初心者はどんな車買えば良いがよくわからないので注意点が有りますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>初心者はどんな車買えば良いがよくわからないので注意点が有りますか?



 基本的にはありません。財力の許す限り、スキなクルマを買うのがイチバンです。
 スキというのは、見た目のスタイルとか内装のセンスとか座った時のハンドルやペダルの位置などの感覚的なものでも、荷物が沢山積めるとか小物の物置が運転席周りに多いとか実利的なものでも、何でも構いません。

 が、同じクルマならある程度考えなければならない事があって、

※出来れば新車がヨイです。
 経年劣化や余計な改造を由来とする故障が少ないし、故障した時のカーディーラーの対応が、中古車を購入した時よりもずっとよいです。
 初心者はよくぶつけるから中古から、っと言う話は世間でよく言われる事で、確かに一理あるのですが、そもそも初心者だから多少ぶつけるのは当たり前、ぶつけても仕方がないという考え方が既に間違いです。ぶつける相手が壁やポールでなく、歩行者や自転車だったらどうでしょう?ついうっかり壁にはこすっても、歩行者には当てない自信がある?そんな運転が出来るワケがありません。うっかり壁にこするなら、やがて『うっかり』歩行者にもこすります。
 自分のクルマを何かにぶつけたりこすったりするのは絶対に許されない行為です。そこには、初心者もベテランもありません。
 初心者が新車を買うと周りに特に注意する様になるので、慎重な運転にもつながります。上述した故障の頻度やディーラーの対応も含め、ワタシは初心者だからこそ新車をお勧めします。

※まぁ財力の問題やホントに欲しいクルマが既に絶版だとか、中古しか選択の余地がない場合もあるでしょう。そこで中古車の場合は?ですが。
 まず、登録後10年以上若しくは走行距離が10万㎞以上経過しているモノは細かい故障が増え始める時期なので、避けた方が無難です。

※また中古の場合、やたら改造してあるモノはとりあえず避けておいた方がよいでしょう。
 車高が下がっているとか排気管が交換されているとか、或いはサイズの違うホイールやタイヤが装着されているとか、エンジンルーム内に不釣り合いなハデな色彩や形状の部品が付いているなど、そういうクルマはよく判らない改造や、過去に妙な改造をされて調子が悪くなって戻したクルマの可能性があります。
 なるべく無改造に見えるクルマにしておきましょう。

※中古でも新車でも、そのクルマの正規ディーラーが生活圏の中にあるクルマがよいです。
 クルマの点検や整備、故障時の修理は、ガソリンスタンドやオートバックスなどの量販店、或いは民間の整備工場ではなく、(多少工賃が高くついても)そのクルマのメーカーの正規ディーラーに依頼するのが基本です。
 ディーラーが近くにないと、まともな点検や整備が受けにくくなり、結果的にクルマが早く痛みます。

※新車、中古車如何に関わらず、定期点検は必ず受けましょう。
 故障しない限りディーラーや整備工場の世話になる必要はない、っとお考えのユーザーが多いですが、故障を未然に防ぐのが定期点検整備です。
 最低でも12ヶ月毎の点検を、出来れば正規ディーラーで受けましょう。そして故障していなくても、メーカーが指定している消耗品は必ず交換しましょう。(しかし一方3000㎞走行毎のオイル交換など、そのクルマの取扱説明書に書かれている以上の過剰な整備は全く不要です。量販店やガソリンスタンド、改造ショップなどでは頻繁なオイル交換をやたらと勧めますが、こういう『ボッタクリ』にあわない為にもディーラーでの点検が一番です。)
    • good
    • 0

●ワンボックスのように四角く、更にガラス免責が広くで見切りが良い車


●故障、トラブルにウトイので新車
●家から近いディーラーで日本車を買う
    • good
    • 0

必ずと言っていいほど初心者はコスるかぶつけるから、


できれば最初は親のお下がりとかクソ安い中古の1年くらいのれる車かって
さんざんぶつけたり感覚やお金を手に入れてから
自分の好きなやつを買うのがいいと思いますね。

あとどんなに外装よくても内装けちるとだめ。シートがワンランク違うだけで
全然のり心地がちがってくる。
あとは軽は税金が安いし燃費が良い。
ハイブリッドは年数立つと価値がなくなし、
燃費で元取ろうとするとかなりの年数が必要あになるから考えたほうがよいかも。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q所有車を中古車販売店に売却する時に注意する点

新車購入と同時に現在の所有車を中古車販売店に売却しようと考えています。
ディーラーや大手買取店では値段がつかないと言うことで、
自営の中古車店に決めたのですが、売却する際の注意点を教えて下さい。

一応名義変更が済んだ後は車検書のコピーを送ってもらうつもりです。

これ以外に気になるのが印鑑証明や車検書を契約時に渡すと思うのですが、
印鑑証明を悪用される心配はありますか?
例えば借金の連帯保証人にされるとか…考えすぎですかね。
印鑑証明に「車の名義変更のみに使用可能」などと裏書して置く事に効果はありますか?

