質問1:ofの後にはtheをつけなくてはならないんですか?
質問2:不可算名詞の前にallをつけていいんですか?例えばall her jwelry
質問3:名詞に冠詞をつけない場合はどうなるんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

文法 英語」に関するQ&A: 英語文法問題

A 回答 (2件)

補足。



>every やeach は可算名詞の単数形にしか使えないので注意が必要です。

ただし、ひとまとまりのものなら、「every+複数形」でもOKです。
every two minutes 「2分ごとに」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信遅れてすみません。急がしかったもんで。回答してくれてありがとうございます。駿台の授業で習ったこととほぼ同じような的確な回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/30 01:18

質問1:ケースバイケースです。

of のあとに特定できる名詞がある場合にthe を付けます。その他の場合はa やan が付いたり、付かない場合(不可算名詞)もあります。
質問2:OKです。all は可算名詞、不可算名詞両方に使えます。代名詞的に all of ~ でも、形容詞的に all~ でも両方使えます。every やeach は可算名詞の単数形にしか使えないので注意が必要です。
質問3:こういうケースはこんな場合が想定できます。
1)可算名詞の複数形で特定できないもの(定冠詞、不定冠詞共に付けられない。)
2)不可算名詞で特定できないもの(例えば、給料を現金で支払う場合の cash には the が付きません。)
3)名詞の前に冠詞でなく所有格(my, your, his, her, their, our, its など)や this, that などが付き、それによって特定されている場合。
つまり、その他の場合には必ず名詞の前に定冠詞、または不定冠詞を付けなければいけません。もちろん不可算名詞の場合には定冠詞しか付けられません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に本当に遅れてすみません。締め切るの忘れてました。ごめんなさい。

お礼日時:2001/06/30 23:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q可算名詞か不可算名詞か、冠詞が必要かどうかを調べる方法を教えてください

可算名詞か不可算名詞か、冠詞が必要かどうかを英作文をする場合、迷います。
ネット上の辞書では、可算/不加算の表示まで出ている辞書を見たことがないのですが、ありますでしょうか?
また、簡単にこのような類が可算、不可算といえる定義がありましたら教えてください。
また、冠詞もつけるか否かでよく迷います。
主に、作業手順などを翻訳しています。
速く迷わず調べる方法がありましたら、お教えください。

Aベストアンサー

No.1です。
すみません、我ながら馬鹿に短い内容で回答してしまったので補足します。

可算/不加算に関しては、英英辞典に出ています。
という意味でした。
〔U〕uncountable〔C〕countable〔U,C〕両方あり、のように。
オンライン辞書もいろいろあると思いますが、一例として、
http://pewebdic2.cw.idm.fr/

冠詞などは場合よって変わるし、人によっても多少判断が違うようなので、細かい部分は「どれが一番無難か」で判断するしかない部分もあるようです。
ネットを利用し過ぎると力が付きませんが(自分がそうなのです)、書いたものが合っているか否かをチェックには便利です。
どれが一番一般的な表現なのかは、Googleで""で区切って検索して比較するとか。

英語レベルが高くないもので甚だ簡単な例ですが、
"on the train" の検索結果 約 1,050,000 件
"on a train" の検索結果 約 622,000 件
など。この場合はどちらもあるが、theのほうが多い。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&client=firefox-a&channel=s&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&hs=LOQ&q=%22on+a+train%22&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

ライティングの本や、『日本人の英語』(マーク・ピーターセン)など。
単数・複数は人によって多少言うことが違うようですが、基本的な考え方は統一されていると思います。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_b?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=node%3D465610%2C466302%2C492404&field-keywords=%83%89%83C%83e%83B%83%93%83O&x=0&y=0
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%E8%8B%B1%E8%AA%9E-%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF-%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3/dp/4004300185/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1212634912&sr=1-1

英辞郎も多少は参考になるか?
http://www.alc.co.jp/

No.1です。
すみません、我ながら馬鹿に短い内容で回答してしまったので補足します。

可算/不加算に関しては、英英辞典に出ています。
という意味でした。
〔U〕uncountable〔C〕countable〔U,C〕両方あり、のように。
オンライン辞書もいろいろあると思いますが、一例として、
http://pewebdic2.cw.idm.fr/

冠詞などは場合よって変わるし、人によっても多少判断が違うようなので、細かい部分は「どれが一番無難か」で判断するしかない部分もあるようです。
ネットを利用し過ぎると力が付きませ...続きを読む

Qsomeは可算不可算名詞両方につけられるんですか?

someは可算不可算名詞両方につけられるんですか?他に可算不可算両方につけられるものはありますか?ちなみにsomeは形容詞ですよね?

