2015年に父がなくなりました。2016年に税務署が来て父が脱税していた税金を払えと来てます。それは、子供が払わなくてはならないのですか?子供が父の土地の名義なりました。それが2010年です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

2010年に父から子に土地が贈与された。


2015年に父が死亡した。
2016年に、税務署から子に対して、父が脱税していた税金を払うように連絡がきた。
ということですね。

1、まず親から子への土地が贈与で行われたかどうかを確認しましょう。不動産の登記簿をとればわかります(法務局で発行されます)。
2、父が死亡したことを子が知った日から3か月が相続放棄の申述期限です。
 すでに他の先輩回答者様が言われるように、この3か月が経過したのちでも、債権(今回の場合は税金の脱税)の存在を知った場合には、知った日から3か月以内なら相続放棄の申述ができるというのが判例をもとにした実務です。
 しかし2010年に父から土地をもらっておいて、相続放棄というのも虫が良い話ですので、家庭裁判所が相続放棄の申述を受理してくれるかどうかは、裁判官の判断に任せるしかありません。

3、脱税と述べてますが、滞納でしょう。
 国税通則法第5条で、相続人は被相続人の滞納を承継します。相続放棄が受理されていれば承継しません。
 滞納金額によりますが、相続人間で負担して払ってしまう話ができると一番良いです。

4、税務署から滞納を払えと来てる
 これは正確に知りたいところです。
 徴収職員が「お父さんが税金を滞納したまま亡くなられてしまったので、相続人が払ってほしい」という「口頭」でのことなのか、納税義務の承継通知という税務署長名の入った書面が送達されているのか、どのような状態でしょう。
 口頭で言われたというならば、父が滞納しているという事実を知っただけです。
通知が来てるというならば、通知を受理した日に「滞納税額を具体的に知った」ことになります。
 上記の相続放棄の申述ができる期間も、税務署員から口頭で伝えられた日でなく、通知を受理した日から起算すべきだと私は考えます。
 いずれにしても、裁判官の判断に任せるところです。

5、滞納税金の法定納期限後に贈与してると、贈与を受けた財産に滞納処分がされる可能性あり。
 父上が滞納してる税金の法定納期限があります。この納期限を過ぎたのちに「おれの財産を差押えされたらあかんがね」と子の名義にしてしまったとします。
 すると国税徴収法の規定で(詳しくは省略)、この財産が滞納処分の対象となることがあります。
むろん、財産の現在の所有者には通知がされます。
 
6、結論として
 滞納税金はいくらなのか、相続人が協力して納税できる額なのか。
 贈与を受けた土地(原因が贈与なのかどうかははっきりしてませんが、ここでは贈与としておきます)に対しての税務署長の追及はありえるのか。
 このあたりの検討を必要とします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

本当い にありがとうございます

お礼日時:2016/11/11 12:23

まずはこんなケースだと思う。


http://so-labo.com/i-ask-about-an-inheritance-ta …

土地は名義変更時に相続税を払ってないのだな。
https://www.shihou-shoshi.com/%E4%B8%8D%E5%8B%95 …

早めに税理士と相談して 何をどうやっていたのか明確にしないと 支払わなくても済むものを支払うハメになるから 急いだほうが良い。
税務署は 成績アップのチャンスを逃がさない。

時折税務署側の税理士もいるから そこは注意。
もし商売していたのであれば 伝手がなければ民商あたりの紹介税理士に相談するのも手。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとございます

お礼日時:2016/11/11 12:19

No.2です。



No.3様のおっしゃるように、3ヶ月を経過した後でも相続放棄が認められるケースはありますが、今回の件は無理でしょう。
まず事後に相続放棄が認められないケースは
1、亡くなった方の財産を受け取った
2、亡くなった方の財産を処分した
3、自分が相続人であること、借金があることを知っていたのに相続放棄をしなかった
この場合は3ヶ月経過後の相続放棄は認められません。
上記の条件が揃っていれば、後の相続放棄が認められことがあります。
質問者さんの場合は、すでに土地名義を変更されているので、受け取っちゃってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、そうですよね、、ありがとございます

お礼日時:2016/11/11 12:18

相続する遺産は、プラスの財産ばかりではありません。


マイナスの遺産も相続する可能性があるから相続放棄というものがあり、相続する際には、その点も踏まえて遺産の調査を行い、相続するかどうかを検討しなければなりません。

相続放棄は、手続きに期限もあれば、手続き先が家庭裁判所となるものです。また、限定承認等の手続きをしたとしても、プラスの財産を上限にマイナスの遺産が発見されれば負担するとされていますし、債務のみの放棄も認められません。

