『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

ttp://freesoft.tvbok.com/tips/pc_windows/chkntfs-chkdisk.html
↑ 参考にしたページです。

HDDが黄色(注意)になりまして、それでもwin7だけのときは、インストール時に、チェックディスクやでフラグやっておくと、かなり長く、そのまま使えていましたが、win10とマルチブート環境で使用するようになってからは、たまにwin10を起動すると、その後必ずwin7の起動時にチェックディスクが始まります。

チェックディスクでメンテ後は、再びwin10を起動させると、そちらでもチェックディスクが始まります。

これを交互に何度か繰り返していると、起動が極端に遅くなったり、ファイルの反応が悪くなったり、かなり不調に陥りますから、現在は、スキップしているのですが・・

どちらかのOSだけだと、チェックディスクは始まりません。

これはなぜか、また対処法あったら教えてください。
WDメーカーのHDDチェックツールは、試していますが状況変わりません。温度が異常に高くなるので頻繁にチェックは困難です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

NTFS の LFS(Log File Structure) のバージョン違いによる影響については、下記に書いてあります。


http://freesoft.tvbok.com/win8/disk/compatibilit … その1
http://freesoft.tvbok.com/win8/disk/compatibilit … その2

「chkdsk」 が走る原因:
<Windows8の、ストレージ関連の変更点と問題の詳細>
・上記で述べたように、Windows8はファイルシステムの変更で、NTFS Log FileのI/Oカウントの減少と、それに伴うシステムパフォーマンスの向上および省電力化を行う事に成功しました。
・しかしその一方で、この新しいログフォーマットは以前のWindowsと互換性がなく、古いWindowsでは認識できません。それ所か、以前のWindowsではNTFSボリュームが「不正である」と記録を残してしまいます。
・この「不正な記録」がトリガーとなって、OSの次回起動時にはchkdskが起動してしまいます。そして、不正と認識されたログファイルやファイルシステムはクリアされ、整合性のとれる状態に戻されます。

<Microsoftの対策>
・(XP/Vista/7など)以前のWindowsに新しいLFS2.0を持ったNTFSディスクをマウントするのを防ぐ為に、Windows8ではNTFSボリュームに新しいロジック(仕組み)を付け加えています。
・「完全なシャットダウン」 や 「再起動」、「リムーバブルディスクの安全な取り外し」 を行った場合は、LFS2.0のNTFS ボリュームは完全にマウント解除されます。

ところが、Windows8 側で高速スタートアップがそのままの場合、Windows7 と交互に使う場合、上記の LFS のバージョンが違うため、その都度ファイルシステムが不正となり、「chkdsk」 が走ってしまう訳です。 ← これが原因です。

ANo.2 さんの回答の URL その3に解決方法が書かれています。 ← 対処する方法です。

ノートパソコンで HDD が1台なら次の方法は選べませんが、デスクトップパソコンで HDD が複数設置できる場合は、各 OS を別々にインストールと行うと、「chkdsk」 は走らないと思います。それぞれの起動は、BIOSでの切り替えでできますが、高速スタートアップを無効にしないと選べません。ただ、OS 以外の内蔵 HDD も、起動した OS の LFS バージョンになりますので、やはり 「chkdsk」 の対象になります。常に 「完全なシャットダウン」 や 「再起動」 での切り替えが必要です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答有難う御座います。
LFS(Log File Structure)って事なのですね。やっと状況が理解できました。
とても分かり易いく詳しい内容やリンク感謝です。

XP後、win7以降ブートにはかなり苦労していました。おかげで何処にでも何個でも領域確保できるし、パーテーションとパーテーションの間には排他的なスペースが出来上がるしで、更に、最近では、ロジカル領域にデーター置いておくのも危険なんて事で、NAS・共有化へと・・(笑;) 

対策してみて、結果、最悪マルチはそろそろ卒業するのか、windowsを卒業すれば良いのか、そろそろ選択が必要なのかも知れませんね~(爆;)。

お礼日時:2016/10/31 11:21

Windows7以前とWindows8以降は、”混ぜるな危険”


Windows8以降はNTFSのログの管理方式が異なっている。また、デフォルトでは高速スタートアップが有効となっている。シャットダウンさせて、コールドスタートさせると、8以降でも問題はないらしい
NTFSのログの管理方式のバージョンの問題があり、Windows8以降で起動したあと、Windows7以前では、チェックディスクが走ってしまう
http://freesoft.tvbok.com/win8/disk/compatibilit …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います。
高速スタートアップの件は、MS社からも既に詳しく説明があるようでしたので、対策してみます。知らないと単なるHDDトラブルですよね、これって・・

お礼日時:2016/10/31 11:12

URLの先頭文字のHを抜くか…2ちゃんねるの習慣ですね。


そのまま2ちゃんねるの該当するスレッドで質問することを強く勧めます。
…と、前置きして…

・・・本題・・・
マルチブートしている時点で自己責任です。
自己解決できないのであれば、どちらか一方のOSにしましょう。
どちらも切り替えながら使いたいという事であれば、フロントベイで差し替え可能なHDDを使うなどして対処です。
ノートパソコンや家電メーカー製のパソコンであれば、諦めて別途パソコンを購入です。

とりあえず「Windows10の高速スタートアップを無効にする」ことを勧めておきます。
※これはWindows7と相性悪いんだ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います。
2chは、10年以上前に一度書き込みした事があるだけでしたが・・(汗;)、w95の頃から、マルチ環境で、トラブルの際は、別のOSで修復を試みるなんてのをやってたものですから、最近では、PEらしいですけど、何か作り難いしGPartedは作ってますけど、使い難いしで、自作機で良く分からないトラブルが起こると、いつもハード側の問題って事になります。

「Windows10の高速スタートアップを無効にする」の件、いろいろと書き込みある様子ですね。早速、やってみます。あと、win7とは同梱しないという件も検討してみます。win10をもっとも後ろのパーテーションにインストールするとかも

お礼日時:2016/10/31 11:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q起動するたびにチェックディスクが起動して困っています

起動するたびにチェックディスクが起動して困っています

質問を見ていただきありがとうございます
タイトルの通り再起動、シャットダウンした後に起動すると英文はよく読めないのですが何かボタンを押せばスキップできるチェックディスク?のようなものが起動し、困っています
一週間前までは特に何も無く、何か余計な設定もした覚えが無いのですがそれが起動してしまいます
HDDはNTFSです
PCはDELLのstudio17です
なにかHDDに異常があるのでしょうか?
回答をお待ちしております

Aベストアンサー

>なにかHDDに異常があるのでしょうか?
いいえ、そう決まっているわけではありません
下記サイトを読んでコマンドプロンプトでの操作を試みてください

起動時に毎回チェックディスクが走る
http://menushowdelay.blog13.fc2.com/blog-entry-532.html

QPC起動時にスケジュールされたチェックディスクを中止するには

CHKDSK C: /F/R でチェックディスクです。

ボリュームが別のプロセスで使用されているため、CHKDSKを実行できません。次回のシステム再起動時に、このボリュームの
チェックをスケジュールしますか(Y/N)?
で「Y」を入力。

再起動時に、チェックディスクが始まりましたが、
「ドライブのスキャンおよび修復中(C:)14%完了しました。」で止まったままです。

終わる気配がないので、チェックディスクを中止したいと思い、いったん電源を切って、再度電源を入れましたが、
システム起動時にチェックディスクが始まり、14%で止まって、チェックディスクが終わりません。

このままでは、パソコンが使用できません。
システム起動時のチェックディスクを解除する方法は、どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

PC起動時にCHKDSKが開始され、開始直後の10秒の間に何れかのキーを押下すると、 実行をキャンセルできませんか?

チェックディスクを「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」のみにする。

内蔵HDを交換すべきかも。

Q毎回チェックディスクになる

下記質問の続きです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8207416.html

HDD1(C:¥がWinXP、D:\がデータ)に、HDD2(E:\がデータ)を接続したところ、起動のたびにチェックディスクの画面になっておりましたが、アドバイスのお陰で解決しました。

しかし、その後パーテションをWin8とデータ領域に分けたSSDを接続したとろこ、Win8の起動には問題はありませんが、WinXPを起動するたびにチェックディスクの画面になってしまいます。
Win8を起動するときには、1つのドライブがチェックディスクになり、WinXPを起動するときは3つのドライブがチェックディスクになります。

チェックデイスクの画面にならないような方法はないでしょうか?
アドバイスをよろしくお願いいたします。

PS
HDD1・SSDへのシステムインストールの際は、すべてのHDD・SSDドライブを外しインストールしました。

Aベストアンサー

No.5の補足です。

No.3補足で「高速化スタートアップを無効にしましたが、変化ありませんでした。」
とありますが,すでに dirty bit の付いた状態は解除した上での話しなのですか?
dirty bit状態のままでは変化が無いのは当然ですが・・・。

> どういうことをするのでしょうか?

1. まずは コマンドプロンプト(管理者として実行)で
fsutil コマンドでdirty bit をチェックします。
各ドライブ(X:)についてdirtyかどうか調べる。
fsutil dirty query X:
2. dirty ならば chekdsk /f を行なうしかありません。
chekdsk /f はWindowsオフラインにて行なう必要がある場合があります。
chkdsk X: /f
3. 以上の処理を行なって再度 dirty bit をチェックします。
---以上です。
fsutil コマンドについてはヘルプを参照してください。

Q起動時にエラーチェックが始まる

稀にパソコンを起動しているときに、エラーチェックが始まります。
これはどういう状態なのでしょうか。
強制終了はしておらず、きちんとシャットダウンしています。

Aベストアンサー

起動時に読み込むファイルがうまく読み込めない・・・・
ということでチェックディスクをまずしてみる。
スタートからコンピューターを開き
Cドライブを右クリックしてプロパティ表示
ツールタブを選択してエラーチェックを実行
これで改善しなければ再質問してください。

Qドライブエラーやセキュリティ関係のメッセージが消えない

Windows8.1です
「再起動してドライブエラーを修復」という通知が消えません
何回再起動してもログイン前に「scanning and repairing drive (:C」という表示はでるものの起動すると再び同様の通知が出てしまいます

また、セキュリティについても「スパイウェアと不用なソフトウェアの対策」と「ウイルス対策」という通知が繰り返し表示されます
両方とも「今すぐ有効にする」というボタンがあるのでクリックしてみましたが「system32」なるフォルダが開かれるのみで解決されません

ウイルスバスターを導入しているのですがタスクバーのアイコンが灰色になり再起動を促すメッセージが表示されるので何回も再起動していますがこれも解決されません

システムの復元をしようとしたのですがこれもまた「ディスク ローカル ディスク(:C)にはエラーがあります。」という表示がされ確認をするとエラーチェックが開始され「使用中のドライブを修復することはできません」という通知が表示され再起動を促されます
これも同様に解決されませんでした

もうPCのリフレッシュをするしかないのでしょうか
詳しい方、よろしくお願いします

PCはvaioです

Windows8.1です
「再起動してドライブエラーを修復」という通知が消えません
何回再起動してもログイン前に「scanning and repairing drive (:C」という表示はでるものの起動すると再び同様の通知が出てしまいます

また、セキュリティについても「スパイウェアと不用なソフトウェアの対策」と「ウイルス対策」という通知が繰り返し表示されます
両方とも「今すぐ有効にする」というボタンがあるのでクリックしてみましたが「system32」なるフォルダが開かれるのみで解決されません

ウイルスバスターを導...続きを読む

Aベストアンサー

追加
”通知を非表示にする”の設定で、がまんした事例
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_8-performance/%E5%86%8D%E8%B5%B7%E5%8B%95%E3%81%97%E3%81%A6/550de19a-d35a-420b-9b07-a7fad168fce2


>もうPCのリフレッシュをするしかないのでしょうか

「はい」それしかないようです。
リフレッシュ事例
http://d.hatena.ne.jp/jyamira1/20141208/1418061555

QHDDの不良ブロックの解消方法を教えて下さい。

デスクトップPCで、立ち上げ時にHDDアクセスランプが付きっぱなしで
その間、約5分間位アクセスできない状態になります。
イベントログのシステムで調べたところ、イベントID=7で下記のエラー
が6秒おきに出されていました。そこで、DドライブをOSのフォーマットを行ってみましたが、変化無しでした。ちなみに立ち上げ後は、C,Dドライブ共に正常に読み書きはできます。何かエラーの解消方法はありますでしょうか。すでにかなりのファイルが入っているので物理フォーマットは避けたいところですが。

----- ここから
デバイス \Device\Harddisk0\D に不良ブロックがあります。

詳細な情報は、http://go.microsoft.com/fwlink/events.asp の [ヘルプとサポート センター] を参照してください。
----- ここまで

Aベストアンサー

ハードディスクには、多少の余裕の領域が用意されていて、
不良ブロックがあれば、代替処理を行うことで「その部分」を利用しなくなります。


マイコンピュータから、Dドライブのプロパティを開き、ツールの中の「エラーチェック」を行ってください。
※名称がちょっと違うかも。
レ点をつける個所が2つあると思います。
両方付けて実行ですが、念のため、事前に別媒体へのバックアップも検討してください。
再起動時にチェックが行われ、必要な代替処理を行ってくされます。

破損個所が広がるとデータ破損も拡大することを忘れなく。

Q再起同時に必ずチェックディスクが起動してしまう。直したい!

突然起こった現象なのですが、起動時にも再起同時にもその度にチェックディスクが起動するようになってしまい、無駄に時間を要しています。
OSはXPプロです。スタートアップフォルダを見てもそれらしい項目はなく、msconfigを起動してスタートアップリストを見ても、チェックディスクに相当するプログラムがどれなのか分からず、そもそもチェックディスクがスタートアップリストにあるのかどうか、それさえも分かりません。
どうすれば毎回起動するチェックディスクを止められるのか、お教えください。

Aベストアンサー

最後までチェックディスクを行ったのに次回起動時にチェックディスクをやってしまうのでしょうか?
一度すべてのドライブで「不良セクタをスキャンし、回復する」設定でチェックディスクを行ってみてください。

とりあえずそのチェックディスクが立ち上がらないようにするには
「ファイル名を指定して実行」→「cmd」と入力し、開くコマンドプロンプトで
chkntfs /X C:
と半角で入力してEnterキーを押してください。
「C:」の部分はチェックディスクをさせたくないドライブを指定します。
複数のドライブを指定するときは
chkntfs /X C:D:
のように記述します。
これで起動時のチェックディスクは抑えられますが、元に戻すときは
chkntfs /D C:
と記述します。

Q【代替処理済のセクタ数】 を回復させるフリーソフト

【質問(1)】

現在、CrystalDiskInfo(クリスタルディスクインフォ)で健康状態が【異常】と出ております。

HDD→ TOSHIBA MK6465GSXN 640.1GB  使用時間10936時間


●(赤) 代替処理済のセクタ数 <現在値1> <最悪値1> <生の値 0000000007FE>

●(黄) 代替処理保留中のセクタ数 <現在値100> <最悪値100> <生の値 000000000001>

●(青) 回復不可能セクタ数<現在値100> < 最悪値100> <生の値 000000000000>


【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?




【質問(2)】
現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。





優しい方からの回答お待ちしております。
できましたら、リンクとかナシで回答くださるとたすかります。





※使用OSは、Win7

Aベストアンサー

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大量発生していますので危険な状態です。
重要なデータのバックアップを取り、なるべく早くHDD交換を行いましょう。

ちなみに、本当にヤバイのは"回復不可能セクタ数"の数です。
これが1個でもあるということは、HDD内に保存されているデータが壊れている可能性があるってこと。
しかも、本当にデータが壊れているのか?壊れたデータがどれなのか?ということが特定不可能なので、いつの間にか重要なデータが壊れていたなんてことも十分に考えられます。
"回復不可能セクタ数"が1つでも出たら、すぐに重要なデータのバックアップを取り、HDD交換を行いましょう。

>【代替処理済のセクタ数】 を、【回復させるフリーソフト】などは存在しないのでしょうか?

そんなものは存在しません。
"代替処理済のセクタ数"が増えたということは、HDDの一部の領域が物理的に死んだということです。
それをソフトで修復するなんてことは無理です。
物理的にどうにかなっているものをソフトで修復できるんだとしたらノーベル賞ものの大発明でしょうね。


>現在の状況はどんな状況??とてもヤバイ状況なの?詳しく知りたいです。

最悪の事態にはなっていませんが、代替処理済のセクタが大...続きを読む

QPCの不調について質問します。昨日、PCを起動したら動作がとても重くなっていました。Windows

PCの不調について質問します。
昨日、PCを起動したら動作がとても重くなっていました。Windowsの起動も、普通なら30秒位で起動するのが15分くらい掛かり、起動してからも1つの動作に1分位掛かります。また、起動するたびに「ドライブのスキャンおよび修復中」と出ています。使っているのはWindows8.1で、再インストールも行ったのですが何も変わりません。PCは、新品で購入してから10ヶ月くらいのデスクトップで、故障するような動作はしていません。
素人なので原因が良く分かりませんが、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

平均的には10ヶ月程度で故障する製品はありませんが、個別には購入の翌日でも故障するものは出てきます。また故障も電源投入・断しただけでも起こることがあります。ですので販売店に相談したほうが良いでしょう。
ひとつ気になったのは、再インストールでは特別遅くは無かったのですか?

QSSDのスキャンディスクは寿命に問題ないか

SSDをスキャンディスクする必要性に迫られているのですが、基本的にSSDをスキャンディスクしても寿命には問題ないのでしょうか?
SSDのスキャンディスクは可能なら行わない方がいいのでしょうか?

Windows7を利用しています。

Aベストアンサー

スキャンディスクとは、"ドライブのプロパティ→エラーチェックのチェックディスク→スキャンして回復"のことですね。不良セクターがどういう扱いになるのかが、判らないので何とも言えないと思います。

SSDは、あるセクターが不良だとしても、それが属するブロックごとに書き込みは管理されており、書き込みはウェアレベリングでブロックごとに分散するようになっています。従って、読み込み時に不良セクターとされた部分も、ブロックごとに扱われるのではないかと思われます。

スキャンディスク側は、HDDとして不良セクターを指定しますが、SSD側はブロックで書き込みを扱うのでが、代替えを指定されたらブロックごと別の場所に移動しそうな感じです。それは、SSD側ではスキャンディスクの結果である認識は(出来ない)ないからです。発見された不良セクターは、スキャンディスク側では×が付きますが、SSD側ではデータの削除を待って処理されるように思います。その後、どうなるのかは不明です。後は、もっと詳しい人にお任せします。

と言う訳で、SSDのスキャンディスクは、余り意味がないと言えます。ここらあたりは、あくまでもHDDを使っている前提なので、今後、SSDのエラー回復に適したソフトウエアが出てくると思います。

あと、もしスキャンディスクが不良セクターを適切に置き換えたとしても、SSDはウエアレベリング等の処理で対応しますし、不良セクターの発生率は恐らく低い(現実には無いと思われるので、あるとしたらデバイスの不良等でしょう)ので寿命に影響することはほとんど無いと言えるでしょう。むしろ、普段の書き込みの方が遙かに回数としては多いと思います。

SSDの寿命を知りたければ、下記のようなソフトウエアを使う方法があります。フリー版があるので使ってみると良いでしょう。
http://www.ssd-life.jp/free/ssdlifefree.html

スキャンディスクとは、"ドライブのプロパティ→エラーチェックのチェックディスク→スキャンして回復"のことですね。不良セクターがどういう扱いになるのかが、判らないので何とも言えないと思います。

SSDは、あるセクターが不良だとしても、それが属するブロックごとに書き込みは管理されており、書き込みはウェアレベリングでブロックごとに分散するようになっています。従って、読み込み時に不良セクターとされた部分も、ブロックごとに扱われるのではないかと思われます。

スキャンディスク側は、HDDとして...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング