グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

ピアジオのビバリー125(スクーター)に乗っていますが
高回転で燃料不足の頭打ちのような症状が出て
負圧燃料ポンプを交換しましたが、改善しませんでした。
負圧コックは付いていないのでソコがネックではありません。
この症状の改善というより(電磁ポンプに交換してみる予定)
教えて頂きたい事があります。

負圧燃料ポンプは高回転で燃料供給不足にならないのか?
ということです。

負圧ポンプは吸気脈動を利用して
ダイヤフラムをペコペコ振動させて燃料を送りますが
高回転では脈動が速過ぎて(ダイヤフラムが振動する間もなく)
吸引されっぱなしになると思うのです
吸気の慣性も働いていると思います。

試しにフロート室に溜まった燃料だけでエンジンをふかし
燃料ホースから出る量を見てみると
アイドリング状態では脈動がハッキリしているのでドバドバ出ますが
回転数が上がるほど、やはり少ししか出てきません
燃料が必要な状態ほど吐出量が減るというマズイ傾向になってます

このような燃料不足の問題があちこちで起きている話もあまり聞きませんし
高回転でのチョロチョロの量で燃料液面が下がることは無いということでしょうか

どなたかこのモヤモヤをスッキリ教えて頂けないでしょうか。

「メーカーが付けてんだから大丈夫なんだろ」的なお答えは無しでお願いします。

質問者からの補足コメント

  • モヤモヤ解消というより電磁ポンプに交換する決心をつけたいというのが本音です。
    よろしくお願いします。

      補足日時:2016/11/07 00:14
  • タンク底の内部ストレーナをチェックしてみます

      補足日時:2016/11/12 01:11

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1です。



横から恐縮ですが・・・
>取り付け予定の電磁ポンプは吐圧が小さく
閉じたフロートバルブを押し下げる力は無い事を
小型のキャブで確認しています

それは、当たり前で普通の動作です。
キャブの原理をもう少し正しく理解してください。
誤解や思い込みは、仮説を間違った方向に導きます。

逆に、フロートバルブを押し上げる、下げるほうが問題がある
というか、キャブは、ガソリンが減ってフロートが下がると
テコの原理でフロートバルブが押し上げられ、不足分のガソリンを
供給します。負圧ポンプ、電磁ポンプを装着するのは
燃料タンクとキャブの位置関係が自由にでき、不足した燃料を
補えるからです。FIの電磁ポンプ以外は、加圧しないと思ってください。

ビバリー125はどうか存じませんが、スクーターの多くは
燃料タンクの位置、設計上、通常のMTと違ってオートチョークで
燃料コックがありません。
したがって燃料のストレーナーもタンク-負圧コック間に
設定している場合があります。または負圧コックと一体型で
農業機械と同様簡素な物もあります。

あと、1か月に2回しか乗らない、フロートチャンバーは
いつも空になっているなら負圧コックよりキャブを
全バラ、分解清掃、消耗品交換がまず先です。

当方なら、こんな順で動作チェック、作業を進めます。
キャブ型式(VMかCVその他)で異なるが
1.全バラし負圧ポンプ、フィルター、ホース、ジェット類
 フロートバルブ、バルブシート&スターター・エアスクリューの
 Oリング新調、タンク内の異物・錆もチェック
2.オートチョークの単独動作チェック
(オートチョークも消耗品で戻りが悪くなる=濃いまま)
3.ニードルジェット&ホルダを使い回すときは摩耗限界を測定
(できれば新調、経年で摩耗し濃くなる=燃費悪化、高回転もたつく)
4.すべての通路、経路の貫通確認
5.組み付け
6.油面調整と始動チェック、無負荷での全開
7.実走での動作チェックしプラグの焼け確認

鉄則ですが、不安要素はすべて最初に排除しておく。
フロートチャンバーのOリングは、弾力がまだあり
漏れなければ再使用して差し支えありません。
ただし、液体ガスケットは使用不可で使用した痕跡が
あるなら、キャブ丸ごと交換前提で。
なぜかと言うと、液体ガスケットが経路を塞ぎ
キャブクリーナーで溶けない、エアーで除去できないから。

1や燃料ラインが不安な場合、ペットボトルを改造して
自然落下式の点滴キットを作るといいです。
こうすることでキャブまでの燃料供給は確保できます。

ご存じかどうか不明ですが、燃料は薄すぎても濃すぎても
弊害があります。薄いと始動不能、高回転での焼き付きがあり
濃すぎても高回転が吹けません。
オートチョークの多くは、中にワックスが仕込んであり
メインONで熱により膨張し、ニードルが伸びて濃くします。
原付2種含め、元々やや濃いめのセッティングが多く
経年で劣化し戻りが悪くなる=さらに濃いままとなります。

また、走行中にスロットル開度に反応しない場合で
CVキャブなら、ダイヤフラム劣化、固着、穴あき、噛んでる
ことが往々にしてあります。(VMキャブは、ピストンバルブと
スロットルワイヤー直結なんで関係ない)

現状のまま、電磁ポンプに交換しても、ある程度
結果が予想できるので、基本に戻り、再チェックしましょう。
すべてが正常の範囲なら、正常に戻ります。
エンジンは「嘘」つかないですから。

輸入車の場合は、面倒見てくれるところを探すのが大変ですが
困ったときは、プロに頼るのも一理ありますよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

追記有難うございます

濃い薄いは分かるつもりです
キャブはワルボロのCVでケイヒン系です
キャブの内部ラインは理解しています。
ジェット類も理由が無ければ変えません
(セッティングが下手という理由もある)

質問前にすでに確認したことは
初めは油面が低いと疑っていましたがOK
圧縮も11kg/cmと規定値内
CDIのコンデンサもOK(パルスジェネレータでチェック、DC-CDIなので)
ダイヤフラムも硬化が進んでいたので交換済
エアスクリュを含めOリング、パッキン類を全交換済
もちろんニトリルゴム製です
キャブに液体ガスケットなど論外ですのでご安心を。

ニードルは交換済み、ジェットホルダは回転(気休め)
オートチョーク伸長はSマニュアルの規定値内
(数値を当てにせずラインを塞ぐまで確認)
ま、いづれ(必ず)壊れると思いますが。

ご指摘のとおり
調子の悪い原因を追究せず
安易に電磁ポンプに逃げて良いものかと
私も思っていたのです
が、やはり
液体を抱えたダイヤフラムが133Hz(8000rpm)の負圧脈動に
追従できるとは思えないのです。。
高回転で性能が落ちる(油面低下する)傾向と思うのです。

しかも、日本製ならともかく陽気なイタリア製です。


追記有難うございます。

お礼日時:2016/11/14 23:53

あまり回答が付いていない様なので、参考に書いておきます。



>負圧燃料ポンプは高回転で燃料供給不足にならないのか?

No.1様も書いてらっしゃいますが、正常な状態であれば供給不足にはなりません。

>このような燃料不足の問題があちこちで起きている話もあまり聞きませんし

今回の件と直接関係があるかどうかは別として、高回転になる(スピードが上がってくる)とガス欠の様な症状が出るというのは、ちょくちょく聞かれる症状ですよ。

その様な症状を訴えてくるお客さんの車両で一番先に疑うのは、燃料タンク下部 or 経路にあるストレーナ(フィルター)の詰まりですね。
高回転になり燃料消費量が増えた場合、ストレーナが詰まりかけていると燃料が追い付かない事がありますが、今回は実際に負圧ポンプを外して確認されている(低回転時より燃料の吐出量が減る)ので、この疑いはないでしょう。

また次に疑うべき、燃料キャップ部のエアー抜き不具合に起因する、タンク内負圧による供給不足も、同じ理由で(低回転時より燃料の吐出量が減る)ので該当はしないはずです。

となると、次に疑うのが燃料ポンプで供給している方式のバイクであれば、ポンプの機能不全です。

今回は負圧ポンプなので、やはり疑うべきは負圧経路の亀裂や、ホース差し込み部等の隙間からの吸い込みによる負圧低下でしょうか。
御存知のように、これに関しては高回転時に燃料の吐出量が減るという確認現象だけでは否定されませんので。
(低回転時に負圧低下による症状が顕現していなくても、高回転時だと顕著に現れる事がある。)

ここでも異常が無いとすれば、負圧ポンプ自体の機能不全となりますが、今回は新品の負圧ポンプに交換してあるとの事で、それも可能性は低いでしょうねぇ。

症状からするとダイヤフラムの経年劣化による柔軟性の低下で、高回転時に追従できていないとか、キャブフロート満水(満ガソリン?)状態での過剰供給防止用のワンウェイ機構不全とか、疑わしいと考えられる点はあるのですが、新品との事なので考えにくいですね。

>モヤモヤ解消というより電磁ポンプに交換する決心をつけたいというのが本音です。

不具合の原因究明がされていない状況で対策を取るとなると、その対策が徒労に終わる可能性がありますが、それでも良ければ試してみては如何でしょうか。

ただ気になるのが、上に書いたように負圧ポンプにはキャブのフロート室が満水になった時に、それ以上燃料を送り続けない(具体的にはそれ以上負圧ポンプが燃料を吸い込めなくする)機構がありますが、電磁ポンプに換装するとなると、単純な電磁ポンプへの電力供給だけでは無く、フロート室満水時に電力をカットする特殊リレーが必要になってくる筈です。
(場合によっては、そのリレーからの信号を元に、電力をカットするECUも交換かな?)

ピアジオのビバリー自体には見識がないのですが、後期型(現行?)とかに電磁ポンプ式に変更されたモデルがあるのかもしれないですが、それを流用するとかの算段が付いていれば、交換してみるのもありかもしれませんねぇ。

いずれにせよ、電磁ポンプに交換して直れば良し。ただ直らなかった時の徒労感・虚脱感(あとは少しばかりの出費)に耐えられる覚悟があれば、挑戦あるのみ!ではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答感謝いたします。

なるほど! ストレーナの詰まりは未チェックです
3万キロ走っていますので網の目は詰まっているカモです
さっそく見てみます。

取り付け予定の電磁ポンプは吐圧が小さく
閉じたフロートバルブを押し下げる力は無い事を
小型のキャブで確認しています
もしオーバーフローしたらバルブの段つきか
当たり面が悪いのでしょうね
その時は対処します

月に2度ほどしか乗らないので
フロート室はいつも蒸発していて
燃料を満たすため、初回だけセルを
10秒ほど回さなければいけません。
やはり電磁ポンプにすればIGN-ONで
満水になるので電磁ポンプに変更しようと思います

電磁ポンプに交換するにしても
ストレーナのチェックは忘れていましたので
もし、原因がソコなら迷路に入ってしまうところでした
大変ありがたいアドバイスを頂きました。

ありがとうございます。

お礼日時:2016/11/12 00:48

>負圧燃料ポンプは高回転で燃料供給不足にならないのか?



通常は、ならない。
キャブ仕様のスクーターで、日常茶飯事に
そうなったら、欠陥か設計ミスですし
負圧コック一体型の燃料コックでも通常起きない現象。

新品に交換する場合は、負圧ホースも交換です。
なぜなら、ホースに経年劣化や亀裂、接続部の緩みが
原因で、負圧が逃げている、うまく伝わらないことが
往々にしてあるからです。

>試しにフロート室に溜まった燃料だけでエンジンをふかし
燃料ホースから出る量を見てみると
アイドリング状態では脈動がハッキリしているのでドバドバ出ますが
回転数が上がるほど、やはり少ししか出てきません

脈動とか慣性、そんなの関係ないです。
エンジンの回転数上がれば、ガソリン供給量が増えるのが
普通なので、現状は普通でないです。
電磁ポンプは、回転数に関係なく強制的に送るので
不足することはないので、ホース交換してもダメなら
検討してみるとか。

あと、意外と知られていないのは、台湾からの輸入バイク
特にスクーターは、台湾の気温に合わせたオートチョークに
なっているので、日本の冬場、特に東北や北海道の朝、夜は
エンジンの掛かりが悪いかも。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご丁寧な回答有難うございます

負圧の逃げ、つまり余計なところから吸っていることは
バキュームホースを口で吸う(キタネ)
注射ポンプで吸う、で確認しました。OKのようです

ホースの硬化も進んでいるので
一度、負圧のラインを一新して
スッキリさせて
もう少し、探ってみます。

有難うございました。

お礼日時:2016/11/12 00:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバイクの負圧ポンプ

エンジンをかけている間、負圧ポンプでキャブに燃料を送っています。
燃料消費とポンプで送る燃料が同じならキャブタンクはオーバーフローしないと思いますが、送る燃料が多い場合(負圧ポンプ>消費燃料)フロートで燃料を止めてるのでしょうか?
それとも、入りっぱなしでそれがオーバーフローとなってオーバーフロー口から出てくるのでしょうか?
負圧ポンプの構造が分からないのですが、フロートで燃料がストップしたときポンプの何所かに一時貯まるのでしょうか?
どなたか教えて下さい、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

負圧ポンプと負圧コックは似ているようで別物ですね。

負圧の脈動だけで燃料を送るなんてよく考えたな、と最初見た時は思いました。

http://www.centrum.jp/wordpress/?p=16132
ここの真ん中より下のところで一応解説しています。(写真付き)
…ですが微妙に間違ってる気もするので補足します。

ポンプの入り口がスプリングと金属ボールによって塞がれていますがポンプが負圧になったときボールが押されて燃料が入る仕組みのようです。
しかしキャブ内の燃料が過多で送れずポンプ内の圧力が高いとボールが入り口を塞いだままになると思われます。
そしてフロートチャンバー内の燃料が減るとポンプ内にまた入ってくるようになると…

なので燃料が多い場合はそもそもポンプ内にガソリンが入らないはずです。
単純な構造ながらよく考えられてると思います。

Q【キャブ調整】アクセルを開けすぎると失速する症状

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて最近、排気側のリストラクターを外しました。
チャンバーのフランジ部分に付けられていたインナーパイプです。
排気側の径が5mm程広くなったので、MJを140番から145番に上げてみたのですが…
低回転域、中回転域では調子がいいものの、高回転域まで来たところでフルスロットルにすると、逆に回転が下がり失速します。
この症状は、排気側のリストラクターを外す以前はありませんでした。

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1447690799

◆質問
フルスロットルで回転が下がる症状は、濃い状態でしょうか?薄い状態でしょうか??
フルスロットルにせず、アクセル開度8分目くらいのままにしておけば、レッドゾーンまで回りきります。

その後、MJを155番まで上げてみたところ、「ヴァヴァヴァ、ヴァヴァ、ヴァヴァヴァ…」と排気音が途切れ途切れになり、レッドゾーンの半分の回転数で頭打ちになってしまいました。
じゃぁ、とMJを142番にしてみたところ、アクセル開度8分目程にしておけばレッドまで回るものの、フルスロットルにすると失速する症状は相変わらずです。

これは濃いのか、薄いのか、はたまた、排気側の径が太くなるとフルスロットルがシビアになるのか・・・
原因はなんでしょうか?

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
折角なのでもう少しお節介を書きます。

まず、エアクリーナーボックスのリストリクターを外した=空気量が増えるというのは間違いです。単にエンジンが必要とする空気量が確保できるだけです。空気量が足りなくなる症状は、全開最高速付近でのみ顕著に現れます。逆に言うと、それ以外の速度・回転域ではほとんど影響しません。従って、もともと足りていた(もしくは全開・最高速付近の走行をしない)のなら、その行為が直接セッティング(及び性能)に影響するわけではありません。

とりあえず、MJ142で走るようになったのなら、テスト的にもう少し薄くしてみましょう。薄くする時は慎重さが必要ですが、最高速付近での連続走行でもしないかぎりそんなに簡単には焼きつきません。

今回の件も自分バイクのベースセッティングがどれくらい濃い目かがわかっていれば起こらなかったと思います。一番怖いのは、薄くしすぎて焼きつくことではなく、バイクのベースセッティングを把握せずに、間違った知識で適当なセッティングでエンジンを壊すことです。

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Qエンジンが吹けあがらないんですが・・・

ホンダのR&P(マフラーとパワーフィルターを換えてます)なのですがエンジンはキック何発かでかかりアイドリングも続きます。でも、アクセルを半分位あけたるとボコボコいってエンストしそうになります。発進時は順調なんですがアクセルを開けていくとエンストしそうになりまともに走りません。キャブは分解して洗浄しました。プラグは良い色だとおもいます。いろんなホームページ等で調べているのですが点火時期やタペットクリアランスなんかも関係しているのでしょうか??タンクに入っているガソリンが一年くらい前の物なんですが関係ありますか??どなたか詳しい方よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ガソリンタンクの中の水が錆びを呼んだのでは?
今まで修理したバイクでガソリンタンクが錆びついて吹けないバイクがありました。
ガソリン抜いたら中が錆びだらけでストレーナーまで詰まり、かなり苦労した覚えがあります。
根気良く清掃してください。
マフラーを変えたときに、始めは吹けていたのですか?
部品を変えた時は不具合が出る場合があるので、ジェットやパイロットスクリューなど見なおしてください。

Q急にアクセルをあけると息切れの状態に

1998 NC-26 STEED 400に乗っております。
走っている最中、または発信時に急にアクセルを全開にあけると、人間のように息切れのような症状が表れ、とても調子が悪くなります。

その状態が発生した後に、停止し、また発信しようとすると「ポコ、ポコ」というまったく力のない感じで、とまりそうになります。

エンジンを停止し少し時間をあけてから発進すると、ある程度元に戻ります。

この現象はなんでしょうか?
エアークリーナーからキチンを空気が供給されていないのでしょうか?

とまりそうで怖くて遠出できないので、困っております。

お分かりになります方、どうかご教示ください。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

改造をしていないのなら・・・

薄すぎても、濃すぎても息継ぎしますよね。

濃い時は「ボボボボボッ」と重苦しい感じ。
薄い時は「もわぁ~」って息が詰まった感じ。

前者は、エアクリーナーの汚れ、サイレンサーの詰まり。
後者は、キャブのジェット類の詰まりや、インシュレーター部のゴムの破れなどが考えられます。

もちろん点火系の調子が悪くてもだめですね。
プラグを外して焼け具合も確認してみましょう。
碍子が真っ黒ならば濃い。
白かったり、電極が溶けていたら薄いです。

改造しているのなら、ショップでちゃんとセッティングしてもらいましょう。

Q負圧式のガソリンタンクとは?

まさに何でしょうか?コック式ではないと言う事ですよね。どういう仕組みなのか教えて下さい。

Aベストアンサー

負圧式のタンク・・・・ではなく、負圧式のガソリンコックを使ったガソリンタンク、では無いかと思いますが・・・
昔からあるガソリンコックは、ON-OFF-RESの手動切り替え式ですが、負圧式のガソリンコックはエンジンが掛からないとガソリンが流れません。
エンジン内のピストンが上下する際の、吸い込む力を利用してガソリンを引っ張り出すのと同じ力を使って、コック内の弁を開いてガソリンを送ります。
そのためにエンジンが掛かっていないとガソリンは出てきません。エンジンが掛かかっていないのにガソリンが出てくるような場合は、そのコックの不良です。
仕組みは、エンジンとキャブレターの間のインシュレーターから負圧コックにホースを繋いで、エンジンが回ると吸い込む力を利用してコックを開けて燃料を流します。

Q吹けあがらない原因は?

NC31に乗ってます。
中古(走行8000km)で購入したのですが、
吹けあがりが悪かったので
●マフラー交換 ●アクセルワイヤー交換(劣化のため)
●プラグ・オイル交換 ●キャブ点検
をしましたが、速度も120kmから上がらず、
6000~7000回転からかぶるような症状で、
回転がばらついてあがらないのです。
(メンテ前は速度110km、7000回転まで)
キャブのメインジェットとニードルは綺麗に磨いたつもりです。
あと考えられるのは燃調か加速ポンプか・・・。
プラグコードはテスターにかけましたが大丈夫でした。

このような場合は何が原因でしょうか。
燃調はバイク屋で測ってもらうしかないですよね・・・(汗)

メンテ初心者の女でお恥ずかしいですが
アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

またまた、#5です。

もし、マフラーを社外品のバッフルも付いて居ないような抜けの良すぎるものに
交換しているのでしたら、燃調が薄い状態ではエンジンを回し過ぎない方がいい
です。

ガソリンには冷却効果もあるため、混合比が薄すぎる状態だと燃焼室内の温度が
上がりすぎてエンジンブローの可能性があります。

Qアクセルを放しても回転が落ちない!

パワーフィルタとマフラーを社外に交換とキャブのOHの後の事です。
アクセルを回して、高回転になってアクセルを放すと回転が落ちない時があります。アクセルワイヤを確認して油を挿し、キャブもOHして洗浄しました。それでも問題は解決しませんでした。おそらく、キャブのエアスクリュとスロージェットの設定で、混合比が濃いのが原因だと思いますが、何分、自分は初心者なので知識が豊富な方のご意見を承りたいと思います。バイクはHONDAのGB250クラブマンです。
スロージェットの番数UPとエアスクリュの調整でこの問題は解決するのでしょうか?またスロージェットの番数は何番ぐらい上げるのが目安でしょうか?
知識のある方、ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アクセルを回して、放すとアクセルは戻るのですか?
アクセルパイプの戻りが悪いだけ、なんてことないですよね?
回転が落ちない時はずーっと落ちないのですか?

