今年の宅建を受けたのですがおそらく落ちました。また一から勉強しようと思うのですが、宅建に40点以上で過去に合格、または今年合格した方の勉強法を知りたいです。来年は絶対に合格したいと思ってるのでぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

宅建」に関するQ&A: 宅建

脳 本」に関するQ&A: 脳についての本

A 回答 (1件)

宅建の資格の勉強の時は、本屋で買った参考書をみた時に、民法は確かに日本語で書いていますけど、意味が全然分からなかったです(>_<)


ですから、
完全の独学では、絶対に勉強どころじゃないと思い、よく新聞で募集している資格取得予備校(塾)に入りました。

それから少し経ってから、リトルキッドさんみたく自分も絶対合格したかったので、ユーキャンの通信講座に申し込んで勉強しましたよ。
(ユーキャンの通信講座・・・0120-86-1153です。もし興味がでたら、まず無料資料を送ってもらって検討してみて下さい。自分の時は電話で質問できたんですけど、
今はどうか分からないですから、そこを確認とるのもいいと思います。でも質問はメールもネットも郵便でも必ずできます)

自分も一から勉強したんですけど、特には資格取得予備校よりはユーキャンの方が参考書が見やすかったので、ユーキャンの本を対象に勉強を進めましたよ>^_^<

●進め方は、もぅ単純にあくまでも、少しづつゆっくり進めながらノートに要点を書いて暗記をして、その暗記を繰り返しながら、だんだんと暗記した事を、1カ月単位で、
日にちを入れながら伸ばしていく感じです。
そして知らず知らずにその要点が、頭にこびり付いているというやり方ですね。

単純ですけど、根性とスタミナと頭のしわが豊富について日頃の頭の回転も速くなりましたよ(-。-)y-゜゜゜
(本に書いてあったんですけど、ゆっくりと少しづつの勉強が、無理なく脳自体が受け入れやすいみたいですよ)
宅建は建築基準法で建ぺい率とか容積率等々の所は、算数が入りますけど、後はほとんど暗記ものですから、とにかく頭にこびり付かせたい一心で暗記しましたね。

後は税金の所は、2問か3問でましたけど、自分は税金の所は、よく分からなかったもんですから、そこに費やす時間を他の所に回しましたけどね。
ですから、税金の答えはオール2で選択しました。2というのは、今までに2問目が正解が多かったからです。でも、全問間違いでしたけど(T_T)/~~~


実際は35点がまず合格ラインです。
そこで50点の満点とって合格しても、35点とって合格しても同じ合格の同レベルですよ。気楽に受験してください(^_-)-☆

でも、自分は宅建の資格は取りまして、不動産会社へ入りましたけど・・・・・・いろいろあって・・・
結局今は、不動産会社の管理アパートの広い庭木の剪定作業等々をしてます。
一つのアパート1人の割合で、剪定してますから、枯らしたりしたらすぐにバレてしまいます。
そこで、枯らさせたら会社の責任ですから、宅建の勉強以上に剪定と樹木の勉強をしてますけどね(._.)
でも、なかなか面白いんですよ(^.^)

考えた事もないような道に来てしまったけど、宅建をやったから植木の剪定の仕事にぶつかった。結局つながりがあるんですよね。
人生どう転ぶか全く分かりませんけど、それが人生の面白さですかね(^◇^)

これも脳の本(脳外科の先生の本)に書いてあったんですけど、
①楽しくて始める➡楽しい事がマンネリ化➡飽きる、つまらない➡やめてしまう。
でも、
②面倒でもするしかない➡面倒がマンネリ化➡習慣化する。みたいですよ。宅建は②ですね。

習慣化すれば、もぅ宅建の勉強に勝ったも同然だと思います(^。^)y-.。o○
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長文でありがとうございます!僕は不動産の仕事に興味があるので、個人的に質問したいです(笑)またよろしくお願いします!

お礼日時:2016/11/08 18:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q進研ゼミの合格判定模試の判定って信用していいんでしょうか? 進研模試とは別のものです。 高校生です

進研ゼミの合格判定模試の判定って信用していいんでしょうか?
進研模試とは別のものです。
高校生です

Aベストアンサー

判定を2で割ればいいと思います。

Q今年宅建受ける人いますか?

試験まであと1ヶ月
ようやく重い腰あげ勉強始めようかと思いますが間に合わないですよね?
合格された方もどのくらい勉強されたか教えて下さい

Aベストアンサー

的を得た回答になるか分かりませんが
宅建に関する事で長々とした回答になりますが宜しくお願いします。
また最後に宅建に関連するインターネットサイトを紹介していますので、こちらを活用し解決に至れば幸いです。

宅建試験のイメージとして、不動産関連の基本的な事について学ぶ資格だと思っている方が多い様に感じます。
ところが、学習を手掛けて行くと、そうでない事に痛感させられます意外と難関の資格かもしれません。


特に民法重視の『権利関係』で学ぶことは、過去問を学習しただけでは解けないような問題も出題され最も理解が必要な科目です。


『法令上の制限』では、数値を覚えなければならない事項が多く最も暗記する量が多い部分とも言われています。
ここ数年の傾向として暗記だけでは選択できない、ある程度考えさせる問題が多くなってきていることが分析するとわかります。


『宅建業法』では、専門的な分野ですが基礎的な学習を行うことで、得点源と言われている分野です。どのような問題にも対応できるようにしておく必要があります。
過去問を完璧にマスターすれば、ほぼ確実に点数につながります。本試験では50問中20問宅建業法が出題されます。


『税及び免除問題』(土地、建物、統計等)は、不動産に関連した税について出題され、最も出題予想がしにくい分野ですが、
しっかりと学習することによって平均点以上を取ることができます。


宅建の勉強時間は人それぞれですが、1ヶ月で合格した方や2年3年かけて合格したという方も中にいます。
ただし、集中的に日に何時間勉強したとか、毎日やったとか、色々な条件まではわかりませんが、一般的に言われる事では、期間としては3ヶ月から6ヵ月、合格者の勉強時間で言えば平均350時は必要かと思います。


役に立たないかもしれませんが、お薦めの勉強法を紹介します。

宅建試験に限らずどの様な試験にも共通することは、

『覚える→理解する→点にする』

このサイクルを徹底的に繰り返す事です。
このサイクルを原点に考えれば『宅建試験は過去問重視』と言う数多くの意見も信憑性が増します。
択一試験での攻略は暗記力ではなく、反復学習で自然と覚えて点にするこの様な結論かもしれません。
あと四肢択一試験の勉強方法の落とし穴は、自己学習するなかで問題集を行う場合に、点数で自己評価するのではなく
一肢毎に問題文を理解する事です。

しかし、理解できない部分や気になる部分は、質問をしましょう。通信教育機関を利用するのも結構ですが料金が必要になりますのでOKWaveの様なサイトを活用するのも有効です、私も閲覧しましたが素晴らしい解答が多く見受けられます。
質問をすることで記憶の定着率が高まります。
意外と大切なことは、質問する事ではなく、コミュケーションを取ることによって、自分ひとりではないのだということを意識することが重要です。
独学の方にありがちなのですが自分を追い込む傾向にあります、追い込んで勉強するのは必要な事で否定はしませんが『メリ・ハリ』を維持する為にも
コミュケーションは欠かさないようにしましょう。


ただ、注意してほしい事は回答してくれた方(私も回答していますが!!)には本当に申し訳ないのですが、その方が信頼できるかわからないという点です。
インッターネットという事から不特定多数の方が利用しているわけですから、心無い回答や、適当な回答をもらってしまう可能性もあります。

そのことは自己責任で利用しましょう。


最後に、インッターネット利用で効率良く学習出来るようにいくつかのホームページを紹介します。

OKWaveを有効活用している様に少しは勉強の幅が広がるかと思います。


下記は

宅建試験に関わる関連サイトです
------------------------------------------------
『財団法人 不動産適正取引推進機構』
 
