グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

日本は自衛隊だけで防衛できないのでしょうか?

いつまでもアメリカの影にかくれんぼ?

日本の自衛隊は優秀だと聞いていますが…

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (19件中1~10件)

日本は自衛隊だけで防衛できないのでしょうか?


   ↑
中国の防衛費は日本のそれの3倍です。
計算方法を日本と統一すれば4倍にもなります。
しかも核武装大国です。
今の自衛隊では太刀打ち出来ません。



いつまでもアメリカの影にかくれんぼ?
   ↑
だから、日本は米国追随のままなのです。
防衛を米国に委ねているので、米国の
言うがママの政治になっています。

フランスが核武装したとき、当時のフランス
大統領、ドゴールが言いました。
「これでやっと米国の鎖から逃れることが
 できる」
防衛を外国に委ねる、ということはそういう
ことなのです。



日本の自衛隊は優秀だと聞いていますが…
   ↑
優秀らしいですね。
でも実戦経験が無いのが最大の欠点です。
また、米国に依存しているので、武器はあるが
弾薬が無いとか、輸送経路が整っていない、など
装備がちぐはぐで、これで本当に戦争が
出来るのか、という問題点も指摘されています。
要するに、国を守る、というのが他人事になって
いるのです。
    • good
    • 6

#6です。



日本は島国ですから、本気で自国防衛を考えるならミサイル防衛を別にすれば、海軍力の勝負になります。

中国が日本の10倍の兵員をもっていても関係ありません。兵員の海上輸送中に撃沈できれば、何十倍だろうと日本にたどり着くことができないからです。そして、兵員の輸送能力はどれほどがんばっても1万人程度でしょう。逆に10万人の兵員を1隻で運べるとしても、魚雷で沈めばむしろ被害のほうが大きくなります。

ですから、本気で日本が自主防衛をするなら、
・潜水艦を増やし、日本のEEZを完璧にカバーすること
・対潜哨戒を厳密にし、他国艦船の同行を把握すること
・空母を数隻つくり艦載機を載せ、硫黄島や石垣島などにも戦闘機を配備して、制空権を確実に確保すること
です。

ただ、前回も書いたように、日本が米軍と袂を分かって自主防衛をする、ということは太平洋の制海権・制空権を日米が競い合う、ということを意味します。日本の硫黄島とアメリカ領の北マリアナ諸島の島々とは1000キロも離れていません。

ですから日本は沖縄-沖の鳥島-硫黄島-南鳥島を結ぶ線を防衛圏として設定するでしょうし、逆にアメリカはここを設定されると米軍艦船の航行が脅かされるので、日本に圧力をかけてくるでしょう。

もし、日本が自主防衛をするときに最大の敵国は実はアメリカになるのだ、ということです。もしアメリカを仮想敵にした場合の海軍力の整備は途方もない費用がかかるでしょう。

そういうことを考えたほうがいいと思います。
    • good
    • 0

現実理解とハニートラップなどの幻術文化や魔法文化、現実対応しか生存出来無いのです。

目覚めさせる現実の世界、皇帝文化につきもの眠らせる文化に眠っている人の割合は、如何に自分達はどっちでしょう。
    • good
    • 0

結局戦争で物を言うのは、人の数と金

    • good
    • 0

防衛しようと思えばできるでしょうけど、戦力は大きい方が良いので、あえて早急に単独防衛に走る理由にはなりません。

    • good
    • 0

戦争回避は、馬鹿な飢えた猿のコントロールですね。

攻めても意味が無い構造を作る事です。攻めれば飢えた猿は、餓死するのです。これを理解させ無いと馬鹿だから無駄な事をやり人口調整が始まるのです。論理的に対応出来る時代なのです。防衛は、野性の猿の馬鹿対応には、必須です。どっちの攻撃力が上かを競うより場合により対応が異なるので接触しなくなるのです。最終的に自分達の糧は、自分達で揃えろの分散化するのです。集中と分散の自然現象ですね。先が読め無いと淘汰します。
    • good
    • 0

核の傘は必須。


最低でも2%(NATOの目標値でさえ2%)。
    • good
    • 1

ロシアは77万人くらいいるそうです。

中国では228万5千人位だそうです。北朝鮮では600万Z+その他の人員。自衛隊は訳230万人という事で単独では難しいかもしれませんね。
ってゆうか意味ないですよ。国連憲章において自国民による自衛行動(個別的自衛権)をとったうえで国連に派遣を要請、国連は安保理事会を開き承認されれば国連軍を組織して派遣(集団的自衛権)、戦闘行為を阻止したうえで外交的に交渉して紛争を終わらせるとなっているのです。

日米安保でもこの方法を採用しており、まずは日本が戦ったうえでアメリカに応援を要請し米軍が駆け付けることになっています。

日本はアメリカの陰に隠れているわけじゃありません、もっと勉強してください。
戦後世界から承認を得るために日本の個別的自衛権を米国が負い、そのうえで国連に集団的自衛権を求める、これが日本国憲法にある九条の実態です。ところが国連では共産国家が二つできてしまったために憲法もクズ法になってしまったわけですよ。
    • good
    • 1

>防衛できないのでしょうか?


無理です。日本一国だけで戦争した結果が、先の敗戦です。

>いつまでもアメリカの影にかくれんぼ?
違います。永遠にアメリカの影に隠れれるほど、日本に余裕はありません。
    • good
    • 1

いざとなれば、パラオでもいけるのです。

戦争の目的は、野性の猿を捕まえることでは無いのです。その意味では、自衛隊の輸送能力で守れるでしょう。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本を日本の自衛隊だけで守れますか?

どうでしょうか?。。。

このシミュレーションというか、予測は、面白いと思います。。。(^^♪

1,沖縄に中国軍が進軍される。
2,と、同時に、ロシア軍が北海道を占領^^
3,と、同時に、アメリカ軍が東京都と千葉県を占領^^
4,と、同時に、北朝鮮軍と韓国軍が、九州と新潟を占領^^(佐渡ヶ島を先に占領すること^^)

こうなったら・・・・日本は、自衛隊で、根性で!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

守れますかね?^^

根性あるなら、守れますかね^^

また、「日本には核ミサイルがない」ことも、懸念されるのですが。。。

「核の傘」ってのは、米軍だと思いますが、核戦争になった場合に、
日本は守ってもらえるのでしょうか?

東京都に核ミサイルを中国に撃たれたら、終わりじゃないですかね???
何か、対策あるのでしょうか?^^

それとも、
「日本はグローバル化されているから、絶対に占領されない。」っていう、保証があるのでしょうか?^^

ジョン・タイターの予言では、2020年に日本は3分割統治されてしまうようです。。。

Aベストアンサー

相変わらず、幼稚な屁理屈と気づかずに
こんなコト言えるワタシってカコイイ とか思っている方がいるようですが、
今時戦争で人殺しをした軍隊のある国の方が少ないと思いますし、その国の兵士の全てが経験者でもありません。
(某国の民間人の虐殺や暴徒(実はタダのデモ)の鎮圧は戦争ではありません。)


質問者様がアジア情勢や戦争に無知な事を責める気はありませんが、
幼稚園児がよくする、思いつきを連発するような質問は止めて、もっと要領よく要点をまとめて主旨を明確にして下さい。

A:>このシミュレーションというか、予測は、面白いと思います。。。(^^♪

「シミュレーション」とは、その後にどうなるかという事だと思います。
1~4は質問者様の「予想」でしかなく、それ以前の条件設定に過ぎません。


また、質問者様の考える軍隊や軍備というものは、私が考えるそれとはかなり違うと思います。
特殊な状況の国を除いて、各国の軍備は仮想敵に対して自国を防衛する為のものあり、その場合は当然同盟国の支援も考慮されています。

しかし、1~4の設定は、同盟国や周辺国が全て敵に回って、一斉に攻めてくるという、およそありえない状況のものです。
(1以前に起っている筈の海戦はどうなっているのでしょうか)

そのような状況に対処できない事を以って、「備えが不十分である」というなら、
全ての国家それぞれが、単独で世界中と戦争をしても勝てるような軍隊を持つ必要があることになります。



B:>「核の傘」ってのは、米軍だと思いますが、核戦争になった場合に、日本は守ってもらえるのでしょうか?

BはAとは別の設定でしょうか。
(Aなら、既に日米安保は破棄されている筈です)
どのような「核戦争」なのか不明。(実際に日本に核が落とされたのか、恫喝の段階なのか)
そもそも、「核の傘」とは、核を落されない為のものなので、核の使用後は無意味です。
(核の撃ち合いで共倒れになるだけです。)


C:>それとも、「日本はグローバル化されているから、絶対に占領されない。」っていう、保証があるのでしょうか?^^

質問者様の中での「グローバル」の意味が不明なので回答不能。
「グローバル」という言葉と顔文字や記号は、バカ程よく使う傾向があります。


>ジョン・タイターの予言では、2020年に日本は3分割統治されてしまうようです。。。

相変わらず、幼稚な屁理屈と気づかずに
こんなコト言えるワタシってカコイイ とか思っている方がいるようですが、
今時戦争で人殺しをした軍隊のある国の方が少ないと思いますし、その国の兵士の全てが経験者でもありません。
(某国の民間人の虐殺や暴徒(実はタダのデモ)の鎮圧は戦争ではありません。)


質問者様がアジア情勢や戦争に無知な事を責める気はありませんが、
幼稚園児がよくする、思いつきを連発するような質問は止めて、もっと要領よく要点をまとめて主旨を明確にして下さい。

A:>このシミ...続きを読む

Q北朝鮮VS韓国戦争になったら

北朝鮮が韓国に対し挑発的な発言をしております。

北朝鮮と韓国が戦争になる場合どの様になるのでしょうか?

北朝鮮も戦争をする気がなさそうなのは分かるのですが、もし始まってしまう場合どの様な始まり方が考えられどの様な終結が考えられるのでしょう?
また北朝鮮が勝つにしろ韓国が勝つにしろ、戦争中、戦争終結後、日本にはどの様な影響があるのでしょうか?

韓国や北朝鮮を差別する様な回答では無く客観的にみた考えをお教え頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Takahito0830
さんはご存じないかもしれませんが、挑発を繰り返しているのは北朝鮮だけではありません。実は韓国の方が毎日、放送ジャックや反政府宣伝ビラ攻撃など北朝鮮を挑発しております。

さて、両国が軍事衝突したらどちらが勝つのか?解りません

兵器の性能は圧倒的に韓国が優っています。では勝てるのか?答えはノーです。
 北朝鮮軍がソウルに接近してくれば迎撃し撃滅する事は可能です。ですが、韓国軍の戦車は最新装備であるため重量が50tを超えています。この戦車は北朝鮮の道路を走るのはほぼ不可能です。そうなると平壌への攻撃はヘリか歩兵で行くしかありません。ヘリはベトナム戦争時代の物が主流ですので、対空機関砲に弱いタイプです。それで軍事侵攻するのは自殺行為です。
 航空機に関しては韓国はF-15やF-16など米国製の高性能機を持っていますが、それは全戦力の半分です。半分はベトナム戦争時代の兵器であり、中国によって近代化改修された北朝鮮の戦闘機の方が性能が優ります。また、F-15やF-16は高価であるのと同時に米国製戦闘機の欠陥である贅沢な作りが災いしまして、整備性が悪いんです。1回運用すると24時間は運用できませんので、F-15で20機、F-16で50機しか飛ばす事が出来ません。それのミサイルが300発未満ですので一般的命中率でいくと30機迎撃できるのがオチです。これに対して北朝鮮軍の戦闘機はミグを中心とする格安・共食い整備型戦闘機です。値段は韓国空軍が使用する対空ミサイルよりも安い物です。運用も1日3回ほど飛ばせるのでほぼ毎日、全力投入出来ます。もし、北朝鮮上空に韓国軍の戦闘機が侵入したら1機に対して6機で体当たり攻撃をかけます。北は2機ミサイルで食われたとして1機が体当たりに成功すれば減数は韓国の方が多くなります。
 海軍は目くそ鼻くそなので論外です。
 地上師団の腕前は先日の砲撃戦で明白でしたが三級部隊の北があれだけ戦果を出したのに対して最精鋭の韓国海兵隊が無戦果でした。更に北の一線級部隊は未だに映像その他で確認されていないのです。3ヶ月以上戦争が続いたら南が破綻する可能性が大です。

 日本としては北を応援する理由はありませんが、南を支援するという事=竹島問題はなしにも繋がる可能性がありますので、韓国が竹島問題その他で反日政策を止めない限り日本を味方にする事は出来ないと思います。
 世界としては北が勝つのは嫌だが、戦争が直ぐに終わるのも嫌。だからダラダラ戦争をさせるという行動すると思いますよ。

朝鮮半島に兵器体系はG8各国が持つ不良在庫の塊ですから、戦争が長引けば不良在庫の処分ができるんです。

Takahito0830
さんはご存じないかもしれませんが、挑発を繰り返しているのは北朝鮮だけではありません。実は韓国の方が毎日、放送ジャックや反政府宣伝ビラ攻撃など北朝鮮を挑発しております。

さて、両国が軍事衝突したらどちらが勝つのか?解りません

兵器の性能は圧倒的に韓国が優っています。では勝てるのか?答えはノーです。
 北朝鮮軍がソウルに接近してくれば迎撃し撃滅する事は可能です。ですが、韓国軍の戦車は最新装備であるため重量が50tを超えています。この戦車は北朝鮮の道路を走るのはほぼ...続きを読む

Qもし日本が他国から攻撃を受けたら?

考えられるのは、
・東アジアの近隣の国々のいずれかが
・都市、原発、自衛隊基地、米軍基地をミサイル攻撃
だと思うのですが、平和主義を掲げる日本としては、どんな対処法が考えられるでしょうか?
いくつか考えてみましたのでご意見をください。
間違っている部分のご指摘、参考URLの提示も大歓迎です。

(1)我慢する
   戦争を避けるためにはやむを得ない。命だけは助けてくれるだろう。
   安易な平和主義者の考え方ですよね。
(2)しばらく様子見
   1発だけかも知れないし、他国の出方を見てから。
(3)国連等を通じて抗議
   安保理、国際司法裁判所(その他になにかありますか?)
(4)相手国に直接抗議
   大使の召還、大使館の閉鎖も
(5)米軍に頼る
   自衛隊が出動せず、米軍だけが動く可能性は低いですよね?
(6)自衛隊の出動
   指揮権は総理がもつと思われますが、野田総理にその覚悟はなさそう。
   緊急の場合にも総理の指揮が必要でしょうか?
   また、総理が指揮権を発動する際に、国会の議決は必要ですか?
  
これまでの平和主義の考え方の基本に
「丸腰の日本に攻めてくる国はないだろう」ということがあったと思います。
しかし、中国は、シーレーンの確保、将来的な食料・水不足に備えて
日本に目をつけているようですし
北朝鮮も、いつ何が起きても不思議じゃない国です。
韓国については、この数日竹島問題で混乱しているようですが
日本に攻めてくる可能性としては低いと考えています。

以上、私見ですがご意見をお願いします。

考えられるのは、
・東アジアの近隣の国々のいずれかが
・都市、原発、自衛隊基地、米軍基地をミサイル攻撃
だと思うのですが、平和主義を掲げる日本としては、どんな対処法が考えられるでしょうか?
いくつか考えてみましたのでご意見をください。
間違っている部分のご指摘、参考URLの提示も大歓迎です。

(1)我慢する
   戦争を避けるためにはやむを得ない。命だけは助けてくれるだろう。
   安易な平和主義者の考え方ですよね。
(2)しばらく様子見
   1発だけかも知れないし、他国の出方を見てか...続きを読む

Aベストアンサー

中国と北朝鮮は軍事同盟を結んでいて、片方が戦争に突入すれば即時無条件にもう片方も参戦してきます。
ですので日米と中国が戦争状態に突入したら即座に北朝鮮から日本に向けて核ミサイルが飛んでくると想定しておかなければなりません。
北朝鮮は自国防衛上、自国開発のミサイルは米国本土に到達する性能を持たないという建前を崩していませんので、北朝鮮の核ミサイルの攻撃対象は日本国内に絞られます。(中国が核攻撃しない限り)その条件下では米国は北朝鮮に核報復してこないだろうとの戦略が成り立ってる訳ですね。

また、朝鮮半島で南北戦争が勃発したら、軍事同盟上、北朝鮮側に中国が、韓国側に米国が即時参戦してきます。つまりは「中朝」対「米韓」の戦争に瞬時に発展する訳ですが、日本は米軍の支援基地になっていますので、同時に日本も中朝の攻撃対象になります。
このように、どこかの国が日本に攻撃してくるのは「日本を攻める!」という目的以外にも、「他の国を攻める!」必要があるから一緒に日本も攻撃してしまう… という戦争勃発の原因があるわけで、日本は防衛上、それらの可能性を充分考慮して事前準備しておかなければなりません。

韓国については、以前から韓国は対日戦を想定して自国軍隊の編成を変更して来ていますし、南北関係が緩んでいた時代には北朝鮮の核ミサイルによって日本に対し先制攻撃する計画も建てられていましたが、現時点では韓国から日本に戦争を仕掛けてもらったほうが万事上手く行きます。
韓国の顔が大きいのは後ろに米軍がいるからですが、対日本の戦争になると米軍の支援が受けられません。日米同盟があるからです。
同時に米韓同盟もあるわけですが、在日米軍と在韓米軍が同士討ちする訳にも行きませんので、純粋に日本対韓国の二国間戦争になり(この場合、日本側は防衛戦になりますね)、なので戦力に比較にならない差がありますので無条件に日本側が勝ちます。
諸般の問題解決がこれによって進む可能性が大きいです。

あらゆるケースを考えてみても、日本が単独に戦争を遂行するのは日韓戦だけだと思います。現在の環境では。
故に日本単独としては韓国相手の1対1の防衛戦だけを計画しておけば良いです。
その他のケースでは米軍との共同戦争になりますので米国との共同戦略が必要ですし、加えて米軍パワーを引き出すには日本軍(自衛隊)が率先して防衛戦の端緒を切り開かなければ成りません。
その条件下で米軍は自動的に参戦してきます。
韓国以外の国との戦争で米軍参戦までの冒頭戦をやり抜く計画が必要ですね。

また、中国の軍拡がこのまま進んでいきますと、20年から先の未来、ほぼ確実に中国は日本領土(恐らく沖縄県)を奪いに来ます。
その時代にも米軍の力が強大であればこれに対抗できますが、各方面の予想に寄れば米中の戦力は逆転するらしい。
よってその未来の時代にも日本が独立を保ち、或いは領土の隅々まで保全するためには恐らく日本の核武装しか有効な手は無いと思われます。
核抑止力とそれに付随する外交力を持って中国の侵略意図をくじく、と。

中国と北朝鮮は軍事同盟を結んでいて、片方が戦争に突入すれば即時無条件にもう片方も参戦してきます。
ですので日米と中国が戦争状態に突入したら即座に北朝鮮から日本に向けて核ミサイルが飛んでくると想定しておかなければなりません。
北朝鮮は自国防衛上、自国開発のミサイルは米国本土に到達する性能を持たないという建前を崩していませんので、北朝鮮の核ミサイルの攻撃対象は日本国内に絞られます。(中国が核攻撃しない限り)その条件下では米国は北朝鮮に核報復してこないだろうとの戦略が成り立ってる...続きを読む

Q今の自衛隊で日本は守れるのか?

現在の自衛隊と国防についての質問です。

最近は中国の領土問題や北朝鮮の核問題など、
日本にとっては不安になるニュースが増えてますが、
ぶっちゃけ、今の自衛隊で日本は守れるのでしょうか?

日米安保条約があるとは言え、
最終的に自国は自国の力でないと守れないと私は思います。

今の自衛隊は規模は別として装備や技術レベルはかなり高いと聞きます。
しかし、実際に攻撃されたり、領土の一部を占領されたりした時、
自衛隊は日本を守れるのでしょうか?

国防の話になると必ず出るのが憲法第9条ですが、
その憲法第9条の第2項には、
「国の交戦権は認めない」
と規定しています。

これはつまり敵国に攻撃されたり、領土を占領されても、
自衛隊には敵国を攻撃したり敵兵を殺傷したりできない。
ということと理解してます。

現代では領土問題という形での外交戦争はあっても、
いきなりミサイルを打ち込まれたり敵兵が上陸したりすることはないと思いますが、
竹島や尖閣諸島のことを考えると、沖縄が中国領になったり、
対馬が韓国領になったりして、
虫食いのように日本列島が他国領にならないとも限りません。

そんな時、今の自衛隊で日本は守れるのでしょうか?

憲法9条の問題はありますが、
ひとまず今の時点での自衛隊による国防は実際可能なのか?
という質問です。

ある記事では、
「憲法9条を変えない限りは、
他国の侵略に対して今の自衛隊は何も出来ない。」
という結論です。
極端な話、例えば沖縄を中国軍に占領されたとしても、
自衛隊がこれを排除したり攻撃したりはできない。
(憲法違反だから?)

既に韓国に不法占拠されている竹島ですら
今の自衛隊は何も出来ていませんので、
既に答えは出ているのかもしれませんが・・。

現実には国連やアメリカも黙っていないのでしょうが、
あくまで自衛隊のみでどこまで日本を守れるのか?
という点について知りたいです。

よろしくお願い致します。

現在の自衛隊と国防についての質問です。

最近は中国の領土問題や北朝鮮の核問題など、
日本にとっては不安になるニュースが増えてますが、
ぶっちゃけ、今の自衛隊で日本は守れるのでしょうか?

日米安保条約があるとは言え、
最終的に自国は自国の力でないと守れないと私は思います。

今の自衛隊は規模は別として装備や技術レベルはかなり高いと聞きます。
しかし、実際に攻撃されたり、領土の一部を占領されたりした時、
自衛隊は日本を守れるのでしょうか?

国防の話になると必ず出るのが憲...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。補足拝見しました。

いま「いきなり占領される」危険が一番高いのは尖閣諸島ですね。

こういう場合、自衛隊が対応できるのか、という点についていえば、最近の自衛隊は強襲揚陸の訓練も行うようになっているので不可能ではないでしょう。ただ、それ以上に「政治家のやる気にかかっている」といえます。

まず、日本の領土と宣言している場所を占領するような意図をもった軍隊が上陸しようとした場合、前回も書いたようにまずは領海でこれを食い止めることになります。
これはすでに「海上警備行動」がなんどか発令されており、不審船を沈没させたりしていますので、それほど難しいものではありません。ここで敵がてったいすれば成功です。

問題なのは、軍事侵攻なのか不時着なのか分からないような場合です。不時着の場合は到着した人々を保護する義務が国に生じます。そのため警官や入国管理官などの文民官を派遣することになります。

このとき不時着が嘘で、文民官が犠牲になることがあれば直ちに防衛行動が開始できます。しかし、軍事行動であっても相手側が発砲せず、日本側に明らかな犠牲者が出ていない状態では、今の法律では攻撃することができません。相手が攻撃していない以上正当防衛にならない、と9条では解釈されるからです。

ただ、前回も書いたように領土に侵攻した敵を撃退することは国家の自然権である、というのが国際的な解釈です。したがって、9条の議論をせずとも防衛出動することは理論的には可能なのですが、あとは国会や総理大臣がどのように判断し行動するか、によってきまります。

#2です。補足拝見しました。

いま「いきなり占領される」危険が一番高いのは尖閣諸島ですね。

こういう場合、自衛隊が対応できるのか、という点についていえば、最近の自衛隊は強襲揚陸の訓練も行うようになっているので不可能ではないでしょう。ただ、それ以上に「政治家のやる気にかかっている」といえます。

まず、日本の領土と宣言している場所を占領するような意図をもった軍隊が上陸しようとした場合、前回も書いたようにまずは領海でこれを食い止めることになります。
これはすでに「海上警備行動」がな...続きを読む


人気Q&Aランキング