昨今のニュースなどを見ていると、ごく少数の反対によってイベントや商品の販売などが中止になったり、クレームに対応した結果新たなクレームが生まれるという事態に陥ったり、遊具や展示物などが撤去されたりしています。また、保育園のような多数に必要とされているものも作れない現状もあるようです。
すべからく少数派は蔑ろにされるべきとも、個人の利益は公益に潰されるべきとも思いませんが、この風潮が続くと誰もが我慢しないが故に誰もが幸せになれないような社会が来るのではないかと心配です。
「嫌なことは嫌という」ことにはおおむね賛成ですが、「嫌なことからは逃げずに目を背けずに潰しに行く」には賛成できないことも多いです。
皆さんはこのような現状・風潮に関してどのような考えを持っていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

合意も妥協も説得も試みず最初から潰しに行く風潮は数の多い少ないを問わず怖い

    • good
    • 0

私も個人利益と全体利益の問題は質問者さんと同じ危機感を持っています。

特に日本はその傾向が強いと感じます。

商業的なことでは、ごく些細な店員態度や広告表記などにクレームが入り企業側も必死で対応すると、注意書きだらけになったりつけあがる消費者が出てきたり。。萎縮した空気になるのが気になりますが、些細なクレームを真摯に受け無視しなかったからこそレベルアップしてきたとも言えますよね。

一方で保育園騒音や米軍基地など公共的なことは個人利益と全体利益のバランスが難しいです。
中国のように立退かない住宅の周りを全部掘ってしまうくらい強引に全体利益を追求するのも問題ですし、日本のように個人利益に配慮しすぎて進みが遅かったり何も解決進展しないのも問題です。あとは少数反対意見に対して「我々は内輪揉めしている場合ではない!」と首相が言い切って全体利益を乱す意見を許さず急速に発展したシンガポールなどは、凄いなと感心してしまいます。

ということで、商業的なことは少数派も無視しないことで一応全体利益につながるのかなと。公共的なことはバランスが重要でどっちに傾きすぎても問題で、今の日本は少数派の意見を重視しすぎかなと感じます。
    • good
    • 0

権利を考える際には、基本、「義務や責任」,「平等と公平」をセットで考える様にしています。



我が国は民主主義、すなわち多数決的な意思決定を尊重しますが、一方では資本主義でもあって、平等社会ではありません。

すなわち、基本的人権の様な、義務を必要としない権利においては「平等」で。
平等の範疇では、いかなる権利主張も有効だし、その採否を多数決に委ねるのは正しいです。
あるいは、同程度の義務や責任を負っている人達の中では、多数決と言う手段は有効です。

一方で「公平」と言う概念においては、義務やを果たさない者や、責任を負わぬ者の権利主張は、さほど重要ではなかったり、耳を貸す必要もなかったり。
あるいは、権利主張と言うよりは、単なる不平,不満が多分に含まれる場合も多く、そもそも耳を貸すべきでは無い様な主張も多いです。

この「公平」を司るのは、社会や組織を牽引する立場のリーダーやエリート層であって。
そう言う立場の人間が、舵取りを誤らなければ、少数派,多数派に関わらず、多数決的に決定されるべきではないの主張や意見が採択されることは無く、むしろ排除されることになります。

そう言うリーダーを選出してしまう、社会にも問題があるとは言えますが。
しかし本質的には、何でも安易に多数決で決めたり、本人が偏った考え方であったり、確固たる信念などが欠落したリーダーが、社会を悪化させる根源の一つかと思います。

日本も高度経済成長以前は貧しく、親と同居が当たり前の時代でしたが。
現在は豊かになって、OLさんでも独居とか、シングルマザーなども増加し、「個」でも生きて行くくらいは不自由しませんが、それと引き換えに、ライフスタイルも多様化し、個人の権利主張などが増えるのも、当たり前と言えば当たり前。
逆にリーダーシップを発揮する世代は、いまだに「日本的」であったりしますが。
間もなく「個」の時代の始まりとも言える、バブル世代あたりが、社会を牽引する世代の中核を担うので、社会の様子とか、リーダー学なども変わってくるのでは?とは思いますよ。
    • good
    • 0

