設立3ヶ月、社長が勝手に辞めるって言うて金だけ毎月くれはおかしくないか?

A 回答 (1件)

質問文だけでは、判断できませんね。



質問の社長とされている方が大株主であり、社長を辞める=代表取締役の退任とします。代表取締役の退任はするが取締役としては残るということもあり得ます。
そうなれば、株主総会やそれに代わる決議により新任の代表取締役が決まり、取締役会やそれに代わる決議により前代表者である取締役の役員報酬を定めるといった形になれば、おかしな話ではないでしょう。

だって、役員は労働者ではないのですからね。非常勤役員などと言う立場もあるのですからね。

質問される場合には、会社もいろいろあるのですから、もう少し状況や経緯を説明され、さらにあなたの立場を明記すべきでしょう。

小さい会社などは勘違いされやすいですが、創業当時や小さい会社では、株主・経営権(代表取締役など)・労働者などを社長自ら兼務していることがあります。しかし、これらは同一人物が兼務していただけであって、それぞれの立場や資格は個別に考えなければなりません。

何れであっても何かしらの立場で報酬を求められる立場で在籍し、会社が存続していれば、おかしくはない場合もあるのです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社設立においての定款を見てくれるOR添削してくれるところ

まだ、会社を辞めてない段階なので
なかなか時間が取れないのですが、
定款を添削もしくは見てくれるところって
ありますか?

初めてなせいか難しく思えてしまうので、
これは登記所が一般的なのでしょうか?

他の心配はどういう点が類似商号にひっかかるのか、
また申請中に同じ名前で来たらどうしようかと(可能性は低いと思うが)考えてしまいます。

なかなか平日に時間が取れないので事前に
知ってから行動すれば時間を節約できると思い
投稿しました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

司法書士事務所で見てもらえます。類似商号の調査もしてもらえます。土曜日とか、平日の夜間でも、住まいが近くの事務所だと、対応してくれるとこもあります。

Q不動産会社を知人と設立します。知人が社長で私には取締役になれと言われましたが断ったら、じゃあ好きな

不動産会社を知人と設立します。
知人が社長で私には取締役になれと言われましたが断ったら、じゃあ好きな肩書きと役職考えてきて、名刺つくるからと言われました。
不動産会社は数も多くかなりありふれてます、他とは違うかっこいい肩書きや役職が見つかりません。
アドバイス頂けると助かります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

知人と共同で会社を設立するなら取締役にはなって取締役会での権利をとっておく事が必要です。
さらに同格であるなら代表取締役副社長とか専務取締役、常務取締役とか、ふつうの会社で使われる肩書きをお勧めします。

でなければ出資をせず、会社の責任を一切負わない従業員でいた方がいいと思います。

Q開業Xヶ月前に購入した備品は経費として認められますか?

自転車修理で開業します(個人事業です)。 ( 開業届はまだ出しておりません )

「開業前」に購入した道具等についての経費はどこまで経費として認められるのでしょうか?
1ヶ月前まで?
2ヶ月前まで?
それとも半年前まで?

さすがに1年以上前に買った道具を経費にしようとも思ってませんが…(汗)。

( レシートなら保存してあります。)



いろいろ検索してみたのですがわかりませんでした。
それほど大きな額ではないのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

明らかに、その開業のために必要として、購入したものであれば、半年前の購入でも経費として問題ありません。

又、1ケの価格が10万円以上の場合は、固定資産として計上して3年間の均等償却、20万円以上の場合は、やはり固定資産に計上して、法定の耐用年数で償却することになります。

減価償却については、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2100.HTM

Q法人設立時の設立前の経費

七月の一日に会社を設立【法人成り】したんですが
六月に会社設立に使った司法書士さんへの報酬は開業費として七月に経費として経上して良いのでしょか?

Aベストアンサー

いいと思います。
当社から分社した会社も経費で処理しました。

Q株式会社設立にかかる費用は設立後経費と見なされる?

この度新規に株式会社を設立する予定です。会社設立日前にかかった費用(税金、事務所の賃貸料、電話権利など)は経費で賄えるのでしょうか?領収書の日付を設立日以降にしてもらわないとダメでしょうか?役員の印鑑証明料なども経費とみなされますか?教えてください。

Aベストアンサー

会社の設立に関係する費用(登記の費用・設立の準備費用)が創業費となり、それ以外の開業までの費用が開業費になります。
役員の印鑑証明料なども経費となります。
領収書の日付は、実際に支払った日でかまいません。

税法上の開業費は次のようになっています。
事業を開始するまでに特別に支出する広告宣伝費、接待費、旅費、調査費のほか、開業準備のために特に借り入れた負債の利子、土地、建物などの賃借料、開業準備のための消費された電気、ガス、水道などの料金をいう。
開業費は、当然、会社の経費となります。

創業費は、設立する会社の経費として税務上は任意に償却することができますから、繰延資産に計上して任意の年数で償却するか、初年度に全額償却出来ます。

仕訳は次の通りです。
一括処理の仕訳  創業費/現金

繰延資産計上時の仕訳  繰延資産/現金
繰延資産の償却時の仕訳 創業費/繰延資産


人気Q&Aランキング

おすすめ情報