ちょっとした調べ物をしています。

長期間の24時間稼動に耐えることのできるサーバタイプの日本語インターフェイスOSで支障があるときのサポート体制が整っている、Dual CPUに対応したものを探しています。

候補としてあがっているのは
Windows2000 (professional, server, advanced server, datacenter)
Linux (Turbo, Laser5, Red Hat)
Solaris
などです。

FreeBSDも大丈夫かなとか思ったのですが、Dual 対応かどうかわからなかったです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

すみません、記憶ベースでお話します。



Win2KおよびLinux、SolarisはDual CPUに対応しているはずですが、そもそもOS自体の信頼性、安定性という意味では、日経コンピュータか何かで、UNIX(Solaris?)とNT4では、統計上、年間の稼働率(システム停止時間の割合)がUNIXの方が10倍も良いという記事を見た記憶があります。
また、当社内でNT4とLinuxを24時間運用していますが、NT4は年間数回のダウンが発生しているのに対し、Linuxは一度もダウンしていません。

ということで、私はSolarisまたはLinuxをお薦めします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRed Hat Linux 9で、ユーザに関係なく利用できるようjava1.4,2及びopenofficeを入れたい。

現在、Red Hat Linux 9にopenoffice1.1を入れたいと思っているのですが、rootでインストールしたところ、一般ユーザでは起動できませんでした。

ノートパソコンの余りに入れているので、個別にインストールするだけの余裕は無いので、できればユーザに関係なく起動できるようにしたいのですが……そのようにするにはどうすればよいでしょうか。

また、JAVAruntimeが要るらしいのでインストールしようかとも思っているのですが、これは普通にインストールすればいいのでしょうか。
どこかのページに/usr/local/とか書いてあったのですが、ここに入れればよいのでしょうか。

Linuxは最近使い出したので、どのディレクトリがどういった役割を果たしているのかさっぱり判っていません。

どなたか、インストールのやり方を知っていたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2再々修正です。

># rpm -ivh j2re-1_4_2_01-linux-i586.rpm
必要な場所に展開してくれます。

この前に、
# chmod a+x j2re-1_4_2_01-linux-i586.rpm
または、
# chmod 755 j2re-1_4_2_01-linux-i586.rpm
を実行してください。

No.4の追加修正です。

># ./setup
画面にしたがって導入を続て最後までゆきます。
途中で、先程、導入した、java runtimeが自動的表示、選ばれるはずです。

ディフォルトで導入しますと、
/root/OpenOffice.org1.1.0
となり、一般ユーザで利用できなくなります。かならず、おくべき場所、例の場所は、/usr/localです。

導入した後の記憶ですので、そこかしこに怪しいところがあります。それでは!

QTURBO Linux 8.0 Server プロモーション版 に PHPのインストール

お世話になります。

TURBO Linux 8.0 Server プロモーション版をインストールした後、ftp.turbolinux.co.jpのtls-8.0からrpmをすべてダウンロードして、PHPやRUBYなど初期導入されていないものを追加導入しました。
TEST.PHP
<?PHP
PHPINFO();
?>
を/var/www/html/に作成し、http://localhostで表示しようとしてもうまくいきません。(test.phpが何も返答していないようです。test2.phpとやってみるとApacheがエラーを返します。)
index.htmlを作成すると、それは問題なく表示されます。
/etc/httpd/conf/httpd.confの拡張子PHPとPHPSについてのコメントアウトは済んでいます。

Apacheの導入済の環境に、単純にRPMから導入しても駄目なのでしょうか?
それとも、導入するモジュールの関係でしょうか?

Apacheは、ダウンロードしたISOイメージに入っていたようです。

Aベストアンサー

こちらでも、TurboLinux 8.0 Server プロモーション版に以下の
パッケージをftp.turbolinux.co.jp/tls-8.0からダウンロードして
ますが、phpinfo()関数は問題なく動いています。


# rpm -qa | grep apache
apache-devel-1.3.26-7
apache-1.3.26-7

# rpm -qa | grep php
php-4.2.3-3


info.php

<?
   phpinfo();
?>

QRed Hat Linux 9でcd-romをマウントできません

超初心者です。
Red Hat Linux 9 をインストールしてApacheをCD-ROMからインストールしようとしているのですが、CD-ROMをマウントできません。
su でログイン後、マニュアルに書いてある通り、
cd /mnt/cdrom
mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/
と入力しても”mount: /dev/cdrom はブロックデバイスではありません”とはねられてしまいます。
ちなみに、OSをインストールした状態では/mnt/cdromも/dev/cdromも存在しておらず、自分で作成しました。
また、マウントが成功した時に
anacnda-ks.cfg install.log install.log.syslog
と言うファイルが出来ていたことから、そのファイルを/root 以下に見つけ、
mount /root /mnt/cdrom/
/rootのファイルを/dev/cdromへコピーしてから再度
mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/
を行いましたが結果は同じでした。

何卒、よろしくお願いします。

超初心者です。
Red Hat Linux 9 をインストールしてApacheをCD-ROMからインストールしようとしているのですが、CD-ROMをマウントできません。
su でログイン後、マニュアルに書いてある通り、
cd /mnt/cdrom
mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/
と入力しても”mount: /dev/cdrom はブロックデバイスではありません”とはねられてしまいます。
ちなみに、OSをインストールした状態では/mnt/cdromも/dev/cdromも存在しておらず、自分で作成しました。
また、マウントが成功した時に
anacnda-ks.cfg ...続きを読む

Aベストアンサー

>マニュアルに書いてある通り、
>cd /mnt/cdrom
>mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/

普通、マウントする前にマウントポイント(/mnt/cdrom/)に移動したりはしないので
手順が逆では?

また、CDROM mount時の正式な記述は

#mount -t iso9660 /dec/cdrom /mnt/cdrom/

です。覚えてください。

/etc/fstabファイルには、よく使うのであらかじめ定義されています。

/dev/cdrom /mnt/cdrom udf,iso9660 noauto,owner,kudzu,ro 0 0

確認してください。(各種Linux毎に記述に若干の違いはあります。)


>OSをインストールした状態では/mnt/cdromも/dev/cdromも存在しておらず、
>自分で作成しました。
普通はできているはずですが。どのようにして作成したのか書かれていないので
正しいか間違っているか判断できません。やった事は正確に書いてください。

# ls -l /mnt
合計 16
drwxr-xr-x  4 root root 4096 6月 20 07:15 ./
drwxr-xr-x  20 root root 4096 10月 17 21:50 ../
drwxr-xr-x  2 root root 4096 6月 20 07:15 cdrom/
drwxr-xr-x  2 root root 4096 6月 20 07:15 floppy/

ちなみにマウントポイントは空のディレクトリであればどんな名前でも良い
ですが、普通は/etc/fstabの記述と同じ名前でしょう。

/dev/cdromはシンボリックリンクのはずです。
cdrom装置は大抵、マザーのセカンダリ・マスタ(/dev/hdc)につながっているので
以下の様になります。

# ls -l /dev/cdrom
lrwxrwxrwx 1 root root 8 6月 20 07:15 /dev/cdrom -> /dev/hdc


>また、マウントが成功した時に
>anacnda-ks.cfg install.log install.log.syslog
>と言うファイルが出来ていたことから、そのファイルを/root 以下に見つけ、
>mount /root /mnt/cdrom/
>/rootのファイルを/dev/cdromへコピーしてから再度
>mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/
>を行いましたが結果は同じでした。

こんな手順は必要ありませんし、日本語の意味も不明。おかしくなる原因となります。
cdromは書き込み不可なので、/dev/cdromにコピーできません。実行したのであれば
もう既におかしくなっているかも?
よく考えてください。

>マニュアルに書いてある通り、
>cd /mnt/cdrom
>mount /dev/cdrom /mnt/cdrom/

普通、マウントする前にマウントポイント(/mnt/cdrom/)に移動したりはしないので
手順が逆では?

また、CDROM mount時の正式な記述は

#mount -t iso9660 /dec/cdrom /mnt/cdrom/

です。覚えてください。

/etc/fstabファイルには、よく使うのであらかじめ定義されています。

/dev/cdrom /mnt/cdrom udf,iso9660 noauto,owner,kudzu,ro 0 0

確認してください。(各種Linux毎に記述に若干の違いはあります。...続きを読む

QRed hat8.0で違うパーティション(windows)のファイルを扱う

タイトルどうりなのですがwindowsのtxtファイルをLinuxでひらきたいのですができますでしょうか?

Aベストアンサー

root になって、/sbin/fdisk -l すると接続されたディスクとファイルシステムの一覧が表示されます。
vfat と書かれている行が該当の Windows パーティションの名前です。
(たとえば /dev/hda1 など。以下の入力例では適宜置き換えてください)

そして mount -t vfat /dev/hda1 /mnt でマウントします。

この場合、/mnt にアクセスすることで Windows ファイルを読み書きできます。

/mnt/win などのディレクトリを掘って、/etc/fstab に以下の行を追加すれば、
一般ユーザでも Windows パーティションをマウントできます。

/dev/hda1 /mnt/win vfat defaults 0 0

詳しくは man fstab しましょう。

QRed Hat Linux Version 9にPHP,SQL,Perlを入れたい

簡単に書きます。

Red Hat Linux Version 9にPHP,SQL,Perlをインストールしたいのですが、どういった手順でどこからDLして・・・など教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

Red Hat 公式サイトの以下のダウンロードページから落とせます。
「Keyword」に検索キーワードを入れて「Search」ボタンを押すと
該当するパッケージの一覧が表示されます。
そこで右側の「Download」の文字をクリックし、ftp または http を選んで
またクリック、お好きなディレクトリに保存してください。

それから一口に「SQL」といっても PostgreSQL と MySQL がありますが、
速度面のアドバンテージでは MySQL に軍配が上がりますし、
PostgreSQL はフリーのデータベースとしていち早く実績を積み上げてきています。

ちなみに、Linux+Apache(ウェブサーバ)+MySQL+PHP の連携システムは
「LAMP プラットフォーム」と呼ばれ、コストパフォーマンスに優れた
ウェブデータベースを構築する定番の組み合わせとみなされています。

落としてきた rpm パッケージは

$ su - # ここで root になる
# rpm -Uvh パッケージ(例:mysql-3.23.52-3.i386.rpm)

以上の手順でインストールできます。

しかし Perl は標準ではインストールされていないのですか?
FreeBSD ではベースシステムから Perl が外れたことは知っておりますが。

・Red Hat Downloads
http://www.redhat.com/apps/download/results.html?search:query_cb=Development&search:fields=group&search:go=1&search:source=rpm

参考URL:http://www.fukumi.co.jp/tips/postgresql.htm

Red Hat 公式サイトの以下のダウンロードページから落とせます。
「Keyword」に検索キーワードを入れて「Search」ボタンを押すと
該当するパッケージの一覧が表示されます。
そこで右側の「Download」の文字をクリックし、ftp または http を選んで
またクリック、お好きなディレクトリに保存してください。

それから一口に「SQL」といっても PostgreSQL と MySQL がありますが、
速度面のアドバンテージでは MySQL に軍配が上がりますし、
PostgreSQL はフリーのデータベースとしていち早く実績を積み上...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報