いろんな考え方があるという前提で。


ひとつには国家という共同運命体の存在意味が希薄になってるのではないでしょうか。少なからぬ税金を勝手に徴収される割には目に見える見返りが少なく、一部の政治屋が好き勝手に私服を肥やしてる。つまり国民はユルい縛り付けの中で使役に供される奴隷化された状態になってる。とすれば、いつの時代も為政者は生活次元の重複する人間同士の水平な衝突で終始させるほうが、国民の不平不満を管理しやすくて望ましいわけです。仮に文句があってもストレートに国や自治体に声を上げたところで、相手は強大な権力組織ですから解決の糸口すら見えてこないので諦念を育てるしかない。つまり、国家に関してはあれこれ求めるよりは無関心を装って諦めたほうがストレスを軽減できる、そういう国民の怒りを飼いならすシステムを積極的に構築してきたわけです。もちろん、ほとんどのメディアは国や大企業の手先ですから、先頭に立って旗を振ってきました。たとえ、ユルい形であっても奴隷化されるということを大衆に気づかれてはいけないので、世論を操作する必要があります。
つまり国家という曖昧模糊な集団社会は一部の特別な人間のために維持されるべきものであって、一個人の生活や理想とは乖離した無意味なものになってしまって、そこには共同運命体としての意味も共有すべき仲間も存在しないわけです。それは共有するべき道徳や行動原理の崩壊でもあると思います。
ただ、人間は生きてるだけでも不公平感や不平等感を持ちやすいですし、生活の場が重複すれば自我が衝突するのは必然です。人はみんな顔も形も考え方も生き方も全然違うので、所属する社会ではできるだけ衝突を回避する知恵が求められます。言うべきことはちゃんと主張して我慢するところは我慢する、そういう知恵があってこそ参加する意味がある社会であって、権利だけ主張して義務は怠るのはよくないことを学習する機会がかつてはたくさんありました。
ところが、国も自治体も上から下まで無責任、不祥事があっても誰も責任を取らない。権利は主張するけれど義務や責任は負わなくていいことを、大人たちが日々実証して見せてくれるわけです。過去50年以上、そういう時代が続いてきてその中で育った大人たちですから、道徳的要素や形而上学的な行動美を問われてもその意味すらわからなくなってるのではないかと私は思います。
象徴的に言えば、かつて日本人には「恥」の文化がありました。日々の振り返りで自分自身の「内面の恥」を厭う人間がもっと多かった気がします。
    • good
    • 0

それだけ、日本は平和ってことなんじゃないかな~

    • good
    • 0

成田闘争とか思い出しますね


結局攻める側も守る側も利権でガチガチなんですよ
そこに社会転覆を狙う暴力団体が介在するので派手に闘争が繰り広げられます
社会不安にならない程度で要求する分にはまっとうな社会だと思いますよ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q権利義務の継承・・・ってよく聞きますが。

企業の合併や解散時に「権利義務の継承」という言葉、また権利義務の継承有無によって諸々の対応が異なるとのことをよく聞きます。

そもそもここで定める権利義務って具体的にはどんなことがあるのですか?(例:営業権?人事権?福利厚生権?)
この権利義務の継承は、何に定められているものなのでしょうか?一定の要件を満たした書面?

これを見れば基礎的知識を学べるというものがあれば併せて教えてください。

Aベストアンサー

会社は、ありとあらゆる権利義務・債権債務を抱えて、事業活動をしています。例えば、売掛債権、買掛債務、著作権・商標権その他の知的財産権、契約履行義務、資産の所有権etc。
これらを別の会社が引き取るのが、権利義務の承継と呼ばれるものです。

権利義務の承継は法律で定められている場合があり、その定めに従った手続きをおこなうことで、承継されます。

基礎的知識を学ぶための手段については、法律の話ですから、民法や会社法の本などを当たられてはいかがでしょうか。

なお、一部承継は、営業譲渡や会社分割などで見られます。

Q少数者の権利

少数者の主張で、たとえば、男性学や女性学、ほかあげたらきりがないと思います。それっぞれ弱者であるという主張などされます。確かに大事だということもあります。でもすべてがそうかわかりません。どのように考えたらいいでしょう。主張を大事にされる一方、反対の対応もあると思います。

