【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

A Brief History of Chocolate

One of the most beloved foods in the world, chocolate is not just a modern treat. In fact, chocolate-or rather, cacao seeds-has been part of our culinary history for thousands of years.

More than 2,000 years ago in Central America, the Mayan people began consuming a drink made from cacao seeds. There was no sugar in America in those days, and so they flavored the drink with chili peppers and other spices. It was called xocolatl, meaning bitter water. The Mayans used xocolatl for important rituals, such as religious ceremonies or weddings, and believed that consuming it would enhance their health and cure illnesses. Caco seeds became highly valued throughout Central America, and were even used as currency by the Aztecs.


But the biggest development in modern chocolate consumption happened by accident in 1828. C.J.Van Houten, a Dutch chemist, discovered a method for making powdered chocolate when he tried to extract oils from cacao to make the drink smoother. This product became known as "cocoa powder." Not long after, in 1847, a British man named Joseph Fry developed "eating chocolate," which were chocolate bars made of cocoa powder, cocoa butter, and sugar. This led to the first milk chocolate bars, sold by Nestle, a Swiss company. These were created by adding condensed milk to Fry's chocolate bar recipe. Fry's company, Fry & Sons, was later bought by Cadbury. Today, Nestle and Cadbury remain the would's leading chocolate producers.

Chocolate hasn't lost its popularity, and has yet to stop evolving. Stop in your local specialty chocolate shop and you might find chocolate filled with fruit jellies and even flower petals. Food scientists have made chocolate sauces that can harden in seconds, and chocolate bars that don't melt in hot weather. For people who cannot live without chocolate, scientists have added the smell and taste to products like soap, perfume, toothpaste, and lipstick. As world-famous chocolatier Jacques Torres once said, " Chocolate is a magical product."

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

チョコレートの大まかな歴史



世界でもっとも愛されている食品の一つであるチョコレートは、近代の特別な楽しみというだけのものではありません。実のところ、チョコレート、いやもっと厳密に言えば、カカオ種は何千年にもわたり、私たちの料理の歴史の一部であったのです。

2000年以上も前の中央アメリカで、マヤ族の人々はカカオ種子で作った飲み物を摂取し始めました。当時アメリカには砂糖がなく、人々はトウガラシや他のスパイスで飲み物に風味付けをしました。それは“苦い水”という意味のショコラトルと呼ばれました。マヤ族はショコラトルを、宗教的な儀式や結婚式といった重要な式典に使い、ショコラトルを摂取することは、健康を病気の治癒を増進すると信じていたのです。カカオ種子は中央アメリカ全体で、高く評価され、アステカ族によって通貨として用いられさえしたのです。

しかし現代のチョコレート消費を促した最大の開発は、1828年偶然に起こりました。オランダの化学者C.J.バンホーテンが、なめらかな飲みものを作るためにカカオから油脂を抽出しようとした時にパウダー状のチョコレートを作る方法を発見したのです。この商品は「ココアパウダー」として知られるようになりました。それから間もなく、1847年に、ジョセフ・フライというイギリス人が、ココアパウダー、ココアバター、そして砂糖から作られたチョコレートバー、「食べるチョコレート」を生み出しました。このことが、スイスの会社ネッスルが売り出した最初のミルクチョコレートバーにつながります。こうした商品はフライのチョコレートバーレシピにコンデンスミルクを加えることによって造られました。今日、ネッスルとキャドバリーは世界をリードするチョコレート生産者であり続けています。

チョコレートは人気を失うこともなく、進化もいまだ続いています。あなたの地元のチョコレート専門店に立ち寄ればフルーツゼリーやさらに花びらでコーティングされたチョコレートをみつけられるでしょう。食品化学の専門家は、数秒で固まるチョコレートソースや暑くても溶けないチョコレートバーを作り出しました。チョコレートなしでは生きられない人たちのために、科学者たちは、石鹸、香水、歯磨き粉、そして口紅といった商品に香りと味わいを加えました。世界的に有名なショラティエのジャックトレスはかつてこう言いました。「チョコレートは魔法の商品なのです」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!とてもわかりやすいです!

お礼日時:2016/11/04 14:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング