アメリカ大統領選挙がいよいよ本番ですが、クリントンとトランプ両氏が非常に拮抗して
いるので、どちらが大統領になっても国が二分されるような状況かと思います。

同じように2000年末の大統領選挙でも共和党ブッシュ氏と民主党ゴア氏が拮抗していて
結果はブッシュ氏が勝ち大統領には成れたが支持率は低迷していたところ、2001年9月11日
のテロ事件により一気にアメリカ国中の世論をまとめてイラク戦争へと進んで行った、、と
いう過去の事例があります。

今回の大統領選挙でクリントン氏とトランプ氏どちらが勝ってもアメリカ国中をまとめる為に
どこかの国を標的にして攻撃する心配はありませんか?
例えば北朝鮮に攻撃しないでしょうか、、、、。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

アメリカ国中をまとめる為に


どこかの国を標的にして攻撃する心配はありませんか?
 ↑
ありますね。
歴史を調べれば判ると思いますが、米国は
ほぼ、一年に一回は戦争しています。

そもそも米国という国は、多人種国家ですので、
国民をまとめるために戦争をやりたがっている
国なのです。

特に、今回は人種対立が鮮明になりましたので
分裂の危機が強くなっています。
分裂といっても、法的なそれではなく、国民
のまとまりが悪くなる、という意味ですが。

国民のまとまりが悪くなれば、それは国力が
衰えることを意味します。



例えば北朝鮮に攻撃しないでしょうか、、、、。
   ↑
北朝鮮を攻撃しても、米国にメリットがある
でしょうか。
まして中国が反対するだろうし。
石油も出ない北朝鮮など、米国は興味ありませんよ。
その証拠に、北がいくら核開発しても、米国は
口先だけの攻撃に終始しています。
やるならイランだと思います。

トランプ氏は、イラン合意に反対しています。
イランはサウジの天敵でもあります。
イスラエルも喜びます。
石油の価格も上がり、シェールオイルが潤います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

アメリカは戦争好きですよね。特に軍需産業の連中は時々は武器を使用してもらわないと
弾薬も減らないし新しい兵器開発にもつながらないので何処かで使用したいでしょうね。

お礼日時:2016/11/09 18:47

何だか今回の大統領選は開票後も何か一波乱ありそうですね。

・・全くどちらになっても、属国日本は辛いですね。お荷物(南北)を抱えていますから、重いです。・・・・・あれも、正確には日本のフンですから、
    • good
    • 0

http://tommyjhon.exblog.jp/24758061/こんな記事もありますよ。開票が、明日へ持ち越すと危険ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何だか今回の大統領選は開票後も何か一波乱ありそうですね。

お礼日時:2016/11/09 16:26

ごめんなさい。

同じ疑問を思っていました。もし。トランプ氏大統領になると。戦争が起こるかも知れません。日本も核兵器を持たないといけないと言っていましたようで、とても怖いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

トランプが大統領になることで戦争に結びつくとは私は思っていません。
大統領選挙の結果があまりにも拮抗しているので、どちらが大統領になっても
国内意見が二分された状況ではアメリカ国内をまとめることが非常に困難に
なってしまうので、こういう場合は外に敵を作ってしまえば国民は新大統領の
下に一致団結するものなんです。
2001年の9.11テロはこういう状況で起きたテロ事件だったのでブッシュ大統領は
一気に国内世論をまとめてアフガニスタン爆撃からイラクへの攻撃まで行ったと
いう過去の実績がありますからトランプでもクリントンでも心配ですよ。

お礼日時:2016/11/09 16:21

たぶん、あなたは、若い方ですね。

そのとうりで、CIAはありますが、戦争は破壊と殺戮が目的です。
果たして、戦争をどこへ仕掛けるにしても、その後のメリットはどこにありますか。もちろん国内景気は上がりますが。今、米国は、日本と違って良くなっています。ゆえに簡単に戦争はしません。武器商人も、紛争地域への横流しで、潤っているので、あえて、リスクを冒す意味がありません。
それよりも、日本の景気が、真実を報道されないことに、疑問を感じます。
また、トランプ票の真実は、クリントンの人物を知っている人たちが、嫌がって反対票を投じているのも大きいですね。表に出てませんが、それと組織の応援です。
トランプで正解ですよ。少し前にわかっていました。FBIのメール問題訴追記事で、ひっくり返りましたね。その仕掛け人は・・・(爆)
政治は、騙し合いです、表で見ているマスコミ報道を信じると、理解できませんがね。
https://www.whitehouse.gov/blog/2016/10/05/presi …先のない、オバマの心を読んでみてください。リンク先は、オバマ大統領のブログです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>たぶん、あなたは、若い方ですね。

全くハズレです、50代のオッサンです。
大統領選挙で大差でクリントンが勝てば何も起きないでしょうが、実際には非常に
拮抗していますからどちらが勝ってもアメリカ国内にしこりが残ります。
どこかに敵が現れれば選挙のしこりなど無くなり、新大統領の下で一致団結することに
なるでしょうから心配しているのです。
「チェンジ」と叫んで大統領になったオバマはあれだけ期待されながら結局何も
できずに何も変わっていないので国民の不満は大きいと思います。

お礼日時:2016/11/09 16:12

戦争を簡単に考えているようですが。

「それいけ!」で行けるものではなく、戦争するためには、社会正義という大義がいるので、なかなかできません。イスラム国への攻撃はあるかもしれませんがね。それ以外は、現時点ではありえませんね。
北朝鮮へ攻撃すれば、アメリカは世界から叩かれますから、まずできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

当然ながら自分から攻撃を仕掛けると他の国から非難されますから
9.11のように向こうから仕掛けるようにしてその後堂々と攻撃する
ことにはなると思います。

お礼日時:2016/11/09 14:22

トランプならやると公言してますよ。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/11/09 14:19

理由がなければ他国を攻撃できないから、911のような自作自演を仕掛けるかも。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/11/09 14:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦争になった場合の北朝鮮にメリットは?

最近何かと話題のあの国ですが、
外交手段として核開発やミサイル発射をPRするのはなんとなく理解できるんですけど、
実際にミサイル発射などにより戦争が始まった場合、
北朝鮮は何かメリットがあるのでしょうか?
兵士の数は凄いようですが、実際に日本に上陸するには輸送手段も必要でしょう。
ミサイルの話はあっても軍艦や戦闘機・爆撃機の話題は無いですよね。
そもそも勝算があるのでしょうか?

マターリ進行でお願いします。

Aベストアンサー

核兵器開発、ミサイル発射解禁は外交カードだとは思いますが、これを正当化する国内アピールを繰り返しているため、このまま状況悪化が進めば、国内に対して「戦争を始めないことの理由」を説明できなくなり、国民が政権の矛盾に気付いてしまうことになりますから、自暴自棄になって戦争をしかける可能性はあります。

これは「北朝鮮にとってメリットがあるか」という問題ではなく、「金正日が政権の基盤を失わないため」という判断でしかありません。

恐らく、日本に対して攻撃を仕掛けても、米軍基地を攻撃しない限り、アメリカが軍事力で介入することは無いと考えているでしょうし、恐らくそうでしょう。米軍が自国民兵士の生命を賭して戦う妥当性について、米国内の理解は得られないと考えるからです。安保条約は日本の国費を米軍のために支出するための方便でしかありません(米国政府の半植民地である状況にあるといえると思います)。

実際に戦争となった場合、北朝鮮はミサイル攻撃と白兵戦以外には有効な攻撃力は無いものと思いますが、独裁者の一存でミサイル攻撃に大量殺戮兵器が使用される懸念があるため、我が国も無傷ではいられないと思います。

特に、米軍がイラク攻撃で大量殺戮兵器を使用することになれば、北朝鮮は大量殺戮兵器使用の正当化の理由に使うでしょうから、その懸念は一層深刻になります。

核兵器開発、ミサイル発射解禁は外交カードだとは思いますが、これを正当化する国内アピールを繰り返しているため、このまま状況悪化が進めば、国内に対して「戦争を始めないことの理由」を説明できなくなり、国民が政権の矛盾に気付いてしまうことになりますから、自暴自棄になって戦争をしかける可能性はあります。

これは「北朝鮮にとってメリットがあるか」という問題ではなく、「金正日が政権の基盤を失わないため」という判断でしかありません。

恐らく、日本に対して攻撃を仕掛けても、米軍基地を攻...続きを読む

Qアメリカ大統領選挙で、クリントン氏、トランプ氏を、党の大統領候補に選んだのは誰?