Aベストアンサー

>それっぞれ弱者であるという主張などされます。確かに大事だということもあります。でもすべてがそうかわかりません。どのように考えたらいいでしょう。
自由社会ではどんな主張も行為自体は禁止できません。だから少数者の権利主張もたくさん出回って当然です。社会が健全なら、それらの主張に正当性があり、緊急性があり、比較的解決が簡単なものから受け入れられていくのは自然の成り行きだろうと思います。
健全な社会はわれわれひとりひとりが自主的に、健全で正しい判断力を身につけていくことで作られていきます。沢山の相反する情報が乱れる中での正しい判断は難しいことですが、ここは自分で考えていくしかないと思います。

Q何故「権利」には「義務」が伴うと考えるのでしょうか?

タイトルどおりなのですが、前々から疑問に思っていました。

何故か、社会常識として通用している概念なのですが、私には理解しがたい概念なのですよ。

例えば、「権利」には「生存権」などの在って当然の権利がありますよね。つまり、この世に生まれた時点で無条件に享受出来る権利が「権利」概念の基本ですよね。
又、其処から派生する「より良く生きるための権利」というのが在って、「教育を受ける権利」などがそれですよね。
更に、生れ落ちた時点から、当然行使できる「自由」というのもありますよね。

一方、「義務」を考える時、その時点じてんでの政治にとって必要な事柄が「義務」とされますよね。
「納税」「教育を受けさせる義務」など等。

つまり、私が理解している「権利」「自由」は、それ単独で行使される事が可能なものであって、「義務」を伴うものではないのです。
「義務」は担当政権によって、無理やり課せられる「改変」可能な一時的なものであって、「権利」「自由」のような、「改変不可」のものと違う気がするのです。

それなのに、「言いたいことがあるなら義務を果たしてから言え」とか、「権利ばっかり主張して、少しは義務を果たせ」などと、当たり前なようにまかり通るのでしょう?

タイトルどおりなのですが、前々から疑問に思っていました。

何故か、社会常識として通用している概念なのですが、私には理解しがたい概念なのですよ。

例えば、「権利」には「生存権」などの在って当然の権利がありますよね。つまり、この世に生まれた時点で無条件に享受出来る権利が「権利」概念の基本ですよね。
又、其処から派生する「より良く生きるための権利」というのが在って、「教育を受ける権利」などがそれですよね。
更に、生れ落ちた時点から、当然行使できる「自由」というのもありますよ...続きを読む

Aベストアンサー

「権利には義務が必然的に付随する」という考え方は、換言すれば「○○するなら××すべし」という規範命題です。そしてナイーブな言い方になりますが、さしあたって「規範というものにはいかなる客観的基礎付けもない」と言うことはできます。
とすると、規範命題を保証するのは論理ではなく直感です。つまり、多くの人が直感的に「権利には義務が必然的に付随する」と思っているから、「権利には義務が必然的に付随する」という規範が社会的に通用するのです。繰り返しますが、この規範には何ら論理必然性はありません。しかし、多くの人が「そんな気がする」と感じている以上、直ちには否定できないのです。

それでは規範命題を批判することはできないのでしょうか。その方法のひとつはロジックではなくレトリックを用いることです。つまり「基本的人権とは人が生まれながらにして持つ不可侵の権利である」という主張には、なんら客観性はありません。ここでは説得力のみが意味を持つのです。
逆にいえば「権利には義務が必然的に付随する」というのもひとつのレトリックです。おそらく「貰うものばかり貰う人間に対する嫉妬」みたいな直感を説得力あるレトリックとして構成したものが「権利には義務が必然的に付随する」という主張なのでしょう。

思うに、人には権利義務一体論を導く直感とと天賦人権説を導く直感の両方を持っており、そのどちらが正面出でるかは外的環境(平和か、貧困かとか)とレトリックの説得力によるのです。

