

問題によっては、多様な答えになる中途半端な質問があります。
例えば、4個のお菓子がありました。子供が2人います。同じ個数を食べるとしたら、一人何個食べられますか?であれば、容易に1人2個となります。ところが4個のお菓子があります。何人の子が食べられますか?となると、一人がどのくらい食べるかにより異なりますね。つまり、求められることは、いつも同じではないということです。思い込みは危険です。公式は、条件が揃わないと使えません。ですから、よく問題の意図を考えてから、使える公式があれば、それを用いることを教えてあげたら良いと思います。

質問者様の謎解きをします。

何故、皆一律に速さで考えたのでしょうか?

さて、結論から申し上げると、
① 1mあたりにかかった『時間』を求めています。
② 1秒あたりに進んだ『距離』を求めています。
⓷ 兄と弟は、どちらが早いかという『速さ』を求めています。
それを質問者は、全て速さで求めようと考えたから、わからなくなったのではないでしょうか?

速さ=距離÷時間なので
兄=100÷16=6.25
弟=60÷12=5  これは変わりません。
これが⓷の答えなので、
6.25>5 ですから、兄の...続きを読む

Q小学校6年生算数 速さの問題 式がわかりません

Q.時速36kmで走るバスに乗っている人が、ある橋をわたる時間をはかったら、55秒でした。この橋の長さは何mですか。

A.550m

式や解説がのっていません。
時速36kmを秒速に直して55秒をかけるなど、いろいろ試して考えたのですが、
答えが550mになるように式を立てられません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

36ってところで浮かびそうな感じですがw

まず1秒で進む距離を求めます

36km=36000m
1時間=3600秒(60分x60秒)
36000m/3600秒=10m/秒

1秒で10m進む事が分かったので

10mx55秒=550m


です。

Q0.5時間などの時間計算の方法

30分を0.5時間と言うときがあります。1時間を1と考えてその半分なので0.5というのは理解できます。では0.12時間とか0.74時間は何分になるんでしょうか?計算方法がわかりません。どのように計算すればよいでしょうか?

Aベストアンサー

30分が0.5時間と分かっているのであれば、それを式に直してみましょう

 30分÷60分=0.5時間

これは分かりますよね
では、0.12時間は?という前にこの式を少し変えてみます

 30÷60 = 0.5
 30÷60×60 = 0.5×60 (=の両側に60分を掛けます)
 30×1 = 0.5×60 (左の÷60が×60と打ち消しあって1になります)
 30 = 0.5×60

では、0.12時間は何分になりますか?
上の式に当てはめると、

 □=0.12×60

あっさり答えられますよね
同様に 0.74時間も計算できますよ


まだ分からないというのであれば、分数にすると分かりやすいかもしれません
  30
 ── = 0.5
  60
(自分はこの表現の方が好きですね)
あとはいろいろと考えてみてください

Q3キロを14分で走るとすると、時速何キロで走っていることになっています

3キロを14分で走るとすると、時速何キロで走っていることになっていますか?
計算式も載せていただけると助かります。

Aベストアンサー

その数字を見る限りで、分かりやすい計算でしたら

 時速にする前に、分速にする

と分かりやすいでしょう。
計算結果がちょうど良い数字なら問題ありませんが、割り切れないとか中途半端な数字になりそうなら式のままで
あとから時速に直してみましょう。

 3キロメートル÷14分=3/14 km/min

分速と言うのは1分間に進む距離だから、これを60倍すれば1時間で進む距離(時速)になりますよね。

 3/14 × 60 = 3×60÷14 = 90/7 km/h

この式をよく見てみると、他の人が答えてくれた式と非常に近いことが(ってか そのまんか)分かると思います。

Q小学生の算数:何通りかの計算

大変お恥ずかしいのですが『何通りあるかの計算』について教えてください。
小学5・6年で習ったのですが、20年近く経過して、すっかり忘れてしまいました。

1:『何通りあるかの計算』は、なんと言う名前なのでしょうか。

2:一般的な計算式を教えてください。
  赤・青・黄・白・緑の5色の色鉛筆が1本ずつあるとして・・・
  5色の色鉛筆を2本ずつ組み合わせた場合の式
  5色の色鉛筆を3本ずつ組み合わせた場合の式
  (10通りだと思うのですが、どういう式なのでしょうか)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.場合の数ですか?

>5色の色鉛筆を2本ずつ組み合わせた場合の式
 赤のパートナーになる色鉛筆は青・黄・白・緑の4色です。
 同様に青のパートナーもその他のパートナーも4色になります。
 それらを全て足すと20通りになります。
 しかし、赤青と青赤のように同じ組み合わせがあるので、2で割って10です。
 数学的に書きますと、5C2 = 10 となります。
 今回は小学5~6年で習う程度とのことなので、前者のやり方で良いのではないでしょうか。

>5色の色鉛筆を3本ずつ組み合わせた場合の式
 上記同様にカウントしてください。
 数学的には5C3 = 10 となります。


人気Q&Aランキング