Aベストアンサー

はい、Give me some water.=少し水をくれ、のようにもつかいます。
このように、名詞の前につかうのは形容詞です。
(他に、代名詞、副詞の用法もあります)

anyも不可算名詞の前に使います。

Qapple=可算名詞,chocolate=不可算名詞について

中学生に英語を教えています。
appleは可算名詞だけど,chocolateは,溶けたり,板チョコなどは割ってしてしまうと数えられなくなるので,基本的には不加算名詞と教えました。
あえて数えるときは a piece of~を使うのだということも教えました。
すると,中学生から「でも,りんごもスライスすると数えられなくなるのでは?」「すりりんごもあるじゃん」という質問がきて,即座に回答できませんでした。
一般的にappleは可算名詞で,chocolateは不可算名詞なんだという他に,よい説明方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

「でも,りんごもスライスすると数えられなくなるのでは?」
「すりりんごもあるじゃん」

私なら生徒がこう言うのを待ちます。すり下ろして、1個2個という数え方をしないときは不可算名詞です。grated apple「すりリンゴ」は重さや量で考え、いくら多くてももともと何個だったかは考えません。複数にもなりません。

200g of grated apple「すりリンゴ200グラム」
grate two apples「リンゴ2個をすり下ろす」

切った場合は

a piece of apple / two pieces of apple

採れたままの形でなければもはや決まった形はないと考えます。

果物は自然な状態という一般的な形がありますが、チョコレートやルーの自然な形は無定形です。それゆえ不可算です。

「チョコレート食べる」は一番あり得る状態は eat a chocolate bar 、 eat chocolate は具体的というより「食物の一つとして(いろいろな形で)チョコレートを摂取する」という感じがします。

I like chocolate. は「チョコレート(という甘くて茶色の物質)が好き」で一般的な好き嫌いですが I like chocolate bars. は「板チョコじゃないとダメ」と狭い嗜好です。

eat an apple は1個、eat two apples は2個を食べるということ。別にかじりつかずに切っても構いません。合計いくつかということです。eat some pieces of apple はスライスをいくつか食べることですが、ここでは元のリンゴの個数のことは考えません。

結局「普通名詞の可算名詞は決まった形を持つもの、始まりと終わりがある物事。不可算名詞は決まった形を持たないものや物質名詞」ということです。

「でも,りんごもスライスすると数えられなくなるのでは?」
「すりりんごもあるじゃん」

私なら生徒がこう言うのを待ちます。すり下ろして、1個2個という数え方をしないときは不可算名詞です。grated apple「すりリンゴ」は重さや量で考え、いくら多くてももともと何個だったかは考えません。複数にもなりません。

200g of grated apple「すりリンゴ200グラム」
grate two apples「リンゴ2個をすり下ろす」

切った場合は

a piece of apple / two pieces of apple

採れたままの形でなければも...続きを読む

Q可算名詞と不可算名詞の両方をもつ名詞

可算名詞と不可算名詞の両方を持つ名詞としてtemperature(温度)という
単語があります。では、次をどうやって見分ければよいのでしょうか?

(1)the + tempeature(不可算名詞)
(2)the + temperature(可算名詞)

(1)は性質を現す温度(「温かさの尺度」として)という不可算名詞
が定冠詞によって限定された場合

(2)はある具体的な一つの数値としての温度という可算名詞

何か、よい例をあげて頂げて教えて頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分もずいぶんこう言う問題を考えてきました。

まだ、何が包括的な答えかと言うことについて、まとまりませんが、次のような説明は可能ではないかと思います。

>1.the + tempeature(不可算名詞)という用法が可能か?

可能でしょう。ものを修飾する、または、描写する方法(尺度)として、温度以外にも、大きさ、密度、硬さ、明度などいろいろなものがありますから、それらと対立させる場合、the がつくのは自然な感覚かと思います。

2.もし可能ならその用法を。できれば、
(1)the + tempeature(不可算名詞)
(2)the + temperature(可算名詞)
の違いは。

不可算の例は、次のような文になると思います。

The material could be specified by three demientions as the temperature, density and lightness.

可算の例は

ismaelさんの出されている文と変わりませんが、

The tip must be kept under the temperature.

のようになると思います。

自分もずいぶんこう言う問題を考えてきました。

まだ、何が包括的な答えかと言うことについて、まとまりませんが、次のような説明は可能ではないかと思います。

>1.the + tempeature(不可算名詞)という用法が可能か?

可能でしょう。ものを修飾する、または、描写する方法(尺度)として、温度以外にも、大きさ、密度、硬さ、明度などいろいろなものがありますから、それらと対立させる場合、the がつくのは自然な感覚かと思います。

2.もし可能ならその用法を。できれば、
(1)the + tem...続きを読む

Q可算名詞にも不可算名詞にもなる名詞について(2)

再度質問させていただきます。
テスト問題を作る上でできれば正確に書きたいので質問させてもらっています。
He knows any name of (fish, a fish,fishes)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

その英文はそもそもどのような意味を意図して書かれたのでしょうか?

He knows any name of fish/fishes.では、そもそも「彼は、どんな魚類の名前も知っている。」を意味する英文にはなりませんが。

「彼は、どんな魚類の名前も知っている」ならHe knows the name of every (single) species of fish.になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報