テレビや映画などで、実際は足があるのに、番組の中で足が切断されていて、足が一本のように見えるのは、どのように撮影しているのでしょうか。

その他、撮影に関する特殊な技術があったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

やり方はたくさんあります。


例えば他の方も書いてある青や緑の色の布や紙などで消したい部分を被せてしまい後からその部分を電気的に消す方法。
ちなみにこの手法で青や緑を使うのは、人の肌の色が
肌色(つまり、赤や黄色系の暖色の色)だからそれとできるだけ違う色みにするためです。もし人肌に近い色で消そうとすると、機械がそれほど性能がよくなければ、後で処理する時に、人の肌も消えてしまうからです。
これはある一部の色みだけ選んでその画像部分を消す、方法なので当然何色でも消すことはできます。
ただできるだけ、消したく無い部分とは違う色みで消したい部分を隠す方が良いです。
ただこの方法の場合、照明さんがきっちりやっとか無いと、消したい色み部分の一部が少しでも暗かったり明るかったりすると、消しづらくなります。

あとは画像一枚一枚マスクを書くことですね。これが一番確実で綺麗にしあがります。でもものすごく時間と手間のかかる作業です。日本のビデオは1秒間30コマでできています。その一枚一枚をコンピューターを使って消したい部分の範囲を書いていくわけです。

あとは実際に物理的に撮影段階で特殊技術を使って消してしまうこともできるでしょうし、消すんじゃなくて、画像を上から合成してしまうこともできます。

予算と時間で臨機応変じゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
消したい部分を背景と同じ色にする方法の場合、背景が変わっていくような時はどうするのかなと考えていましたが、コンピューターを使えばできそうですね。

お礼日時:2001/06/25 22:25

映画はよく分からないのですが(VTRを使わないフィルム映画の場合)


TVではクロマキー合成という手法を使います。

これは、背景と本人の隠したい部分を同じ色にします。
(もちろん、色つきズボンですね)
で、ビデオ信号編集機で、○×色(たとえば紫)をキーにして
他のビデオ信号と合成する というセッティングをすれば
その色が写っていた部分をもう一つのビデオ信号(もちろん背景)と
合成してくれます。

なお、昔のゲバゲバ90分は、アニメーション合成と呼ばれる
手法も併用していました。

詳しくはyahooでクロマキー合成 で検索してみて下さい。
300件以上出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
クロマキー合成ですか。一生忘れないようにします。

お礼日時:2001/06/25 22:28

CGで合成する場合ですが、消したい部分に緑や青の布を巻き、あとで合成しやすいようにして撮影をする場合もあるみたいです。


合成・編集する際には、布の部分の色を抜いて、足りない部分は描き足すといったようなことをしているみたいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
直感的に、なるほどって感じでした。

お礼日時:2001/06/25 22:20

多くの場合は、膝のところで折り曲げて固定しています。


ズボンも特別あつらえの、切断された設定になっている方を前後に太くした仕立てのものを穿きます。
これだと横から見たときバレてしまうので、フルショットは前後からのアングルに絞ったり、上半身のショットを多用することでうまく逃げています。
デジタル処理が自由自在になった最近のハリウッド物だとCG処理したりしている場合もあるかもしれませんが、伝統的には上述のような方法を採っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

> これだと横から見たときバレてしまうので、フルショットは前後からのアングルに絞ったり、上半身のショットを多用することでうまく逃げています。

私が見たのは、かなり自然な動きでしたので、CG処理していたのでしょうね。

お礼日時:2001/06/25 22:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング