痔になりやすい生活習慣とは?

ローテンションな人の長所と短所を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

長所 落ち着きがある 周囲に左右されない うるさくない


短所 ノリが悪いと思われる 盛り上がりに欠けるので誘いづらい
    • good
    • 1

長所


常温(普段のテンション)が低いため、少しくらいおこっても沸点(キレる)まではいかない。
感情に左右されることがない。

短所
暗い
興奮を共有しない
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテンション高いのが、きらいな人の心理

 具体的に書いたほうが分かりやすいので、具体例を挙げて書きます。

 1、たとえば、私が興奮状態で、「~~は良かった。楽しかった!」という話をすると、露骨に嫌がる人がいます。

 2、「テンションを常に上げて、生きていきたい!」というと、反発する人がいて、そういう人は理屈を並べます。たとえば、「テンション高いのがなぜいいのでしょうか。テンション低いほうが、冷静になり、いい仕事ができます。」というように、理屈をつくって、暗いほうへ話を持っていきます。

 (参考までに)実は、私も、テンション高い人の話を聞くと、テンションについていけなくて、暗くなります。これは、私の場合は、本当はテンション高い人がうらやましいのです。そして、そのとき自分はテンション低いから、恥ずかしいのです。それで自己防衛のため暗くなるのです。ですから、そういう気持ちも少しは分かります。

 質問です。
 他人がテンション高くしようとすると、それをいやがる人の心理を知りたいのです。なぜ、テンション高くしようとしていると、それがいやなのでしょうか?(けっして、押し付けているわけではないのですが。)

 よろしくお願いします。

 

 具体的に書いたほうが分かりやすいので、具体例を挙げて書きます。

 1、たとえば、私が興奮状態で、「~~は良かった。楽しかった!」という話をすると、露骨に嫌がる人がいます。

 2、「テンションを常に上げて、生きていきたい!」というと、反発する人がいて、そういう人は理屈を並べます。たとえば、「テンション高いのがなぜいいのでしょうか。テンション低いほうが、冷静になり、いい仕事ができます。」というように、理屈をつくって、暗いほうへ話を持っていきます。

 (参考までに)実は...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
興味深い内容でしたので参加させてもらいます。
「テンションの高いのが、きらいな人」。
いますね。
勤勉なる日本人においては少数派ではないような気がします。
彼らはこれから先の1ヶ月間、クリスマスやらお正月やら、
「世間ではハッピーな季節」が苦手なのだろうなあと思います。

悪意はないのでしょう。
「どうしていいかわからない」のではないかと思います。
こんな人たちがいます。
とにかく「楽しむのが苦手」
あるいは「楽しむことは無駄であると思っている」
あるいは「楽しむというのはどうやってやるのかわからない」
あるいは「楽しみたいとは思っているけれど抵抗がある」
あるいは「無防備に楽しみの中に入ることが怖い」。
もともとの性格として「静」を好むという場合もなくもなさそうですが、
たいていは、長年にわたって「楽しむこと」を放棄してきたのでしょう。
その多くは上昇志向の強い人ではないかと思います。

では、なぜ「楽しむこと」を放棄するようになったのか考えてみます。
幼少のころから「だめだめだめ!」「そんなことしてないで○○しなさい」
という子守唄を聞いて育ったり、「○○ができたら△△をあげる」と
鼻の先に人参をぶらさげられた馬のように育ったり、
「本人がどうしたいか」は無視されて「こうするべき」と言われて育ったり、
あるいは関心をもたれずに孤独な状態で育ったりすると、
「そのまんまの自分はダメなのかも」「そのまんまでは許されてないのかも」
「認められていないのかも」「そうしたら生きていけないかも」と不安を抱え、
どうしても自己肯定感が育ちにくくなります。
自己肯定感は、自分はここにいてもよいのだ、自分は感じたことを表現してもよいのだ、
自分はどうしたいか考えてもよいのだ、それを実行してもよいのだ、という感覚です。
このような状態になると、「認めてもらわなくちゃいけない」ので、
それはそれは忙しく「認めてもらうための努力」に励みます。

彼らの多くは「無駄」か「有益」かで、自分の行動を決めます。
あるいは、この行動は「善玉」か「悪玉」かと考えます。
彼らにとって「認めてもらうための努力」こそが「有益」であり「善玉」で、
楽しむことは「無駄」であり「悪玉」なのでしょう。
これが習慣になると、そのうち自分にとって何が「楽・快」なのか、
そんなことはどうでもよくなってしまい、忘れてしまいます。
そして「楽しんでいる人」に嫉妬したり、軽蔑したり。

このような価値観を長年にわたって持ち歩いている場合、
「こんな生き方もあるよ」ということを聞いてもらうのはなかなか困難かと思いますが、
根気よく、視点の転換に付き合ってみるのも面白いかもしれないです。

こんばんは。
興味深い内容でしたので参加させてもらいます。
「テンションの高いのが、きらいな人」。
いますね。
勤勉なる日本人においては少数派ではないような気がします。
彼らはこれから先の1ヶ月間、クリスマスやらお正月やら、
「世間ではハッピーな季節」が苦手なのだろうなあと思います。

悪意はないのでしょう。
「どうしていいかわからない」のではないかと思います。
こんな人たちがいます。
とにかく「楽しむのが苦手」
あるいは「楽しむことは無駄であると思っている」
あるいは「楽...続きを読む

Qテンションが低く、人付き合いが下手で、生活のすべてが制限され辛い日々です。

昔からどんな場でも人間関係が上手くいかず、その状況は年をとるほど悪化する一方です。
学生時代は少ないながらも本心から楽しく付き合えた友人もいましたが、今では社交辞令で誘いを受けたり、年賀状のやり取りをする程度のうわべの友人しかいません。
根がネガティブ思考で、いつも人の目ばかり気にして、自分の本当に言いたいことも言えず、周りに迎合するような接し方をしてしまいます。
そのような空気は相手にも伝わるので、誰とも心を開いて付き合うことができません。
仮に誰かと話す機会があったとしても、常に自分自身のことで一杯一杯なので、相手に関心を向ける余裕がなく、普段自分の心の中に溜め込んだ様々な気持ちを発散したい気持ちが先に立ち、相手の話が頭に入ってこなくて、相手の話すことが理解できなかったりします。かなり頭の回転が鈍ってきたようです。
なんとかポジティブになりたい!と思っても、なかなか根本的な性格を変えるのは困難です。
心療内科・カウンセリングにも2年通っていますが、これといった成果もなく・・・。
幼児がいるため育児のストレスも相当なもので、専門機関にも幾度となく相談しましたが、子ども自身に問題はないため、何も解決策は得られません。
毎日楽しいこともなく、話す相手もなく、子供とだけ過ごす辛い辛い日々・・・何のために生きているんだろう、死んでしまえたら楽だなぁと本気で思います。
自分の悩みの基本は人間関係が上手くいかないせいだと思うので、せめて普通の世間話でいいからできるような相手がいれば少しは救われるかも知れませんが、なかなか上手くいかず、人が怖いので外出するのも億劫で、用のない日は引きこもり状態です。人との関わりを求めているくせに、人付き合いがしんどい自分もいます。すべてが八方塞がりで改善するにも何から手をつけていいかわかりません。頭が混乱しています。助けてください・・・

昔からどんな場でも人間関係が上手くいかず、その状況は年をとるほど悪化する一方です。
学生時代は少ないながらも本心から楽しく付き合えた友人もいましたが、今では社交辞令で誘いを受けたり、年賀状のやり取りをする程度のうわべの友人しかいません。
根がネガティブ思考で、いつも人の目ばかり気にして、自分の本当に言いたいことも言えず、周りに迎合するような接し方をしてしまいます。
そのような空気は相手にも伝わるので、誰とも心を開いて付き合うことができません。
仮に誰かと話す機会があったと...続きを読む

Aベストアンサー

テンションが低い人のどこがいけないのでしょう?テンションが低くても楽しい話は十分にできます。むしろ大事な話をするときはテンション低いほうがいいでしょう。テンションが高くなくてはいけないのは「くだらない、どうでもいい」話をするときぐらいです。

質問者様は「くだらない、どうでもいい」話をできないような人だということだけです。いいじゃないですか。テンションは低くても「本音」を話しましょう。人間関係のよしあしは、ノリがいいか悪いかではなく、本音が話せているかどうかです。ノリがいいだけの関係は偽者です。
質問者様もテンションは低くても「本音」を話せる人になりましょうよ。

それと
>今では社交辞令で誘いを受けたり、年賀状のやり取りをする程度のうわべの友人しかいません。

ですが、これについては質問者様が深い付き合いをしたいと思わないのでしょう。
本当にね、親しくなりたいと思う人がいるなら、自分からアプローチしましょう。
「友達のように話しましょう。友達になれます。」
「本音で話しましょう。友達になれます。」
テンションだのなんだの、「飾り」はいりません。「本音」で勝負しましょうよ。

テンションが低い人のどこがいけないのでしょう?テンションが低くても楽しい話は十分にできます。むしろ大事な話をするときはテンション低いほうがいいでしょう。テンションが高くなくてはいけないのは「くだらない、どうでもいい」話をするときぐらいです。

質問者様は「くだらない、どうでもいい」話をできないような人だということだけです。いいじゃないですか。テンションは低くても「本音」を話しましょう。人間関係のよしあしは、ノリがいいか悪いかではなく、本音が話せているかどうかです。ノリがい...続きを読む

Qテンションが低い人とおとなしい人の違いって?

テンションが低い時は誰しもあるかと思います。
たとえ人が回りにいても知らず知らずのうちに自分の世界に入って
テンションが低くなっている。
そして、周りから「テンション低いじゃん」といわれたり。

最近思うのが、逆におとなしい人にはテンション低いとは
思わず、そのままほっておくというか気にならないですよね。

自分はおとなしくはなく、明るいといえば明るい性格ですが、
テンション低かったねとか言われます。周りを見て、あの人も
口数すくないし、笑顔もないのに言われない人もいるのが
不思議に思ってしまいます。

自分の気分を周りに察知されてしまうのは甘えなのかもしれない
ですが、授業中や休憩中なんかに自分の顔が暗かったらしいのです。

それなら一層おとなしい人間になっといたほうが楽だなって
思ってしまいます。

みなさん、どう思われますでしょうか。
人付き合いが嫌いなのではないです。むしろ人とは好意的に
接しているほうですが、やはりいっぱいいっぱいになるときは
あって。でも自分では抑えているつもりで。
だんだん辛くなってきてしまいました。

テンションが低い時は誰しもあるかと思います。
たとえ人が回りにいても知らず知らずのうちに自分の世界に入って
テンションが低くなっている。
そして、周りから「テンション低いじゃん」といわれたり。

最近思うのが、逆におとなしい人にはテンション低いとは
思わず、そのままほっておくというか気にならないですよね。

自分はおとなしくはなく、明るいといえば明るい性格ですが、
テンション低かったねとか言われます。周りを見て、あの人も
口数すくないし、笑顔もないのに言われない人もいるの...続きを読む

Aベストアンサー

>周りから「テンション低いじゃん」といわれたり

言われるだけあなたはみんなから興味、関心の範囲に入っている
もっと単調直入に言えば相手にしてもらえる人間がいるということ
です。それを辛いと思ったりする必要は全く無いのです。

>逆におとなしい人にはテンション低いとは
思わず、そのままほっておくというか気にならないですよね

それはその人に対して興味、関心が薄い証拠です。
そんな人にあなたはなりたいのでしょうか?


普段から物静かな人にはポーカーフェイスな方が多く
それは性格からくるものです。テンションを低い自分を自ら作ったりすることは余計に辛くしんどいものです。
好意的に接しないときがあってもいいんです。それが人間ですから。
そういうときはお友達もわかってくれるはずです。
今きっと疲れているんだなーと。
人間らしさって大事ですね。


人気Q&Aランキング