次に委任状と譲渡証明書ですが、よくディーラーなどですと捺印だけして
あとはディーラーが記入することがあると思いますが、
これも危険でしょうか?やはり契約時にコピーをもらっておく必要がありますか?

あと3月中の名義変更を依頼するつもりですが、4月まで名義変更されなかった場合、
自動車税をこちらが払わないために何か契約を結んでおく必要がありますか?

多少過度な心配のものもあると思いますが、
気持ちよく車を売るためのアドバイスをよろしくお願い致します。

新車購入と同時に現在の所有車を中古車販売店に売却しようと考えています。
ディーラーや大手買取店では値段がつかないと言うことで、
自営の中古車店に決めたのですが、売却する際の注意点を教えて下さい。

一応名義変更が済んだ後は車検書のコピーを送ってもらうつもりです。

これ以外に気になるのが印鑑証明や車検書を契約時に渡すと思うのですが、
印鑑証明を悪用される心配はありますか?
例えば借金の連帯保証人にされるとか…考えすぎですかね。
印鑑証明に「車の名義変更のみに使用可能」などと...続きを読む

Aベストアンサー

印鑑証明書単体ではなんの効力もありません。
あくまで登録してある実印を実際に押した用紙とセットで効果を発揮しますので、委任状に名義変更する車の車台番号(必要であれば登録番号)を記入しておき、移転登録の手続きに関する委任をしますと書いた上ではんこを押してもらえば大丈夫です。

譲渡証明書も車台番号を書いた上でのはんこであればさほど問題ないはずです。

3月中の移転登録に関しては口約束が心配であれば、書面を取り交わしておくことも必要ですね。

Q中古車を買うときの注意点は?

 そろそろ中古で車を買おうと思っています。
その際に車の状態などで注意して見たほうがいい点ってやっぱりありますよね?
それがあまりよくわからないんです。
詳しい方、教えていただけないでしょうか?
あと、購入する際に車体価格のほかに任意保険を除いた価格で15万ほどプラスされますが、これはいったい何に対してお金がかかってるんでしょうか?
回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 初めに、任意保険を除いた価格について。
 まず、諸税金がかかってきます。自動車税、自動車取得税、自動車重量税の3つ。さらに、強制保険として自賠責保険がかけられます。
 自動車税・・・排気量ごとに定められている税金。
        例)1501~2000cc 39500円  2001~2500cc 45000円・・・
 所得税・・・・車両価格に対して一定の割合で課税される。新車では、新車価格×0.9×0.05が基準になっていますが、中古車の場合は、割合が一定ではなく、価格によっては非課税の場合もあります。
 重量税・・・・車検時に納める、車両重量ごとに定められている税金。
        例)1.0~1.5t 37800円  1.5~2.0t 50400円・・・
 自賠責保険・・全車両に加入が法律で義務づけられています。車検毎に更新するもので、金額は普通自動車と軽自動車の2種類があります。

次に、法定費用と言うものが。
 車庫証明・・・車庫証明を取る際にかかるお金で、約2500円です。
 検査登録・・・ナンバープレートを交付する際のお金とも言えますが、他のものも含まれます。これは、車両価格によって変動した気が…。
 下取車手続・・下取車の名義変更などに関わるもの。

そして、削減できる諸費用が、代行費用。
 検査登録・・・自分でやろうと思えば、出来ないこともありませんが、ほとんどの場合、お店がやるものだと思ってください。値引きは、期待できません。
 車庫証明・・・管轄警察署での車庫証明を取る際の代行費用です。これは、自分で警察署に行って必要書類等を提出すれば浮かせることが可能です。上手くいけば、サービスしてくれる場合もありますよ。だいたい1万円程度です。
 納車費用・・・販売店から自宅(または納車希望地)までの、運搬費用だと思ってください。お店によっては、これに整備費用を含める場合がありますが、法的に禁じられていることなので、強気に攻めていいと思います。「だったら整備費用は別にしてくれ」のようにね…。これは、販売店によってまちまちですが、5千~1万円です。
 下取車手続・・下取車の名義変更などの代行費用です。検査登録代行費用と同じような内容で、こちらも値引きは難しいです。
 JAF・・・・JAFの年会費や入会費が計上されている場合もあります。年会費は4000円、入会費が2000円。キーの車内置き忘れや、故障の時に、格安でサービスしてくれるので、万が一の時のためにも入っておいて損はありません。

 他にも、諸経費が計上されているかもしれませんが、疑問に思ったことは販売店にきっちりと聞いておくべきです。それを、明解に答えることができない場合は、信用できない販売店だと思っても過言ではありません。まずは、販売店選びです!

 では、次にクルマを見ていくことにしますが、まずはプライスボードを確認しましょう。プライスボードとは、クルマのフロントガラスにぶら下げてある情報板です。この確認は、絶対に怠らないようにしましょう。
 まずは、価格。この中に、整備費用が含まれているか否か。さらに、検付きの場合は、車両本体価格に車検整備費用が含まれていなければ不正です。
 走行距離については、数字をしっかり把握しておくようにしましょう。走行距離と実際の様子に食い違いがあれば、メーター戻しが行われている可能性があります。それは、詐欺行為にあたるので、よほどのことがない限り、そのようなクルマに出会うことはありませんが、気を付けましょう。さらに、年式を考慮に入れたうえで、年間どのくらい乗られているのかを推測することができます。年間5000キロに満たない場合は、放置されていたことが考えられます。頻繁に乗っていた方が、クルマは状態が良いということを念頭に置きましょう。目安としては、年間8千~14千キロ程度なら、良いと言えます。それ以上であると、さすがに距離も伸びていると考えられるので、後の整備費用を考えて妥当かどうかを考えましょう。
 車検は、期間がどの程度残っているか。また、「検付き」と「検無し」も明確にしておきましょう。
 年式は、偽ることが出来ないので、走行距離を確認する際に参考になります。さらに、カタログなどで装備などを調べておくと年式を限定することもできますね。YAHOOの検索で車名を入力するとデータが表示されるので、参考にして下さい。
 重要なのが、「修復歴」です。基本的に、板金塗装やドアパネルの交換程度であれば、修復歴扱いされません。クルマの骨格部分にまでダメージが及んだ場合には表示することが法律で定められていますが、販売店によっては虚偽していることも稀ですがあります。素人には分かりづらい項目なので、信用できる販売店を選ぶことが第一であると言えます。

各部の項目を列挙していきたいと思います。

□外装:天気の良い日に遠くから、近くから眺めてみます。
 ボディパネルのキズ・ヘコミ・塗装割れ/ドアノブ付近のキズ/塗装面のザラつき/ホイールのキズ/
 フロントバンパー・サイドシル・マフラーなどの路面干渉跡の有無/ボディパネル間の段差・すき間/
 ルーフのキズ・ヘコミ

 ○納車前に無償、または格安で修復してもらうことが可能な場合が多い。基本的に無償修理を求めましょう。

□エンジンルーム:ボンネットを開けて内部の様子を見てみましょう
 エンジンから不規則な異音はないか/排気音に異常はないか/ファンベルト・タイミングベルトの劣化/
 ラジエターホース・キャップの劣化/オイルフィラーキャップの状態/エンジン内部は茶ばんでいないか

 ○エンジン内部については、オイルフィラーキャップを開けて、中を見てみましょう。

□室内
 ステアリング・シフトノブの状態/ダッシュボードのキズ/パワーウィンドウの作動/エアコンの作動/
 集中ドアロックの作動/シートのヘタリ/シートの調整機能/オーディオの作動/室内灯の点灯/
 フロアカーペットの状態/灰皿の状態/トランク内の状態/車載工具/スペアタイヤ

 ○室内に関しては、あと「臭い」も注意してください。

□試乗時:実際に運転してみるのが一番!
 トルコンの変速ショック/クラッチの滑り/ハンドルが重くないか/ブレーキの効き・鳴き/
 アイドリングが安定しているか/走行中、ハンドルがブレないか/足廻りからの異音/真っ直ぐ走るか

 ○他にも気になる点があったら、販売担当さんに直接質問しましょう。

 中古車のチェックポイントは、これだけでもまだ7割程度(?)もしかしたら、まだ半分にも至らないかも知れませんが、一応、思いつくのはこの程度です。こう言う時に査定士の資格を持っていたりすると便利なんですけどね(笑)
 車両本体価格からは、約5~10%程度の値引きは可能であると思います。さらに値引きを迫ることも可能ですが、かなりの知識が必要とされますので、車両本体価格+7%程度で購入できれば、なかなか健闘したと言えるでしょう。
 ダラダラと長くなってしまいましたが、僕も同じように中古車をあさっている最中なので、項目についても詳しくなりました。
 チェックシートなどを作成して持っていって、自分で採点してみるのもいいかもしれませんね。
 では、長くなりましたが、希望のクルマと出逢えることを祈っています!!

