あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

【宗教】儒教、道教、仏教の違いを簡潔に説明してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

そうだな 極めて簡単に言えば



仏教は 仏に
道教は 仙人に
儒教は 役人に

なろうとする。

かな。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

分かりやすい

お礼日時:2016/11/01 22:35

儒教


宗教家どうか争いがある。
天思想を持っているので、宗教という説も
有力。
皇帝を父と思う、など、国家体制を家族の
ようにすれば、良く治まると主張。


道教
多神教の宗教。
日本の神道と違うのは、天帝という親分が
おり、その部下の神様が沢山存在し、
組織化していること。
神様自身はたいした力がなく、孫悟空
一人に敵わない。
長寿、富貴を目的とするため、非常に
俗っぽい。
人間の聖なる部分を刺激して、社会を
良くしようという意義がない。


仏教
神がいない宗教で、人間が悟りを開いて
仏陀になるのが目的。
悟りとは、我欲を取り去ることを言う。
    • good
    • 0

日本的解釈では儒教は上下関係、仏教は哲学、道教は神道、解りやすくするとこう成ります。

    • good
    • 1

儒教


宗教ではく、父親家系を中心とする秩序を重視する「俗世道徳」。
父親家系を尊ぶため、墓参りなどの祖先崇拝を推奨する。

仏教
この世の本質を苦とし、それを徹底的に認識することにより、
そこから「解脱」することを目的とする宗教。
   
道教
「解脱」を目指す、などというすべての目標をもたず、
「自然」に対する絶対的信頼があり、本質論のみで方法論らしい方法論をもたない。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神道と仏教と儒学とキリスト教の違い

4者の違いはどのようなところにあるのでしょうか?
時代によって廃れたり、隆盛したりしていると思いますが、
現代の勢力図はどのような割合になっているのでしょうか?
女性の権利の拡大とこれらの宗教の教えは矛盾しないでしょうか?

Aベストアンサー

壮大すぎる質問ですなー。

まず、儒学が宗教かどうかはなかなか難しいと思います。儒「学」と名乗っているのですから学問のひとつと考えるべきかな。確かに宗教は価値観のひとつであり、儒学も価値観だと考えることはできると思いますけどね。

神道と仏教とキリスト教の決定的な違いは、神道と仏教が多神教的テイスト(神道ははっきりと多神教ですが)なのに対してキリスト教は一神教であることです。
現代の勢力図といいますが、創価学会や立正佼成会などを仏教の一派と考えるか、新宗教と捉えるかで勢力図は全く違いますね。日本での勢力図ということでしょうが、キリスト教と一言でいってもカソリック(旧教)とプロテスタント(新教)に分かれていて、この両者は創価学会と総本山の間柄なみに仲が悪いですから、十把ひとからげに「キリスト教」とはくくれないですね。

女性の権利拡大と宗教の関係となると、もう質問者さんの意図がどういうのかわからないと答えようがないですね。そもそも、日本の女性解放運動というのは宗教とは無関係のスタンスにあるところです。女性解放運動に宗教的立場から横槍が入ったことは(目立った形では)ありませんし、逆に宗教指導者が女性解放運動に関わったこともないと思います。
平塚らいてうが「原始、女は太陽だった」といったのは彼女の文学的センスによるもので、別にアマテラスへの信仰心を利用して女性解放運動を展開しようとしたわけではないと思いますよ。

壮大すぎる質問ですなー。

まず、儒学が宗教かどうかはなかなか難しいと思います。儒「学」と名乗っているのですから学問のひとつと考えるべきかな。確かに宗教は価値観のひとつであり、儒学も価値観だと考えることはできると思いますけどね。

神道と仏教とキリスト教の決定的な違いは、神道と仏教が多神教的テイスト(神道ははっきりと多神教ですが)なのに対してキリスト教は一神教であることです。
現代の勢力図といいますが、創価学会や立正佼成会などを仏教の一派と考えるか、新宗教と捉えるかで勢力...続きを読む

Q道教と儒教の類似点

アメリカの大学で宗教の一番低いレベルの入門編のようなクラスを取っているのですが、今度道教と儒教の類似点をかなり簡潔に説明しなければいけません。相違点なら説明できるのですが、類似点となると少し難しいです。分かりやすく説明していただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 私が気づいた類似点
・道教、儒教ともに春秋戦国時代に源流を求めることができる。
 儒家思想 孔子、孟子、荀子→儒教へ
 道家思想 老子、荘子→道教へ
 諸子百家の時代でこの頃多くの思想家が現れた。
・外来からきた仏教と違い、中国国内で発生し発展してきた。
・各王朝で保護されたり、影響力を持っていた。
・中国人の行動規範となっていた。
 西洋人がキリスト教的発想で行動する(規律される)ように、中国人は道教的発想、儒教的発想で行動する(規律される)。