パワーフィルターやマフラーの交換と回転が落ちないことは
関係ないと思います。2次空気を吸っているような気が
します。キャブはインシュレーターにしっかりはまって
いますか? そこのバンドはしっかり締まってますか?

一般論ですが、250ccクラスの単気筒車でパワー
フィルターとマフラーの交換をすると、キャブのメイン
ジェットを10番程度アップさせれば良いと思います。
それでもまだ調子悪いようでしたら、ジェットニードル、
スロージェットをワンランク濃くしてみて下さい。

Q負圧ホースとは?

先日エンジンがかからない件でアドバイスをもらい調べていたのですが

キャブから出ていた負圧ホースの先が外れていました。
このホースはどこに繋がる物なのでしょうか?

探したのですが繋がりそうなトコが見つけれなかったです。

車体はユナリATVでジョグのエンジンです。

Aベストアンサー

>燃料コック周辺は探したのですが何も見つけれませんでした
>タンクからコックへ2本ホースが来ていて
>1本出てフィルターがあってキャブに繋がっていました
→タンクから2本だったら、メインとリザーブのチューブですね
キャブへ一本だったらそこには負圧コックのパイプはないんでしょう。
確認は簡単です。
そのキャブへのチューブを外してコックを操作してガソリンが閉以外からならどちらからでも出てくれば、
コックの異常はなしでそこは点検終了。
出てこないようであれば、ガソリンを抜きオーバーホールをしてください。

>まさしくそこから出ているパイプなのですが
>キャブ側ではなくてボディ?側に繋がる方が外れてぷらーんとしています。
→ごめんなさい。書くときにミスってます。
オリフィスの手前=間違い
オリフィス(スロットルバルブ)の奥(インレットポートの手前)=正解
オリフィスの手前らしきところで上のほうにいってるさも空気以外通ったことのなさそうなきれいなパイプであれば、
ヤマハは英語でエアベントパイプ。
フランス語でチューブデベンチレーションと言っとりました。
ルピナス2世さんのお見通しの通りかな?
端っこがどこかに繋がっていた痕がなくきれいならまちがいないです。
このパイプはオーバーフローパイプの逆のパイプで液面を大気圧にするためには絶対いるものです。

>ジョグのキャブで調べたとところ
>出ているのは燃料ホース、オイル、負圧、ドレンの4本とのことなので
>ほか3本はわかりましたので負圧と判断しました。
→負圧チューブがある場合は5本ってことになりますね。
スロットルワイヤーもいれれば6本かな。

>燃料コック周辺は探したのですが何も見つけれませんでした
>タンクからコックへ2本ホースが来ていて
>1本出てフィルターがあってキャブに繋がっていました
→タンクから2本だったら、メインとリザーブのチューブですね
キャブへ一本だったらそこには負圧コックのパイプはないんでしょう。
確認は簡単です。
そのキャブへのチューブを外してコックを操作してガソリンが閉以外からならどちらからでも出てくれば、
コックの異常はなしでそこは点検終了。
出てこないようであれば、ガソリンを抜きオーバー...続きを読む

Qキャブレターのオーバーホールの相場は?

以前バイクのエンジンがかからないということで質問させていただきました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=385457

結局バイク屋で見てもらおうと思って電話で症状を伝えました。
(600cc4気筒エンジン)
キャブのオーバーホールとパッキンの交換で3万円くらいみてほしいと言われました。キャブ内の他の部品も交換すると1万円くらい余分にかかるともいわれました。

さすがに高いなぁと思いましたが修理のためなら仕方ありません。
しかしぼったくられるのも嫌なので、キャブのオーバーホールの相場を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

工賃と部品代含めれば、それくらいになるでしょうね。

でも、バイク屋さんは、あとでお客さんに「あのとき幾らって言ったじゃないか!」と言われるのが嫌なので、高めに見積もる場合が多いです。
実際はもうちょっと安く上がる可能性もあります。

今はどこのバイク屋さんも仕事がなくてピーピー言っていますから、
そんなぼったくるような商売しているところは少ないですよ。
悪い噂はすぐに広まるからね。

そうそう、工賃を値切るのは止めた方が良いですよ。
メカニックはそれが一番頭に来ます。
自分の腕を安く見られるって事ですから。
最初からお客さんの方で、「予算これくらいなんですけど・・・」
と言ってもらえれば、なんとかやりくりしようって気になるかな。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング