医療費控除を受けると、ふるさと納税の上限額がその分少なくなると聞きました。
では、高額療養費や乳幼児医療費助成制度は
ふるさと納税の上限額に影響しますか?

子供が入院して入院費が高額だったため、高額療養費制度が適用されました。
高額療養費適用後の自己負担分は
乳幼児医療費助成制度で7万円弱ほど自治体が助成してくれました。
我が家の負担は食事代の7000円ほどで済みました。
年間の家族の医療費(自腹で窓口で払った分)は少額なので、医療費控除をするほどではありません。

質問者からの補足コメント

  • 回答を見て言葉が足りていないのに気づきました。
    私が知りたいのは、
    ふるさと納税の「控除」上限額(実質自己負担2000円で済む分)についてでした。

      補足日時:2016/11/11 15:42

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

結論から言えば、医療費控除を申告しない


限り、高額療養費は関係しません。

ふるさと納税は寄附金の位置づけで、
寄付金による税金の軽減制度です。
http://www.tax.metro.tokyo.jp/kazei/kojin_ju.htm …

高額療養費の制度はあくまで医療費の
負担を健康保険料でまかなう制度なので
影響はありません。

ふるさと納税の特例控除の限度額は、
住民税の20%となっています。
その範囲内なら
住民税+2000円の支出と総額が
変わらずに、お礼の特産物が
享受できるのです。

これで地方の創生、経済活性化に
貢献できるのですから、雑音A^^;)
に惑わされず、賢く『ふるさと納税』
をやっていただきたいと思います。

いかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分で検索しても答えが見つからず困っていましたが、おかげでスッキリしました。ありがとうございました。

お礼日時:2016/11/11 18:48

>ふるさと納税の「控除」上限額…



それは、ふるさと納税をしなかった場合の、あなたの当年分所得税および翌年分住民税の額が限度です。

>では、高額療養費や乳幼児医療費助成制度は ふるさと納税の上限額に影響…

高額療養費や乳幼児医療費助成制度がなかったら、あなたの医療費控除額が増えて当年分所得税および翌年分住民税が減り、ふるさと納税の「控除」上限額も減ります。

すなわち、高額療養費や乳幼児医療費助成制度があるかないかで、ふるさと納税の「控除」上限額に関係してくるという結論になります。
    • good
    • 0

>ふるさと納税の上限額がその分少なくなると…



ふるさと納税に上限なんてありません。
ふるさと納税は納税という名が付いていますが、実際には納税などではなく、地方自治体への寄付です。
寄付ですから、よほどウハウハ税収が上がっている自治体でない限り、「こんなにたくさん要りません」とは言いません。

医療費控除があろうが、住宅ローン控除があろうが、あなたのふところが許す範囲が上限です。
ふところと相談して200万でも 500万でもどうぞ寄付してあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

回答ありがとうございます。
おかげさまで言葉が足りていないことに気づきました。

お礼日時:2016/11/11 15:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報