数年前にNHKで放送されたんですが、密室殺人事件のトリックを当てるというような番組がありました。その中で紹介されていた本を探しています。
辞書ぐらいの厚みのある本で、色々な推理小説の密室のトリックが載っているという本なのですが・・・。(いってみれば密室大辞典みたいなもの)
その番組で紹介されてたのは全て英文だったので、海外の本だと思います。
分かる方がいらっしゃいましたら是非!教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以下の情報はすべて有栖川有栖氏の「46番目の密室」、講談社刊.からのものであることを最初にお断りして・・・



お探しになっている本は
ロバート・エイディの「ロックド・ルーム・マーダ-ズ」でしょう。
スペルはRobert(?) Adey,Looked Room Murders だと思います。
すいません、ロバートの部分は記述がないので勘ですが・・・

あとがきなどでも触れられていますが1991年に改訂増補版がCrossover Pressから出版されたようです。これではさらに700以上のトリックが追加され収録トリック総数は2109に達しているそうです。
しかもそのあとがきが書かれた時点(1995)でさらなる改訂増補版が予定されているとも書かれているのでもう出版されているかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

す、すごいっ!回答は来ないだろうと半分諦めての質問だったのですが・・・。
ものすごくうれしいです!貴重な情報ありがとうございました!

お礼日時:2001/06/25 22:02

motosunaさんの回答をもとに調べたところ、、


タイトル:LOCKED ROOM MURDERS, AND OTHER IMPOSSIBLE CRIMES: A COMPREHENSIVE BIBLIOGRAPHY(な、長い)
作者:Robert Adey
出版社:CROSSOVER PRESS
ISBN:0962887005
のことだと思います。
ネット書店では、日本のamazon.co.jpでは取り扱っていないようですが、skysoftでは取り扱っています。でも、専門書扱いなので割高になってしまいますし、取り寄せるのに時間がかかるようです。アメリカのamazon.comに注文した方が、早い上に安く手に入るかもしれません。
ただ、skysoftでは発行年が1991年なのに、amazon.comでは1992年4月になっているのは、どういうことなんだろう?ISBNが同じなので、同じ本だと思いますが……。

skysoft    http://www.skysoft.co.jp
amazon.com http://www.amazon.com
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q壁をすり抜ける拳法を使った密室殺人が起こる推理小説

壁をすり抜ける拳法を使った密室殺人が起こる推理小説があると聞いたのですが、
本のタイトル
出版社
作者
などの情報を知っていたら教えてください。

Aベストアンサー

戦う少女と残酷な少年―ブロークン・フィスト
富士見書房(富士見ミステリー文庫)
深見 真

これですかね…

Q漢字辞典漢和辞典どちらの方がよいか 読書が趣味です。 そして色々な本を読むのですが、 分からない字も

漢字辞典漢和辞典どちらの方がよいか



読書が趣味です。
そして色々な本を読むのですが、
分からない字も時々出てきます。
分からない時は母に聞いたりしていますが、母も分からないときがあり、その時、辞書があった方がいいなぁと思います。

あと読めるのですが意味が分からないものもあります。




渇と活など(この二つは調べたのでもう大丈夫です)


その場合どちらの方がよろしいと思いますか?


教えて下さいm(。_。)m

Aベストアンサー

漢和辞典の方がいいでしょう。
あなたの年齢、国語力などによって、いろいろな選択枝があると思います。紙の本がいいか、電子辞書がいいか、スマホで間に合うか、自分で当たってみることをおすすめします。
私が、ある大人に電子辞書を贈ったところ、その方はローマ字が判らず、漢字の部首のことも知らず、使いこなせなかった例がありました。
自分で使いやすい物を探しましょう。

Q推理小説に出て来るようなトリックを使った事件って実際にあるんでしょうか

推理小説に出て来るようなトリックを使った事件って実際にあるんでしょうか?

Aベストアンサー

(1)ロス疑惑事件の真犯人が三浦和義だとすれば、銃撃事件の被害者を装ったのは、推理小説ばりのトリックでしょう。
(2)和歌山カレー事件と保険金詐欺事件の真犯人が林真須美だとすれば、アリバイ工作や被害者偽装のための砒素服用も推理小説に出て来そうなトリックでしょう。
(3)狭山事件の真犯人が石川一雄氏でないとすれば、真犯人は石川氏に濡れ衣を着せたことになりますが、どのようなトリックを使ったのでしょうか(脅迫状の筆跡)?
(4)帝銀事件の平沢貞通が真犯人でなかったとすれば、真犯人は平沢氏に濡れ衣を着せたことになりますが、どのようなトリックを使ったのでしょうか(類似事件で悪用された松井蔚の名刺)?

Q「不連続殺人事件」のトリックが知りたいのですが

推理小説が好きですが、何度か坂口安吾の「不連続殺人事件」を読もうとしましたが、どうしても登場人物の数が多すぎて、途中で誰が誰で、誰と誰がどういう関係か訳が分からなくなってしまい挫折します。
「不連続殺人事件」のトリックが知りたいのですが、教えてください。といっても無理だと思うので
これと同じトリックを使った小説があるというようなことをどこかでよんだので、その同じトリックを使った小説のタイトル教えてください。

Aベストアンサー

それはおそらくクリスティの『ABC殺人事件』を言っているのだと思います。
正確に言うと「同じトリック」ではないのですが……。

『不連続…』は、純文学の作家である坂口安吾が、“日本の推理小説界に挑戦したもの”と、雑誌連載時から話題になったようですが、連載途中で横溝正史は「これはクリスティの『ABC殺人事件』の複数化だね」と指摘して、犯人を見破ったのだそうです。
以来、この横溝の指摘が『不連続…』に被せられることも多いのです(その横溝は、この作品にインスパイアされて『八ツ墓村』や『夜歩く』を書いた。確かに『夜歩く』は雰囲気も登場人物の設定もよく似ています)。

坂口安吾は、昭和二十年代、ディクスン・カーのトリックを中心としたミステリの影響を強く受けていた日本の推理小説を“人間の心理を不自然に歪めたもの”であると批判しており、同じ翻訳ミステリでも、動機を重視したクリスティの作品を愛好していたようです。
ただ、個人的には同じクリスティでも『スタイルズ荘の怪事件』『ナイルに死す』なんかの方に似てるかな、と思いました。

登場人物は人数の多さもさることながら、過去の関係が入り組んでいて、やたらややこしい(それこそ作者のねらいでもあるのですが)。
雑誌連載時には、すべてが出そろった時点で、読者に挑戦状が出され、懸賞金まで出たそうです。
質問者さんも、登場人物の関係図を作りながら頭をひねって、安吾の挑戦に応えてみてください。

それはおそらくクリスティの『ABC殺人事件』を言っているのだと思います。
正確に言うと「同じトリック」ではないのですが……。

『不連続…』は、純文学の作家である坂口安吾が、“日本の推理小説界に挑戦したもの”と、雑誌連載時から話題になったようですが、連載途中で横溝正史は「これはクリスティの『ABC殺人事件』の複数化だね」と指摘して、犯人を見破ったのだそうです。
以来、この横溝の指摘が『不連続…』に被せられることも多いのです(その横溝は、この作品にインスパイアされて『八ツ墓村』や『夜歩...続きを読む

Q定番もの以外の密室本を教えてください?

古典的名作や定番もの以外の密室本で、日本、海外作品問わず、いい作品があれば教えてください。

Aベストアンサー

森博嗣さんの作品でよく出てきます。
後は西澤保彦さんの作品もいいと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報