ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

60歳から年金を受給しながら働きたいのですが 収入が多いと年金受給額は少なくなるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在は、年金受給開始65歳への移行期間です。


60-65歳の間は特別支給となり、収入があると年金の一部または全部が支給停止になります。
その代わり、後に回った分、受取額はアップします(わずかですが)。

お近くの金融機関で退職者相手の年金相談(無料)が頻繁に開催されている筈なので、
お気軽にご相談してみてください。
年金受け取り口座を獲得するためなので、それは丁寧に説明してくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。60歳迄にはまだ数年あるのですが住宅ローンが残っているので働かなくてはなりません。頑張ります

お礼日時:2016/10/30 19:30

在職老齢年金の制度という制約があり、


場合により減額や支給停止となります。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/roureinenk …

老齢厚生年金を受給している方が、
社会保険に加入してお勤めになる
場合、対象となります。

64歳までは給料と厚生年金で月28万
を超えたら、厚生年金部分が減額。
65歳以降は給料と厚生年金で月47万
を超えたら、厚生年金部分が減額
となります。

一例として、
60歳で
給料月額22万、
厚生年金月額8万
となった場合、
①基本月額(厚生年金月額)8万
-(②総報酬月額相当額22万
+③8万-28万円)÷2

8万-(30万-28万)÷2
=7万
となり、8万の年金が、
7万に減額となります。

なお、老齢基礎年金、加給年金の支給額
は条件に含まれません。

しかし厚生年金の受給額は加入期間が
長くなるので、以下のタイミングで
年金受給額は増えていきます。

以下の年金額の改定制度により、
・65歳時改定
・70歳時改定
・退職時改定
 それぞれのポイントでそれまで払った
 保険料を元に年金額が改定され、
 増えていきます。

下記をよくお読みください。
https://www.nenkin.go.jp/pamphlet/kyufu.files/00 …

60歳で繰上げ受給をされる場合も
厚生年金(報酬比例)部分は減額の
対象となるため、注意が必要です。

いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。こういうことって勉強ですね。

お礼日時:2016/10/31 18:07

こちらに同じような質問と回答がありましたので、ご参考にされて下さい。


https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1379040.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。こういう事にはうとくてこまります。自分が60歳になって定年になるなんて頭ではわかっていたのに実際秒読み段階になる迄、人ごとの様に思っていた事に後悔しているところです。

お礼日時:2016/10/30 19:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q働きながら最大の年金をもらう給料の上限

現在60歳以上で、正社員として働きながら最大の年金をもらう給料の上限はいくらですか?さまざまな条件で変わってくるとは思うんですが・・・。

Aベストアンサー

昨年の国会で年金法案が可決しました。

60歳で在職年金の受給は年収の12分の一と年金給付額の合計が28万円までは年金のカットは無くなりました。
今年3月までは厚生年金に加入している企業に勤務している場合、年金額の20%は強制的に支払停止となっていましたが…。

これは64歳までの処置で、65歳からは上限が48万円に繰り上げられます。(変ですよね)

もしそれ以上の収入がある場合には、超過額の1/2が支給停止となるようです。

ただし年金は個人個人で状況が変わってきます社会保険事務所でお聞きされては? 
年金番号、名前を言えば、電話ででも、教えてもらえます。

私も現在報酬比例部分の支給を受けていますが、このたびの改正で2万円ほどアップすると心待ちにしています。

多少は改善されたことを喜んでいる一人です。

Q主人が亡くなった時の年金受給額を知りたい

年歳差のある主人が死んでしまった場合の遺族年金を教えていただきたいです。

主人との年齢差15歳で、主人はもうすぐ65歳になります。

見込み年金受給額は15万程度です。。

主人がすでに年金受給者の時に亡くなった場合の遺族厚生年金額はもらえるのか?
私が65歳未満で主人が亡くなった場合の遺族厚生年金受給額はもらえるのか?
私が65歳以上で年金をもらっている状況でも遺族厚生年金の受給額はあるのか?

とてもややこしく、色々と過去の質問を見るのですが、簡単に
ご説明いただけたあと思います。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

①>主人がすでに年金受給者の時に
>亡くなった場合の遺族厚生年金額は
>もらえるのか?
もらえます。

②>私が65歳未満で主人が亡くなった場合
>遺族厚生年金受給額はもらえるのか?
もらえます。

③>私が65歳以上で年金をもらっている
>状況でも遺族厚生年金の受給額は
>あるのか?
あります。

遺族厚生年金は配偶者である限りは、
もらえます。

ご主人や奥さんの年金の内訳が分からない
と『受給額』詳細は言えません。
が、年金はおそらく以下のように
なるでしょう。

ご主人の年金が月15万×12ヶ月
=年180万とすると。
④老齢基礎年金78万
⑤老齢厚生年金72万
⑥合計    150万
奥さんがもらえる遺族厚生年金は
⑤の3/4
⑦遺族厚生年金54万
となるでしょう。
②の場合、後述の中高齢加算が
加算されます。
⑧中高齢加算  58万

③の場合、奥さんの厚生年金
との差額が遺族厚生年金として
支給されます。
例えば、
⑨老齢基礎年金78万(奥さんの例)
⑩老齢厚生年金20万(奥さんの例)
⑪遺族厚生年金34万(54-20差額)
⑫合計    132万
となると想定されます。

奥さんの年齢によっては老齢基礎年金
部分で優遇措置があります。
下記後半の中高齢加算、経過的寡婦加算
など
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150424.html
抜粋引用~
中高齢加算
次のいずれかに該当する妻が受ける
遺族厚生年金には、40歳から65歳に
なるまでの間、585,100円(年額)が
加算されます。
・夫が亡くなったとき、40歳以上
 65歳未満で、生計を同じくして
 いる子がいない妻
・~略~遺族基礎年金を受給できなく
 なったとき。
★②に該当します。

 ~略~
経過的寡婦加算
昭和31年4月1日以前生まれの妻に
65歳以上で遺族厚生年金の受給権が
発生したとき
中高齢の加算がされていた
昭和31年4月1日以前生まれの
遺族厚生年金の受給権者である妻が
65歳に達したとき
★奥さんは該当しません。
~抜粋引用

いかがでしょうか?

①>主人がすでに年金受給者の時に
>亡くなった場合の遺族厚生年金額は
>もらえるのか?
もらえます。

②>私が65歳未満で主人が亡くなった場合
>遺族厚生年金受給額はもらえるのか?
もらえます。

③>私が65歳以上で年金をもらっている
>状況でも遺族厚生年金の受給額は
>あるのか?
あります。

遺族厚生年金は配偶者である限りは、
もらえます。

ご主人や奥さんの年金の内訳が分からない
と『受給額』詳細は言えません。
が、年金はおそらく以下のように
なるでしょう。

ご主人の年金が月15万×12ヶ月
=...続きを読む

Q65歳以上失業保険と厚生年金同時にもらえますか

失業保険がもらえるのでしょうか?
減竿65歳ですでに年金をもらいながらパートで働いています4月の契約更新で更新が出来ないと言われました。
65歳までは失業保険をもらうと年金が停止されるとの事ですが65歳以上でも同じでしょうか?
そして半年ほど前から失業保険料が給与より引かれていません、厚生年金は引かれています。

Aベストアンサー

・65才以上で退職された場合は、失業給付は受給できませんが
 高年齢求職者給付金が一時金として支給されます
 その場合、老齢厚生年金は通常通り支給されます
・高年齢求職者給付金の支給については、下記を参照して下さい
http://tt110.net/13koyou2/P2-kourei-kyuusyoku.htm

Q65歳以上で年金をもらいながら働いている義父について

タイトルどおり、義父について、質問いたします。
義父は、現在69歳。60歳で定年を迎え、その後再雇用継続で、厚生年金を払いながら同じ職場で勤務しております。65才からは、厚生年金(65歳まで納めた分)をもらいながらなのですが、その後も引き続き厚生年金を払っている状態です。この場合、65歳以降支払った厚生年金はどのような形で返ってくるのでしょうか。それとも、返ってこないものなのでしょうか。年金の仕組みがよくわからないので、構造的に解き明かしていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

65歳の誕生日になった月に、お父さん宛に社会保険庁から
「名前を書いて、誕生月末日までに社保庁あてに必着で出して」
というハガキを書いて出した後で、60歳から65歳までに掛けた
厚生年金の分をそれ以前に加入した分と足し合わせて、年金額の
再計算をやります。基本は65歳から70歳まではこの計算で出した
金額で支給されます。
 では、65歳以降に加入した厚生年金の分はいつもらえるのか。
これは、70歳前に厚生年金を脱退すれば、脱退した翌月の分から
65歳以降に加入した分を今まで加入した分に足して年金額を再計算し、支給を受けられるようになります。
 厚生年金は70歳までしか加入できないので、在職したまま70歳を迎えれば、厚生年金の脱退届をそこで会社から出してもらい、70歳に達した月の翌月分から、65歳以降に加入した厚生年金の分が年金の受給額に
含まれてくることになります。
 ただし、70歳以降も引き続き在職する場合は、在職による年金額の減額や支給差し止めが続く場合がありますのでご注意を。一般的には厚生年金の月額と月給・ボーナスを12等分した額が48万円を超えた場合に年金減額の対象になります。

65歳の誕生日になった月に、お父さん宛に社会保険庁から
「名前を書いて、誕生月末日までに社保庁あてに必着で出して」
というハガキを書いて出した後で、60歳から65歳までに掛けた
厚生年金の分をそれ以前に加入した分と足し合わせて、年金額の
再計算をやります。基本は65歳から70歳まではこの計算で出した
金額で支給されます。
 では、65歳以降に加入した厚生年金の分はいつもらえるのか。
これは、70歳前に厚生年金を脱退すれば、脱退した翌月の分から
65歳以降に加入した分を今まで加入した分に足...続きを読む

Q厚生年金受給額について。

厚生年金受給額は加入期間が同じでも
収めた額でもらえる額が変わるのですか?

加入期間と収めた年金額で計算されるのでしょうか?

Aベストアンサー

厚生年金は、
基礎年金部分(国民年金相当)、
厚生年金部分(報酬比例部分)、
に分かれています。

基礎年金部分の貰える額は、加入期間でのみ決まり、
(加入期間に正比例)、支払った金額は関係なし。
加入期間40年で満額、65才以降、年額約79万円貰えます。

厚生年金部分は、加入期間中の、
総報酬月額(給料とボーナスの累計)の、
約0.6%(年額)が、65歳以降、貰えます。

参考までに、保険料(払う額)は給料、ボーナスの約7.7%。


従って、報酬比例部分は、収めた額(総支払い額)に、
正比例で貰えます。

Q年金定期便の65歳からの受給見込額は自分が65歳になった時に本当に受け取れるあてにしてよい額ですか。

年金定期便の65歳からの受給見込額は自分が65歳になった時に本当に受け取れるあてにしてよい額ですか。現役52歳ですが65歳までの13年間にこの受給見込額が減ることはありますか。

Aベストアンサー

今の経済状況や労働者等の現状に基づき算出し保証されたものではないのでどうなるかわからないと思います

Q年金受給額、年間60万円って死ねってこと?

40歳男です

ねんきん定期便を見てびっくりしました。
「あなたの将来の年金受給額は年間60万円です」
って月に5万円でどうやって生活しろと言うんでしょうか?

国民年金が8年・厚生年金が12年くらいですが。
収入は低かったですが、今まできちんと年金を払ってきました。

同じ様な方たくさんおられると思いますが、将来心配でなりません。

Aベストアンサー

同じような質問は多くありますが、
それは、「現時点でこのまま老後を迎えれば……」
という計算なのですよ。
つまり、架空の話なのです。
本来の意味は、「足りないでしょ。だから、これからも掛け金を
納めて受け取る年金の金額を増やしてください」ということです。

ついでに言えば、一般的な政治への無関心が
現在の状況を作り出したと言って、過言ではありません。
年金制度を決めるのは、国会議員です。
その国会議員を選ぶのは、国民なのです。

国の借金が増えるのは構わない。
自分の税金が増えるのはイヤ。
でも、目の前の道路は、ちゃっと整備して。
という結果が、今の日本です。
年金も基本的には、同じ構造です。

Q60歳で定年退職になった主人の就職先

よろしくお願いします。
4月で60歳定年になり主人が会社を退職しました。
業績がよくない会社でしたので、退職金は出ませんでした。


主人は失業保険をもらいながら仕事を探すと言っていますが、パソコンに不慣れで
私が探したり、あればエントリーシートを打ち込んでいます。
でも、なかなかよい仕事がありません。

60歳以上の仕事のサイトというのはありますでしょうか?


うちはローンが月々9万あり、しかも75歳までです。
健康保険が3万近く、税金も3万近く、生命保険も3万近くです。
貯金は約500万しかありません。

貯金を切り崩すにはあまりにも少ない金額でどうしていいのか困っています。

今の家は2度買い換えて最初2回はマンション、そして一戸建てに買い換えました。
その、一戸建てが52歳の時です。

私は52歳から新たにローンを組むのは反対をしたのですが、マンションは価値が
なくなるし、ローンが終わっても管理費、修繕積立金、駐車場代がかかると言い
、それを信じて買い換えることにしました。

そして、今は会社がこんなことになるとは思わなかったと言っています。
危機管理が甘かったのではと思います。

私は、月10万働いています。多い時で20万くらいです。
でも、あと2年ぐらいで私も定年になります。


主人の仕事は会社の法務関係で顧問弁護士さんと動いたり、コンプライアンス(社員教育)をしていました。

司法書士の資格は持ってはいませんが業務は出来ていました。

そんな主人を見て信じて一戸建てに買い替えたのに、こんなことになるなんてという思いです。


ハローワークでも探していますが、60歳以上はなかなかありません。

どこかパソコンで見つけられるサイトをご存じの方、何卒よろしくお願いいたします。

よろしくお願いします。
4月で60歳定年になり主人が会社を退職しました。
業績がよくない会社でしたので、退職金は出ませんでした。


主人は失業保険をもらいながら仕事を探すと言っていますが、パソコンに不慣れで
私が探したり、あればエントリーシートを打ち込んでいます。
でも、なかなかよい仕事がありません。

60歳以上の仕事のサイトというのはありますでしょうか?


うちはローンが月々9万あり、しかも75歳までです。
健康保険が3万近く、税金も3万近く、生命保険も3万近くです。
貯金は約...続きを読む

Aベストアンサー

 諦めることはない
1)とにかくハローワークで相談。最近では職業訓練も受けられる(中には司法書士もある)。自治体と国にそれぞれあるので、パソコンで検索のこと。基本として職業訓練は3段階に考えられているので、2から3段階目に入れるとちょっと一息つけるかも。
 キーワード「ポリテク、訓練基金、職業訓練、労働局」詳細はハローワークと、自治体の労働局。
2)シルバー人材センターにとりあえず登録しておく。当てにできないが、ときどき小さな仕事が来る。あれこれ選べない。
3)起業する。別に法人化しなくても、家の前に「…できます」のようなカンバンを出しておく。あるいは、資格がないので堂々とできないが、知り合いのもめ事を法律の知識を使ってアドバイス。もちろん再勉強はしておく必要がある。資格が取れたら、ネットでサイトを作るのも手。
4)飛び込みのように、いろいろな法律関連の事務所へ履歴書を送りつける。法律関連そのものはこれからも需要は伸びていくので、事務でもできる人は重宝される。だから法律関連の事務所の傘の下で手伝うようなカタチ。ただ最近は金のない所も多いから…
5)ネットの古本販売や、古物のオークションを試す。資格とか権利とかではないので、危険が少ない。自分が売る方なら、あまり気を使わなくてもいい。お客さんに誠実に対応していれば大丈夫。コツが飲み込めてきたら拡大策へ移る。さらに趣味などの目利きを活用できれば可能性は低くない。大した金にはならないが、とにかく見てみること。

 とにかく世間の先入観にとらわれないこと、自分自身のあらゆるモノに値段がついていると思えば、現金に替わるもの(身体なら肉体労働、知識なら、アドバイザー・コンサルタント、趣味ならネットに店を出す。)はどこにでもある。仕事をもらうのではなく、自ら創ってみるつもりで。

 諦めることはない
1)とにかくハローワークで相談。最近では職業訓練も受けられる(中には司法書士もある)。自治体と国にそれぞれあるので、パソコンで検索のこと。基本として職業訓練は3段階に考えられているので、2から3段階目に入れるとちょっと一息つけるかも。
 キーワード「ポリテク、訓練基金、職業訓練、労働局」詳細はハローワークと、自治体の労働局。
2)シルバー人材センターにとりあえず登録しておく。当てにできないが、ときどき小さな仕事が来る。あれこれ選べない。
3)起業する。別に法人化...続きを読む

Q厚生年金受給額の算出

厚生年金受給額が年々減っています。厚生年金の計算はむずかしいだけに、素人ではわかりません。

そこで受給額が合っているかなど、確認したいのですが、社会保険事務所に行くしか方法はないでしょうか?受給額が合っていると確認できれば少しは落ち着くのですが、年々減ってしまっているので、不安です。

Aベストアンサー

 年金は、物価スライドのため、最近の2年は、年金給付が減り続けています。
 厚生年金の計算で間違いがないかどうかは、素人には難しいので、社会保険事務所に行くか、社会保険料労務士に相談するかとよいでしょう。
 どの位減っているか、減額幅または「率」だけ示していただければ、あっているかどうか程度は、ここでも分かると思いますが。
 今後は、改正法の「マクロ経済スライド」が適用されますので、相対的にはもっと減りますよ。

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/tribute/2004/06/05/2.html

Q65才からの年金支給の平均月額は

65才からの年金支給の平均月額は
平均でどのくらいなんでしょうか。厚生年金35年加入、男性定年後無職。年々減額されているとか聞きましたが。
10年先は、今よりもぐんと下がると思うので、今のうちからセカンド資金を準備しておかないと思いまして。

Aベストアンサー

「厚生年金35年加入」ですが、本当にこればかりは人それぞれに違いますので「年金機構」旧社会保険事務所で査定して見て下さい。今、申請するといくら支給されるのか、65歳になって国民年金と合算したものがいくら支給されるのか、全部出て来ます。私は63歳ですが60歳から「厚生年金」を受給致しています。これだけ仕事が無い、という時代に「減額でもいいから年金を」と思って藁を掴む思いで申請しました。厚生年金は「報酬比例部分」「定額部分」と二つに区分されています。60歳から申請すると、この「報酬比例部分」のみが支給され、64歳から「定額部分」が上乗せされ支給されますが、私は64歳まで待てないから「一部繰上げ」の申請をして今は全額支給されています。通常の年金額(64歳まで待った金額)と比較しても年間4万円しか違いませんでしたので、今の方法を選びました。65歳から「国民年金」が加算されます。その金額も全部算出してもらっています。年金だけは絶対、年金機構から申請の方法など教えてくれないので、自分で出向いて担当者に聞いて判断するしかありません。お役に立ったでしょうか?


人気Q&Aランキング