現在、40センチほどのレッドテールキャットを飼育していますが、1年ほど前からエラめくれが徐々にひどくなっている気がします。治療方法を知っているかた、おられましたら回答をよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 6295さん、こんにちは。


 水槽のサイズや水温、水質、水替えの頻度、餌などの飼育環境はどのようになっているでしょうか。
 エラめくれはアロワナや大型ナマズ類によく見られる症状ですが、その主な原因は水質の悪化や魚のサイズに比べて水槽のサイズが小さいなどの環境ストレスから来るものがほとんどです。レッドテールキャットですと、最終的にはどう見ても120cm水槽が必要になるでしょう。
 エラめくれが初期症状であれば、水替え、環境の改善などで治りますが、症状が進行していますと治療は極めて困難になります。アロワナなどでは、専門の獣医が麻酔をかけて、めくれたエラの部分を切開手術して治すという例もあります。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレッドテールキャットの病気??

助けてください!!!!!
私の家で飼っている、レッドテールキャットくんの調子が悪くもうすぐ死んでしまうのかととても不安です。

初めは夏場の暑い時に水槽の底で泳ぐレッドテールキャットくんの体が半分浮きかけの状態になっており、餌も食べませんでした。温度計を見てみると30℃ぐらいになっていたので急いで水を替えて水温を下げました(クーラーはつけていないので・・・)→1ヶ月くらい前の事です。
その時は水を変えて2~3日で体調も戻ったのですが、それから定期的に体調が悪くなります。
初めの症状とは変わって、ヒレがボロボロになり餌を食べません。
あれからは水温もチェックしており、異常に温度が高い状態にはなっていないので水温のせいではないと思うのですが・・・。
水を替えても体調がもどりません(泣)
餌を食べないので、体力がなくなりまた体が半分浮いた状態になるのではないかと、とても不安です。

何かの病気なのでしょうか?
詳しい方、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

水温が30度というのは全く高温ではありません。23~32度ぐらいまでは平気なのが普通です。レッドテールキャットは丈夫なナマズですから、25センチですと1年ほどの飼育で50センチは超えます。ですから、現在は水質に問題があるように思います。ひれがボロボロとありましたが、エロモナス関係の病気にかかっているのかもしれません。私は85センチのレッドテールキャットをこれで死なせてしまいました。
まず、水温を28~29度にキープして下さい。現在の飼育水に塩を100リットルに対して200g入れてください。それと同時にグリーンFゴールドを規定量入れてください。古代魚やナマズは薬に弱いから規定量の半分とかいう人もいますが、私はこれが原因で魚を死なせたことはありません。もしこれで死亡したら手遅れということです。話はそれてしまいましたが、これで1週間様子を見て、もう一度水を全部又は半分替えます。それから替えた分だけ塩をたします。それと同時にグリーンFゴールドを規定量いれます。薬は効能がなくなっているので規定量でいいです。塩は濃度が高すぎると死んでしまいます。これでもう1週間様子を見てください。この2週間の薬浴でほとんどの病気は治るはずです。食事は抜いてください。25センチですと1カ月ぐらいの絶食には耐えれますが、体力が落ちていて助からない可能性もあります。

治った場合
底に砂利を敷いていたら取り除いてください。誤食する可能性があります。レッドテールはベアタンクといって、レイアウトをなにも入れない環境で飼育するのがベストです。それから餌を変えていった方がいいと思います。25センチですと小アジやワカサギがいいでしょう。水は赤虫よりは汚れません。10センチぐらいのアジを1週間に一度腹いっぱいになるまで与え続けたらいいと思います。私は20センチのレッドテールをアジと鳥の胸肉で85センチまで育てました。5年ほどかかりましたが、最後に病気になるまでは体調を壊したことはありませんでした。ワカサギもアジよりも水が汚れますが、問題ありませんでした。ガーパイク類は現在も元気です。小赤やキャットは高くつくのでアジで十分です。調子が悪くて餌食いが落ちているときは色々な餌を試してください。水替えは1~2週に一度1/3~1/2の交換でいいと思います。ろ材は3~6ヵ月に一度洗浄してください。水質は中性で大丈夫です。水温は平均26~28度でいいと思います。飼育水槽は最終的にそれでは駄目です。ガラスを割ってえらい事になります。最低でもアクリルの120×60×60で飼育してください。ベストはW180×D90×H60です。

助かるといいですね。

水温が30度というのは全く高温ではありません。23~32度ぐらいまでは平気なのが普通です。レッドテールキャットは丈夫なナマズですから、25センチですと1年ほどの飼育で50センチは超えます。ですから、現在は水質に問題があるように思います。ひれがボロボロとありましたが、エロモナス関係の病気にかかっているのかもしれません。私は85センチのレッドテールキャットをこれで死なせてしまいました。
まず、水温を28~29度にキープして下さい。現在の飼育水に塩を100リットルに対して200g入れてください。それと...続きを読む

Q薬浴中の水換えと餌やり

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚ということもあり、健康な時は朝晩二回、もしくはかなり小分けして3回あげていました。
本来ならば薬浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
今のこの薬浴中の状態で、餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
また、水換えについてなのですが、餌を与えるとなると当然フィルターも周っていませんし、すぐに汚れますよね?
一応今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、水換えはどのくらいの頻度ですればよいでしょうか。
色々なサイトなどをみると、毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
変えないのも心配ですが、変えすぎてかえって体調を崩してしまっても心配です。
餌やりと水換えの頻度、この2つについてアドバイスいただけないでしょうか。

現在、白点病と尾ぐされ病の治療中です。
マラカイトグリーンと塩浴、症状が若干重いほうの水槽には(元気な金魚とわけてあります)ヒーターを取り付けました。フィルターはまわしておらず、エアポンプのみです。

2日経ち昨日は朝は大丈夫だったのですが、夕方から悪化し始める金魚が出てきて、最終的に赤班病などを併発して☆になってしまいました。今日は今のところ大丈夫です。心なしか、白点が消えてきたようにも思います。

お聞きしたいことはまず餌についてなのですが、今年の4月に生まれた当歳魚と...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈夫です。濾過バクテリアに大して影響も出ませんので、普通の白点病であれば3~4日で治癒するはずです。

>最終的に赤班病などを併発して
赤班病は亜硝酸中毒でしょうからよほど水質が悪いと考えられます。
特に治療するときに使用する水に、水道水のカルキ抜きしただけの水を使用するとこのようなことになることは多いですね。

>浴中は餌は控える聞いたのですが体力的に心配な面もあります。
金魚は1週間くらい餌を食べなくとも、そのことで体力が落ち死ぬことは絶対にありません。もし死ぬようなら別の原因と考えてください。

餌を食べる→糞をする→その糞が猛毒アンモニアを誘発→金魚を苦しめ病気の発生。

>餌は一日にどのくらいあげても大丈夫でしょうか。
止めた方が賢明で可哀想と思うなら、水質管理を考えてください。

>今は低面のフンなどを一日に何回かはスポイトで取っている状況なのですが、
大変良いことです。
減った分だけ足し水すればよいのですが、この足し水が問題で先に書いたように水道水(もちろんカルキ抜きした水)は決してよい水では無くいきなりこの水で飼育すると元気な金魚でも病気になることがあります。
濾過バクテリアが良く繁殖した濾過槽を通した水が最適でこの水には濾過バクテリアが含まれていますので水質悪化を防げます。

>毎日かえる・薬の効き目が切れたら・1週間に1回など色々な意見がありました。
濾過器の内容や飼育水によって一概にこれが一番は無く、難しい判断をしなければなりません。

>餌やりと水換えの頻度、
餌やりについては先に書いたようにやらないことです。
水換えをについては今の状態でしたら水に匂いが出るまで3日を限度に換えない方が良いかと思いますが、換える水はバクテリアが繁殖した水が条件です。もし手に入らなければ本水槽の水を使用してください。
参考まで。

こんにちは。
>白点病と尾ぐされ病の治療中です。
まず病気の発生原因を取り除かないと、治療しても再発の恐れがありますので最優先です。
おそらくシステムの問題で生物濾過の非力・脆弱が原因と思われます。決して水温が下がったとか、病気の魚を持ち込んだなどと安易に考えないでください、生物濾過が機能して飼育環境が十分に整っていれば多少の白点病や尾ぐされ病など薬品を使用しなくとも治癒することを何度も経験しています。

>エアポンプのみです。
マラカイトグリーンは本水槽に直接入れて大丈...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報