「権利には義務が必然的に付随する」という考え方は、換言すれば「○○するなら××すべし」という規範命題です。そしてナイーブな言い方になりますが、さしあたって「規範というものにはいかなる客観的基礎付けもない」と言うことはできます。
とすると、規範命題を保証するのは論理ではなく直感です。つまり、多くの人が直感的に「権利には義務が必然的に付随する」と思っているから、「権利には義務が必然的に付随する」という規範が社会的に通用するのです。繰り返しますが、この規範には何ら論理必然性はありま...続きを読む

Q男性の権利(フェミニズムの反対)

NHKで男性の服を女性に着せるというのがありました。その当時、フェミニズムがあって、女性の社会向上というのがありました。今は女性のアイテムは多いですが、反対に女性の服を男性に着せるとすれば、それはどんな男性の権利を主張されることが想像されますか。また何をきせたいですか。

Aベストアンサー

男性の服は、(普段できる服は)男性の性的な魅力よりも、機能性や日々の手入れに重点が置かれたものが多いと思います。

女性の服は、女性の性的な魅力を増徴させるものがほとんどだと思います。

女性が男性者の服を着る場合は、機能性を求めたものだと思います。
(男性の性的な魅力を求めることは、フェミニズムではないし)
しかし男性が女性ものの服を着たいのは、女性の性的な魅力を求めてのことでしょう。
(あえて手入れの面倒な、機能性のない服を着る理由がない)

というわけで、フェミニズムの名の元に、「男が女の服を着てもいいじゃないか!」ということではないと思います。

まぁ男性が女性の服を着るとなれば、「表現の自由」でしょうけど、当然のことながら周囲からの冷たい目線のリスク(場合よっては不審者として通報されたり、職務質問を受けるリスク)はあるでしょうね。
でも権利にリスクもつき物ですからね。

Q養子の義務・権利など(養親の面倒をみるとか)

養子の義務・権利などが知りたいです。
よく目にするのは遺産相続の権利などですが、
その他の権利や介護が必要となった親(実親や養親)の面倒も見なくてはいけないなど。
ちょっと漠然としていますが細かい内容以前にどのような義務や権利があるのか教えてください。

Aベストアンサー

○養子は養親に対して相続権を有する(889条1項1号)
○扶養義務(877条1項)
○親族間の扶助義務(730条)
ですね!

Q職質中に移動の自由はありますか?静止さす権利は?

歩けばつきまとうでしょうし、輪を作って警官7人に囲まれた市民が電車に飛び乗ったら諦めてたYouTubeを見ました、ということはですね、車やタクシーなどに飛び乗りさょうなら~~~していいってことでいいですか?足踏まれたとかなしね。牛歩戦術でじわじわ移動し7日も食ってないので生命の危機にあるときに飲食店に入って緊急的な飲み食いして飢えをしのいだりする生きる権利はありますか?
MP3プレーヤーの音量を上げて言葉が聞こえなくしたりする権利はありますか?
すごいグレーであんたっちゃぼーな聖なる領域なのでよくわかりません。
どうすべきか法律をはっきり制定せずどっちともとれるようにしたままなのはなぜですか?
職質に応じない場合は禁錮または罰金刑に処すとか決めれば気持ちもスッキリするのにふわふわぁ~~としておくのはなんのためですか?

現役お巡りさんもご回答よろしくお願いしま~~~す。

Aベストアンサー

”職質中に移動の自由はありますか?静止さす権利は?”
    ↑
職質は任意ですから、移動の自由もありますし
警察には停止させる権限はありません。

”車やタクシーなどに飛び乗りさょうなら~~~していいってことでいいですか?”
    ↑
もちろんいいですよ。
ただ、その時に突き飛ばしたり、かけて来た手を振り払ったり
したらアウトです。
公務執行妨害罪の現行犯ということで逮捕です。

”7日も食ってないので生命の危機にあるときに飲食店に入って緊急的な飲み食いし
 て飢えをしのいだりする生きる権利はありますか”
     ↑
これは、職質と何の関係が?
職質中にやってよいか、ということですか?
勿論OKです。

無銭飲食の話ですか?
飢えた原因にもよります。
自分の責任で飢えたのであればダメです。
又、他に方法があるのに、やった場合でも
ダメです。
一般には他に方法があるはずで、OKとなる
場合はほとんど考えられません。

”MP3プレーヤーの音量を上げて言葉が聞こえなくしたりする権利はありますか?”
     ↑
それは自分以外の人には聞こえないんですよね?
それなら自由です。
権利というほどのものではありません。
自由にやればよろしいです。
他人に聞かせる場合であれば暴行になることがあります。

”法律をはっきり制定せずどっちともとれるようにしたままなのはなぜですか?”
     ↑
現実には無数の態様がある訳で、それを総て法律に網羅
出来ないからです。
お巡りさんとやりあうつもりなら、法律を勉強した
方がいいですよ。

”職質中に移動の自由はありますか?静止さす権利は?”
    ↑
職質は任意ですから、移動の自由もありますし
警察には停止させる権限はありません。

”車やタクシーなどに飛び乗りさょうなら~~~していいってことでいいですか?”
    ↑
もちろんいいですよ。
ただ、その時に突き飛ばしたり、かけて来た手を振り払ったり
したらアウトです。
公務執行妨害罪の現行犯ということで逮捕です。

”7日も食ってないので生命の危機にあるときに飲食店に入って緊急的な飲み食いし
 て飢えをしのいだりする生きる権...続きを読む

Q「権利及び義務」と「権利又は義務」は、どちらが正しい?

以前、下記のスレッド
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5142366.html
で「及び」と「又は」の使い方について質問しましたが、「権利」と「義務」に関して
例:
「権利及びは義務を第三者に譲渡することはできない。」
とするか
「権利又は義務を第三者に譲渡することはできない。」
とするか
2通りの相反する回答をもらい、結局、「権利及び義務」と「権利又は義務」のどちらの使用方法が正しいか解決しませんでした。結局、どちらが正しい(又は通例として成り立っている)のでしょうか?

上記のスレッドでは、回答者NO2及びNO3さんは「権利又は義務」派ですが、回答者NO4さんは「権利及び義務」派です。どちらも根拠のある回答を頂きました。

NO2さんからは「箇条書きで「(い)権利及び義務」「(ろ)権利」「は、義務」などとしておき」と箇条書きにする提案なども頂きましたが、今回のような「及び/又は」に関する契約書の細かい部分を一つ一つ箇条書きにしていくと、契約書が大変理解しにくいものとなってしまいます。もちろん、契約書の主要な部分の「及び/又は」に関してはNO2さんの指摘されるとおり、箇条書きが良いと思うのですが。

回答の根拠、法令等信頼できるソースでの表記例、その他の資料などあれば、URLも教えていただけると幸いです。

よろしくお願いします。

以前、下記のスレッド
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5142366.html
で「及び」と「又は」の使い方について質問しましたが、「権利」と「義務」に関して
例:
「権利及びは義務を第三者に譲渡することはできない。」
とするか
「権利又は義務を第三者に譲渡することはできない。」
とするか
2通りの相反する回答をもらい、結局、「権利及び義務」と「権利又は義務」のどちらの使用方法が正しいか解決しませんでした。結局、どちらが正しい(又は通例として成り立っている)のでしょうか?

上記のスレッド...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
全くの門外漢なのですが少し失礼いたします。

質問者様の過去のご質問から
> a)AとB
> b)Aのみ
> c)Bのみ

これは、
(1)(ア)「AとB」を満たしてくれるのがベストですが、(イ)「Aのみ」「Bのみ」でも構いませんよ。という意味なら、通常は、より制限の緩い方「A又はB」で表されるのではないでしょうか。

しかし、
(2)(ウ)「AとB」を満たさなければならない。(エ)「Aのみ」「Bのみ」どちらかを満たせばよい。という意味なら、これは同一対象に向けてのメッセージとしては矛盾した表現になりますね。

これが成り立つためには、何らかの条件付加(場合によってはなど)が必要です。
たとえば、“成人”は「AとB」、“成人以下”は「Aのみ」「Bのみ」どちらでも。

あくまでも例だと思いますが

「権利及び/又は義務を第三者に譲渡することはできない。」

法律関係はよく分からないのですが、禁止をうたうこの表現での「a)」と「b)c)」の両立((2)の意味なら)にはいささか違和感を抱いてしまいます。

> つまり以下のa)~c)のいずれでも良いわけです。

おそらく、質問者様は(1)の意味で尋ねられていると思いますので、「箇条書き」を用いず「又は」「及び」から選択ということになると、それを用いた事例は挙げることはできませんが、上記(1)または以下のとおり、私も「又は」にならざるを得ないのではないかと思います^^

http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa394516.html
No.3様の回答より
> 英語の「and(or)」に当たるような場合、つまり、「又は」と「及び」の両方の意味を付与したい場合にどうするのか? 
>  原則、「又は」を用いるようです。
>  従って、法律等の文言(もんごん)では、「又は」は、場合によって「and(or)」の意味で用いられていることがあります。

とはいったものの、しかし、やはり「契約書」という性質上、決して曖昧であってはならず他の解釈の入り込む余地のない表現、箇条書きを選ばれるべきではないのかとの思いも強くいたします^^

こんにちは。
全くの門外漢なのですが少し失礼いたします。

質問者様の過去のご質問から
> a)AとB
> b)Aのみ
> c)Bのみ

これは、
(1)(ア)「AとB」を満たしてくれるのがベストですが、(イ)「Aのみ」「Bのみ」でも構いませんよ。という意味なら、通常は、より制限の緩い方「A又はB」で表されるのではないでしょうか。

しかし、
(2)(ウ)「AとB」を満たさなければならない。(エ)「Aのみ」「Bのみ」どちらかを満たせばよい。という意味なら、これは同一対象に向け...続きを読む

Q昨今、日本の学生の学力が

昨今、日本の学生の学力が低下し続けていますが、この調子だと将来的には成長著しい中国にノーベル賞の数で追い抜かれる日も現実的になってきてますが

中国がノーベル賞の受賞者が日本を超えるのはいつくらいになると予想しますか?

Aベストアンサー

今の中国は、ノーベル賞よりも経済の活性化に力を注いでいます。
ただ、実戦的な能力は非常に高いので、日本は既に追い抜かれていると
考えてもいいでしょう。現時点の中学生の数学教科書を見てみましょう。
ゆとり全開ですよ。15-20年前の学生が2年間かけて学んだ事を、3年間で
学ぶようになっています。円周率が3なんて言う国が、学力を気にする必要がある?

さらに、学力だけではなく、その力を戦略的に活かす術も日本は持ち合わせていません。
10年後を考えるとお先真っ暗です。

Q「権利の義務による保障」の解釈

権利と義務について、

「権利は義務主体によって保障されない限り「絵に書いた餅」にすぎない」

とはどういうことでしょうか?


法律により権利が与えられただけでは不十分というような意味合いだとは思いますが、それ以上の理解が及びません。
わかり易く教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

権利にも色々あるので、どの種類の権利について言われているのか分からないと、見当違いの恐れがありますが、一般論として、権利は義務との対概念であり、権利を行使すれば必ず義務が履行されるという関係にあります。「権利が義務主体によって保障されない」という言い方が適切かどうか分かりませんが、権利を行使しても必ずしも義務が履行されるとは限らないという趣旨であると解されます。そう解すると、質問の文章は、「権利が必ず履行されるとは限らないのであれば、権利は『絵に描いた餅』のようなものだ」という意味であると考えられます。例えば、表現の自由という憲法上の権利を、国家(義務主体)が保障せず、侵害行為があっても取り締まらなければ、空文化して、絵に画いた餅になってしまうでしょう。

Q自衛隊のエボラ・アフリカ派遣に反対する左翼の目的

明らかに人道支援的な内容だから何十年たってあとからごちゃごちゃ言われる心配はありません。
死人が出るかもしれないというのも、危険な任務だから自衛隊が期待されてるわけで何も矛盾していないと思います。
感染を持ち帰る心配というのも発症可能性があるまで1~2年現地滞在して安全が確認されれば戻ってくればいいだけです。
派遣に反発する左翼の狙いは何でしょうか。
自衛隊をアフリカから遠ざけて左翼連中がどういう得をするのか教えてください。

Aベストアンサー

自衛隊の中にはこうした支援活動に行きたくない隊員も少なからずいます。
自ら声は上げないでしょうが。
彼らの代弁役となることで、こうした隊員を左翼活動に取り込みたいというのが真の狙いでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報