プラスの遺産の一部または全部を相続していれば、相続放棄は難しいでしょうし、期限も過ぎていると思われます。
生前の贈与などは、相続に関係する場合とそうでない場合がありますが、5年も前の話であれば関係ないと思います。ただ、贈与税の申告や納税をしていないようであれば、時効は成立していないと思われますので、贈与を受けた受贈者の義務として申告と納税が必要となりますね。

ちなみに税務署がいきなり脱税という言葉を使うことはないと思います。申告漏れのあった収入や無申告の収入について、申告と納税をするように求めることは亜当然のことですがね。これらの申告を含めた義務も相続人が相続することとなりますので、子供に求めてくることは普通のことなのです。
ただ、税目によっては、税額を決定してから通知などをしてくる可能性はあるかもしれませんがね。

ただ、収入の種類、すなわち所得の種類によっては、経費などの控除もあるでしょうし、各種所得控除も含めて出なければ、個人の所得税は計算できません。
あまりにも高額であったり、内容に納得できないものであれば、税理士に相談されることですね。

税金の納付が遅れるほど、延滞税などの加算されるものが増えます。
また、無申告や過少申告によるものと判断されれば、さらに無申告加算税や過少申告加算税が加算されることもあります。本来おさめる税金がどんどん増える可能性もあります。また、納税の相談も可能だったりします。物納や延納などの制度もあれば、分納などと言う制度もあるかと思いあmす。それぞれ条件がありますがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。そうです今申告漏れと言う事で来てます、税理士に相談してみます

お礼日時:2016/11/11 10:33

#1です。



「相続放棄」や「限定承認」(借金を差し引いてプラスの場合だけ相続するということ)は、相続開始を知ったときから3か月以内に家庭裁判所で手続きしなければいけません。(民法第915条1項)
基本的には、この期間を過ぎてしまうと、相続をしたことになります。

しかし、可能性として・・・。

「亡くなった方との関係から相続財産の調査などが困難で、亡くなった方に相続財産がないと信じたために相続放棄の手続きをしなかった場合、相続人が相続財産について認識することができた時点から3か月を計算すべき。」という判例があります。

ですから、予想外の支払いとして、家庭裁判所に申し出てみると良いです。

ただし、お父様からの相続財産(現金や土地、資産)がある場合は、差し引かれますので、どちらがトクか次第です。

土地の名義を変えたのは、贈与ですか。
贈与税は払っているのでしょうか。

もし、払っていないのであれば、見つかりますのでヤブヘビになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もう5年前に名義変更してまして、贈与税も払ってなくて皆んな父に任せ過ぎてたんですね、、、詳しく教えて頂きありがとございます

お礼日時:2016/11/11 10:23

子供が父親の遺産を相続しているのなら、当然子供が支払うことになります。


国税通則法第5条でそうなっています。

遺産を相続する場合こういうこともあるから、自分の知らない借金はないかなどをよ〜〜〜く調査してから、相続するメリットとデメリットを比較して相続するもんです。
相続放棄は自分に相続権があることを知ってから3ヶ月以内ですから、もう無理です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

知らなすぎるってこわいですね、、、ありがとございます

お礼日時:2016/11/11 10:24

相続放棄の手続きはしていませんね?



借金も、相続します。
払わなくてはなりません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうなんですか、、、ありがとうございます。

お礼日時:2016/11/11 09:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遺産相続をした際の税務署申告

父が昨年末に死去して遺産相続をすることになりました。
総額自体が3,000万円ないくらいで、母と兄と私の3人で分けて相続するのですが、
それぞれで税務署に申告をしなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

相続人が配偶者と子供二人で、総額3,000万円位とのことですから基礎控除の範囲内ですね。

税務署への申告は不要です。

Q相続についてもう一つお願いします。 上場株を父が今から17年前に名義を父から兄に変えました。 その

相続についてもう一つお願いします。

上場株を父が今から17年前に名義を父から兄に変えました。
その時かかる贈与税や手続きにかかる費用はすべて父が支払いました。

配当金に関しては年に2回父の口座に振り込まれてました。
父が亡くなってからその口座には振り込まれなくなり(凍結によるものか?)証券会社に問い合せたところ、既にこの株は売られたとのことでした。
株の名義は兄なので売ろうが何しようが私には関係ありませんが、たまたま私の方に、父が兄に株券を渡した旨の日記を見つけました。兄名義になる前から父が名義であり、郵便局へ配当金を取りに私が行ったこともあります。
が、兄はガンとして自分の財産であって贈与されたものではないと言い張ってますが・・・
こうなると調停まで行って生前贈与である事を証明してもらった方がいいのか?

日記によりかなりの額が兄に渡っているのはわかっているのですが、通帳も私が持ってます。
その事は兄も兄の弁護士も知りません。
兄がちゃんと自分の弁護士に話していれば別ですが・・・

生前贈与、寄与分をしっかり取りたいのでよろしくお願いします。

相続についてもう一つお願いします。

上場株を父が今から17年前に名義を父から兄に変えました。
その時かかる贈与税や手続きにかかる費用はすべて父が支払いました。

配当金に関しては年に2回父の口座に振り込まれてました。
父が亡くなってからその口座には振り込まれなくなり(凍結によるものか?)証券会社に問い合せたところ、既にこの株は売られたとのことでした。
株の名義は兄なので売ろうが何しようが私には関係ありませんが、たまたま私の方に、父が兄に株券を渡した旨の日記を見つけました。兄名義にな...続きを読む

Aベストアンサー

[兄はガンとして自分の財産であって贈与されたものではないと言い張ってます]
???
贈与されようと、買おうと「自分のもの」なんですよね。
自分の財産であるなんて主張でなく「贈与されたものではない」と言い張ってるのですから、取得経過を調べればわかります。

上場株ですので、Aが所有する以前の所有者が誰だったかは証券会社で一発でわかります。
贈与されたら自分の所有物です。

生前贈与の分を、遺産分割協議時に加える額は民法上は相続発生前1年分です。

寄与分?
寄与分って財産形成にお兄さんが貢献しているので、その貢献分はお兄さんに余分に遺産を分けるときに使います。

Q父の遺産をもらえない 先日 父が亡くなり 未婚の妹が 葬式を出しました 妹は 父とあまり親睦が無いの

父の遺産をもらえない
先日 父が亡くなり 未婚の妹が 葬式を出しました
妹は 父とあまり親睦が無いのですが 仕切りたがりやなので 喪主をやらせたら その後 何も相談無く 父の家を片付け 勝手に住んでいます 相続税の事で 司法書士 会計士に相談し 折半という事で 税金も何とかかからない様になったのですが 父の預貯金など 妹が分けてくれず 司法書士 会計士にかかった費用は 折半で払えと言ってきました 父の物を全部取られたうえ 費用を払わなければいけないのでしょうか? 私には 遺産をもらえないのでしょうか?

Aベストアンサー

ダメですね。

あなた自身、自ら行動するか、専門家へ依頼するかをしましょう。
自分はまともに動かず、妹さんの問題を言っていても意味がありません。

あなたは一人の権利で、預貯金の調査などを行うことができます。亡くなった日前後の取引履歴などを取得すれば、本来分けるべき金額と使い込みの金額なども想像がつくことでしょう。

全部取られたと言われますが、預貯金の引き出しはできても、解約などの本人確認等が必要な手続きや相続手続きを踏まなければならないものについては、あなたの印鑑証明と実印がなければできません。家も同じことです。
使い込まれたものは、それを戻したと計算して協議し、必要なら実際に戻させたり、あなたへ支払わせたりすることもできるのです。
不動産などの名義変更も、同様にあなたの実印等がなければ正式に名義変更できず、勝手に住んでいるだけとなります。細かい家財道具などについても文句は言えますが、ないものを立証することは難しいことでしょう。

司法書士の費用と言っても、相談費用などであれば、妹さんが相談した費用ですので基本的にあなた負担するものではありません。遺産分割協議や名義変更まで依頼した流れであれば、その手続きを確認の上であなたへ請求することはありますが、名義変更の費用などであれば、本来不動産を手に入れた人の負担でしょうね。

会計士とありますが、税理士でしょうね。会計士は税理士を兼ねることがありますが、あくまでも税理士としての仕事の分でしょう。税金がかからないということは、相談のみで終わったということではないですかね。あなたにとってもメリットがあったということであれば負担してもよいですが、妹さんの独断での相談によるものであれば、妹さんが負担すべきものです。そもそも、相続手続きが完了して初めて税金の問題が生じます。事前相談はありえますが、事前相談では確定した税務の話はできないことでしょうね。

妹さんが勝手に動いているのであれば、あなた自身別途専門家へ相談しましょう。遺産分割協議がまとまっていないのであれば、家庭裁判所での調停や審判を覚悟するしかないでしょう。裁判所が代わりに調査することはありませんので、あなた自身またはあなたの依頼した専門家により調査した結果に基づいて争うのです。
妹さんがあなたの権利を超えて自らのものにしていれば、裁判所はあなたの権利を認め、妹さんへあなたへ金銭で解決するように言うことでしょうね。裁判で決まったことをさらに守らないのであれば、妹さんの財産を差し押さえたりもできるでしょう。

ダメですね。

あなた自身、自ら行動するか、専門家へ依頼するかをしましょう。
自分はまともに動かず、妹さんの問題を言っていても意味がありません。

あなたは一人の権利で、預貯金の調査などを行うことができます。亡くなった日前後の取引履歴などを取得すれば、本来分けるべき金額と使い込みの金額なども想像がつくことでしょう。

全部取られたと言われますが、預貯金の引き出しはできても、解約などの本人確認等が必要な手続きや相続手続きを踏まなければならないものについては、あなたの印鑑証明と実印が...続きを読む

Q私は10年前に離婚をし、5年前に再婚しました。前の嫁との間には25歳位の子供がいます。その子達とは全

私は10年前に離婚をし、5年前に再婚しました。前の嫁との間には25歳位の子供がいます。その子達とは全くの疎遠となってます。
私もいい年になったので遺産相続を考えたりしてます。私の考えはもし、私が死んだら今の嫁と自分の親に100パーセントあげたいのです。やり方はありますか。

Aベストアンサー

司法書士事務所の職員です。
生前から相続対策を考えること、とてもよいことですね。

ただ、あなたがあなたの遺産を考える権利のほかに、前妻との子も法律で守られる権利があります。親子関係を断つことは基本的にできませんからね。
当然、子から親への暴力などがあれば別ですが、疎遠となっただけでは認められませんからね。

したがって、前妻との子が権利主張しない(相続放棄、相続分不存在証明・特別受益証明への協力、遺留分減殺請求をしない)ということでなければ、後妻と親に100%は可能です。

しかし、子の権利は、あなたが亡くなってから発生するものであり、生前にこれらの権利を放棄等をする書面への署名押印等は、法的に無効となります。また、のちのちに請求されることで、後妻が面倒な立場になってもおかしくはありません。

存命中に可能な限り後妻への名義にしていくことが大切だと思います。
生前贈与の形を取り、1年を経過すれば、遺留分の減殺請求の範囲から除外されたはずです。20年以上の配偶者への居住用不動産の贈与であれば、贈与税がかからないようにできるはずですからね。ただ、その後に奥様(後妻)が財産をもらうだけもらって離婚すると言われれば、取り戻すことはできません。

あなたが余命宣告されるような病気などを持っていなければ、専門家に相談のうえで、生前贈与や遺言書などによる対策をおすすめします。

私が同様の相談を司法書士とともに受ける場合には、親の離婚で負担をかけた実子ということもありますので、後妻が前妻の子に恨まれてもかわいそうということを含め、生命保険などを後妻さんが受取人で契約させますね。そのうえで、相続分相当を後妻さんが買い取り、前妻側の実子に現金が渡るように勧めますね。
前妻側の子を受取人とする方法もありますが、生命保険金は遺産分割協議等の対象外のため、リスクを0にすることはできませんからね。

遺産の規模によっては、相続税もリスクの一つです。相続税負担のために居住用不動産を手放さなければならないなんて話もありますからね。その分を含めて生命保険に加入するというのも一つです。保険料負担は大きいでしょうが、子の権利を奪うことができない限り、しょうがないことでしょう。

ちなみに、親へ贈与したり相続となれば、贈与税がかかること、2次相続などで相続税が2重にかかることなども考えられます。

相続における権利関係や対策は、不動産が含まれば、司法書士と弁護士しか相談を受けられません。行政書士や税理士などでは、対応できません。
さらに相続税や贈与税の分野は、税理士と弁護士しか相談を受けられません。弁護士で税金に詳しい人は少ないので、税理士のみと考えてもよいと思います。
税理士に似た資格者として公認会計士がいますが、公認会計士は無試験で税理士となることができますが、税理士登録して初めて税理士業務を行うことができます。ですので、税理士登録していない公認会計士では、相続税などを扱えませんのでご注意ください。
私がお勧めするのは、税理士と司法書士がいる総合事務所(総合事務所も資格者も分野もいろいろなので注意)への相談や依頼です。
専門家が入ってもいろいろと難しい案件だと思います。人間の考えることなんて、家族でもわからないことがありますからね。

以前税理士事務所で不動産賃貸をされている方を見たことがありますが、相続対策及び相続税対策で計画的に不動産の名義を子へ移したことがありました。しかし、想定外に親よりも子が先に亡くなり、子に子(親から見たら孫)がいたため、嫁が代理人として権利主張し、弁護士介入で財産を取られ、現金化され、遠方の嫁の実家に変えられてしまい、孫の顔を見ることもできなくなりましたね。税理士事務所に泣きながら助けを求めていましたが、弁護士を入れても勝ち目がないと伝え、手を引いたことがありました。

感情的なものや性格などでも対策が変わるものです。疎遠となった子ですと、どのように考えるかもわからないものだと思います。後妻である奥様が困らないように、専門家に協力をしてもらっての対策がよいと思います。

司法書士事務所の職員です。
生前から相続対策を考えること、とてもよいことですね。

ただ、あなたがあなたの遺産を考える権利のほかに、前妻との子も法律で守られる権利があります。親子関係を断つことは基本的にできませんからね。
当然、子から親への暴力などがあれば別ですが、疎遠となっただけでは認められませんからね。

したがって、前妻との子が権利主張しない(相続放棄、相続分不存在証明・特別受益証明への協力、遺留分減殺請求をしない)ということでなければ、後妻と親に100%は可能です。

し...続きを読む

Q贈与税の対象ですか? 父がオーナのガレージ代を管理会社から父名義の口座に入金しています。父の体調が

贈与税の対象ですか?

父がオーナのガレージ代を管理会社から父名義の口座に入金しています。父の体調が悪く、亡くなった時に口座が凍結されると母の生活費が出金できなくなります。

そこで、母の口座に入金するよう変更すると贈与の対象になるのですか?

Aベストアンサー

父の口座に入金されるべきお金が母の口座に入金されることには、問題がある。
しかし、父がその入金を自分の所得だとして確定申告書に記載してあれば、父から母に生活費を渡してるという理由がつくでしょう。
 父と母の間で贈与契約がないと贈与とはいいません。
「父と母は夫婦なので、金銭の移動は問題がない」は誤りで、夫婦間でも贈与契約があれば贈与税はかかりますし、税務署長が「これは贈与行為だ」と認定すれば贈与税の決定がされうるのです。
 贈与契約があったかなかったかの判断は、ずばり「金額」が判断基準です。
家族状態や収入状態などから総合的に判断すべきでしょうが、月20万円のお金が「夫の口座に入金されるべきなのに、妻の口座に入金がされてる」「夫は不動産収入があるとして確定申告している」ならば、夫が妻に毎月の生活費20万円を渡すかわりに、直接振り込んで貰ってるのだという話は通用するでしょう。

毎月20万円夫が妻に贈与してるのだ、と税務署長が言い出すかどうか。
私は「ま、いいんじゃないんですか」と思いますが。

気を付けるべきは、ここに父の預金が1千万円あって、そこから毎月20万円づつ妻の口座に送金する場合です。
入金額が、そのまま溜まってるとなると「贈与でしょ」となります。
入金額が、きちんとおろされている、電気光熱費、その他が引き落としされてるとならば「生活費を渡してる」と言えるでしょう。

なお、現在の贈与税の基礎控除額は60万円ではなく、110万円です。
基礎控除額以内の贈与は非課税となります。「無料」とは一般的には言いません。

父の口座に入金されるべきお金が母の口座に入金されることには、問題がある。
しかし、父がその入金を自分の所得だとして確定申告書に記載してあれば、父から母に生活費を渡してるという理由がつくでしょう。
 父と母の間で贈与契約がないと贈与とはいいません。
「父と母は夫婦なので、金銭の移動は問題がない」は誤りで、夫婦間でも贈与契約があれば贈与税はかかりますし、税務署長が「これは贈与行為だ」と認定すれば贈与税の決定がされうるのです。
 贈与契約があったかなかったかの判断は、ずばり「金額」...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報