アメリカ大統領選挙の投開票の日(11月8日)が近づきましたが、クリントン候補、トランプ候補 とも、国民の支持が低いようです。
特にトランプ候補は、共和党内部から、露骨に不支持を表明する党の重要メンバーが後を絶ちません。

ここで大きな疑問が。

クリントン氏、トランプ氏を、党の大統領候補に選んだのは誰でしょうか。つまり各党の予備選挙の選挙権は誰にあるのでしょうか。
日本の常識からは、“それぞれの党(民主党、共和党)の党員が投票で決めた”ですが、予備選挙の選挙権は、党員に限定されていないようにも思えます。
アメリカ大統領選挙で、党の指名候補を決める予備選挙の選挙権は、誰にあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>どうしてこうなるのか、よく解かりません。

あー、それは単に彼が最有力候補になった「後」で報道が加熱したからです。
そもそもは言いにくいことをズバッと言う痛快な候補みたいな位置づけだったんです。

えーと、例えば石原慎太郎って10年以上も都知事でしたよね。
報道だと非難轟々でしたが、尖閣諸島、靖国参拝、慰安婦問題などなど、
情勢を無視してでも日本の正しさを時には乱暴に発言する様は、一定層に強い人気がありました。
トランプ氏の場合もそれに近い状態だと思えばいいでしょう。
アメリカ以外から見れば危ない発言だらけですが、実は不満の溜まったアメリカ人からすればスカッとする部分が多々ある、ということですね。
(※女性蔑視発言は最近出てきたトピックですから予備選の時はセーフ。)
逆に言えば、多くのアメリカ人が現状のアメリカにそれだけ強い不満を抱えていた、という意味でもあります。

私は正直日本も笑っていられないと思いますよ。
ここ10年〜20年、大陸側からの圧力を疎ましく思ってる日本人は年々増えている印象です。
20年前なら「北朝鮮なんて米軍と協力してミサイルぶち込めば良いんだ」なんて発言は暴言そのものでしたが、
今はそうでもないような気がしませんか?

>どうしてこうなるのか、よく解かりません。

あー、それは単に彼が最有力候補になった「後」で報道が加熱したからです。
そもそもは言いにくいことをズバッと言う痛快な候補みたいな位置づけだったんです。

えーと、例えば石原慎太郎って10年以上も都知事でしたよね。
報道だと非難轟々でしたが、尖閣諸島、靖国参拝、慰安婦問題などなど、
情勢を無視してでも日本の正しさを時には乱暴に発言する様は、一定層に強い人気がありました。
トランプ氏の場合もそれに近い状態だと思えばいいでしょう。
アメリカ以外...続きを読む

Aベストアンサー

「戦争になっても良いという位の強い外交姿勢であった。」というのが正解ですね。

アメリカの不況を解消するための大きな経済市場として、中国を目指しました。

具体的には、9カ国条約(1922年)の履行を日本に迫りました。
 9カ国条約
 Wiki:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E3%82%AB%E5%9B%BD%E6%9D%A1%E7%B4%84

9カ国条約は、第一次世界大戦後、アメリカ合衆国・イギリス・オランダ・イタリア・フランス・ベルギー・ポルトガル・日本・中華民国の間で結ばれた条約ですが、ヨーロッパ諸国は、第一次世界大戦で戦場となったり、総力戦による国力の損耗が激しく、大国でない国も含まれており、実質的に日本とアメリカが中国をどう取り扱うかを決めたものです。

原則は、中国における機会均等・門戸開放、つまり中国は各国が対等の自由主義経済市場となることを決めたものです。
その結果、中国市場は、圧倒的な経済力を持つアメリカの一人勝ちに向かって進んで行きました。

そこで日本は、満州を軍事力で囲い込み、アメリカの経済的影響を排除することで活路を開こうとしました。
満州事変 1931年

その後、
日中戦争(日華事変:1937年)が勃発し、日本は総力戦に移行していく。
・国家総動員法(1938年)
・食料配給制開始(1941年4月)
・日本の各種経済指標の戦前のピーク:1938年

日本陸軍の兵員数は、満州事変勃発時は比較的少なく、多くの若者が国内の生産労働に従事していたが、日華事変により、生産のための若者を徴兵したために経済生産が頭打ちになった。
 日本陸軍兵力の推移
http://d.hatena.ne.jp/MARC73/20130528/1369754304

日米開戦は1941年12月ですが、それ以前の日中戦争の段階で、日本の国力が限界となっており、日米開戦となっても日本は勝てない状態であったため、アメリカの外交姿勢は強固なものとなった。

「戦争になっても良いという位の強い外交姿勢であった。」というのが正解ですね。

アメリカの不況を解消するための大きな経済市場として、中国を目指しました。

具体的には、9カ国条約(1922年)の履行を日本に迫りました。
 9カ国条約
 Wiki:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E3%82%AB%E5%9B%BD%E6%9D%A1%E7%B4%84

9カ国条約は、第一次世界大戦後、アメリカ合衆国・イギリス・オランダ・イタリア・フランス・ベルギー・ポルトガル・日本・中華民国の間で結ばれた条約ですが、ヨーロッ...続きを読む

Q【米国アメリカ大統領と日本の総理大臣の民度の違い】 米国アメリカのトランプ大統領は「神の正義を実現す

【米国アメリカ大統領と日本の総理大臣の民度の違い】

米国アメリカのトランプ大統領は「神の正義を実現する!」として、経済や軍事について色々やっていますが、

日本の安倍首相が「神の正義を実現する!」と言ったら、

ついにとち食ったか安倍晋三!

極右翼の安倍晋三が右翼発言!

ついに安倍晋三が戦争をおっ始めるか!

と言って左翼連中が大盛り上がりすると思います。

アメリカではトランプ大統領が右翼発言して国民はどういう反応だったのでしょう?

日本でこれを言うと大バッシングですよね?

Aベストアンサー

アメリカも宗教国家の1つなのですよ。
バックボーンとしてのキリスト教が根付いています。
だからアメリカ国民には神の正義についての理解がありますし、
アメリカには世界の警察という自負心がありますから、
その警察的な態度が嫌な人たち以外は変なこととは思わないでしょう。

一方、日本にはそういった概念が現実の中にはありません。
だから仮に安倍さんがそういうことを言えば
誰しもが「ファンタジーに取り憑かれている」「頭がおかしい」と思うでしょう。
実際、日本には神の正義を実現できるだけの力やモラルはありません。

Q戦争を無くしたらダメなのでしょうか?

各国が軍事力を持って戦争を防いでるとすれば、その各国が軍事力を捨てて調和を整えることはできないのでしょうか?
軍事費を削り、満たされない人々に支援できないのでしょうか?
そもそも戦争にメリットは存在するのですか?

Aベストアンサー

戦争を肯定する人間ではありません。その点を、ご承知の上お読みください。

戦争はあくまでも、国と国との最終的外交手段のひとつです。

>各国が軍事力を持って戦争を防いでるとすれば、その各国が軍事力を捨てて調和を整えることはできないのでしょうか?
それは、性善説(人はもともと善のものである)が前提になりますよね?
しかし、その性善説はすべての人が性悪でないものとしてでしか成り立ちません。
世界中の国が性善説を元に政治をやってくれたら、これほどやりやすいこてゃないでしょう。
なにせ、悪いことは誰もしないのですから。
でも、実際にはそういうわけにはいきません。いろいろな考え方や受け止め方があり
その結果、いろいろな政策や動きがでてきます。
また、国レベルになるとその国に住んでいるもの全ての人が、その国の政治に賛成するはずがありません。

その政策や動きが、他の国を脅かしかねない状態になるともかぎりませんし
脅かされている方は当然自衛する意味で防御策を取らざるを得ません。
なかには、防御策を超えて攻撃策を立ててくる国もあることでしょう。

でも、かといって何の前触れも宣言もせずいきなり攻撃したりするようなことはしません。
相手の国に対し、いついつまでに何をこうしなければ制裁として、軍事力を行使すると
必ず相手の国へ外交ルートを通して通達を出します。
それに応じなければ戦争が起こるというわけです。
(もちろん、その言い分が不条理な場合もありますが)

ご質問者様は、おそらく戦後教育を受けてきた世代でしょうし
「戦争は悪いことだ」というレベルでお考えなので、このような論理になると思いますが
これをもっと話のスケールを下げて考えると

「世の中、誰も悪いことをせず、皆で平和に暮らすことを考えれば警察はいらないじゃないか」

こういっているのと同じです。
ご質問者様は、それは可能だと思いますか?私には不可能だと思います。
世界の中でも治安がいいといわれている日本ですら、警察がいるのです。
その警察こそが、犯罪の抑止力となるからです。

外交の場合は、警察という組織ではなく軍事力というものが、無闇に
戦争をおこさないための抑止力となっている状態なのです。

戦争を肯定する人間ではありません。その点を、ご承知の上お読みください。

戦争はあくまでも、国と国との最終的外交手段のひとつです。

>各国が軍事力を持って戦争を防いでるとすれば、その各国が軍事力を捨てて調和を整えることはできないのでしょうか?
それは、性善説(人はもともと善のものである)が前提になりますよね?
しかし、その性善説はすべての人が性悪でないものとしてでしか成り立ちません。
世界中の国が性善説を元に政治をやってくれたら、これほどやりやすいこてゃないでしょう。
な...続きを読む

Qアメリカ人がドナルドトランプを大統領に選んだら、日米関係はどうなるのでしょうか。教えて!goo

アメリカ人がドナルドトランプを大統領に選んだら、日米関係はどうなるのでしょうか。教えて!goo

Aベストアンサー

米国にも官僚や側近がいます。幕僚もいます。それらが合理的要求を大統領に進言します。
大統領は馬鹿だからあれこれ考えて、ブレーンの折衷案を採用します。

結論は何も変わらない。
何かを変えよとすると、次は議会が邪魔をします。
国家緊急権を発動する度胸ある大統領はいません。

Q今現在もアメリカはイラク?アフガンで戦争をしていますが、軍需産業とか軍

今現在もアメリカはイラク?アフガンで戦争をしていますが、軍需産業とか軍産複合体とか一般人の自分には分からないのですが、ある人は戦争はデメリットだけではしないメリットがあるから戦争をするのだと言いますが軍需産業?などなどは戦争を長期化させて儲かるのでしょうか?もし解説してくださるのならどこからのソースでどれだけ信用が置ける記事や内容なのか是非お願いします。

Aベストアンサー

軍需産業だけじゃなく軍事維持としても必要な面はたしかにあります。

日本でも自衛隊が50年以上も救護活動ぐらいしかしてないということで自衛隊不要論が高まってきて、予算削減の話まで出たところで「イラク派遣」の法案が成立して海外活動するようになって予算維持になりました。

あんまり使わないでいると縮小路線になってしまうのはどの国でも一緒です。
しかし軍隊は国家の生命線ですから、国民を納得させるためにもなんらかの動きをしなければいけません。
実戦に慣れることでより強力な部隊を持つことが出来ますしね。


ただ、単純に「戦争をすれば儲かる」というのは都市伝説だと思います。

アメリカはイラクでこそ大規模な戦争をしてますが、
ソマリアやルワンダなどの大規模紛争に関しては平和維持軍を送ることに消極的です。
戦争ならなんでもいいというわけではない証拠だと思います。

Qアメリカの大統領選 なぜブッシュが人気無い?

知事経験もあって、父、兄と大統領で、知名度は抜群ですね。
事前の予測では ダントツの1位のハズでしたが、、、、結果は5-7%の不人気?

トランプおじさんの20数%に遠く及ばず、もう1人の政治経験がない(名前失念)も20数%

乱立していても、それが原因でもないですよね?

今の時期は、どちらかというと、「どうでもいい人」「おもしろい事をいう人」が人気で、実際の選挙とは関係ない?
だとしても低すぎますよね?
何か失言など多いのでしょうか?(スキャンダルなどは聞こえて来ないようですが??)

それに比べて民主党は、同じく旦那が大統領のクリントンさんは、事前予想通りの高さですね。(メール問題で少しは下がっていますが)

この2人の違いは???

アメリカの実情に詳しい方お願いします。

Aベストアンサー

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/republicans/11818324/Jeb-Bush-struggles-to-emerge-from-his-brothers-Iraq-shadow.html
ブッシュの場合、なんといっても兄である前大統領のイラク戦争の失敗が痛いです。
アメリカ万歳を唱える共和党支持者の中でも、フセインが大量破壊兵器を持っているのを口実に始めたイラク戦争と、そのあとの中東の泥沼化をアメリカが引きずっているのは、前ブッシュ大統領の責任が大きいと考える人が少なくありません。
にもかかわらず、ジェブは兄さんと同じ外交ブレーンを使っている。これではいかに彼が穏健派を口にしても、兄となにが違うのか疑問符がつきます。

次にTV討論会での失態が不人気に拍車をかけました。
討論会で突っ込まれて答えに窮したり、まったく答えられないといった場面が一度ならず何度もTVで放映されてしまい、実はきちんと考えをもっていない、ブレーン頼みのおぼっちゃんというイメージがさらについてしまいました。

くわえて最近では彼を金銭的に支えてきた人達が次々に離れていき、資金不足に陥っています。これでは地方でキャンペーンを大々的に行えず、自身の主張を聞いてもらうチャンスもますますなくなります。

本人は「大統領レースから降りない」と言ってますが、多かれ少なかれ離脱するだろうとの論評も聞かれます。

ヒラリーさんの場合は夫がもと大統領だったのは同じですが、彼女自身も政権の中枢で仕事をしていたという実績があります。メール問題の対応で失敗しましたが、TV討論会で同じ民主党のバーニー・サンダーズ議員の個人攻撃をいさめる発言などがプラスに作用して一度よりも支持率を回復しています。
実際に民主党のTV討論会を見ましたが、やはり政策になると一度国務長官を経験しているだけあって、データなどをもとに的確な発言をしていまして、理論武装という点では他の候補よりも頭一つぬけているという印象でしたね。
http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2015/10/post-4033_2.php

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/republicans/11818324/Jeb-Bush-struggles-to-emerge-from-his-brothers-Iraq-shadow.html
ブッシュの場合、なんといっても兄である前大統領のイラク戦争の失敗が痛いです。
アメリカ万歳を唱える共和党支持者の中でも、フセインが大量破壊兵器を持っているのを口実に始めたイラク戦争と、そのあとの中東の泥沼化をアメリカが引きずっているのは、前ブッシュ大統領の責任が大きいと考える人が少なくありません。
にもかかわらず、ジェブは兄さんと同じ外交ブレーンを使...続きを読む

Q仮に、中国が日本に全面戦争をしかけるなら、、、在日米軍基地も巻き添えになるからまあありえませんよね。

仮に、中国が日本に全面戦争をしかけるなら、、、在日米軍基地も巻き添えになるからまあありえませんよね。
そういう意味で在日米軍基地は日本にとりメリットですよね。
中国が日本に戦争を仕掛けるなら他にどのようなやり方があると思いますか?
また、それはなにを目的にやるのですか?

Aベストアンサー

沖縄の在日米軍が、中国からの抑止力になる?
在日米軍の駐留理由は、そんな単純なものではないでしょう。
そして日中が戦争状態にならないのは、
沖縄の存在は小さな理由にしかならないでしょう。

アメリカが障碍になって日本を攻撃しないというのであれば、
日本は沖縄に米軍を置かなくても、国際観光地にしてしまって、
アメリカ人を優遇して、
多くのアメリカ人を住まわせてしまえばいいのですから。
沖縄に米軍を置くのは、地理的な理由が大きいでしょう。

もしも沖縄が、中国の太平洋進出の障壁になっているのなら、
戦争を仕掛けられて危険だと思ったときに、
日本がアメリカに沖縄を譲渡してしまったら、
中国の政策は履行できなくなるでしょう。

国際政治などは、ある面でかなり流動的なものです。
30年後に中国が国力を蓄えて、日本を攻撃する?
その前に、中国が自由主義国家の一員になっていたら、
どうなりますか?
日本側から、中国を敵視し続けなければ、
中国からの攻撃理由はあり得なくなりますが・・・。

中国が日本に戦争し掛けるとしたら?
勝ち負けだけを目標にしなければ、あり得ません。
中国は物量で日本を圧倒できますが、
損害は膨大なものになるでしょう。
近代兵器は使いつくして、国際的な援助も期待できません。
前時代的な兵器しか残らなくなり、
近隣各国から、いいように搾取される弱小国家に逆戻りします。

ご存じのように、中国は国内問題も多く抱えています。
日本と戦争をしている場合ではありません。
日本に対して強い態度を見せることで、
結束を強めて高揚感を得ることはできるでしょうが、
中国軍を日本攻撃に傾注させれば、その戦況によっては、
内部から独立の動きが活発化して、
内部分裂を起こす畏れもあります。

中国は、日本から見れば10数億の人口を持つ一枚看板ですが、
内面には細かいヒビを無数に抱えています。
そのヒビを拡大させずに、日本と戦い続けるのは無理でしょう。
ただし、中国政府は、日本側が考えているよりも、
遙かにしたたかです。
日本と戦端を開くときには、その収束までをきちんと計算に入れます。
不測の事態が起きても、おそらく予定通りに行動します。
(古い過去の某戦争(紛争)時に、中国国内で現実を経験しました)
日本征服までの計画は、中国政府にはあり得ないでしょう。

一定の戦闘力については、太平洋については、
かなりの範囲を勢力圏に置いていると思っているでしょう。
高性能の潜水艦を逐次配備して、米軍の行動を監視しています。
それが戦争になった場合に、フルに戦える保証はないと思いますが。

欲しいのは、どちらかといえば制空権かもしれません。
でもこれは、かなりの長期戦略になりそうです。
ロシアから時代遅れのエンジンを買わざるを得ない現状では、
日米、ヨーロッパ諸国の戦闘機を凌ぐ高性能戦闘機は、
まず開発できません。
開発できたときには、米軍の技術は、さらにその数歩先にいます。
制空権を得るには、高機能を有する空母も必要でしょうが、
その技術さえも、おぼつかない現状ですし、
空母艦隊はかなりの艦船が必要になりますが、
その整備も、時代遅れのものしか準備できません。

つまり、中国を仮想敵国とした上での沖縄駐留米軍は、
存在理由が希薄になります。
別な政治理由が、大きな部分を占めているでしょう。
日本にとってのメリットとデメリットを計算していけば、
メリットがあったとしても、駐留し続けさせておくだけの、
大きなメリットは残らなくなると思います。
基地の規模を縮小して、ミサイル専用基地だけを残したら?
などと、基地を残す場合には、
形態の変更を考慮しても良いかと思いますが?

沖縄の在日米軍が、中国からの抑止力になる?
在日米軍の駐留理由は、そんな単純なものではないでしょう。
そして日中が戦争状態にならないのは、
沖縄の存在は小さな理由にしかならないでしょう。

アメリカが障碍になって日本を攻撃しないというのであれば、
日本は沖縄に米軍を置かなくても、国際観光地にしてしまって、
アメリカ人を優遇して、
多くのアメリカ人を住まわせてしまえばいいのですから。
沖縄に米軍を置くのは、地理的な理由が大きいでしょう。

もしも沖縄が、中国の太平洋進出の障壁になってい...続きを読む

Q【次期米国アメリカ副大統領になるお2方の経歴を教えてください】質問1ヒラリーが大統領になった

【次期米国アメリカ副大統領になるお2方の経歴を教えてください】

質問1

ヒラリーが大統領になったら
副大統領はTim Kaine。
Tim Kaineの経歴を教えてください。
政治家の議員以外に何をされていますか?


質問2

トランプが大統領になったら
副大統領はMike Pence。
Mike Penceの経歴を教えてください。
政治家の議員以外に何をされていますか?

Aベストアンサー

回答1
 
Tim Kaineは3人きょうだいの長男としてミネソタ州セントポールの聖ジョセフ病院で生まれ、ミズーリ州カンザスシティで育つ。小さなクリーニング店を経営する父アルバート・アレクサンダー・ケイン・ジュニアはスコットランド系とアイルランド系の子孫で、母メアリー・キャスリーンもアイルランド系だった。
カンザスシティのカトリック系私立高校を卒業すると、1979年、ミズーリ大学に進学して経済学を学ぶ。学士号取得に必要な単位は3年次までに取り終えた。
大学卒業後はカンザスシティの非営利団体に就職し、ハーバード大学ロー・スクールに入学する。この間、宣教ボランティア団体「Jesuit Volunteer Corps」のスタッフとしてホンジュラスに滞在し、スペイン語を習得した。
ハーバード大学ロー・スクール修了後、法律家として住宅問題や障害者差別の問題に取り組む。リッチモンド大学ロー・スクールでは6年間、非常勤教授として学生に法倫理を指導した。
その後、リッチモンド市議会議員を2期(1994-1998)、リッチモンド市長(1998-2001)、バージニア州副知事(2002-2006)、バージニア州知事(2006-2010)、民主党全国委員長(2009-2011)などを歴任し2013年からバージニア出身の上院議員。

回答2

Mike Penceはインディアナ州コロンバスで、エドワード・ペンスとナンシー・ジェーンの6人の子供のうちの一人として生まれる。父エドワードはガソリンスタンドを経営しており、家族はアイルランド系カトリックで民主党支持者だった。マイク・ペンスの名前は祖父のリチャード・マイケル・コーリーに由来する。祖父はエリス島からアメリカに移民としてやってきた後、バス運転手をしていた。
1977年に高校を卒業した後、ハノーヴァー大学で文学士号を取得する。インディアナ大学ロースクールで法務博士号を取得し、弁護士として仕事を始めた。
1988年に共和党候補として連邦下院議員選挙にインディアナ州第2区から立候補する。 当時の現職フィル・シャープに敗北し、続く1990年の選挙でもシャープに敗れた。ペンスは選挙運動の際にシャープに対するネガティブなビラを作ったが、後にこのビラを制作したことを謝罪している。
1994年からは地元ラジオ局WRCR-FMのトーク番組『ザ・マイク・ペンス・ショー(The Mike Pence Show)』でパーソナリティを務め、番組は18局ネットで放送された。1995年から1999年にかけては週末の政治トーク番組でもパーソナリティを担当した。
2000年の連邦下院選にインディアナ州第2区から立候補して初当選を果たす。再選を期した2002年の連邦下院選でインディアナ州第6区に選挙区を鞍替えし、2010年の連邦下院選まで当選を重ねた。4期目の挑戦となる2006年の連邦下院選では民主党候補のバリー・ウェルシュを破っている。 2013年にインディアナ州知事に選出され現在に至る。

回答1
 
Tim Kaineは3人きょうだいの長男としてミネソタ州セントポールの聖ジョセフ病院で生まれ、ミズーリ州カンザスシティで育つ。小さなクリーニング店を経営する父アルバート・アレクサンダー・ケイン・ジュニアはスコットランド系とアイルランド系の子孫で、母メアリー・キャスリーンもアイルランド系だった。
カンザスシティのカトリック系私立高校を卒業すると、1979年、ミズーリ大学に進学して経済学を学ぶ。学士号取得に必要な単位は3年次までに取り終えた。
大学卒業後はカンザスシティの非営利団体に...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報