株価が上昇する場合、資金需要が増加して金利が上昇するというのが漠然と分かるのですが、どうしてなのかがハッキリ分かりません。
「株価の上昇→資金需要の増加」ということと、「資金需要の増加→金利の上昇」ということの理由とプロセスが分かりません。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>「株価の上昇→資金需要の増加」


いろいろルートはあるのでしょうけど、株価に限らず、上昇し始めると、その後も上昇するという予想が立ちやすくなります.背後に実体経済の景気の良さがあれば、そういう予想を皆が持ちやすくなります.そうすると、将来の株価高からの利益を得るために今株を買おうとして、資金需要が増えると考えられます.

>「資金需要の増加→金利の上昇」
資金の取引価格が金利ですから、資金の需要が多い=借り手が多いと、貸付金利は高くなります。

ただ、金融の論理は統一見解がないですし、一筋縄では行きません.また常識的論理というのでさえ、その常識さは、発言する人の立場にかなり依存するはずです.
株価上昇というのも、どういった局面から上昇したのか、また金利も株価も資金需要も、どういったつもりで表現されているのかも本当は気をつけないといけませんが、僕はすべて集計化されたマクロ変数として考えました.
    • good
    • 0

ちょっとあなたのロジックが分からないのですが、関連事項についてぼくの理解していることを、書きますと、



1)株価と金利は、お金の運用からみると、対立事項になります。つまり、金利が高ければ、貯金等の利回りが良くなるので、お金は株式市場から移ってくるし、逆ならば、株式市場へ向かうという図式です。(↓参考URLちょっと下の「株価に影響を与えるもの」)

2)資金需要の増加というのは、通常設備投資などが活発化して、投資資金を求めることを言います。
http://www.osaka.cci.or.jp/Chousa_Kenkyuu_Iken/B …

3)この2つを結びつけるとすると、まず資金需要が増加しますと、企業は資本市場から調達しようとしますから、株価の上昇要因になります。逆に株価が高いと、少ない株数の発行によって、所定の資金が調達できますから、あなたのはじめの「」は容認できます。

4)しかし発行株式数があまりに多くなると、株価の圧迫要因になるので、株価が下がって資金を求める先が融資に向かうことが考えられます。しかしそれが金利の上昇原因に直接なるとは考えられず、強いて言えば、景気の過熱をさますため、当局が金利をあげることになるのだと思います。

ちょっとこじつけのようですが、あなたのロジックをサポートしようとすると、こういう理屈しか考えられませんが。

参考URL:http://www.abba-net.ne.jp/~mito/kouza27.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマイナス金利で物価上昇?マイナス金利で物価が上昇する理由は、銀行がお金を貸すので、お金が余り余っ

マイナス金利で物価上昇?

マイナス金利で物価が上昇する理由は、銀行がお金を貸すので、お金が余り余ってお金の需要と供給が供給が上回り、買いたいものが買える状態で物が奪い合いになって物価が上がる?

それとも、マイナス金利で円安になって、外国製品を買うのに円をたくさん使うことになって物価が上がる?

どっちの影響が大きいのでしょうか?

Aベストアンサー

大した影響はない。

EUで判明済み。

Q株価上昇がGDP増加に寄与するという理屈が?

金融緩和によって景気回復期待の先取りで株式市場が上昇、そのことは企業付加価値の増加となり、GDPを押し上げると言う論を見ますが、実際に内閣府統計上での国民総生産、総消費のどの項目に企業付加価値増加が表示されるのかが分かりません。

Aベストアンサー

金融緩和や株価上昇がそのまま国民経済計算のGDP増加になるのではありません。

株価が上がると、その結果、企業の財務が改善したり将来見通しが楽観的になって設備投資を増やしたり、株主が金持ちになったと思って消費を増やしたりして国内総生産が増加する、という流れです。これを「資産効果」と言います。

なお、「企業価値」と「付加価値」とは全く別物ですから、本を読むときは注意してください。

Q日銀が金利上昇を抑える為に2兆円の資金供給したとありますがどうしてなんでしょうか?

日銀は19日朝、短期金融市場で2兆円を資金供給する緊急オペ(公開市場操作)を実施した後、午後にも1兆円のオペを通告、同日中に計3兆円の資金供給を行った。証券大手の経営破綻(はたん)や米保険大手の政府管理入りをきっかけに国際金融市場の緊張感が高まっていることから、大量の資金供給で調達金利の上昇を抑えるのが狙い。緊急オペの実施は4日連続で、総額11兆円に達した。

とありますが、目的は自国の国債の金利のことなんですか?
なんの金利なのでしょうか?金利が上昇するとどう困るのでしょう。
 

Aベストアンサー

当然、国際的な金利のことです。
世界同時不況中で自国への資金の引き上げが加速しています。
必然的に国際金融の場で流動資金不足に陥っています。
このため短気ものは一時期格段に金利が上昇しました。

金利が上昇すると東南アジアなどの新興国を中心に不履行の危険性が出てきます。
支払い能力があっても金がめぐって来ない黒字倒産も増加します。
更には深刻なインフレの襲われるのは目に見えています。

放置しておくと世界経済が滅茶苦茶になるということです。

Q米国で長期金利が上昇すると日本もEUも長期金利が上

評論家の方が 「米国で長期金利が上昇することになると、日本やEUも長期金利が上昇してしまう」 とさらっと言っていたのですが、よく解らないのですがどういう流れでそのようになると考えられているのでしょうか?
ご解説をいただきたく思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 彼らを擁護するわけではありませんが、格下げにより長期金利が上昇し、日本が大変なことになる、というのは合ってます。事実、最近格下げされたギリシャ、アイルランド、ポルトガルは長期金利が上昇して大変なことになっていますね。
 でも実際は、日本はそうなりませんでした。
 当時日本が格下げされた(現代では)前例がなかったので、エコノミストの間でも「いや、日本国債はほとんど日本国内で消化されているので、大丈夫なんじゃない?」という意見も聞かれていました。

 というか、格下げされてもほとんど動揺しない日本の市場の方が異例、ヘンテコなんです。
 昔グリーンスパン元FRB議長が、「日本はあれだけ金融緩和をして(長期金利を低くして)いるのに、何で長期国債が買われてるの? わけわかんない、どういうこと?」といった発言をしていたことを思い出されます。
 経済史や金融工学を用いて理論上はそうなるであろうと予想されても、実際はそうならない場合もある。これがいわゆる実学というものなんでしょうね。
 現在海外では日本のサブカルなんかに触れて「日本て不思議、面白い」とブームですが、経済史や金融工学史上でも「日本て不思議、面白い」て思われてるんでしょうね。

 彼らを擁護するわけではありませんが、格下げにより長期金利が上昇し、日本が大変なことになる、というのは合ってます。事実、最近格下げされたギリシャ、アイルランド、ポルトガルは長期金利が上昇して大変なことになっていますね。
 でも実際は、日本はそうなりませんでした。
 当時日本が格下げされた(現代では)前例がなかったので、エコノミストの間でも「いや、日本国債はほとんど日本国内で消化されているので、大丈夫なんじゃない?」という意見も聞かれていました。

 というか、格下げされてもほ...続きを読む

Aベストアンサー

簡単なことではないでしょうか。
途上国ではまだ腹いっぱい食べることができない状態に置かれている国民が大多数です。所得が増えると食料品の購入量を増やすでしょう。
一方、日本は飽食の時代といわれます。満腹どころか、健康と美容のためにダイエットが大流行です。先進国では、もうこれ以上総量として食料の消費量が増える余地はほとんどありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報