 初めに、任意保険を除いた価格について。
 まず、諸税金がかかってきます。自動車税、自動車取得税、自動車重量税の3つ。さらに、強制保険として自賠責保険がかけられます。
 自動車税・・・排気量ごとに定められている税金。
        例)1501~2000cc 39500円  2001~2500cc 45000円・・・
 所得税・・・・車両価格に対して一定の割合で課税される。新車では、新車価格×0.9×0.05が基準になっていますが、中古車の場合は、割合が一定ではなく、価格によっては非課税の場合もあります。
 ...続きを読む

Q車を売るときの注意点。

親が亡くなり車を手放さなければいけないのですが、
中古車販売店で売る時の注意点を教えてください。
売るところは決めてないのですが
1)買ったところのディラー
2)自宅付近の中古車屋(ガ○バー以外)

3)具体的にどういう手続きをすればいいのでしょうか?
ディラーだと安心して他の手続きをしてくれそうですが値段が安い?なので中古車屋だと少しは値段が上がりそうなので。ただ手続きが不安です。

Aベストアンサー

軽であれば印鑑証明は必要ありません
3文印でOKです
普通車でしたら1番の方がおっしゃってる通りで、相続となりちょっと面倒です
預金や土地等があればそれと一緒に遺産分割協議書を作成しなければなりませんので大変です
相続で揉めて1年とか2年とかかかるようであればナンバーを一旦返して税金を止める事ができます(税止めと呼ばれ、廃車とは違います)

おっしゃるようにディーラーは安心でしょうけど安いです
大手の買取り店でも良い値段を付けてくれますよ
確かに小規模の中古車屋では後の事がちょっと不安かも知れませんね
最近できたようなお店に持ち込むのでなく、古くからやってる中古車屋だと少しは安心かも知れませんね

Q中古車を購入しようと思ってます。注意点はありますか?

中古で車を購入使用と思ってます。
軽自動車で福祉車両を考えてます。
どんなとこを注意して購入すればいいですか?
教えて下さい。
ちなみに距離数はどれくらいが目安ですか?

Aベストアンサー

軽の中古は結構高いです.でもディーラーでの例え短くても保証付がいいですね.先ずお買い得なんてないですから.それなりの値段はしますし,程度は値段に比例しています.
中古の一番怖いのは臭いです.タバコ,獣臭,車香料の残り香等々は先ず消えませんから絶対止めましょう.

http://www.carlife-navi.com/25keijidousya.html

http://www.kuruma-hikaku.jp/kei/

http://www.nttif.com/CAR/if.html

Qオートオークション代行屋にて車を購入する注意点は?

手数料3%、落札料15000円と書いてあります。
登録料等も掛かるようです。自分で登録手続きする場合には諸費用はかからないとあります。
自分で登録することは出来ないのでしょうか?
今までに、個人売買で車を購入したときには、必要書類を受け取って自分で陸運局に出向き警察で車庫証明を取ったこともあります。

また、注意点はありますか?

Aベストアンサー

オークション代行専業屋は普通に優良なお店であれば中古車屋よりは数万~数十万安く車が手に入ります。

しかもオークションから直ですので、走行メーター管理システムに通過して尚且つディーラー等業界標準のAIS等の検査員の評価点付の車両ですので修復の有無も分かります。

ただ、当然デメリットもあります。
中には落札額を高くお客さんに伝え利益を得る業者が居るみたいですね。後は、いくらAISの検査員と言えど一開催で3000台前後の車両のセリですから見落としは当然出てきます。

金額によっては重大な車両の瑕疵(故障)があったとしても免責(ノークレーム)です。免責範囲外でもお客さんの家に会場から直で陸送したらクレームが効きません(クレーム申告期限が殆どの会場が数日の為恐らくクレームが間に合わないでしょう)。かと言って、業者の所へ陸送して尚且つそれからお客さんの家へ陸送したら無駄にお金がかかりますしね。

評価点が良くても届いたら故障してた又は不具合があった等は日常茶飯事です。あくまで業者用オークションですので。あとは当然車内は前所有者が手放した時のままです。

又、業者オークションは会員制で厳しい審査にパスした業者さんしか入会できないので一般客を会場には連れていけませんので現車確認ができません。


後で、不具合があったり故障があったりしても完璧に自己責任となります。15000円の代行手数料で落札後の故障や落札したら故障してたって時も面倒は絶対に見てくれません。


良い面もありますが、リスクも大きいです。

オークション代行専業屋は普通に優良なお店であれば中古車屋よりは数万~数十万安く車が手に入ります。

しかもオークションから直ですので、走行メーター管理システムに通過して尚且つディーラー等業界標準のAIS等の検査員の評価点付の車両ですので修復の有無も分かります。

ただ、当然デメリットもあります。
中には落札額を高くお客さんに伝え利益を得る業者が居るみたいですね。後は、いくらAISの検査員と言えど一開催で3000台前後の車両のセリですから見落としは当然出てきます。

金額によっては重...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報