 これくらいしか思いつきません。思想内容で類似点を見つけるのは私にはちょっと難しい。 

Q儒教について教えて下さい

仕事の関係で中国や韓国に出張が多く、現地に友人もいるのですが、いわゆる儒教の教えや習慣は韓国の方が色濃く残っているようです。

礼儀作法や年長者への接し方など、日本では消滅してしまった美しい文化だと思います。

ただ疑問に感じるのは、若年層や下層階級に対する「教え」や「戒め」が多くあるのですが、その一方、年長者など人の上に立つ人たちへの「教え」や「戒め」はあるのでしょうか?  

イジ悪くみると、年寄りはやりたい放題、若者はひたする頭をさげるのみ、といった感じを受けるときがあるのですが・・・ すみません。

Aベストアンサー

>ただ疑問に感じるのは、若年層や下層階級に対する「教
>え」や「戒め」が多くあるのですが、その一方、年長者
>など人の上に立つ人たちへの「教え」や「戒め」はある
>のでしょうか?  

鋭い観察眼ですね。
ご指摘のとおり、儒教は目下の人(家庭では子供、組織では
臣下)が、目上の人に対する礼儀を説く内容が大半を占めて
います。

特に親への孝行が主眼となるのですが、この前提として、
親は無条件に子供を愛するという前提条件が付随するもの
と思われます。
これは一部想像が混じりますが、儒教の創始者である孔子
は、複雑な家庭環境ではるものの(孔子は妾の子供です)
おそらく親の愛情をたっぷり受けて育ったため、親の愛情
に対する疑問というものを、まったく感じていなかったの
ではないかと考えています。

もっとも君子(人の上にたつ立場の人)はかくあるべし、
という内容も多いので、必ずしも目下の人の道徳だけを
説いているわけではないようです。

さらに、少し時代があとですが、孟子の書物を読むと、主君
はかくあるべし、という非常に痛烈な指摘もあったりします
ので、一部分だけを捉えるのではなく、全体をきちんと学ぶ
必要があるのではないかと考えています。

>ただ疑問に感じるのは、若年層や下層階級に対する「教
>え」や「戒め」が多くあるのですが、その一方、年長者
>など人の上に立つ人たちへの「教え」や「戒め」はある
>のでしょうか?  

鋭い観察眼ですね。
ご指摘のとおり、儒教は目下の人(家庭では子供、組織では
臣下)が、目上の人に対する礼儀を説く内容が大半を占めて
います。

特に親への孝行が主眼となるのですが、この前提として、
親は無条件に子供を愛するという前提条件が付随するもの
と思われます。
これは一部想像が混じり...続きを読む

Q「儒教」って本当に“宗教”の部類に入るのでしょうか?

“神様や仏様に願ったり祈ったりする”ことは、その対象が“神”であれ“仏”であれ、あらゆる宗教・宗派を問わず大昔から現在に至るまでどこでも行われてきていることですよね。別に特定の宗教の信者じゃなくても、極論すれば常日頃「無宗教」を公言している人だって「こうなってほしい、ああなってほしい」と心の底から強く願ったり祈ったりすることはあると思います。

そこで質問なのですが「儒教(の信者)」にはそのような側面があるのでしょうか?確か歴史の教科書に載っている宗教分布図では東アジア(主に中国と朝鮮半島)は堂々と“儒教”と記されていたように思います。

しかしながら私の「儒教」というものに対する印象はあくまで生活の規範をこと細かく定めたものにすぎないのです(…典礼儀式として東アジア社会諸国ではそのシステム運営のために深く取り込まれはしましたが)。もしかすると「儒教」は“先祖を祀る、大事にする”という部分もありますから、何か願い事をしたい“儒教の信者(?)”は自分の先祖に対して願ったり祈ったりするのでしょうか?…真相をお教えください。

Aベストアンサー

そもそも「宗教」って定義できるものなんでしょうか?辞典にはもちろん解説が書いてありますが、何を見ても、「明確には定義できないが大体次のような傾向がある」などと書いてあります。

一応ウィキペディアを引いときます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E6%95%99

さて、ではmustapha13666さんが書いておられる「儒教」の話に移りましょう。

そもそも、「儒教」とは孔子の始めた儒学がその基礎となっており、もとは学問なのです。ここで孔子の功績について述べることはしませんが、彼は徳による政治を地上に具現させることを理想としており、そのような人物を聖人と呼んで崇めました。聖人へと近づくための様々な訓練が、儒学という学問であったということもできます。

質問に書かれていた、「生活規範の定義」云々というのがまさにそれです。日常から自らの心身を律することが聖人への道であり、それこそが儒学の本来持つ存在意義です。

ですが、儒学は前漢の武帝の時代に官学化され(これはもちろん、為政者の立場からするに、儒学が都合のよい学問であったからです)、後漢中期以降は価値観の範たる「教え」としての性格を持ち始めました。これが、「儒学」が「儒教」化する過程です。

宗教としての側面を持ち始めた儒教ですが、これが今日メジャーな宗教(特に世界三大宗教のような)と異なるのは、神や仏といった「絶対的存在」がいないことに特色があります。#2の方が書かれているように、孔子は「不語怪力乱心」なのです。


以上のような儒教の持つ特有の性格のために、儒教は宗教と認知されにくくなっているだけです。言い方を変えるならば、現在世界を席巻しているいくつかの宗教が作り出した「画一的な」宗教像の枠にはまらないだけです。日本古来の「八百万の神」を信仰するという「宗教」も、そういう意味で宗教と認識されなくなっていますね。

そもそも「宗教」って定義できるものなんでしょうか?辞典にはもちろん解説が書いてありますが、何を見ても、「明確には定義できないが大体次のような傾向がある」などと書いてあります。

一応ウィキペディアを引いときます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%97%E6%95%99

さて、ではmustapha13666さんが書いておられる「儒教」の話に移りましょう。

そもそも、「儒教」とは孔子の始めた儒学がその基礎となっており、もとは学問なのです。ここで孔子の功績について述べることはしませんが、彼は徳...続きを読む

Q儒教ってなんですか?

儒教ってなんですか?


儒教って何か、わかりやすく簡単に教えてください。

パク・ヨンハが自殺した背景の1つとして、韓国の儒教の教えが厳しく身についていることが問題とされた記事を読みました。

儒教の教えが厳しいことと自殺することの関連性がわかりません。

儒教について検索して調べてみましたが難し過ぎて理解しにくいので、わかりやすく教えていただければ幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その教理を持って思考・行動を律する物です。
儒教の考えで自殺なんて正直意味不明です(´・ω・`)y-~
関連性はあるとおもえない。
父親を思うなら死んだら元も子もありません。経済的にも精神的にも物理的な対応の上でも。
単純に精神的疲労だろう。

韓国で仁、義、礼、智、信なんて五常の徳なんて物を見ることは俺の15年来の付き合いでは1度としてない。w
形式的なスタイルを保つためにそうした文句を利用することはある。
強いていえば教師や親恩師などへの礼のスタイル的意識は強いといえる。それ以外は何も特別に描くような物ではなく、万国どこにでも存在する事柄に固有的に儒教の徳を当て付けてるにすぎない。
韓国や中国が老人にとって住みやすいかといえば乾いた笑いしかでないだろう。
中国において儒教なんて物は灰どころか気化してしまったようなものだが、スタイルとしては韓国には色々のこっている。けども、その教理に本当に即してるかと言えば。え?ってとこだ。
日本と何ら変わらない。世界と何ら変わらない。

儒教を宗教だと勘違いしてる人がいるが、宗教じゃない。武士道のような生き方や物事の考え方がストリクトにフォーマット化したものだと思えばいい。
だから党派の派閥争いで解釈の仕方が違うと言ってそれぞれ喧嘩したりしてたりした。
(´・ω・`)y-~んなことやってる時点でだめだろ。と思うわけだがw

その教理を持って思考・行動を律する物です。
儒教の考えで自殺なんて正直意味不明です(´・ω・`)y-~
関連性はあるとおもえない。
父親を思うなら死んだら元も子もありません。経済的にも精神的にも物理的な対応の上でも。
単純に精神的疲労だろう。

韓国で仁、義、礼、智、信なんて五常の徳なんて物を見ることは俺の15年来の付き合いでは1度としてない。w
形式的なスタイルを保つためにそうした文句を利用することはある。
強いていえば教師や親恩師などへの礼のスタイル的意識は強いといえる。それ以外は何...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q儒教(中国、韓国、日本)について教えてください

先日、中国には同性愛の風習がなかったか質問させていただきました。
その後図書館へ行きまして、自分でも少~しだけ調べてみました。
中国人は快楽主義的な人種だったようですね?

儒教の教えなのですが、簡単に教えていただけないでしょうか?
東洋史は高校でまじめに?やったのが最後で、大学ではサボっていました。
(サボれる出席確認方法だったのです!)
まじめに勉強しておけばよかったのですけど。

儒教の内容を簡単で結構ですので、教えてください。
それから、中国、韓国、日本の儒教のあり方、それぞれの国の人間は、どのように儒教に
従ってきたのか、あるいは従ってこなかったのか。

韓国人が「儒教の優等生」のようなことを教えていただきました。
中国人が放蕩すぎたため、儒教が生まれたというようなことも…。
日本人は儒教の影響を韓国人ほど受けなかったのでしょうか?

何でも構いません。
お奨めの本などありましたら、ぜひ一読したいので、教えてくださいませ。

Aベストアンサー

>儒教の教え
「仁」と「礼」を人が守るべきものと教えています。仁は一言でいえば「あなたが欲しない事を他人にしてはいけない」という事です。
礼は節度を守り身分ごとに応じた生き方をする事を求めます。(ホントは五常五倫なんだけど、多分その辺は#1さんの参考URLに出てます)

中国での儒教→秦の始皇帝の治世後期では冷遇/迫害されました(焚書坑儒、抵抗の抗でなく、坑=生き埋めです)始皇帝は法家(韓非子など)の影響により厳しい法律で中国全土を支配する事を目指しましたので、法で縛り難い儒教(例えば親が盗みをした事を子が隠すのは儒教的には孝で○だけど法家ではXのように)は都合が悪かったのです。
その後、漢の高祖(農民出身)が中国統一を果たしたのですが、彼の配下の多くは野盗出身や漁師出身など学の無い者が多く宮廷内は行儀が悪かったのです。そこで叔孫通という儒学者によって礼が導入され、その後の宮廷内部は見違えるようになり、高祖本人が「はじめて皇帝って偉いんだな~と実感したよ」と言ったと伝えられています。(史記)
以降儒教は中国皇帝の統治に無くてはならないものになりました。同時に多くの科挙合格を目指す者には儒教は必須科目になったのです。(これは結局清代まで続きます)

日本での儒教は貴族や僧侶のように漢字の読める一部の知識人のものでした。戦国時代末期、前田利家が大名になった後に儒者の講義を聞き感銘を受け、他の大名に「こんな面白くて為になる本があるんだって初めて知った」と論語を勧めています(それぐらいマイナーだったのです)
徳川政権になり儒教は武士階級を中心に広がります。礼は上下の身分を越えることを嫌いますから、下克上を望まない政権側としては儒教が広まった方が都合が良いのです。(儒教と言っても朱子学ですが)
しかし日本国内にほとんど孔子廟が無い事からも儒教が民間にまでは浸透しなかった事が分かります。(中国には沢山あって文化大革命の時に多くが破壊の標的とされました)

>日本人は儒教の影響
儒教には文を重んじ武を軽んじる傾向があります。日本では武士階級が鎌倉時代以降歴史を牽引していますが、彼らの基は「武」そのものです。と、なれば相性は悪いでしょうね。日本は何でも自国流に改造して受け入れます(文字だってそうです)。よって、色々な影響は受けたでしょうがオリジナルとはかなり異なった受け入れ方をしているのでしょう。忠臣蔵だって中国のオリジナル儒教では発生しにくいですよ(でも日本人って忠臣蔵大好きですよね)

>お奨めの本
論語と史記をいきなり読んでもアレですんで、中国の故事成語集などから入るのがベターかと。で出典が論語のモノを見つけていくと全体像が見えるかも知れません。

P.S.論語には女性蔑視の考えも散見されますがお怒りになりませんように。
折角ご興味をもたれたのなら宦官制度から中国・韓国・日本を眺めると新たな発見があるかもしれませんよ。

>儒教の教え
「仁」と「礼」を人が守るべきものと教えています。仁は一言でいえば「あなたが欲しない事を他人にしてはいけない」という事です。
礼は節度を守り身分ごとに応じた生き方をする事を求めます。(ホントは五常五倫なんだけど、多分その辺は#1さんの参考URLに出てます)

中国での儒教→秦の始皇帝の治世後期では冷遇/迫害されました(焚書坑儒、抵抗の抗でなく、坑=生き埋めです)始皇帝は法家(韓非子など)の影響により厳しい法律で中国全土を支配する事を目指しましたので、法で縛り難い儒教(...続きを読む

Q最初の天皇はなぜ誕生したのか?

初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?
神武天皇は、国王(日本で一番偉い人)みたいなものだったのですか?

Aベストアンサー

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。と予測する立場があるんですね。
ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。

そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。

いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。

ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの...続きを読む

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む


人気Q&Aランキング