  試験申込等はこのサイトから行えます
 http://www.retio.or.jp/
------------------------------------------------
       『ユーキャン』
 
   通信教育を手掛ける老舗です
   http://www.u-can.co.jp/index.html
------------------------------------------------
       『日建学院』

   毎年、高い合格実績があるようです
 http://www.ksknet.co.jp/nikken/index.aspx
------------------------------------------------
   『十影響の宅建スーパーWEBサイト』

   宅建に関する情報を提供しています
   http://tokagekyo.7777.net/main.html
------------------------------------------------

※あなたの御健勝を願っています。

的を得た回答になるか分かりませんが
宅建に関する事で長々とした回答になりますが宜しくお願いします。
また最後に宅建に関連するインターネットサイトを紹介していますので、こちらを活用し解決に至れば幸いです。

宅建試験のイメージとして、不動産関連の基本的な事について学ぶ資格だと思っている方が多い様に感じます。
ところが、学習を手掛けて行くと、そうでない事に痛感させられます意外と難関の資格かもしれません。


特に民法重視の『権利関係』で学ぶことは、過去問を学習しただけでは解け...続きを読む

Q司法権の範囲(国家試験の不合格判定)

国家試験の不合格判定は法律上の争訟にあたらない(最判昭41.2.8)とされますが、実技や論述試験、合否ラインの妥当性など採点する側の主観が色濃いものを別として、例えば、択一問題のように正誤に検討の余地がなく合否ラインへ到達していることに根拠がありながらも不合格であった場合、司法審査は及ぶんでしょうか?

Aベストアンサー

>択一問題の…正誤<
確かに、択一問題の正解数の積み上げが何点になるかということには、出題者・採点者の主観をさしはさむ余地はないと思いますが…。

しかし、その積み上げの前提として、択一問題のどの肢を正解にするかという「判断」は、やっぱり「法令の適用によって解決するに適さない単なる政治的または経済的問題や技術上または学術上に関する争い」(質問者さま引用の判例)でしょうから、結局「法律上の争訟」には当たらないと思います。

Q宅建の5点免除が受けられる講習について

宅建において、講習を受けると本試験で46問目から50問目を解答しなくても点数がもらえる(いわゆる5点免除)ということを聞いたのですが、どこが主催するなんという講習なのでしょうか?あと、いつごろ開催されるのでしょうか?
問い合わせ先等が解かれば有り難いです。

Aベストアンサー

この講習のことでしょうか?
平成13年度の受付は終了しています。

http://www.dango.ne.jp/kindaika/shiteigaiyo.html

http://www.dango.ne.jp/kindaika/shitei.html

Q大学の合格判定について

現在、自分の娘が高校2年生となり、大学入試のことを考えるようになりました。
そこで、25年前の自分の経験を娘の参考にしてよいかどうか、ご意見をお願いします。

以下は自分の高校時代の話です。
高3の冬に大手予備校の模擬試験を受けた結果、第一志望の甲南大学の合格判定は50%でした。
「あ、二つ受けたら一つは受かるんや♪♪」と、喜びました。
関関同立クラスの合格判定は30%でした。
「こっちは三つ受けたらいいんやな。」と、真面目にとらえました。
その件について、自分の通っていた高校は受験校とは程遠かったので、人には相談しませんでした。

実際の自分の受験結果は以下のとおりです。
甲南大学 … 法学部〇、別の学部×
関関同立 … 関大(?)×、関学(社)×、同志社(文)〇

当時の私は、「大手予備校の合格判定って、おそろしい程の確率で当たるんや。」
と、感心していました。

来年、娘の志望大学を考える上で、そういった私の25年前の経験談を参考としてよろしいでしょうか。
ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

甲南大学に二つ受けて一つも入れない確率

(1-0.5)×(1-0.5)= 0.25 25%

甲南大学に二つ受けてふたつとも合格する確率

0.5 × 0.5 = 0.25 25%

甲南大学に二つ受けてどちらか一つ入る確率

1-.25-0.25 = 0.5 50%

二つ受ければ どっちかに入るよ! と言う意味ではなく、上記の確率分布の話になります。

※ 確率における独立事象というやつです。

甲南大学の二つの受験学部で 一つ目の合否 出来・不出来 と 二つ目の合否 出来・不出来は関係ないという意味です。
一つ目が落ちたから 二つ目は (どっちかか入れるから) 入れる! というわけではなく、一つ目が落ちようと合格しようと 二つ目の合格確率は 50%となります。

合格率が N%である試験を M個受験すると、M個全て不合格になる確率は

(1-N)のM乗 になりますので、親の金と本人の忍耐がある限り 一つも合格できない確率は下がります。
不合格の数が増えて、受験生の精神的ダメージが蓄積されるというワナもありますが。

Q今年の宅建を受けてと云われ、、、(勉強まったくなし)

会社から「10月の宅建の試験受けてみて」と云われました。給料に3万円の差がでるのはうれしいのですが、なにせ何もしてません。明日試験の申し込みをしようと考えてます。勉強は何から始め、自宅で学ぶにお薦めの参考書、DVD等ありましたら教えてください。因みにスクールには通うつもりはない、です。というか2ヶ月ちょっとで受かる人っているんでしょうか???

Aベストアンサー

2ヶ月や1ヶ月集中勉強して合格したという話は時々耳にします。
やってやれない事はないと思いますが、学生や専業主婦で主婦で一日中勉強に集中できれば良いですが、サラリーマンのように仕事と両立だと時間が短いと思います。

試験がどのような感じなのかを知る意味では今年は受験だけでもする価値はあると思います。


2ヶ月合格する人は、凄いなと思います。

Q進研ゼミの合格判定模試

中3で進研ゼミの合格判定模試というのがあって志望校が安全圏だったんですけど、中学校の先生にはぎりぎりいけるかなと言われました。
これってやっぱり学校側の方が正しいのでしょうか?
それと五木模試と進研ゼミの模試はどっちの方が難易度がたかいのでしょうか?

Aベストアンサー

試験に絶対はありません。
進研ゼミに限らず、合否判定はあくまで模試を受けた中でのデータにすぎません。
例えば試験当日、進研模試は受けていない、あなたよりずっとできる子たちが受験会場にいるかも知れません。
学校の先生としては責任もありますから、大丈夫だとは言えないでしょう。
今のこの時期「気を抜くな」というような言い方をするのは当たり前です。
残りの数か月でものすごい追い込みを見せる生徒もいますから、最後まで気を抜かず、体調に気をつけてがんばって下さい。

Q宅建の取引主任者証交付(都道府県)を受ける場合は、2年以上の経験+法定

宅建の取引主任者証交付(都道府県)を受ける場合は、2年以上の経験+法定講習、経験のないものは、登録実務講習を受けないといけないそうですが、この、登録実務者講習ですが、こちらはどの機関で実施されているのでしょうか?(関西圏でお願いします)また、この教育終了後、試験が有るそうですが、それは
教育の内容を、普通に勉強すれば、才覚のないものでも容易に解けますでしょうか?経験のある方、関係者及び、知識のある方、教えてください。
ちなみに、業務管理主任者、登録実務講習のケースについても、教えてください。

Aベストアンサー

宅建主任者です、また、現在管理業務主任者の手続きも進めています。

まず、宅建主任者の登録実務講習は11の機関でやっています。
一覧先リストのURLを貼っておきます。現在は通年でやっているところが多いのと多くの場所が関西でも実施していますので、ネットで検索して、良さそうなところに問い合わせてみて下さい。
内容については各学校で微妙に違いますが、大きくは通信課程と通学過程に分かれます。
通信課程は基本的に通学過程の事前自習です。たいていはテキストを読んだりDVDを見ておく等の課題が課されています。特に演習問題が入っている場合はこの中から最後に出題されるので、必ずやっておく必要があります。提出物が課されている場合もちゃんと提出する必要があります。
通学過程は丸2日間通う必要があります。欠席遅刻早退は厳禁です。
試験に出る部分はちゃんと言われますし、最後の修了試験もたいていはテキスト持ち込み可能ですので、必要事項はテキストに書き込んでおくことでしょう。
実習が多いので、これまでのおさらいと今後不動産を見るにあたっての注意点とかを知る良い機会ですので、楽しんで取り組んで下さい。

一方で、管理業務主任者の登録実務講習です。
こちらは現在は試験機関でもある高層住宅管理業協会のみが、毎年3月に集中してやっています。募集は1月下旬の管理業務主任者試験の合格発表後から始まります。
基本的に丸2日通って最後に修了試験を受けるというパターンは宅建主任者の時と同じです。事前に教材が届いて読んでおくように指示がありますが、読まなくても当日は十分対応できます。
ただし、こちらの講習は宅建実務講習に比べるとかなりつまらないです。実務者が講師なので、マンション管理に関する裏話が時々出る場合もありますが、あくまでテキストに沿った講義スタイル、時々演習が入る程度です。試験に確実に出るところは強調して言われますので、講義中は寝ないようにしっかり聞いておくことが必要です。また、重要事項説明書の作成は1問課題として出ます(試験には選択穴埋めで出ます)ので、この演習の時はしっかりやって覚えておく必要はあります。
最後の試験に持ち込みができないのと、試験前の休憩はほとんど無いので、講義中は常に緊張感を持って取り組む必要があります。

どちらにしても共通しているのは、最後の修了試験は本試験と違って落とす試験ではないので、ちゃんと課程をやっていればまず通ります。また、講義は2日とも朝から晩までやりますので、体調管理に十分気を付けることです。

参考URL:http://www.mlit.go.jp/common/000049166.pdf

宅建主任者です、また、現在管理業務主任者の手続きも進めています。

まず、宅建主任者の登録実務講習は11の機関でやっています。
一覧先リストのURLを貼っておきます。現在は通年でやっているところが多いのと多くの場所が関西でも実施していますので、ネットで検索して、良さそうなところに問い合わせてみて下さい。
内容については各学校で微妙に違いますが、大きくは通信課程と通学過程に分かれます。
通信課程は基本的に通学過程の事前自習です。たいていはテキストを読んだりDVDを見ておく等の課題が...続きを読む

Qセンター試験 合格判定

センター試験 合格判定
今ごろ聞くのは間違ってるかもしれませんが、センター試験の自己採点をした結果を業者に送って判定してもらうやつありますよね。
それのリサーチを今度のセンター試験後にしたいのですが、どうやったら受けられますか?

ちなみに、今の状況は一人暮らしをしつつ浪人していて近くに予備校は無くパソコンは持っていません。


本当は地元の先生が業者に送ってくれるという話でしたが、都合が悪く地元に戻れそうにありません。
厳しい意見もあるかと思いますがアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

代ゼミのセンターリサーチですね。
大都市には代ゼミの校舎がありますので、お近くの都市の代ゼミの校舎を調べてTELすれば、説明書類・成績記入の用紙等を送ってくれますよ。(無料)

Q宅建で建ぺい率と容積率の2以上に異なる建ぺい率の制限を受ける地域にわたる場合の計算方法なのですが、『

宅建で建ぺい率と容積率の2以上に異なる建ぺい率の制限を受ける地域にわたる場合の計算方法なのですが、『加重計算』と『按分計算』の意味がよくわかりません。計算(数字)ではなく言葉で説明して頂けるとありがたいです(;_;)
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

按分: 基準となる数量に比例した割合で物を割り振ること。

No.1の
(80x60%+120x80%)÷200=72%
の例だと80に60%を120に80%に割り振っています。
同じことです。


人気Q&Aランキング