『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

吹奏楽部でフルートを吹かさせて頂いてる者です。











私は今フルートとピッコロを吹かさせて頂います。基礎は必ずロングトーンから入るようにしています。私は下手なので今までも変わらず、がむしゃらに練習してきました。きっとそれがだめだったのかと今なら思います。私はいつまでも自分の音に自信が持てず緊張し過ぎて手が震えてしまいます。今年はメンバーに選んでいただいて、楽譜にはソロがありました。このままではソロをしっかりと自信を持って吹けている事が想像出来ません。今では個人の時間が取れるようになったので、これからの練習は今よりもっときつくします。ですがフルートを吹いている時以外の時間を使って何が出来ることはないでしょうか。長文すみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

チーカーさん、


今のあなたにはあなた自身に自信がないんですね?
だから、吹かさせて…と遠慮がちな気持ちが出たんでしょうね^^

それからがむしゃらに練習してても上手くなりません。
ランニングマシンの上でひたすら駆け足してるようなものです。

自分の音ではなく自分自身に自信がないから緊張です。

ならどう自信をつけるか?
自分を信じることから始めましょう!

あなたの良いところ…ありましたよ。

<がむしゃら…>です!
上手くなるかどうかは別にして、あなたはがむしゃらに練習し続ける事が出来る人です。

継続は力なり。ですよ^^

あと、続ける為に大切な事は疲れたら適度な休養をとることが大切です。

どんな強靭な体力の持ち主でも一生走り続けられるランナーは居ませんね?^^

それと、練習はきつければ良いと言うものではありませんね。

例えば、テンポを早くしても吹くのが追い付かなければ自信をなくしてしまい、フルートさえ嫌いになってしまうかもしれません。

なので、目指すテンポが100なら90、90も吹けなければ80と自分が吹けるところまでテンポを下げ、吹けた!と自信をつけていきましょう。
最終的には105とか110までテンポを上げて、そこで吹けるようになれば100でも吹けるわけですから、(私は吹ける!)と自信を持てるように必ずなりますよ。

そして、ソロですね?
まず、ソロを楽しそうに吹いている自分を想像してみましょう!

演奏会の中、お客さんの前でソロを吹いているあなたを…。どうですか?楽しそうですよ。^^

フルートを吹いている時間外は休めばいんです。
演奏に息継ぎは欠かせません。それと同じですね?^^

譜面を見直して注意したいところに赤ペンでチェックしてみたり、楽器を置いて譜面も閉じて背伸びをするとか、ベランダに出て「私は誰よりもフルートがう!ま!い~~~~~~~♪♪♪」って叫ぶとかね♪

今のあなたには自信がないので(私には叫べない…)と思うかもしれませんが、自信がつけば叫べるようになります。それが出来ればフルートのソロくらいは朝飯前です。

ちなみに家の娘は小学生ですが、フルートの発表会に出てピアノ伴奏の先生と二人きりでステージに立ちましたよ♪

それにオータムコンサートやらで、フルートソロ吹いたみたいです。

さ、チーカーさんどうします?
小学生にまける訳にはいきませんよ?^^

あ、後、音楽やるのに一番大切なのは練習でもなんでもなく、

あなたが(楽しい!)と思えることですよ♪

ステージの上でスポットライト浴びれるなん人生そうそうないです。

コンクールとかなら有名アーティストと同じステージに立てた、って自慢しますね。

元吹奏楽部のオヤジの言うこと信じてください!
損はさせません^^

スイングガールズ観てください♪

さぁ、スポットライトあびましょ♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
娘様心から尊敬します!!
私も見習ってこれからも練習して行こうと思えました!本当にありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2016/10/28 04:19

呼吸法と持久走、筋トレをやるといいですよ。


あと、指使いやあんぷなど、イメージトレーニングとかは授業中に鉛筆とかで練習してる子はいましたね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時間の許す限りやれることはやります!私はブレスも浅いので、呼吸法や持久走とまでは言えないかもしれないですが、移動は全部走ろうと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2016/10/28 04:21

> フルートを吹いている時以外の時間を使って何が出来ることはないでしょうか。


楽器がうまくなりたかったら、「楽器の練習」をする、以外の方法はありません。
畳の上でいくら足をバタバタしても、泳ぎがうまくならないのと同じです。
楽器を吹かないでうまくなる方法はないか、なんていう安直な考えにいかないで、1分でも楽器の練習時間を増やす方法を考えましょう。

> 基礎は必ずロングトーンから入るようにしています
ロングトーンをやること自体は非常によいと思います。
ただし、基礎練の目的が、決まったルーチンをこなすこと、になってはいけません。
その時点時点で、自分にとって必要な練習をすることが重要です。

>吹かさせて頂いてる
中学生か高校生かわかりませんが(中学生?)、
正直、頭が悪そうに見えるので、こういう表現は使わないほうがよいと思いますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

わかりました。
ロングトーンはいつも目標をもって練習しています。本当にありがとうございました。

お礼日時:2016/10/28 04:23

時間外の練習と言えば、腹式呼吸でしょう。


肺活量も増えて、音も安定します。

####
無駄な空白やめましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やってみます
本当にありがとうございました。

お礼日時:2016/10/28 04:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校生が使うようなフルートはいくらぐらい??

高校に入学した子供から、フルートをねだられています。。。

子供は大きくなっても使うことを考えてらしく、そうゆうものだと大体30万(‘_‘)ぐらいと言われたんですが、私は楽器のことは全然わからないため何ともいえません。

どなたか、詳しい方回答御願いいたします。

たくさんの方から回答希望します。

Aベストアンサー

私は現在高校2年生で吹奏楽部でバスクラリネットを吹いています。
(昨年9月までの前任楽器は(B♭)クラリネットでした)
そんなわけでフルートのことは良く分かりませんし、うちの部は初心者が大多数ということで"マイ楽器"を持っている人も(18人中)2人しかおりませんが・・・

正直なところ、管楽器全般を見た場合でも30万円という金額は決して高いものではありません。とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・(苦笑)
すでに回答に出されているとおり、フルートという楽器はその材質により、数万円から200万円以上というものまであります。
また、(これは楽器全般にいえることなのですが)パソコンのようにどの価格帯が売れ筋ということもあまり考えられず、価格の面で強いて言うならば"奏者の技量とおおよそ比例する"ということぐらいでしょうか。いくら高価なものであっても初心者や初級者では到底吹きこなせませんし(場合によっては音すら出せない)、逆にそれなりに熟練した方だと低価格のものではその技量が十分に発揮できない、ということもありえます。(ただし上級の方はうんかな楽器もそれなりにうまく吹きこなすと思います)
そんなわけですので、#10のnoopeeのご回答と同じく、何種類課の楽器を試走されることをお勧めします。楽器というのは"生物である"という方もいらっしゃるくらいで、同じ種類、型番の楽器でも一つ一つの楽器で微妙な違いがあります。実際に演奏されてみて自分にあったものを探す、というのがいいと思います。

ただ、やはり・・・・そうですね。これからも長く使いたいということを考えれば30万円程度のフルートは妥当ではないでしょうか。
フルートはトランペットと同程度の安さのものもありますが、高級なものとなるとかなり値が張ってしまいますので、ますばこれくらいのもので様子を見る、というのもよろしいかと思います。
もっとも、さらに上級の楽器がほしい、とお子様が思われるころにはご本人もそれなりの年になり自分で楽器を買うぐらいの余裕はあるでしょうし・・・(^-^;

ちなみに、私も3ヶ月ほど前に親に楽器を買ってほしいと頼んだことがありました。私が吹奏楽始めたのは高校入ってからでそれ以前は楽器演奏の経験はまったくありませんでしたので、経験は1年半ほどです。
そこで私が選んだのは、ビュッフェ・クランポンで実売70万円のものでした・・・(汗)
当然、親から反対されたのは言うまでもありません(苦笑)
しかしバスクラはその種類が少なく、プラスティック管などの特殊なものを除けば最低でも50万円以上する代物です。そのあたりの事情を話し親を説得したところ、「卒業時に車要らないってのなら考えてもいいよ」とのこと。
その話を聞き、正直、迷いました。というか、未だ結論出てません(汗)
まぁ、これくらい引き合いに出されるのは当然のことですよね。やっぱり、楽器って高いです(汗)

ちと話がそれましたが、やはり楽器は一生物ですからじっくりとご検討されることをお勧めします。
なお、地方にお住まいなどの理由でなかなか楽器を手にとって見る機会が少ない、ということであればインターネットショッピングという手もあります。(ついに楽器の世界までインターネットが進出してきたのですね(笑))
しかしその場合は(当然のことですが)"試奏"ができません。
そこで、プロの奏者の方が一本一本の楽器を実際に試奏をそれてよいものだけを選び出した「(プロ)選定品」というものを取り扱っているところもあります。
このようなものを目安に選ばれるのも一考ではないでしょうか。
(参考URL2つ目の長江楽器でも選定品を取り扱っています。なかなかに種類豊富な楽器屋さんで私も良くお世話になっています(リード購入など))

以上、取り留めの無い回答でしたがご参考になりましたでしょうか?
なかなかに値段の張るものですから、お子様とよくご相談の上、ピッタリの楽器を見つけてください(^-^)
それでは失礼いたします。

(りく)

参考URL:http://www.sugita.co.jp/newpage179.htm,http://www.nagae-g.co.jp/shopping/

私は現在高校2年生で吹奏楽部でバスクラリネットを吹いています。
(昨年9月までの前任楽器は(B♭)クラリネットでした)
そんなわけでフルートのことは良く分かりませんし、うちの部は初心者が大多数ということで"マイ楽器"を持っている人も(18人中)2人しかおりませんが・・・

正直なところ、管楽器全般を見た場合でも30万円という金額は決して高いものではありません。とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・(苦笑)
すでに回答に出されていると...続きを読む


人気Q&Aランキング