忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

【ブラックリスト】ブラックリスト入りしているかは信用情報会社のホームページで誰でも閲覧出来るって本当ですか?

あとブラックリストは3ヶ月間の滞納で5年間残るらしいですがこれも本当ですか?

1ヶ月間の滞納だとブラックリストには載らないのは本当なのか教えてください。

1、2ヶ月の滞納者は滞納者情報に載ってない白紙ってこと?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

誰でも閲覧できるということはありません。



自分自身の情報は照会可能ですが、
他の人の情報は、そう簡単には出しません。

誰でも閲覧できるようにしてしまっては、
費用をかけて情報を集めリストを作る
リスト屋さんの商売が成り立ちませんし、
個人情報・プライバシー保護の点からも
問題になりますから。

残りの質問については、
以下を参照して下さい。
http://matome.naver.jp/m/odai/213831865423378260 …
http://matome.naver.jp/m/odai/213831865423378260 …
http://matome.naver.jp/m/odai/213831865423378260 …
http://matome.naver.jp/m/odai/213831865423378260 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2016/11/03 20:53

> 誰でも閲覧出来るって本当ですか?


誰でも自分の情報が正しいか確認するために出来ます。
妻でも子供でも、他の人のモノは見る事が出来ません。

> 5年間残るらしいですがこれも本当ですか?
延滞記録は完済から5年記載し、5年後消去。
完済してないなら、債権者が消すまで10年でも20年でもずっと。

> 1ヶ月間の滞納だとブラックリストには載らないのは
延滞の記録は基準に達していないので付かない。
ただ、毎月の支払日にきちんと支払われたかの記録も行なっていて、こちらには正常に支払われなかった事は記録される。
この記録は前24回の支払いの記録だから、通常2年で消去。

> 1、2ヶ月の滞納者は滞納者情報に載ってない白紙ってこと?
上記の通り、ちゃんとその事について記載される。

また、三ヶ月と言っても、正確には約61日(2月が28日だから全ての場合とはいえないので)ですね。
先々月の支払日に払えず先月の支払日にも払えず、今月も駄目なら、日数は61日だけど、3ヶ月の延滞として、これでリスト入りとなります。
61日は普通は二ヶ月の範疇に入りますから、2ヶ月と言うのはどちらにもカウントされる言い回しとなりますので、このような言い方は誤解を招く可能性が有ります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブラックリストについて

ブラックリストに載せられる、という表現がありますが、誰がブラックリストに名前を載せているんでしょうか。 ブラックリストを編集する専門の人や会社があるんでしょうか。 あるとしたら、それは誰(何という名の会社)でしょう?
また、ブラックリストを確認するにはどういう手段があるんでしょうか。 インターネットで公開されているんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

○個人信用情報とは、消費者ローンやクレジットに関する情報のことで、具体的には、契約内容、返済状況などに関する情報のことです。銀行、信販などクレジット、消費者金融の各業態で個人信用情報機関を設立し、会員である企業などから消費者の個人信用情報を収集・蓄積し、会員からの照会に対してこの個人信用情報を提供しています。会員は過剰融資を防止するための判断材料の一つとして、この個人信用情報を利用しています。
○この信用情報機関に登録された「情報」のなかで、貸付事故に該当するケースを「ブラックリスト」と呼ぶ慣習があります。
○信用情報機関は「全国銀行個人信用情報センター(全銀協)」「(株)シー・アイ・シー(CIC)」「全国信用情報センター連合会(全情連)」「(株)シーシービー(CCB)」の4機関あります。
○この4機関の概要は次のURLにあります。http://www.takefuji.co.jp/con_loan/html/s052.html
個別内容はその機関名を検索エンジンにかけ、各機関のHPにアクセスしてください。

参考URL:http://www.takefuji.co.jp/con_loan/html/s052.html

○個人信用情報とは、消費者ローンやクレジットに関する情報のことで、具体的には、契約内容、返済状況などに関する情報のことです。銀行、信販などクレジット、消費者金融の各業態で個人信用情報機関を設立し、会員である企業などから消費者の個人信用情報を収集・蓄積し、会員からの照会に対してこの個人信用情報を提供しています。会員は過剰融資を防止するための判断材料の一つとして、この個人信用情報を利用しています。
○この信用情報機関に登録された「情報」のなかで、貸付事故に該当するケースを「ブラ...続きを読む


人気Q&Aランキング