http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=94595

の延長上の質問です。鏡の歴史をさかのぼり神獣鏡に行き当たったのですが、当時の鏡は姿を映す機能が重視されているというより主に祭祀を目的として使われていたらしいですね。これは当初芸術品としてつくられた「鏡」が後天的に別の利用価値を持つようになった、と考えていいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

色々な模様が施されているのは裏です。



表側は扁平で、物が映るようになっています。

「物を映す」と言うことがある種「神秘的な物」としてとらえられるようになって、祭祀に使われ、それに伴って装飾が施されたと考えるべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。誤解をしていたのですね。ありがとうございました。しかし銅のような物質を抽出し、精製し、(詳しい技術の過程は存じませんが)平面に引き伸ばすというのは
大変な作業のように思います。そのあたりのことを詳しく知るための文献などご存知でしたらご教授願えませんでしょうか?

お礼日時:2001/06/24 21:29

鏡のことはよく知りませんが、



一般的に「芸術が先か、宗教が先か」という命題があって、あまり自信はありませんが、最近のトレンドとしては「宗教が先」と答えることのようです。

根本的には、最初に宗教があって、そこから医学・哲学・法学・科学・芸術などが分化したということになるでしょう。実際、これらの分野は、古くは神官の独占物でした。
つまり、究極的には、宗教的動機も芸術的動機も似たようなものなのです。現代人がミロのヴィーナスを見る感動と古代人が仏像を見る感動に、大して違いはないわけです。神獣鏡の時代の人ならば、敢えてそれを別カテゴリーとしては捉えなかったでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「鏡は人の姿を映す」ということがわかっていなければ、そもそも機能としての「鏡」を創ろうとは考えませんよね。金属のプレートをたまたま作ったらそれが偶然「鏡としての機能を持つようになった」のかどうか確認したかったのです。しかしそんな手間のかかる作業を「たまたま」などと言って良いものなのか、疑問に感じてしまったんです。その動機が何なのか知りたくて…。「なんだ、そんなことだったのか!」ということになる予感はしますが…。刀剣などを作ったときにそこに「鏡」の機能を発見したのかな?専門書をあたってみます。

ご回答はこれはまた別のいい勉強になったように思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/25 10:01

未読なので、自信はありませんが。

検索で、以下のような2冊を見つけましたので、ご参考までに。


Title: 和鏡の文化史―水鑑から魔鏡まで
Series: 刀水歴史全書〈31〉
Author: 青木/豊【著】
Publisher: 刀水書房
Year: 1992
Description: かがみの初まりから世界最古の鏡、中国の鏡、エジプトの鏡、土の鏡や石の鏡、正倉院鏡・藤原鏡から江戸の柄鏡、さらに鏡にまつわる信仰・民俗、技術・職人などなど、十数年の蓄積による鏡に関する知識体系化の試み。
Contents: ・第1章 鏡のはじまり
・第2章 和鏡の出現と変遷
・第3章 鏡と信仰
・第4章 鏡にまつわる話
・第5章 鏡の製作
・第6章 鏡に関する話
・第7章 鏡図案に見る文化
ISBN: 4887081391

-------------------------------------------------------
Title: 日本人と鏡
Author: 菅谷/文則【著】
Publisher: 同朋舎出版
Year: 1991
Description: 考古学・民俗学・東洋学の幅広い観点から鏡にアプローチする。
Contents: ・第1章 鏡を考える
・第2章 江戸時代の鏡
・第3章 室町・鎌倉時代の鏡
・第4章 平安時代の鏡
・第5章 奈良時代の鏡
・第6章 古墳時代の鏡
・第7章 三角縁神獣鏡
・第8章 弥生時代の鏡

ISBN: 4810409759
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざどうもありがとうございました。
参考にしてみます。

お礼日時:2001/06/25 06:25

文献については存じ上げないのですが…



銅鏡の作り方が、「簡単に」載っているページがありましたのでどうぞ。

参考URL:http://www.mirror.or.jp/jp_his04.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/25 06:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半三角縁四獣文鏡の「半」について

奈良国立博物館に行ってきたのですが、そこで半三角縁四獣文鏡を見ました。私は今まで「半」とついた三角縁神獣鏡を見たことが無かったのでこれは何かと思って調べてみたのですが分かりません。どうか「半」の由来を教えてください。

Aベストアンサー

半三角縁=斜縁 のようです。
つまり三角形の半分(斜面が1つしかない)のようです。

Q古墳に副葬されている銅鏡と、神社に収められているご神体の鏡とは、同じような役割を持っていたのでしょう

古墳に副葬されている銅鏡と、神社に収められているご神体の鏡とは、同じような役割を持っていたのでしょうか?

Aベストアンサー

詳しくはないのですが、古墳に副葬されてる鏡の多くは 割られて いたと思います。で、何故割られて入れられているのかは、今となってはまったく分からない。でも鏡なのだから、使い方は鏡なのでしょう。
(個人的な見解では、物を壊すことによって、おまえ(物)ももうこの世のものではないから、あるじ(故人)と一緒に黄泉の国に行きなさい、みたいな意味だったのかなぁ?と思っております。)

ご神体のほうは、まぁ本当は依代は何でもよいのだけど、理由は分からないですが明治期に、ご神体は鏡!って役人が決めたのが由来のようです。まぁ三種の神器の1つでもありますし、見栄えも良いから、などもあるのかも? 
こちらも、鏡といえばただの鏡。勝手に依代にしただけ。

Q古代の川のぼり

歴史の本を読むと「川を使って物資を運んだ」などと書いてあることがありますが、現代のように発動機がなかった時代、日本のように狭く、流れが速い川をどのような方法で上流に上っていったのでしょうか?

Aベストアンサー

例えば、最上川のケースなんか調べると面白いかも知れません。

最上川は河口に西回り航路の要衝・酒田港を抱え、上流の藩が挙って物流のための基盤として使っていました(最上舟運という)。
http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/b00097/k00360/t-com_vol39_HP/04/04.html

船を見ると帆が付いていますので、風次第で帆走、あるいは屏風絵
http://libzao.kj.yamagata-u.ac.jp/benibana/ezu.html
(の松川舟運図屏風)
を見る限りでは魯か棹によって進んでいます。
その他、特に急になっている瀬に関しては両岸から曳いていたようです(図にも曳かれているところが描かれている)。

Q上半身が人で下半身が獣の…

砂漠にあるイメージがあるアレの詳細を教えてください。

Aベストアンサー

スフィンクスでしょうか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B9

Q銅鏡銘文の意味

カテゴリー「国語」が適当かも知れませんが・・・・

吉野ヶ里遺跡の中から出た銅鏡に「久不相見 長母相忘」という銘文があり、その読みは「久しく相見えず、長く
相忘るなからん」と解説されていましたが、これはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

意味は参考URLにあります。

「長母相忘」ではなくて、
「長毋相忘」となっています。
「毋」の字は「ブ」と読み、否定を表します。
「無」と近い意味の漢字です。

「毋相忘」で「相忘ること無し」、つまりお互いのことを忘れないという意味です。
それに「長」がついて、「長く相忘ること無し」となります。

漢文の場合、文章が表しているものが
「事実」であるか「予定」であるか「意思」であるかはわかりにくいのですが、
文の流れから判断して
「しばらく会わなくても、忘れないよ」
という意味になるのでしょう。

参考URL:http://kyushu.yomiuri.co.jp/nsurf/nsurf41/nsu4106/nsu410626b.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報